FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

珍しいパレスチナ家庭料理のお店は、理屈より美味さ。「ビサン」(十条)

「城北シルクロード」
それは池袋から赤羽、川口にかけての埼京線沿い。

近年このエリアに、中東からウイグル、蘭州といったシルクロード沿いのマニアック料理店がぐんぐん増えているんです。

なかでも珍しいのが、こちらのパレスチナ料理専門店。
(パレスチナはシルクロードに含まれるのか?なんて野暮な議論は無しね)


「パレスチナ料理 ビサン」(Bisan)

オーナーのマンスール・スドゥキはパレスチナ出身で、元サッカー選手という経歴。
ちょっとダニエル・クレイグの若い頃みたいなハンサムです。

看板のポージングもナイス!


ワインレッドのスニーカーがなんともお洒落ですね。


パレスチナ所縁の小物に溢れた店内。
ところどころにマンスールさんの「日本愛」を感じるアイテムも。


壁にはパレスチナの地図が張られていました。
店名の由来であるビサン(Bisan)は、地図ではパレスチナ自治区外のイスラエル領。

そう、日本人から見れば、パレスチナといえばやはり紛争地帯のイメージ。
けれどその文化自体に触れる機会がほとんどなかったことに気付かされます。

こちらで提供されるのはパレスチナ家庭料理。
マンスールさんの家庭の味。

さぁ、楽しんでみましょう!


★ワラク・イナフ ¥1200

ワラク は「紙」、イナフは「ブドウ」の意。
牛肉や米、野菜をスパイスで味付けしブドウの葉で包んだパレスチナの家庭料理。
ちょっと食べたことない感じながら、分かりやすく美味い!!


★エフェス ¥700

中東地域で人気のトルコのビール。
実はパレスチナのタイべ村で作られる珍しいビール「TAYBEH(タイべ)」もメニューに載っていたのですが、品切れで残念。
今度飲んでみたいな。


★ファースリーヤ ¥1300

こちらはインゲンやパプリカをフレッシュトマトとスパイスで煮込んだ料理。
ピリ辛で、ライスをあわせるあたり、これはもうパレスチナのカレーですね。


★ホンモス・マ・ケブタ ¥1300

ひよこ豆のペーストに焼いた鶏レバーや玉ねぎをトッピングした一皿。
あ、そうか。ホンモス=フムスなのね。
これまた食欲をそそります。


★クフタマシャーウィ ¥1200

鶏ひき肉に野菜やナッツ、スパイスを練りこんで焼いた「クフタダジャージ」のラム&ビーフ版。
トルコ料理のキョフテに通ずる味わいですが、ええ感じにスパイシーでたまりません。

パレスチナ家庭料理という珍しさに惹かれやってきたものの、
いただいてみればどれも、難しい解釈なしで単純に美味いですね。
素朴なように見えて、肉の味付けやスパイス使いは結構華やかでメリハリあり。
幅広い日本人の味覚にズバリはまるのではないでしょうか。


日本語ペラッペラなマンスールさんとのトークも楽しく、パレスチナにちょっと行ってみたくなりました。
この店に来てなかったら、絶対そんなこと思ってないだろうなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ビサン



関連ランキング:西アジア料理(その他) | 十条駅東十条駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

踏切脇で気軽にペッなタイ料理。「パンプー」(十条)

十条駅北側踏切りの脇に、何やら興味深いお店が準備中で、チェックしてたんです。

お、オープンしたぞ!


「バンプー」

2018年2月20日オープン。
店名はbaan pu(蟹の家)かと思ったら、bangpu。
スワンナプーム空港から近いリゾート海岸です。



実験演劇のような不思議レイアウト。
フロア広々でいつでも踊れる!

というか、入り口の受け付けブースといい、天井の作りといい、キャバクラ居抜き感がバッチリですね。

・・・しかも床まであり落っこちそうに広い窓もあるので要注意です。


★生ビール ¥

生ビールはアサヒ。
この味、辛口!
すべてはお客さまのうまい!のために。
アサヒ、スーパー、ドゥラァァァイ。


★ソムタムパラー ¥750

ソムタムは普通のと普通じゃないのと。
もちろん普通じゃないほうで。
発酵臭と爽やかな酸味が入り混じった、若い娘とオッさんが付き合ってるようなアブ感がナイスです。


★ラープガイ ¥480

私の好物ラープが480円とは、さすがセンベロの街 十条。
小皿でつまめる感じが良いですね。
もちろん、ペッ・マークでマーク・ペッ(激辛)でお願いしたら、マナーオの酸味にえー感じの辛さがこれまたナイス。

さて、お店のマークはカニ。
店名にもカニが入っているってことで、カニを頼まねばなりませんぞ。

★プーニムパッポンカリー ¥750

はい、みんな大好きプーパッポンのソフトシェルクラブバージョンがプーニムパッポン。
さすがウリにしてるだけあって旨みたっぷりカニたっぷり。
他店だと結構高いメニューですが、この価格この味は嬉しいですね。


★リオ

街はカーニバル、銀の紙吹雪。


★カイジョウムゥサップ ¥500

はい、こちら私の隠れ好物。
タイ料理店に来るとどうしても辛いものばかり頼んでしまうのですが、そんな中この、挽肉入り玉子焼きがヤケに、狂おしく美味く感じるんです。
ええ、感じるんです。

騙されたと思って是非。


★チャーン

おつかれチャーン。


★ゲーンキョワーン ¥620
★カオスワイ


いわゆるグリーンカレー。
鶏肉とタケノコたっぷり。
オレンジなチリインオイルがこの店の料理のチャームポイントね。

飲んで食ってお財布に優しいお会計。
駅も近いから気楽に寄れますね~

そして入り口の看板。

「月曜日お休み 宜しくお願いします。Hollyday!」

なんかウキウキしてて最高!



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンプー



関連ランキング:タイ料理 | 十条駅東十条駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

ボリュームたっぷり、街の洋食屋さんでシャバシャバカレー。「カレー&キッチン りんりん」(赤羽)

赤羽にある、古き良き洋食屋、兼カレー屋さん。

「カレー&キッチンりんりん」


昭和風情あふれる食品サンプル。
けれど、多くの店のサンプルが煤けているのに対し、ここは手入れが行き届いていますね。


店内は、いい意味においてまるで学食のよう。
気軽に立ち寄って、さっとお腹を満たせる雰囲気に溢れています。


メニューには「二代目 りんりん」とあります。
カレーのほか、各種洋食がズラリ。

注目すべきは「ボリュームセット」で、ライス500gに揚げ物などのおかずたっぷりで1000円しないという、
食べ盛りにとっては神のような名物メニューだそうです。

・・・あ、いや、私はカレーで充分ですが。


★カニコロッケカレー ¥700

洋食屋のカニコロッケ、食べたいじゃないですか。
カレーライスとサラダ・揚げ物は別盛り。
カツカレーもカツとカレーが別盛りになるみたいです。
面白いスタイルですね。


洋食屋としてはちょっと珍しい、シャバシャバスパイシーなカレー。
結構好きなタイプです。


クリームコロッケも衣サックサクでたまりません。
確かにこのサックサク感は別盛りじゃなきゃ楽しめませんよね。

添えられたサラダもなかなかのボリューム。
700円でこの満足感は凄いなぁ・・・・

最近東京の至るところで街がどんどん変わっていきます。
けれど「街の洋食屋さん文化」なんかは壊さずに、しっかり守り抜いていって欲しいものです。
原生林と同じで、一度壊したら復活は簡単じゃないのですから。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

りんりん



関連ランキング:洋食 | 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

かぶれてはいるけど入りやすい。「タイかぶれ食堂」(赤羽)

赤羽のタイ料理といえば、人間界の常識を超えたウルトラハードコアな「ワニダ2」ともう一軒。
アットホームで親しみやすいこちらのお店。


「タイかぶれ食堂」

以前日本橋で営業されていたのが2015年、赤羽へと移転してきました。


店名がやけに印象的ではありますが、
その名の通り店内では「ヤードム」が販売されていたり、
タイ関連の書籍がたくさんあったり、その書籍の著者がイベントをよくやっていたり、
タイ式マッサージの図解が壁に張られていたりと、

まさに「タイかぶれ」な様子がありありと見てとれます。


お店の雰囲気やメニューの構成・デザインはポップで、「ん?ひょっとしてあの系列??」と思ってしまう感じ。
トムヤムチャーハンやトムヤム餃子とかもあるし・・・
でもその直感はあながち間違いではなくてこちらの店長、以前「ティーヌン」系でお世話になっていた方とのことです。


★ビアリオ ¥600

日本の一般の店ではリオビールと表記されていますけど、「タイかぶれ」的にはタイの呼び方「ビアリオ」です。


★鶏ももハーブソースがけ ¥600

こちらは「ガイ・トム」。
蒸し鶏にジンジャー&チリソースをかけた一品で、つまりは「カオマンガイのアタマ」。
ビールのつまみにちょっといいですね。


★鶏唐揚げのふんわり玉子カレー炒め ¥980

こちらプーパッポンのプー、すなわちカニが鶏唐揚げに代わった「黄鶏パッポンカリー」。
ある種の親子カレー、ガイトーパッポンカリーってことかな?
ちょっと珍しいですね。

玉子の量に比して片栗粉のトロみが強めで、カレー味の中華餡といった雰囲気。
辛さは思った以上にありました。
鶏唐揚げは下味しっかりでボリュームも充分で美味!

シェフはイサーン出身とのことで、今度はラープやトムセップも頼みたいところ。

「ワニダ2」に尻込みしたり、入店拒否されたりした時にもしっかり使える安定のお店ですね!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タイかぶれ食堂



関連ランキング:タイ料理 | 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

超リーズナブルなネパール居酒屋でダルバート。「ナマステ ネパール 神谷店」(志茂)

東京メトロ南北線志茂駅近く、ニトリの向かいあたりにオープンした、ネパール系居酒屋。


「インド・ネパール・アジアン居酒屋 ナマステ ネパール」

2016年12月オープン。
北赤羽と板橋にもお店があるようです。


カジュアルな食堂といった雰囲気の店内。
その真ん中には・・・

立派な水槽、立派な朱文金。


しかもナニ!?
これ・・・お一人様席なの??
超贅沢。

メニューを見てまず驚くのが、センベロも真っ青なその安さ。

生ビール100円にハイボール190円。
ネパール餃子モモが290円にタンドリーチキンも290円!!

大丈夫なんかいな。

ちなみにタイ料理メニューもあったりします。


★インディアンボスビール ¥390

これ、インドのプレミアムビールですよ。
安い!安すぎる!!こんな安売りしてるとこ見たことありません。
安すぎるのにちゃんとパパドも付いてきます。


★伝統的なネパールセットメニュー ¥790

遠回しな名前ですが、つまりはダルバートです。
ただしダルはダルスープではなくダルフライ。
カルダモンがガッツン効いてて驚きました。


カレーは骨付きチキン。
ネパールのカレーとしては玉ねぎのとろみ強し。
辛口でお願いしたらそこそこな辛さでした。

その他には、小松菜のサグブテコ、アルコアチャール。
いずれも優しい味付け。

ご飯は超モリモリに加え、お替わり自由。
エブリバディ腹パンになれますよ。


食後にはラッシーのサービス。

普段使いのスパイス居酒屋としてはとってもリーズナブルで使いやすそう。
志茂のあたりは、こういうお店少ないですしね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ナマステネパール 神谷店



関連ランキング:インド料理 | 志茂駅王子神谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad