カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

独特ダルバートとおもてなし。「PASA」(根津)

この日は谷根千エリアで仕事。

そうだ、あの店に行こう!

しかし時計を見れば14時40分。
ランチには間に合わないかな・・・

ダメもとで行ってみたら、開いてました。

「PASA」

ネパール人の旦那さんと日本人の奥さんによるネパール料理のお店です。

最近は「リトルカトマンズ」新大久保エリアの勃興によって市民権を得つつあるネパール料理。
けれどこちらのお店はなんと2001年からネパール料理メインで頑張っているんです。


ホールを担当する奥さんの細やかな気配り、その居心地よさもこの店の魅力。


15時までのランチメニュー。
ドドンと全面にダルバートがプッシュされています。
ええ、そりゃあ頼まない手はありませんよ。


★ネパールカリー定食 ダルバート ¥950

ちょっと上のメニュー写真と見比べてくださいませ。
ここまで写真と実物が一致するのも珍しいんじゃないでしょうか。
昨今オープンした幾多のネパール料理店のダルバートと比べれば、
品数も最小限で、ストイックなまでにシンプルにも感じますが、
これこそが老舗ならではの「型」、言い換えれば「スタイル」なのでしょう。


まず、特徴的なのが、豆を完全に濾して作ったポタージュのように滑らかなダルスープ。
ちょっと他では味わうことができません。

そして、レタスに乗ったゴルベラアチャール。
モモに付いてくるスパイシートマトソース的なアレです。
いつもは料理の添え物的な存在のゴルベラアチャールも、この店ではおかず級の扱い。

そしてこの日のカレーは大根とポークのカレー。
辛さは「4.ネパール位の辛さ」でお願いしたのですが、
程よいトマトの酸味、そして何より、味が中まで染み染みの大根が滅法旨い!!
おでんの大根級に旨い!!!

品数が少ない分、逆に「旨いカレー食ったぁ」という満足感に浸れるダルバートなのでした。


食後はフェンネル&氷砂糖&チョコのコンボ。
素敵な心遣いです。

次々現れる、新たなる未知の料理も素晴らしいけれど、
独自のスタイルを貫くことで、地元の常連さんたちに長く愛されてゆく、
この店のような存在こそが、東京には必要なんですね、きっと。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

PASA



関連ランキング:ネパール料理 | 根津駅東大前駅千駄木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ベーシックながら堅実クオリティのインド料理。「シルザナ」(護国寺)

講談社、お茶の水女子大と、大口ランチ顧客層を抱える護国寺。

その割にはカレー文化が乏しいこの街で、一番人気のインド料理店がこちら。


「シルザナ」

都内に一番多いパターンの「ネパール人シェフによる、本格インド料理店」。
ガパオ、グリーンカレー、フォー、ナシゴレンなど、複合アジアンなラインナップも、器用なネパール人シェフのお店によくあるパターンですね。


ただ、こちらのお店が他の多くのインネパ店とはっきり異なるのは、お店の雰囲気、接客、そして料理など、レストランとしての質がちゃんとしていること。

当たり前のようですが、当たり前じゃない大切なことなのです。


★チキンカレー ¥820

かなりクリーミィなカレーですが、カスリメティ、カルダモン、スターアニス、ジンジャーなどのスパイスがはっきりと感じられ、きちんと手をかけていることがわかります。


辛さは8倍でお願いしたのですが、これが実に丁度良かった。
クリーミィなカレーですから、適度な辛さがないと多分モッタリしてしまう。
辛くしすぎるとチリペッパーの味だけが浮いてしまう。
私の場合は8倍が多分ベストでした。

ナンも、よくあるベーキングパウダーで膨らましたスポンジ感あるフカフカナンとは異なり、しっかりしたミシッ感と自然な柔らかさ、そして甘み。
誠実な美味さです。

壁の煉瓦には、来店者のサインや書き込みがビッシリ。

マニア受けするようなネタはないけれど、しっかり、堅実に、美味しいインド料理を提供してくれる良店ですね。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

シルザナ

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:インド料理 | 護国寺駅新大塚駅東池袋四丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

印刷の街・江戸川橋にネパ系インド料理の新店。「ガハナ」(江戸川橋)

印刷の街・江戸川橋に、なんだかそぐわないほど煌びやかなお店ができていました。

「ガハナ」(Gahana)

並立するインド国旗とネパール国旗。
そう、それ系のお店です。


店内はさらにキラキラ煌びやか。
赤とオレンジが眩いですね。

私が入店した時、先客はゼロ。
油断していた店員さんたちが、入口のドアの音で「ビクゥッ!」と一瞬うろたえる感じがほのぼのしていましたよ。

こちらのお店、オープンは2015年5月3日。
付近に展開する「マナカマナ」の系列だそうです。(大山の同名店は関係なし)


★タイガービール ¥550

なぜかシンガポールのビール。
パパドにグリーンチリチャトニ、こういうちょっとしたことが嬉しいですね。


★手羽先5P ¥500

タンドリーチキン的にヨーグルトに漬け込んだ手羽先の炭火焼。
・・・なんだけど、これどうやって食べるんだ?
スプーン?ムリムリ。フォーク?ムリムリ。

・・・結局両手を真っ赤に染めながらいただくことに。
ギットギトやでぇ!


★ガハナスペシャル(ライスorナン付) ¥950

鶏肉&ひき肉&ゆで玉子にサグも入った特製カレー。
辛口、ライスでお願いしました。
ネパ系インド料理店の常として、ライスはもっちり白米。
で、このライスの量が多すぎ!
カレーは先に無くなり、後半白米祭りへとシフト!!

・・・かなりお腹いっぱいです。

見た目はド派手ですが、料理はそつない「よくあるネパ系インド料理店」といった印象。
それだけでは特に記事にする必要もないほどなのですが・・・・・

一つ、とーっても気になることが!!!!

出入り口の近くに小さなレジカウンターがあるのですが、店員さんがその近くを通るたび、レジ裏を覗き込んで何かに微笑みかけるんです。
人が隠れるようなスペースはないですけど・・・・

店員さんたちが皆、厨房のほうへ引っ込んで行った時も、レジカウンターのほうから、ガサガサ・・・と謎の音が・・・・

何か・・・

何かいる!?

一体??????





●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ガハナ

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:インド料理 | 江戸川橋駅神楽坂駅茗荷谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

隠れたキッチン南海系。「カレーの店 キッチンヨッチ」(江戸川橋)

深海も好きですが南海も好き!!


江戸川橋「カレーの店 キッチンヨッチ」

店名にこそ表れていないものの、実はここ「キッチン南海」系列の血を引く、いわゆる「南海スピンオフ店」の一つなんです。

ご主人はかつて神楽坂にあった「キッチン ニュー南海」で修行を積んだ方。

「ニュー南海」のご主人は元々、総本山「キッチン南海 神保町店」出身ということなので、こちら「ヨッチ」のご主人は「南海の孫弟子」ということになるのでしょうか。

このご主人、「ヨッチ」をオープンする前は高田馬場「キッチンニュー南海」の店長も務めたようで、こちら高田馬場のお店は現在閉店してしまったようですが、神楽坂時代の兄弟弟子が西川口で「キッチンニュー南海」をやっており、そちらは今も営業中とのこと。

いつかは行ってみたいものです。

さて、こちらの「キッチンヨッチ」、カレーをメインにしながらも、各種洋食メニューを取り揃え。


南海らしいメニューもあれば、そうでないメニューも。


広々とした店内にはミスター背番号3の写真が飾られていたりして、良き昭和の香りが。


★カツカレー ¥750

南海好きのカレーマニアならやはりこのメニュー。
南海系としてはキャベツの盛りは小さいですが、一目みて美味いと判る、グッドルッキング!!

神保町や馬場の南海ほどは黒くないルゥですが、一口食べて・・・お!お!!

驚くべきことに、全ての南海のオリジンである神保町店のカレーとかなり近い味わい!!

一口に南海といっても、暖簾分けしてから30年ほど経つ店がほとんどで、今やその味は千差万別・・・その中で「南海スピンオフ」であるこの店が、一番オリジンに近いとは・・・!!

しかも南海系の中でもけっこう辛口スパイシーな部類。

サクッと、しかし油っぽさの全くない衣のカツもなかなか素晴らしいですね。

これは、南海の追っかけならずとも体験していただきたいカツカレーだなぁ。

奥深き南海の世界。
旅はまだまだ続きそうですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

キッチンヨッチ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレーライス | 江戸川橋駅神楽坂駅早稲田駅(メトロ)


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

江戸川橋、ネワーリー族の味。「ネパール料理 プルニマ」(江戸川橋)

江戸川橋でしっぽりと営業しているネパール料理店「プルニマ」。
photo:01

rumba隊長のレビューを見て、行ってきました。
photo:03

店内、他に客の姿は無し。
頑張れ!

まずは一服。
photo:02

生ビール ¥500

さ、せっかく「インドネパール料理」ではなく「ネパール料理」のお店なので、ネパール料理に絞って注文してみましょう。

photo:04

フライドモモ ¥900
かなり小振りの可愛いモモ。
カリッと楽しい歯ごたえの、これは良いおつまみになりますね。

photo:05

ラー ケン ¥700
挽き肉と卵の蒸し物。
あまり見かけない料理です。
聞けばネパールの中でもネワーリー族だけの料理だそうで、他の民族には作れないのだそう。
ほのかにマスタードシードが入っているものの、全体としてはとても優しく上品な味。
ちなみに量もなかなか上品です。

photo:06

ポレコ パケタ ¥200
呪文のような可愛い名前ですが、ポレコ=焼き パケタ=手羽先。
タンドリー釜で焼き上げており、塩味とスパイス味が選べるのですが、こちらはスパイス味。一本から注文できるのが良いですね。

どこにでも転がっているテキトーなインドネパール料理店とは一線を画した、丁寧で上品なネパール料理を出すお店。
ただ、とても優しい味かつ量少なめなので、ガッツリ系男子(女子も)にはちょっと割高に感じるかも知れません。

ご馳走さまでした。

↓一日一回。クリックはこちら
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

ネパールダイニングバー プルニマ ネパール料理 / 江戸川橋駅神楽坂駅牛込神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0