FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

静岡カレーカルチャー発信源、お座敷でいただく個性派カレー。「カレー屋ロストコーナー」(御門台)

静岡市清水区の住宅街に、個性が光るカレー店。



「カレー屋ロストコーナー」

2017年オープン。
店名の「ロストコーナー」には『忘れてきたものが見つかる場所』という意味を込められているそうです。


靴を脱いで上がる、くつろぎ空間。
確かに遠い昔、少年だったころの自分の部屋のよう。
ゴチャッと感が落ち着きますね。

カレーは定番のスパイスカレー系から、トリッキーな限定カレーまで振り幅たっぷり。
まずは定番から攻めてみましょう。

★カレー2種盛(小盛) ¥1100
・ビンダルー
・ドライキーマ


ご飯の盛り方からピンクペッパーの配置まで、実に丁寧。
プラモデルの聖地・静岡らしいクラフトマンシップですね。


ビンダルーもキーマも、ザ・定番といったチューニング。
バッチリスパイスを効かせつつ、これなら毎日食べられると思える仕上がりです。

そして・・・この店のお楽しみといえば、攻めに攻めた「限定カレー」。
SNSなどで随時告知しているのですが、この日はまさに静岡らしいカレーが登場です。

★限定カレー2種盛(小盛) ¥1100
・青山椒と竹の子のマトンキーマ
・酒粕と黒はんぺんのカレー


なんと、静岡名物の黒はんぺんを用いたカレーです。
酒粕の風味がガッツリ効いていて、カレーでありながら完全に「和食」。
和風の小鉢に入れて「静岡名物黒はんぺんの南蛮煮で御座います。」なんて出されたら説得力ありそう。

対する青山椒と竹の子のマトンキーマは突き抜けた刺激が魅力。
癖を癖と思わず振り切る迫力、けっこう好みです。

静岡の、しかも決して中心街ではない場所でこの勝負っぷり。
なのに妙に懐かしくて落ち着く感じ。
なるほど確かにロストコーナーだ。

この店に刺激と勇気をもらって、静岡に新しいカレー屋が次々出てきてもおかしくない、そんな存在感がここにあります。

静岡に行ったら是非立ち寄るべきですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ネパール料理と静岡麦酒で乾杯!「チョウタリ」(静岡)

静岡駅から続く地下道に面した、超好立地なネパール料理店。

「チョウタリ」


ネパールの田舎を彷彿とさせる内装。

何よりこのお店が超絶素晴らしいのは、なんと生ビール一杯目290円という設定!

★生ビール(静岡麦酒)¥290

そう、しかも静岡限定静岡麦酒なんです!
とりあえず居酒屋としても最高であります。

そして料理。


ナンにカレー、タンドリーチキンといったインド料理に加え、ダルバートを始めとした各種ネパール料理もしっかりラインナップ。

ここは酒の肴にピッタリなセットをオーダーしちゃいましょう。

★カザセット ¥790

カレーとチウラ(押米)、バタマスサデコ、アチャール、サラダのセット。
カレーはマトン辛口を選択してみました。

マトンカレーはブラックペッパーに生姜ガッツン。
アチャールもバタマスサデコもマスタードオイルたっぷりのバキっとした味つけ。
否応なしに酒が進みますぞ。

店名の「チョウタリ」は休憩所の意。
その名の通り、ちょっと一杯にも最適なお店なのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

アダルトビデオ黒猫あらため「カツカレーのジャイアン」。店主はやはり・・・ (静岡)

本日は静岡の注目スポットであるこちらに来てみました。

「アダルトビデオ黒猫」

いやぁ、ワクワクしますね。

目線を下ろしてみましょう。

「アダルトショップからカレー屋さんになりました。」

そうなんです。
ここ、実はカレー屋さん。

お店の名前は・・・


「カツカレーのジャイアン」

そう、なんとカツカレー専門店なんです。
しかもちょっと普通じゃない感じの。


「はじめての人も全員WELCOME!! 経験と妄想で日替わりカレー作ってます。」
「絵とは違います」


・・・カツカレーで日替わりなんて、ちょっと他にないですよね。

オープンスタイルの店内には・・・

・・・あ。


ジャ・・・ジャイアン???
ジャイアンが実写化してます。


しかもチーズ削ってる!!

これはジャイアントパンダの赤ちゃんより珍しい光景ですよ。


しかも奥には「どこでもドア」。
東京まで行けるかな?


元アダルトビデオ店だけに、セクシー要素もしっかり。


元アダルトビデオ店だけに、カルピス飲み放題。
・・・え?

ネタ満載で食べる前からお腹いっぱいでありますが、肝心のカレーはどうでしょう?


ラックには各種スパイス。
おー、カレー屋っぽいぞ。


黒板には「今日のカレー」図解。
なんだなんだ、かなり本気モードじゃないですか。

そして出てきたカツカレーがこちら。

★今日のカレー(S) ¥800

ホ・・・ホゲーッ・・・・これが少なめサイズ??
ちょっと豪華過ぎますぞ!!


この日のカレー構成は、
・欧風カレー(牛すじ)
・とんかつ
・ラスパドゥーラチーズ
・やさい
・福神づけ
・たまご
・ターメリックライス



欧風のカレーはスパイシーで濃厚かつ、割とサラッとしていて、これだけでもなかなか美味い。

そこに肉厚なトンカツ。
ボリュームたっぷり、カレーとの相性も抜群です。
流石はカツカレー専門店。

さらに、さきほどジャイアンが削っていたラスパドゥーラチーズがドッサリ。
薄くヒラヒラと、カレーやカツに溶けるように馴染むんですね。
これは面白い。

そのままでも充分スパイシーで完成度高いのですが、卓上の自家製八味唐辛子をかけて辛さアップ。
後半戦も飽きることなく一気にフィニッシュ。

いやぁ、なかなかのホゲ旨。素晴らしかった。
かなり強烈なネタ店と思わせといて・・・・いや実際強烈なネタ店なのですが・・・・カレーへの情熱とオリジナリティは抜群。

なんだか、静岡カレーを語る上で外せないマスターピースのようにさえ思えてきましたよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カツカレーのジャイアン



関連ランキング:カレーライス | 新静岡駅静岡駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

静岡で、名物もつカレー。「金の字 支店」(静岡)

浜松餃子、富士宮焼きそば、静岡おでん・・・
いわゆるご当地B級グルメが犇めく静岡。

カレー界隈ならやはり「もつカレー」でしょう。
モツをカレーにつけていただくシンプルなこの料理、発祥は静岡市清水の「金の字」というお店。

そして、その支店が静岡の中心街にあったんです。

「金の字 支店」

えぇ感じに鄙びた店構え。

夕方6時くらいに行ったのですが、ほぼほぼ満席。
みんなスタート早いなぁ。


店内はカウンター席と、


お座敷席。

メニューは決して多くはないのですが、押さえるところは押さえています。

★臥龍梅 ¥1200

静岡で人気の地酒。
シンプルでキレイながら、力強い味わいですね。


★金の字特製 もつカレー煮 1本 ¥150

いきなり行っちゃいました。
どっぷりカレーで煮込まれたモツ串。
串の取っ手部分までカレーまみれであります。
カレーはガッツリ濃厚。
なるほどこれは良い酒の肴だ。


山盛りのキャベツサービス。
余ったカレーにこのキャベツをつけて食べるのが良い感じ。
ということでもつカレーは最初に頼んだほうがより楽しめるのです。


★とりネック ¥150

いわゆるセセリであります。
弾力まじ最高。


★葉しょうが ¥380

静岡の居酒屋にはあたり前のようにあるこちら。
カウンターに水栽培状態で植わっているのを抜いて味噌でいただきます。
静岡の人はこれが静岡にしかない食べ方だとは気づかないようで、東京に行って初めて静岡限定だと知るのだとか。


★ニンニクの香り タレ味 もつ焼 ¥150

「これは東京には絶対ない味だから」と勧められたのですが、予測値を遙かに超えるめちゃウマ!
これを狙って静岡に来ても良いレベルじゃないでしょうか。

「支店」といいつつも、この地で早40年。
客の嗜好の違いもあり清水の本店とは味が変わっているそうです。
もつカレーも、本店はよりスパイシーにしているらしい。
なるほど、食べ比べる楽しみが増えましたね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

金の字支店



関連ランキング:居酒屋 | 新静岡駅静岡駅日吉町駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの旬香亭が、二大国民食へと発展的回帰。「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」(静岡)

静岡で偶然、素晴らしい新店に遭遇!

静岡駅北口から線路沿いに西へ。
コンテナを改装した、気になるお店。

え?カレーと中華そば!?


え!?旬香亭!??


「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」

東京ではトンカツの名店「ポンチ軒」やカツカレー専門店「ジーエス」などで知られる旬香亭、実は静岡が本拠なのですよね。

こちらは旬香亭プロデュースによる、カレーと中華そばメインのスタンド居酒屋。

オープンは2019年3月18日だそうです。


コンテナだけに細長く、カウンターのみの店内。


オーダーは食券制です。


おぉ、静岡ではカレーの他、ラーメンとおでん、そして静岡の地酒もいただきたいと思ってた!
全部あるじゃないですか。最高じゃないですか。


★本日の日本酒 磯自慢 ¥450

焼津市の老舗酒蔵「磯自慢」。
キン!と冷えて澄んだ綺麗な味ですね。


★夜限定 鶏白湯おでん つくね ¥250

いやもう、これ食べたほうがいいですよ。
いわゆる大衆的な静岡おでんとは違って、料亭の味。
ボリュームもたっぷりで、これ手軽にいただけるの素晴らしい!


そしてメインはカレーと、湯気ソバ。
湯気ソバって何?

★湯気ソバ(温)+ミニカレーセット ¥1000

で両方楽しんでみましょう。


◎名物湯気ソバ

うわぁ、一見めちゃめちゃ昭和な、小池さんがすすってそうなラーメン。
けれどスープはかなーり少な目で、湯気のような泡がトッピングされています。

・・・実はこの泡、トリュフで香りづけされているんです。


油そばのようにスープを絡め、泡を崩していただきましょう。

・・・うわっ、なんかめちゃめちゃ美味いですよこれ。
ラーメン食べたい気分を裏切らない、ラーメンど真ん中な味。
それでいて、油そばのような濃度と香りで麺自体を愉しめるという・・・・

別添えで追いスープが用意されているのですが、そのまま飲んでも良し、麺に加えて風合いの変化を楽しむもよし。

カレーだって手が込んでいます。

◎オリジナルカレーライス(キーマスタイル・ミニ)

カレーの中にキーマ、カレーの上にもキーマ。
どことなく中華カレー的な味わいがあると思ったら、なんと隠し味に白湯を用いているそう。
最初にいただいたおでんの白湯がこちらにも生かされているわけですね。
なるほど納得の工夫です。

流石は旬香亭、一筋縄ではいかないアプローチ。
斬新なアイデアが満載で懐かしくも新しい味ですね。

それにしても、和食とフレンチの融合で名を馳せ、とんかつを極めた旬香亭。
ここにきて「ジーエス」ではカツカレー専門店に挑戦したり、この「湯気」では二大国民食であるラーメンとカレーを看板にしたりと、ニッポンの大衆食への発展的回帰を試みているのが、実に頼もしく、興味深いことであります。

ちょっとヤバいな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

駅前スタンド 湯気 with 旬香亭



関連ランキング:ラーメン | 静岡駅新静岡駅日吉町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad