FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

2018.11.3 【City Curry Market 】 - カレー細胞 × SHAKE HANDS presents – @上野公園 開催!

2018年11月3日、上野恩賜公園野外ステージにて、
ヒト・コト・モノ・オトの縁を繋ぐ野外音楽フェス「SHAKE HANDS」が開催!!
shakehands_flyer_001.png
shakehands_flyer_002.png


その同時開催としてSHAKE HANDSとカレー細胞が贈る、一日限りのスペシャルなカレーマーケットが登場です!

ccm_fbimg.jpg
東京の今、そして未来のカレートレンドを一堂に会した異色のラインナップをご用意。
入場は無料。是非足を運んでみてくださいね。

////////////////////////////////////////////////////////////
【City Curry Market 】
- カレー細胞 × SHAKE HANDS presents –


○日程:11.03(sat)
○時間:13:00-19:30
○会場:上野恩寵公園野外ステージ
[SHAKE HANDS"メインステージ横"特設ブース内]
●入場料:無料
※音楽フェスに参加される方は別途入場チケットが必要となります。


[👇イベント最新情報はこちらでチェック!👇]
https://www.facebook.com/events/1913168102097458/


////////////////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●出店ラインナップ
①"カレーBAR&居酒屋"ムーブメントの代表格「スパイスバル317」
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294885_181025_0005.jpg
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294885_181025_0010.jpg

「カレーはお酒に合うのか?」そんな野暮な質問も今は昔。
お酒と共にカレーを愉しむ"カレーBAR&居酒屋"の勢いはとどまることを知りません。
三軒茶屋に2015年オープンした「スパイスバル317」は今や熱烈なファンを集める人気店。
今回がカレーフェス初登場となります!

②"東京個性派新世代カレー"の代表格「妄想インドカレー ネグラ」
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294908_181025_0007.jpg
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294908_181025_0006.jpg

コンセプトは「インドに行ったことのない店主が、妄想で作るインドカレー」。
当然の如く、他店とは全く被らないその美味しさが評判を呼び、
今や大阪のカレーフェスから声がかかるほどの人気店に。
まさに東京を代表する個性派カレー店です。

③ついに東京上陸した"大阪スパイスカレー"の代表格「旧ヤム邸」
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294903_181025_0003.jpg
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294903_181025_0005.jpg

近年東京でもその存在が広く知られるようになった"大阪スパイスカレー"。
そう、今のカレートレンドを語る上で、大阪カレーのもの凄い進化を見逃すことはできないのです。
「旧ヤム邸」はその押しも押されぬ代表格。
2017年ついに下北沢に進出、東京カレーシーンにインパクトを与え続けています。

④メディアで話題のレアな"間借りカレー"「SHO CURRY」
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294872_181025_0002.jpg
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294872_181025_0008.jpg
TVなどでたびたび取り上げられ話題の"間借りカレー"。
BARなどのランチタイムを間借りして営業する、新しいカレー屋のカタチです。
今回登場する「SHO CURRY」の営業も不定期。
タイミングが合わないとなかなか出会えないレアなカレーをこの機会に是非!
https://www.facebook.com/sho19850126/

⑤食べる、から、作って食べるへ。"クラフトカレー"の未来「印度カリー子」
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294897_181025_0003.jpg
ca5dfc0da00cc1f7d7167e3458374f953_20294897_181025_0002.jpg
日本の家庭料理にスパイスカレーを!をモットーに、インドカレーのレシピをネットで公開、料理教室を開催したり、手軽にカレーを作れるスパイスキットを販売したり・・・
今やテレビ出演などひっぱりだこのカレー女子大生が本イベントに登場。
自宅で美味しいカレーを作れるスパイスキットを販売します。
http://indocurryko.net

◎オーガナイザー「カレー細胞」
Matsuwideedited.jpg
国内外3000軒以上のカレーを食べ歩き、Webや雑誌・TVなどでカレー情報を発信し続ける。
「GO! CURRY!GONE!」「カレー寺」などのカレーイベントも手掛け、東京のカレー文化を盛り上げる仕掛け人。Japanese Curry Awards選考委員。

◎会場のご案内
004.png
(クリックすると拡大します)

◎SHAKE HANDS タイムスケジュール
※こちらの音楽フェスには入場料がかかります。
詳細はこちらにて。
003.png
(クリックすると拡大します)

////////////////////////////////////////////////////////////

[👇イベント最新情報はこちらでチェック!👇]
https://www.facebook.com/events/1913168102097458/


ハッシュタグはこちら。
#shakehands_tokyo #citycurrymarket

////////////////////////////////////////////////////////////


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

GWは六本木でカレーに行け!カレーで逝け!大阪カレーシーンの熱気ついに東京上陸!『GO! CURRY! GONE! ゴーカレーゴーン』 開催間近。

いよいよゴールデンウィーク間近。
カレー好きなら今年は六本木で決まりですよ。

大阪カレーシーンが気になっていても、現地までは行けなかった東京のみなさんに朗報。

『GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-』
(ゴーカレーゴーン)

29994335_10213949901134300_709913282_o.jpg
前売り券はこちら

コンセプトは「カレーと音楽でハイになる」。
近年、大阪で盛り上がりを見せる「カレー×音楽」イベントが、ついに東京初上陸です!!

※初回告知記事はこちら。


大阪からは「スリランカ×南アフリカ」という斬新なスタイルで話題の「バガワーンカレー」、トロピカルダンディ ジョル氏による旨み爆発創作スパイスカレー「はらいそsparkle」。
東京からは、言わずと知れた経堂の名店「ガラムマサラ 」、女性ハンターによるジビエカレーが話題の「beet eat」、インドに絶対行かない店主による「妄想インドカレー ネグラ」、新宿ゴールデン街を代表する「エピタフカレー」と、超個性派揃い!

参加ミュージシャンもかなりの曲者揃い。
ザ・ぷー(元 ザ・プーチンズ)、RAM RIDER、cooking songs、久保田リョウヘイ!!

しかも今回のイベントに合わせ「カレーの新曲」もスタンバイしてるんです。

ザ・ぷー待望の新曲「街角ガンジー」。
PVは今イベント参加各店の紹介もなっているというスグレモノ。
是非、5/5は生で聴いて欲しい!


さらにここでしか手に入らない、ツイストの利いたファッションアイテムにも注目!

ホールスパイスを閉じ込めたアクセサリー「ANOMA」、カカオをスパイスと捉え創るチョコ「minimal」。
今回のイベント限定のTシャツ(限定30枚)などグッズも多数揃えています!

まさにジャンルレスな狂宴。

わたくしカレー細胞と、wanna eat CURRY主催のオーバーオールズが贈る、大阪式カレーイベント。
その熱気を六本木で楽しめる、歴史的瞬間をご一緒に!!!

前売り券はこちらのページから、お早めに。

***************************************************
『GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-』(ゴーカレーゴーン)
2018年5月5日(土祝)
Open Time 16:00 ~ 21:00

前売 3,800円(2カレー付、1ドリンク別)
当日 4,200円(2カレー付、1ドリンク別)
追加カレーチケット:1カレー 400円 / 2カレー700円 / 3カレー1,000円

会場:六本木スーパーデラックス
〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目1−25
https://super-deluxe.com/

***************************************************
『CURRY!!』
[大阪] バガワーンカレー/はらいそsparkle
[東京] ガラムマサラ/beet eat/妄想インドカレー ネグラ/エピタフカレー

***************************************************
『MUSIC!!』
[LIVE] ザ・ぷー/RAM RIDER(DJ SET)/cooking songs
[OA]久保田リョウヘイ
[DJ] kk/オーバーオールズ

***************************************************
『FASHION!!』
[スパイスアクセサリー] ANOMA

and more…!!

***************************************************
主催:wanna eat CURRY/カレー細胞
制作:栗原千温(nuclearnessLLC.) / ノイズ中村(VELVETSUN PRODUCTS)

Twitter http://twitter.com/gonecurry
FacebookPage https://www.facebook.com/Gocurrygone/
Instagram http://www.instagram.com/gocurrygone/
Ameblo https://ameblo.jp/gocurrygone/


***************************************************


『CURRY!!』

★バガワーンカレー BAGAWAAN CURRY(大阪)

大阪アメリカ村で土日のみ営業の人気&激レアカレー店が六本木上陸!
テーマはなんと「南アフリカ×スリランカ」!?
fc2blog_20180325111852df6.jpg

店主・馬越氏がスリランカ・南アフリカを旅して学んだスパイスハーブの技法を駆使した、独自のミクスチャーカレーは中毒性抜群!!
東京にはないタイプのカレーにきっと驚くはず。

twitter:@bagawaancurry


★はらいそsparkle(大阪)

大阪心斎橋の「はらいそ」が店名も新たに肥後橋へ移転スタート。
出汁の旨みが凝縮した、酒に合うスパイスカレーに痺れまくる!
fc2blog_201803251119481b7.jpg
「トロピカルダンディー」ことジョルさんが繰り出す創作スパイスカレーは、
和出汁の旨みをぐいぐい押し出した、めちゃめちゃお酒が進むカレー。
大阪の出汁文化を独自解釈した、これまた東京にはないカレーを食べ逃しちゃいけませんよ。

twitter:@paraiso_spice


★ガラムマサラ(東京)

まだ見ぬカレーを食べたければ、新しいお店を探すよりもここに行けばよい。

第一回Japanese Curry Awards受賞店が六本木に登場!

言わずと知れた東京カレーの大御所にしてカレー発明家、経堂「ガラムマサラ」のハサンさんが「GO! CURRY! GONE! 」に参戦!

絶対、普通のカレーは出さないはず。どんなものが登場するのか震えて待ちましょう!


★beet eat(東京)
シェフはなんと女性ハンター!
自ら仕留めた獣の肉を自らカレーにするという唯一無二のお店。

Japanese Curry Awards2017を受賞するなど、今もっとも脂が乗っている(ジビエだけに)注目店が六本木に登場!

さて、どんなカレーが繰り出されるのか・・・・???


★妄想インドカレー ネグラ(東京)

インドに絶対行かない店主が創る、妄想の中のインド。

インドに絶対行かず、妄想の中のインドカレーを具現化し提供する、それが「妄想インドカレー」
音楽とカレーで妄想世界に翔ぶ、今回のイベントには欠かせない存在です!
六本木では、どんなインドカレーを妄想するのか?期待!!


★エピタフカレー(東京)

新宿ゴールデン街の人気間借りカレーが六本木に登場!!


3/18大阪「wanna eat CURRY」にも遠征、今度は六本木へと凱旋出店となる「エピタフカレー」。

お店のtwitterによると、
「エピタフカレーは梁川奈々美をご本尊にBGMは大抵プログレ、夢のPOPEYE掲載は実現したので次はBRUTUSとGINZAに載ることを夢見る、南インド料理への憧憬と愛憎を胸に日々間借り営業しているカレー屋です。」

・・・果たして、どんなカレーが出るのやら??


『MUSIC!!』

★ザ・ぷー

21世紀を揺るがす国際的怪電波ユニット。
メンバーは街角マチオ(ギター)街角マチコ(テルミン)川島さる太郎(さるのパペット)SONE太郎(プロデューサー)の4人組。
MUSIC、コント、演劇をMIXした独自のスタイルで観客を魅了する、シュールでスタイリッシュなLIVEは中毒者が続出している。
電子楽器“テルミン”をテーマにした音楽フェス「全日本テルミンフェス」を主催する等、一風変わった活動が注目を浴びている。
2017年には、デジタルアート集団“チームラボ”とのコラボLIVEを開催し、音楽で観客を笑い泣きさせるNEXTレベルのパフォーマンスで話題となった。
チームラボ猪子代表、小山薫堂、前田司郎(作家、五反田団主宰)、鷹の爪団FROGMAN、片桐仁(ラーメンズ)、志磨遼平(ドレスコーズ)、GLIM SPANKY、上坂すみれ、吉澤嘉代子などの文化人、アーティストからも熱く支持されている。アルバム「ナニコレ」がロングヒット中。

公式HP:http://the-puh.com/

★RAM RIDER(DJ SET)

90年代中頃より活動を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、それをきっかけに数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。2000年以降はDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、それらを総合したプロデュースへの道を進み、2004年に自らもヴォーカルをとる形でデビュー。DJでは様々なジャンルのアンセムをマッシュアップするスタイルでクラブ初心者からヘビーリスナーまで幅広い支持を得る。現在は自身のリリース、ライブ、DJ と並行しソロシンガー、バンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画、舞台への楽曲提供で活動中。

★cooking songs

「音楽」と「料理」をお届けするフリージャズ・ポップス・バンド。高橋保行(vo,tb,cook、渋さ知らズ、SOIL&”PIMP”BIG BAND)と、伴瀬朝彦(vo,p,cook、片想い、ホライズン山下宅配便)による、手作りのディナーショーとして始まったcooking songs。
現在は、池澤龍作(dr、スガダイロー・リトルブルー)、田島拓(gt)、ケイタイモ(b、WUJA BIN BIN、ex.BEAT CRUSADERS)、上運天淳市(as、田我流とカイザーソゼ)パニック大原(ts)を加えた7人体制バンド。
毎回ライブではカレーやイタリアンを中心とした料理を提供し料理を振る舞うスタイルで、食事が楽曲に、楽曲が食卓に、腕利きミュージシャン達が気負いのない等身大の楽曲を届けている。
2ndアルバム「Curry Rice」6/27発売!

公式HP:https://cookingsong.amebaownd.com/

★久保田リョウヘイ(OA)

オープニングを飾るのは、世界でも珍しい楽器“ハンドパン”の名手 久保田リョウヘイ!
ハンドパンは2001年にスイスで発明された新しい楽器。
ガムランを想わせる心地よい音色と打楽器としての魅力を併せ持つ。スティールパンの派生型として誕生し指で弾いて演奏するのが特徴。
自身高校生の時に見たハンドパンに衝撃を受け独学で演奏法を習得。渋谷・原宿でのストリート演奏が話題となり、東京を拠点に活動中。現在19歳。
ソロ演奏だけでなく、様々な楽器やDJとのコラボまで演奏のスタイルは幅広い。一度演奏を聴いたら耳から離れない癒しの音色を是非体験して欲しい。

◎オフィシャルHP:https://www.ryohei-kubota.com/biography

★kk(DJ)

2004年より大阪でテクノミュージックをメインとしたDJを開始する。自由気ままで独特なストーリーの構築をもってオーバーグラウンド、アンダーグラウンド問わず様々な現場でフロアを湧かす。現在テクノ、ハウス、ディスコなどのトラックを基本に縦横無尽かつ衝動的に再生する。
https://soundcloud.com/kiki126

★オーバーオールズ(DJ/主催)

カレー×音楽×ファッションのごちゃまぜイベント「wanna eat CURRY」主催。
大阪カレー界においてまいどおさがわせなガールズユニット。妖怪好きとしても名高い カレー細胞氏に捕獲される。


★hi-farm(レーザー)

東京都を中心に活動するプログラマー&Laserist。
いろいろ光らせてます。
http://www.hi-farm.net/index.php

★ANOMA accessory(アクセサリー)
29340371_617846325225114_243221246876815978_n.jpg
素朴なご飯やおやつ、お酒のおつまみなどを2017年まで堀之内・百音で提供されていた「ANOMA」さん。
現在はイベントでのFOOD提供とともに、スパイス料理に傾倒。
スパイスを愛するあまり、スパイスを閉じ込めたアクセサリー「ANOMA accessory」制作・販売を開始。
スパイシーなカレーを食べながら、スパイシーな音楽を聴きながら、皆さんの耳元、髪元でスパイスが揺れることを願って!

Instagram:https://www.instagram.com/anoma_horinouchi


★カレー細胞(主催)
Matsusquare.jpg
あらゆるカレーと変な生き物の追求。 生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・そして海外あわせ3000軒以上のカレー屋を渡り歩く。
雑誌・TVのカレー特集協力も多数。

前売り券はこちらのページから、お早めに。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大阪カレーシーンの熱気、ついに東京上陸!『GO! CURRY! GONE! ゴーカレーゴーン』 開催決定!

近年、音楽やファッションと融合したポップカルチャーとしての盛り上がりをみせる大阪カレーシーン。

その熱気、そのテンションは、参加した者にしかわからない!!

・・・ということでついに!!

大阪で人気のCURRY×MUSIC×CULTUREイベント「wanna eat CURRY」を東京に呼ぶことに成功!

題して、
『GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-』
(ゴーカレーゴーン)

29994335_10213949901134300_709913282_o.jpg

3/18大阪で開催された「wanna eat CURRY」も激アツ。
[広告] VPS

この熱気が東京にやってくるんです。

今回は参加カレー店も超豪華。

大阪からは「スリランカ×南アフリカ」という斬新なスタイルで話題の「バガワーンカレー」と、トロピカルダンディ ジョル氏による旨み爆発創作スパイスカレー「はらいそsparkle」が参戦!

迎え撃つ東京からは、言わずと知れた経堂の名店「ガラムマサラ 」、女性ハンターによるジビエカレーが話題の「beet eat」、インドに絶対行かない店主による「妄想インドカレー ネグラ」、新宿ゴールデン街を代表する「エピタフカレー」と、超個性派揃い!

参加ミュージシャンもかなりの曲者揃いです。

ザ・ぷー(元 ザ・プーチンズ)、RAM RIDER、cooking songs、久保田リョウヘイ!!

さらにここでしか手に入らない、ツイストの利いたファッションアイテムにも注目!

まさにジャンルレスな狂宴。

わたくしカレー細胞と、wanna eat CURRY主催のオーバーオールズが贈る、大阪式カレーイベント。
その熱気を六本木で楽しめる、歴史的瞬間をご一緒に!!!

前売り券はhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0148vszgcgcq.html" target="_blank" title="こちらのページ">こちらのページ</a>から、お早めに。</span></strong>" target="_blank" title="こちらのページ">こちらのページから、お早めに。

***************************************************
『GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-』(ゴーカレーゴーン)
2018年5月5日(土祝)
Open Time 16:00 ~ 21:00

前売 3,800円(2カレー付、1ドリンク別)
当日 4,200円(2カレー付、1ドリンク別)
追加カレーチケット:1カレー 400円 / 2カレー700円 / 3カレー1,000円

会場:六本木スーパーデラックス
〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目1−25
https://super-deluxe.com/

***************************************************
『CURRY!!』
[大阪] バガワーンカレー/はらいそsparkle
[東京] ガラムマサラ/beet eat/妄想インドカレー ネグラ/エピタフカレー

***************************************************
『MUSIC!!』
[LIVE] ザ・ぷー/RAM RIDER(DJ SET)/cooking songs
[OA]久保田リョウヘイ
[DJ] kk/オーバーオールズ

***************************************************
『FASHION!!』
[スパイスアクセサリー] ANOMA

and more…!!

***************************************************
主催:wanna eat CURRY/カレー細胞
制作:栗原千温(nuclearnessLLC.) / ノイズ中村(VELVETSUN PRODUCTS)

Twitter http://twitter.com/gonecurry
FacebookPage https://www.facebook.com/Gocurrygone/
Instagram http://www.instagram.com/gocurrygone/
Ameblo https://ameblo.jp/gocurrygone/


***************************************************


『CURRY!!』

★バガワーンカレー BAGAWAAN CURRY(大阪)

大阪アメリカ村で土日のみ営業の人気&激レアカレー店が六本木上陸!
テーマはなんと「南アフリカ×スリランカ」!?
fc2blog_20180325111852df6.jpg

店主・馬越氏がスリランカ・南アフリカを旅して学んだスパイスハーブの技法を駆使した、独自のミクスチャーカレーは中毒性抜群!!
東京にはないタイプのカレーにきっと驚くはず。

twitter:@bagawaancurry


★はらいそsparkle(大阪)

大阪心斎橋の「はらいそ」が店名も新たに肥後橋へ移転スタート。
出汁の旨みが凝縮した、酒に合うスパイスカレーに痺れまくる!
fc2blog_201803251119481b7.jpg
「トロピカルダンディー」ことジョルさんが繰り出す創作スパイスカレーは、
和出汁の旨みをぐいぐい押し出した、めちゃめちゃお酒が進むカレー。
大阪の出汁文化を独自解釈した、これまた東京にはないカレーを食べ逃しちゃいけませんよ。

twitter:@paraiso_spice


★ガラムマサラ(東京)

まだ見ぬカレーを食べたければ、新しいお店を探すよりもここに行けばよい。

第一回Japanese Curry Awards受賞店が六本木に登場!

言わずと知れた東京カレーの大御所にしてカレー発明家、経堂「ガラムマサラ」のハサンさんが「GO! CURRY! GONE! 」に参戦!

絶対、普通のカレーは出さないはず。どんなものが登場するのか震えて待ちましょう!


★beet eat(東京)
シェフはなんと女性ハンター!
自ら仕留めた獣の肉を自らカレーにするという唯一無二のお店。

Japanese Curry Awards2017を受賞するなど、今もっとも脂が乗っている(ジビエだけに)注目店が六本木に登場!

さて、どんなカレーが繰り出されるのか・・・・???


★妄想インドカレー ネグラ(東京)

インドに絶対行かない店主が創る、妄想の中のインド。

インドに絶対行かず、妄想の中のインドカレーを具現化し提供する、それが「妄想インドカレー」
音楽とカレーで妄想世界に翔ぶ、今回のイベントには欠かせない存在です!
六本木では、どんなインドカレーを妄想するのか?期待!!


★エピタフカレー(東京)

新宿ゴールデン街の人気間借りカレーが六本木に登場!!


3/18大阪「wanna eat CURRY」にも遠征、今度は六本木へと凱旋出店となる「エピタフカレー」。

お店のtwitterによると、
「エピタフカレーは梁川奈々美をご本尊にBGMは大抵プログレ、夢のPOPEYE掲載は実現したので次はBRUTUSとGINZAに載ることを夢見る、南インド料理への憧憬と愛憎を胸に日々間借り営業しているカレー屋です。」

・・・果たして、どんなカレーが出るのやら??


『MUSIC!!』

★ザ・ぷー

21世紀を揺るがす国際的怪電波ユニット。
メンバーは街角マチオ(ギター)街角マチコ(テルミン)川島さる太郎(さるのパペット)SONE太郎(プロデューサー)の4人組。
MUSIC、コント、演劇をMIXした独自のスタイルで観客を魅了する、シュールでスタイリッシュなLIVEは中毒者が続出している。
電子楽器“テルミン”をテーマにした音楽フェス「全日本テルミンフェス」を主催する等、一風変わった活動が注目を浴びている。
2017年には、デジタルアート集団“チームラボ”とのコラボLIVEを開催し、音楽で観客を笑い泣きさせるNEXTレベルのパフォーマンスで話題となった。
チームラボ猪子代表、小山薫堂、前田司郎(作家、五反田団主宰)、鷹の爪団FROGMAN、片桐仁(ラーメンズ)、志磨遼平(ドレスコーズ)、GLIM SPANKY、上坂すみれ、吉澤嘉代子などの文化人、アーティストからも熱く支持されている。アルバム「ナニコレ」がロングヒット中。

公式HP:http://the-puh.com/

★RAM RIDER(DJ SET)

90年代中頃より活動を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、それをきっかけに数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。2000年以降はDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、それらを総合したプロデュースへの道を進み、2004年に自らもヴォーカルをとる形でデビュー。DJでは様々なジャンルのアンセムをマッシュアップするスタイルでクラブ初心者からヘビーリスナーまで幅広い支持を得る。現在は自身のリリース、ライブ、DJ と並行しソロシンガー、バンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画、舞台への楽曲提供で活動中。

★cooking songs

「音楽」と「料理」をお届けするフリージャズ・ポップス・バンド。高橋保行(vo,tb,cook、渋さ知らズ、SOIL&”PIMP”BIG BAND)と、伴瀬朝彦(vo,p,cook、片想い、ホライズン山下宅配便)による、手作りのディナーショーとして始まったcooking songs。
現在は、池澤龍作(dr、スガダイロー・リトルブルー)、田島拓(gt)、ケイタイモ(b、WUJA BIN BIN、ex.BEAT CRUSADERS)、上運天淳市(as、田我流とカイザーソゼ)パニック大原(ts)を加えた7人体制バンド。
毎回ライブではカレーやイタリアンを中心とした料理を提供し料理を振る舞うスタイルで、食事が楽曲に、楽曲が食卓に、腕利きミュージシャン達が気負いのない等身大の楽曲を届けている。
2ndアルバム「Curry Rice」6/27発売!

公式HP:https://cookingsong.amebaownd.com/

★久保田リョウヘイ(OA)

オープニングを飾るのは、世界でも珍しい楽器“ハンドパン”の名手 久保田リョウヘイ!
ハンドパンは2001年にスイスで発明された新しい楽器。
ガムランを想わせる心地よい音色と打楽器としての魅力を併せ持つ。スティールパンの派生型として誕生し指で弾いて演奏するのが特徴。
自身高校生の時に見たハンドパンに衝撃を受け独学で演奏法を習得。渋谷・原宿でのストリート演奏が話題となり、東京を拠点に活動中。現在19歳。
ソロ演奏だけでなく、様々な楽器やDJとのコラボまで演奏のスタイルは幅広い。一度演奏を聴いたら耳から離れない癒しの音色を是非体験して欲しい。

◎オフィシャルHP:https://www.ryohei-kubota.com/biography

★kk(DJ)

2004年より大阪でテクノミュージックをメインとしたDJを開始する。自由気ままで独特なストーリーの構築をもってオーバーグラウンド、アンダーグラウンド問わず様々な現場でフロアを湧かす。現在テクノ、ハウス、ディスコなどのトラックを基本に縦横無尽かつ衝動的に再生する。
https://soundcloud.com/kiki126

★オーバーオールズ(DJ/主催)

カレー×音楽×ファッションのごちゃまぜイベント「wanna eat CURRY」主催。
大阪カレー界においてまいどおさがわせなガールズユニット。妖怪好きとしても名高い カレー細胞氏に捕獲される。


★hi-farm(レーザー)

東京都を中心に活動するプログラマー&Laserist。
いろいろ光らせてます。
http://www.hi-farm.net/index.php

★ANOMA accessory(アクセサリー)
29340371_617846325225114_243221246876815978_n.jpg
素朴なご飯やおやつ、お酒のおつまみなどを2017年まで堀之内・百音で提供されていた「ANOMA」さん。
現在はイベントでのFOOD提供とともに、スパイス料理に傾倒。
スパイスを愛するあまり、スパイスを閉じ込めたアクセサリー「ANOMA accessory」制作・販売を開始。
スパイシーなカレーを食べながら、スパイシーな音楽を聴きながら、皆さんの耳元、髪元でスパイスが揺れることを願って!

Instagram:https://www.instagram.com/anoma_horinouchi


★カレー細胞(主催)
Matsusquare.jpg
あらゆるカレーと変な生き物の追求。 生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・そして海外あわせ3000軒以上のカレー屋を渡り歩く。
雑誌・TVのカレー特集協力も多数。

前売り券はhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0148vszgcgcq.html" target="_blank" title="こちらのページ">こちらのページ</a>から、お早めに。</span></strong>" target="_blank" title="こちらのページ">こちらのページから、お早めに。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

『ランカスイーツの会2017 ~知られざるスイーツ王国スリランカ~ by もんちゃん×うっちゃん×カレー細胞 』@アプサラ

2017年はいろんなイベントに関わりました。
カレー以外に、ちょっと変わったこんなおベントも。

早稲田のスリランカ料理店「アプサラ」。

そのオーナーシェフであるジャナカさんはかつて代々木「カフェロリータ」で本格スリランカ料理を提供していた方なのですが、実は自身で料理教室もやっており、スリランカ料理のみならず、イタリアン、和食もオッケーなマルチシェフ。
しかも、パティシェでもあるという・・・

そういや秋田「ティーランカ」の娘さんもスリランカでパティシェ修業したと聞いたことあるし・・・

あ、そうか!
スリランカといえば紅茶の国。
お茶うけのお菓子やデザートもたくさんあるわけで!

けれど日本じゃまだ、スリランカ料理=カレー。
カレー好きしかスリランカ料理にたどり着かないわけで、なんだか勿体無いぞ!?

そこでピキーン!と浮かんだイベント名。

『ランカスイーツの会』

これはいける!

いろんな嗜好の方々が集まれるぞ。

ということで、私ともう2人・・・
スリランカ案内人うっちゃん、そしてパンケーキブロガー「たっちゃんずパンケーキ部」のもんちゃんとの共同開催で、
実現しました!!

2017年8月5日
『ランカスイーツの会2017 ~知られざるスイーツ王国スリランカ~ by もんちゃん×うっちゃん×カレー細胞 』開催!



スリランカが誇る数多のスイーツを自宅で前日から仕込んでくれたジャナカさん。
バナナリーフに盛り付けられたスイーツはまさに圧巻!!!


・トゥルーティーフルーティー
・バターケーキ
・ワタラッパン
・フルーツケーキ
・コキス
・ムングキャウン
・キリトフィー
・ロティwithルヌミリス
・パンケーキwithキトゥルハニー
・スリランカ式パンケーキ
・キリバット
・ビスコットプディング
・シナモンパンナコッタ
・セイロンティー


これは凄い!半分自分が食べたいから企画したようなものなので、嬉しすぎまする。


米粉とココナッツから作る揚げ菓子「コキス」。
スリランカではお祝いの時にいただくスイーツです。


洋風パンケーキには、スリランカの椰子蜜キトゥルハニーが。
それとは別に、甘い具を春巻き状に包んだ「スリランカ式パンケーキ」も登場。
どことなく、マレーシアあたりとのつながりが感じられ興味深いですね。


白いおはぎのように見えるのは「キリバット」。
実際、ココナッツミルク味のおはぎみたい。


一口サイズのキリバットも登場。カワイイ。


色鮮やかなトゥルーティーフルーティーに・・・・


各種ケーキやプリン、その他もろもろ初めて食べるスイーツがてんこ盛り。
舌と脳が追いつかない・・・・・


キトゥルハニーを固め黒糖にしたような甘い甘い「キリトフィー」と対照的に、
辛い辛い「ルヌミリス」をフワッとしたロティーにつけていただく趣向も。
スリランカの定番プリン「ワタラッパン」はやはり、女性陣に大人気でしたね。
普通に日本でブレイクするポテンシャルあり、ですよ。


この日集まってくれたのは、お店いっぱいの総勢35人。
普段のカレーイベントの客層とはまた異なった、多種多様な皆さんが集まったのが新鮮でした。

やはり、ジャンルを超えることは大切ですね。

2018年も、刺激的なイベントをどしどし仕掛けていきますよ!!

p.s.このイベントの後、ちょうどジャ○ーズの某イケメンタレントが来店。
イベントに遅れて居残っていたツワモノ女子が、タレントと知らず彼の口にスリランカ式パンケーキを押し込んだのは内緒です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アプサラ レストラン&バー



関連ランキング:スリランカ料理 | 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

今年も潜入!『口癖はカレー EPISODE Ⅳ~A NEW HOPE~』@味園ユニバース

今年も行ってまいりました!

カレー最先端の地、大阪で最もハイテンションかつゴージャスなカレーの祭典へ!

18839332_1326874500681307_3206866999084539117_n.jpg

『口癖はカレー EPISODE Ⅳ~A NEW HOPE~』
2017.6.4(日)大阪 千日前 味園ユニバース

いやもう何が凄いって、カレー×音楽×ダンスの狂乱の宴、その舞台が伝説のキャバレー「味園ユニバース」!!
あの和田アキ子が専属歌手だったという、日本芸能史に残るこの場所で、今はカレーの宴が行われてるんですから。
大阪における「カレー」の地位が、東京からは想像もつかないくらい「ポップカルチャー」として捉えられてるってことなんですね。


さて、今年の出展カレー&出場アーティストは以下の通り。

■カレー出店
①KALUTARA
②ネパール&インド料理 Manakamana
③アジアごはんとスパイスカレー アドゥマン
④ガネーシュN
⑤NUWARA KADE(前半)+⑥RODDA group(後半)
⑦Rice&Curry ラーマ
⑧移動式カレー屋 カチャロンカ
⑨Curry&Cafe Warung
⑩Spices curry Synergy
⑪Curry & Cafe 般゚若
⑫アグニ
⑬うれしい居酒屋 酒歌
⑭CURRY&COFEE Noshtam
⑮beet eat(前後半通し出店)
■物販出店(敬称略・順不同)
・curry-lab  スパイススイーツ販売
・Finch    公式Goodsほか販売(イベント限定バッヂほか)
・AIR SPICE スパイスリサイクル・スパイスキット・書籍等販売
・ハリマ食品 「癖になるカレー」販売
■MC
土井コマキ(FM802 BEAT EXPO)
竹内琢也 (FM802 BEAT EXPO)
■LIVE
①Stoned Soul Picnic
②マッカーサー ア コンチ
③P&Pボリウッドダンスくらぶ
④タメリ倶楽部
⑤溺れたエビ!
⑥オレスカバンド
■トークLIVE(敬称略・順不同)
松尾貴史
水野仁輔 ほか


ここで注目したいのは、東京から参戦する「beet eat」と、トークに登壇する松尾さん水野さん。
昨年から主宰の三嶋さんたちと「大阪と東京、もっともっと交流したいね」なんて話していたことが実現したってわけです。


一年ぶりの味園ユニバースは、一言で言えば「狂った巨大空間」
スパイスで音楽でトリップするのにこれ以上の場所はないでしょう。


まずは華やかなインディアンダンスで開幕。
(注:音はOFFでご覧ください。ONにするとちょっと怖いっす)


東京からはるばる車でやって来た「beet eat」
女性ハンターが自ら撃った獲物を、自らカレーに仕立て上げるという、究極のジビエカレー。

春先に三嶋さんから、東京のお店のコーディネイトを相談された際、
「大阪人が好きそうだけど、大阪には絶対ないカレー屋で、大阪に殴り込みをかけたい!」
そう考え、シェフ兼ハンターの竹林さんに話を持ち掛けたところ、即OKをいただいて逆にビックリ感激。

流石はハンター、判断の早さに脱帽です(帽子は脱がないけど)。


この日のラインナップは猪にエゾシカにツキノワグマ!!強烈!!


こちらは猪!
大阪民の脳天を撃ち抜く銃弾!!!


提供開始と同時にギュンギュン列ができてきます。


こうなったらもう止まらない。


ステージも狂いはじめます。


テンション振り切り女子バンド「オレスカバンド」


女子高生バンド時代に米国ツアーを成し遂げたツワモノです。



なんだこれいろんな意味で最高にアドレナリン出る!!


ん、なんかパン焼いてるぞ?
こちら「ガネーシュn」、インドのハンバーガーことパオバジを出してるんですね!

「サッチェズカリー」のサッチェさんがサポートに回っています。
このカレー屋同士の繋がりも、大阪の魅力ですね。


パオバジ!!


東京カリ~番長改め「カレースター」水野さんは、自ら立ち上げた「Air Spice」で参戦。
自ら店頭に立ち、お客さんたちとコミュニケーションとりまくってました。


こちらは「ノシタム」
謎に包まれたノッシー&タムタムのカレーユニット。
カニ!旨み!ズルすぎる旨みの美味さ!!


長野から来た「アドゥマン」
いや、長野っつっても飯田のほう、東京から容易く行ける場所じゃあござんせん。
元々は大阪九条にあったお店で、今回イベントに合わせ里帰り!

直火炙り豚の香ばしさがヤバかった!

いやあ、やっぱりここ、夢のような空間じゃありませんか。

(注:音はOFFでご覧ください。ONにするとちょっと怖いっす)


「般°若」
東京と大阪のカレーを繋ぐという意味において、この店の存在はデカい!
しかも今回出してるカレーは麻婆豆腐とカレーのハイブリッド!
「麻婆豆腐はカレーか否か」という永遠の論争に、「旨けりゃどっちでもいい」という答えを打ち出す逸品。


「curry-lab」
カレー王子率いる、スパイス研究所。
スパイスの効能について真面目に研究する傍ら、「カレー大福」なる謎スイーツを提供しちゃいました。
キモは、辛くなくてちゃんと甘いこと。
なのにクミンがブワッと香り、つまりスパイシーなのです。
個人的には大好き。


「カレースター」水野さんと、「般若」オーナーであり俳優の松尾さんが登壇。
東京から見た大阪カレーについて主に話されていました。

あ、そうそう、もう一人東京からの刺客がいたんです。

「ナン子ちゃん」大阪初上陸!!
もう、子どもたちに大人気!!!

そうなんです、このイベント、子連れ客も多かったんです。凄いことですよね。

華やかなステージは続々。
けれど一番衝撃を受けたのはこちらのバンド。


「溺れるエビ」

ちょっとこれヤバいです。
ヤバすぎます。
見ての通りビジュアルもヤバいんですが、そのビジュアルに説得力を持たせるようなサウンドがさらにヤバい!!
完全なる異次元に同時の世界観を確立しています。


いつかザ・プーチンズと共演してほしいな。


ちゅうか、流石大阪のカレーイベント、海老出汁が効きまくってまんがな。

オーラスはやはりこちら、イベント主宰三嶋さん率いる「タメリ倶楽部」。
「ツキノワカレー」のスガちゃんや、「アアベルカレー」のアベさん&ぺーちゃんも所属するスパイシーなバンドですよ。


いやもう、実際に体験しなきゃわからない、大阪カレーシーンの熱気。
やはり凄いです。

けれど、ここまで盛り上がちゃったら恐いのは、地域カルチャーとしての飽和状態になっちゃうこと。
やはり次に必要なステップは、東京はじめ、日本全国との衝突と融合によるスクラップ&ビルドなんではないかと思ったり。

そのためには是非、「大阪はカレーの首都」宣言をしていただき、
東京のやつらを挑発し、挑戦状をたたきつけられ、ドッカンバトルを繰り広げてほしいのです。
それによって大阪のやつらがさらにテンション上げていただければ、カレー好きとしてはとっても嬉しい事態になるわけですから。

わたくし、カレーという食べ物の本質は「異文化交流による融合」だと思ってますので、どしどし行きたい。
どしどし行きましょう。

ここで明言します。
「2017年は、東西カレー文化交流年」として歴史に残る年です!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad