カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

メキシカン ミールス マスカラス。「チャクラ」(赤坂/薬院)

「KALA」の番長から「福岡にメキシカンミールスなるものを提供する店がある」と聞き、早速突撃!


「チャクラ」

元々はバー「エル・フラミンゴ」のランチとして南インドミールスを提供していたのが、2017年2月からは夜もミールスコースを提供するミールス専門店「チャクラ」へと生まれ変わったそうです。

店頭に「KALA」からの10周年祝いが飾ってあるのは、腹を括ったその決断に対する意味もあるのでしょうか。

この日はランチ訪問。


一見広く感じる店内ですが、その半分はウェイティングスペース。
贅沢にも感じますが、店主一人でミールスをひとつひとつ作り上げるため、席数を絞っているとのこと。


★コロナ ¥600

メキシカンだけに!コロナ!

ランチのミールスメニューは3種類。

・メキシカンミールス
・ノンベジミールス
・ベジミールス
夜はミールスコースとなるようです。

と、ここでメキシカンミールスをいただかない手はないのですが、よく見りゃその「通称」がイケてます。



『ミールス マスカラス』!!

ちなみにメニューに描かれている「18の技」は今、「19の技」に進化しているようですね。


★メキシカンミールス(ミールス マスカラス)¥2000

おぉ、こりゃあワクワクしますね!
パッと見、南インドの端正なミールスのようですが、
チャパティに見えるのはタコス、さらにはサボテンのトーレン、サルサロハ、サルサメヒカーナ、ハラペーニョ、メキシコのチキンカレー「ティンガ」と、メキシコの味テンコ盛り。


食べてみれば、これがなかなか面白い。
メキシコ、インド、メキシコ、インドと斬新さは有れど混ぜ合わせても違和感はなく、このお店独特の味となっています。


一見キワモノのようで、混ぜ合わせて味のレイヤーを愉しむミールスの基本をしっかり押さえているあたり、好感が持てますね。


★ノンベジミールス ¥1500

同行者がオーダーしたノンベジ。
こちらにもちょいメキシコ要素入ってます。


★ハバネロ

追加オプションのハバネロ。
といっても、タマネギベースで和えられており、爽やかなピリ辛にアレンジされています。


美味いラッシー。


★カタラナ

マスカラス最後の技はまさかのデザート。
クレマカタラナじゃなくカタラナってとこが渋い。
ミル・マスカラス、御歳74歳!

メキシコとインドの融合といえば、昔ハリウッドで訪問した「Turban & Cowboy」以来かも。
あちらはメキシコ系とインド系の2人が共同経営するストリートフード店だったのですが。

東京にも、大阪にもない、個性派店。
福岡の南インド料理事情は実に興味深いものがありますね。

・・・・あ、スパイス摂ったら、頭の回転早くなりますよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ころし、400円から承ります。「ころしのカレー」(二日市)

映画「殺しの烙印」で、宍戸錠演じる殺し屋が「炊飯器のご飯の炊ける匂いに発情する」という設定は、実は炊飯器メーカーがスポンサーだったから。

あ、冒頭から話が逸れました。

本日は福岡 二日市にある、不穏な名前のカレー屋に来てみましたよ。

その名も・・・

「ころしのカレー」

前々からチェックしていた店なんですが、なんとなくアタマの中で「三重県にある」と誤認識していたんですよね。
四日市じゃなく、二日市でした。


楽しげなのか怖ろしげなのか判別し難い外観。

けれども店内は広々としていて普通のお店・・・いや、普通じゃあないな。


まず、真ん中の柱には謎の仮面が目を赤く光らせています。
大丈夫、怒らせなければ殺されはしません、多分。

さらに、席に着いたあと、店員さんがオーダーを聞きにくることはありません。

テーブル上にびっしり記された「当店のシステム」をよく読んでオーダーシートに記入、レジまで持っていくんです。

お冷やや薬味なんかもセルフサービスで揃ってますよ。

この日オーダーしたのはこちら。

★美味辛カレー 少 ¥400
★ホットコーヒー ¥100


おぉぉ、400円でここまでのゴージャス感溢れるカレー(というか皿)は予測不能!


スタンダードな「ころしのカレー」から一段辛くした「美味辛カレー」。
お味はといえば、甘みと辛さがほどよく共存した、西日本らしいカレーです。飽きない味ですね。


コーヒー付けて500円。

いくら修羅の国とはいえ、ころしの対価としては安すぎやしませんかね・・・

実はこの「ころしのカレー」、前身となったのは早良区石釜にあった「リトルインディアン」というお店。

そちらの店主が女性好きで、女性客を増やすため開発した甘いカレーに「女殺しのカレー」と名付けたのがはじまりだとか。

今では地元で随分人気なようで、この日もカップルから老夫婦、家族連れに学生グループと、幅広い層の地元のが方々が、気軽にころしあっていましたよ。

修羅の国、凄いですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

福岡名物!乳 おっぱいカレー。「カレー NADO」(西鉄平尾)

ピンキーサイケデリックな博多おっぱい!

「CURRY NADO」(カレーナド)

かつて福岡で名を馳せた名店「スパイスロード」、その跡地に入ったカレー屋さん。
以前は別の場所で営業されていたそうです。


「おっぱいカレー READY」!!
そう、この店の名物といえばおっぱいカレー。

東京にも「おっぱいラーメン」という店がありますが、こちらのご店主は元グラビアアイドルでもIカップでもなく、ヒングが似合うヒゲの男性ですので、お間違えなきよう。


壁から天井までサイケデリックな妄想インド空間。
あ・・・けれどこちらの店主、先日インド修行に行ってきたみたいですよ。
「スパイスロード」の高田さんとともに。
バンガロールにいる元「デリー」のスワミさんとこまで。


さて、おっぱいカレー改め、乳 おっぱいカレー。
おっぱいのサイズはお好みでS・M・Lと選べます。


★乳 おっぱいカレー ¥900
★ラッサム(ハーフ)¥100


やってきました!福岡名物 乳 おっぱいカレー!
「房」の部分はライス、「首」の部分は梅干しです。


気になるサイズはM。
ちょいと「首」が大きめかなぁと思いますが、そこは好き好きでしょうか。


鶏手羽が二本入ったチキンカレーを中心にナスのピクル、キャベツのポリヤル、アチャール、レモンピクルにサンバル、そこにラッサムを付けたらもう、南インドのミニミールス的構成。


レモンピクルとアチャールは取り放題。
スワミさんのレシピが元だそうです。


壁に張られた「手食べの極意」。
手食するとなんと、100円引き!!
ミニラッサム分が無料になる計算。

そりゃあ、やるでしょ。


おっぱいに穴をあけ、そこにサンバルを流し込みます。
気分は豊胸手術・・・

梅干しは単なる飾りじゃなく、タマリンドに代わる酸味を担っています。
ちょいと大きいですがね。
そこは好き好きで。


食後には美味しいラッシーがついてきます。

ネットの画像やら、色んな人の話によれば、このおっぱいカレー、日々内容が変わっているようですね。
今回は南インド帰りということでより、南インド寄りに進化しているのかも知れません。

しかし、どんなに内容が変わっても、おっぱいカレーであることに揺るぎはない。
おっぱいだけに揺れることもあるかと思いますが、揺るぎないようです。


「その一杯は、おっぱいを救う。」

意味はわかりませんが、おっぱいへのこだわりは確かです。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

福岡で人気のベジミールス。「ポラポラ食堂」(福岡・赤坂)

ここ2、3年で南インドミールスを提供するお店がぐんぐん増えてきた福岡。
大阪の影響を受けたスパイスカレー店、新大久保からのガチネパール店進出とあわせ、福岡カレー事情は5年前と比べれば激変、関東、関西、北海道に次ぐカレー地帯としての地位を切り拓きつつあります。

そんななか、福岡中心街にて、南インドミールス専門店としての人気を確立してきた人気店がこちら。


「ポラポラ食堂」

スーパーマーケット サニーの地下一階という立地ながら、近隣客がミールスを求め訪れるさまは、5年前の福岡では考えられない光景ですよ。


店内はスッキリ、カフェのように心地よい空間。


福岡に南インド料理の出店が相次ぐという朝日新聞の記事。


ミールスの食べ方も丁寧に説明されています。


★ベジミールス ¥980

お、綺麗にまとまったビジュアルですね。
いわゆる「インド料理」とは違った感覚でとっつきやすそうです。


とはいえ、料理は本格的。
ミールスの基本といえるサンバル、ラッサム、ダールはシンプルかつしっかり。

混ぜ合わせていくことで味のバランスが組み上がり、変化していくのが南インドミールスの醍醐味。
一品一品がみな派手だと、混ぜていく中で主張がぶつかりうまくいかないのは、バンドやオーケストラに同じ。

この店はそこんとこ、ちゃんと意識が行き届いています。

この日のカレーは、新ジャガと舞茸のココナッツ煮。
優しく、胃にスッと入っていく感覚。

これで980円とは随分頑張っています。


★マドラスチキンカレー ¥700

こちら同行者のオーダー品。
盛り付けによって雰囲気変わりますね。


★チキンピクルス ¥350

割と好物な一品。
ディナーメニューにあった品ですが、ランチ時オーダーも可能でした。
引き締まった肉と爽やかな酸味がたまりませぬ。
オススメ!!

福岡の中心街にあって、南インドミールス専門、日和らない料理でお客さんがちゃんと入っているのは素晴らしいこと。

これからも注目していきたいお店ですね。


要予約の「飯ごうビリヤニ」も気になりますし。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

独特風味の独特スープカレー。「小林カレー」(二日市)

jR二日市駅前。
大人気の「スープカレー」のお店。

「小林カレー」

「スープカレー」とカッコをつけたのは、いわゆる「北海道スープカレー」とは異なるオリジナルカレーだから。

メニューは、
・チキンカレー
・キーマカレー
・シュリンプカレー
・ブラックカレー
の4種。
それぞれ辛さとトッピング、量を選ぶことができます。


★チキンカレー 大辛 ¥650
★野菜トッピング ¥100


一番人気のチキン、まずは皿の大きさに驚きます。
・・・ミニサイズでも良かったかな?

野菜のトッピングは100円とは思えない太っ腹、野菜嫌いじゃなければ追加をオススメしますよ。

真上から見れば「北海道スープカレー」にも似て見えますが、実は皿は薄く、仕立ては別物。
カレー自体、確かにサラッとしていつつも、「北海道スープカレー」ほど液状じゃあないんです。

鶏ガラベースのカレーとのことですが、いただいてみればトマトの酸味と塩気強めの独特なバランス。
というか、塩気はかなり強く、ご飯がしょっぱく感じるほど。
お冷やがガンガン進みます。

トッピングの野菜はよく茹でられたものが多く、特に大根はしっとり美味でした。

とにかく独特、変わったカレーです。
好みは分かれるんじゃないでしょうか。

ちなみに2017年間4月現在、お店のHPでは営業時間21時までとなっていますが、店頭の案内では20時。
この日は19時30分には売り切れ店仕舞いとなっていましたので、ディナー訪問の際はご注意を。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad