カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

龍の遺伝子、鬼となる。「カレーの鬼」(八幡)

SNSで毎日、格言名言をつぶやく北九州・八幡のカレー屋さん、ずっと気になっていました。

「カレーの鬼」

看板を見れば・・・あれ?と思う人も多いでしょう。
だってこちらに書かれている店名は・・・

「創業昭和38年 カレーの龍」

そう、実はこの「カレーの鬼」、小倉の老舗カレー店「カレーの龍」からの暖簾分けとして、2008年に開業。
オープン当初の店名は「カレーの龍 八幡店」だったんです。

ですがその後、本家「カレーの龍」のほうでは、フランチャイズ展開を進める会社との間で、
屋号の権利絡みのゴタゴタが発生(つまりは「のっとり事案」)、裁判になる事態となりました。

結局裁判は昭和38年創業の本家が勝利、FC店舗は姿を消したのですが、その係争の名残か、
本家本元のお店の店名は現在「本家カレーの店 龍」となっており、
グルメサイトで「カレーの龍」と検索しても出てこないので注意が必要です。
(もう一つ、正統な支店として「カレーの龍 宇佐店」が現在も営業中)

その一方、こちら暖簾分けの「カレーの龍 八幡駅前店」は、
トッピングへの工夫や、味を壊さない辛さ調節など独自の趣向を取り入れ、店名を「カレーの鬼」と改め再出発。
老舗ののれんから離れることになりました。

メディアには、「自分のカレーの味で勝負する『守・破・離』のタイミングと感じた』と答えていた店主、
それは実際その通りなのだとは思いますが、一方で裁判のゴタゴタのあおりを食らっていた面もあったのかもしれません。

店内はとにかく賑やか。

SNS同様の「格言」チックな張り紙やポスター、写真、ステッカー、名刺・・・・


そしてかなり留美子推しなコミック棚・・・・

男子の部屋感がプンプンして居心地よいですね(笑)

この日は実は私、梯子の二軒目。
量が選べるのは非常に嬉しいところ。

ちなみに2015年7月現在、

並盛 ¥550
大盛 ¥650
特盛 ¥750
小盛 ¥350


ここにトッピングや辛さ増しを行ってカスタマイズするのが基本のようです。


★揚げナスカレー 小盛 ¥550

小さいながらも丁寧な盛り付けですね。
「カレーの龍」譲りの、鶏ガラ・豚骨ベースでコクのあるカレーの旨味がしっかり堪能できますよ。
うーん、これぞ九州のカレーライス!!


★梅とろカレー 小盛 ¥550
★激辛 +¥100


ちょっと変化球もトライ・・・が、これが結構良かった。
激辛仕様でよりシャープになったカレーの味わいに、梅の酸味、トロロの舌触りが新鮮!

こちら遠方からの訪問故、梯子であまり量が食べられなかったのですが、
逆に言えば、少しの量でもカレー食べた感をしっかり刻み付けてくれたのが嬉しいところ。

「小倉を代表するカレー」として名を馳せた「カレーの龍」の遺伝子をしっかりと受け継ぎつつ、
この店ならではの新しい趣向を取り入れることで、今度は「八幡を代表するカレー」として進化していってほしいものです。


九州から、日本のカレーライスの美味しさを発信していきましょう!!
今日もSNSの格言、楽しみにしています!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

カレーの鬼 八幡駅前店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カレーライス | 八幡駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

無双!番長プレゼンツ脳髄カチ割る最強ミールス!!「Spice & Dining KALA」(筑豊中間)

料理は音楽であって、レストランはコンサートホールかライブハウス。

そう考えたとき、「日本人の耳に合った、誰にでも聞きやすい音楽を演奏します」なんてミュージシャンのライブに行きたいと思いますか?

それより、一本芯を持った「俺様感」とともに、「そうきたか!」と客をぶんぶん振り回す。
かといって乱暴なだけではない、緻密な計算と繊細な感覚を持って、不意打ちのように客の好みのツボを突いてくる。
「ホントはこういうの、好きなんだろ?」ってな感じで。

そういうミュージシャンに出会ったときの快感、これは理屈じゃ言い表せないものです。

・・・かつて、東京・目黒のアンダーグラウンドシーンで、阿鼻叫喚の渦を巻き起こした伝説の「ホルモン番長」

その後東京から九州へと移った番長、サムギョプサル専門店「豚王(テジキング)」を経て、2014年、ついに南インド料理専門店をオープン。

DSC06102_light.jpg
「Spice & Dining KALA」

ついに!という感じですよ。

「ホルモン番長」時代からインド料理秘密結社に現れたり、お店でバングラデシュ料理を出したりしていたりと、まぁ行き着くべくしていきついた感はありますが、何せ九州は南インド料理未開拓の地。

かつて「あんまー」が博多で唯一南インド料理を出してうまくいかず、その後南インド料理を提供する店は数軒出てきたものの、どこも「専門店」ではない状態。

まぁ、ビジネスを第一に考えたら普通やらないでしょう。

しかも筑豊中間という立地です。

強い目的意識を持ってなきゃ、来るきっかけのない場所です。
つまり、そういうこと。

DSC06103_light.jpg
店頭に茂るカレーリーフ。

ここで「おおっ!」と思うかどうか。

DSC06105_light_20150720101442a31.jpg
監獄のような扉に貼られた「不慣れな人には不味い店」の張り紙。

ここで涎が出るかどうか。

至高の快楽というのはいつも、一般に広く開かれているワケはないのです。

しかも入口は二重扉。
DSC06101_light.jpg
壁から現れたスカルをクリアすれば、晴れて入店。

禁断の扉が開かれます。

「インドの雰囲気でてる」的な要素は微塵もなく、ボスの趣味嗜好が剥き出しになった世界。
DSC06107_light.jpg
DSC06108_light.jpg
黒を基調としたインテリア、水牛の頭蓋骨、寿司屋のようなネタケース、そして短パンにエプロン姿の18歳ウェイトレス。

こんな南インド料理店、他には絶対ないだろうな。

DSC06111_light.jpg
DSC06112_light.jpg
それから、ここまで南インドのミールスにこだわっているお店も、九州には絶対ない。

・・・どころか、東京にもあるかどうか???

この日は東京から攻めに行くことを番長に伝えたうえで、SNSで参加者を募ったところ、福岡だけでなく、佐賀、大阪からも参加者が!
いろんな意味でスペシャルな宴となりました。

番長に前もってお願いしていたのは、「九州の地物の魚を使ってほしい」ということと、「激辛モノも加えて」という二点のみ。
番長からの返事は「まかせなさい」。

もう、これで充分です。

かくして登場したこの日のミールスは・・・・

ズッキーニのサンバル
ラッサム
さつま芋のクートゥ
ダール
パインカーラン
カード
キャベツのトーレン
ビーツのトーレン
茄子のタマリンド煮込み
ロビア豆のスンダル
トマトチャトニ
ココナッツチャトニ
ズッキーニチャトニ
ゴーヤのアチャール
みょうがのアチャール
ズッキーニのアチャール
バスマティーライス
パパド
ビーフペッパーフライ(激辛)
チキンチェティナード
アサリのトーレン
イトヨリのモイリー
レモンライス
キュウリとディルのライタ

以上24品の演目。


もう、見ただけで気絶しそうな気合ぶりですね。

DSC06129_light.jpg
どわーっと拡げられたバナナリーフの上にサーブされた色とりどりの料理達。
これだけで「うわーっ」っとなりますが、これはまだ前半戦。

DSC06132_light.jpg
まずはベジ仕様な料理のオンパレード、つまりベジミールスとしてのスタートなんです。

DSC06133_light.jpg
ラッサム

DSC06131_light.jpg
ゴーヤのアチャール&みょうがのアチャール&ズッキーニのアチャール

などなど、かなりの種類が並んでいるのですが、味だけでなく彩りにも細心の注意が払われていることに気づきます。
また、一見見た目が似ているものほど、塩加減のバランスが意図的に変えてあり、混ぜながら食べ進むたび、新たな発見や意表をつかれた喜びが生まれてきます。

これは流石としか言いようがない。

DSC06137_light.jpg
手食手食も当たり前。
昨今、インドでは「若者の手食離れ」が問題になっているそうですが、和食の基本はお箸、インド料理の基本は手食です。


さて、ベジで始まったミールス、次第にニクニクしくなってゆきますよ。
DSC06141_light.jpg
チキンチェティナード

DSC06128_light.jpg
ビーフペッパーフライ(激辛)

このペッパーフライ、用いている唐辛子は九州の「黄金唐辛子」
日本一辛い京都の唐辛子として知る人ぞ知る「黄金」ですが、なんと九州でも栽培されているのです。
ちなみに「ホルモン番長」時代以来、私の大好物でもある唐辛子です。

そして展開は野菜⇒肉ときてシーフードへ。
DSC06146_light.jpg
アサリのトーレン

DSC06145_light.jpg
レモンライス

DSC06152_light.jpg
イトヨリのモイリー

出ました!!
なんと一人一匹まるまるのイトヨリに、ケララ式のモイリーをぶっ掛け。
これは贅沢すぎるシメですね!!

バナナリーフの上には今まで様々な料理を混ぜていただいた軌跡があり、それらを融合させることでさらにウマウマに。
イトヨリという魚自体、味がしっかりして存在感があるので、「地魚食った!」的満足感も十二分であります。

この日はさらに、インドワインSULAの珍しバージョンをいただいたり、あれやこれやの特別サービスも。

兎に角、飛行機代の元など簡単にとれるほどの満足感で、めちゃめちゃ楽しかったのですが、
多分、店主の番長自体めちゃめちゃ楽しんでる。

大胆と繊細、上品と下品、右脳と左脳の極端な振り幅。
そこから生まれる喜怒哀楽の宴。
そのセッション感覚が、この店の他にはない魅力なんですね。

それは、「ホルモン番長」時代から一貫して変わらないこと。

好きな人は滅茶苦茶好きになる。
けど、苦手という人も一定比率いる。

それはしょうがないことだし、そういう人は、来なきゃいい。

けど、間違ってきちゃう人もいるわけで、噂を聞きつけた出版社がムック本でこの店を紹介しちゃったりするもんだから。

「いずれ会員制にしようか、とも思ってる」なんてつぶやいたりしてましたよ(笑)

ま、今でも完全予約制なので、興味ある方は電話で番長にいろいろ聞いてみると良いです。

・・・・ご予約の際は「カレー細胞を見た」と伝えることを忘れずに。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

KALA

夜総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:インドカレー | 筑豊中間駅東中間駅


続きを読む

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

海を渡ってデリー系。「106 サウスインディアン レストラン&バー」(若松)

小倉から連絡船に揺られて若松へ。


カレー屋がなきゃ来るキッカケのない港町です。

さて、今回の目的地はこちら。

「106 サウスインディアン レストラン&バー」

サウスインディアンと銘打ってはいるものの、所謂南インド料理店ではなく、昨今福岡で盛り上がりを見せる「デリー系」のお店です。


メインシェフのラジェッシュさんはバンガロール出身。
来日後、小倉のデリー系有名店「ガネーシャ」に勤務したのち上京、湯島、銀座、六本木の「デリー」で勤務した方です。
湯島では「NICO」の玉井さん、六本木では「スパイスツリー」の飯村さんと職場を共にしたようですね。
(「ダバインディア」や「ダルマサーガラ」にもいたことがあるとか)

「背が低くて声が高いインド人」と聞いていたのですぐわかりましたよ(笑)

お店の雰囲気は、インド料理店というよりもお洒落なカフェバーといった感じ。
若い女性客が多いのが印象的でした。

メニューデザインもなかなか洒落ていますね。


★若松キャベツのポリアル ¥520

ちょいと南インドな一品を注文してみました。
実はこの若松はキャベツの名産地で、汐風を受け育ったキャベツは、甘みがあるのだとか。
うん、確かにそんな気もしますね。
何より、マスタードシード、カシューナッツと共に炒められたキャベツにシャキッとした食感が残っており、新鮮さを感じることができました。


★Aランチ ¥1380
・サラダ
・サモサorラサム
・お好みのカレー
・ライスorナン
・お好みのソフトドリンク



ラサム(ラッサム)は「デリー」のスタイルを踏襲し、ほぼトマトスープな仕上がり。
「ほぼトマトスープだよなぁ」と思いながら飲んでたら、隣のテーブルの若い女性客の「ラサムって何ですか?」って問いに若い店員さんがキリッと「トマトスープです!」と紹介。

・・・そうだよな、トマトスープだよな。

けど、ここでラサム初体験してから「KALA」とか行ってラッサム飲んだら、ブヒョッ!となること間違いなしですよ!


カレーはもちろん、デリー系のアイコン「カシミール」を選択。
実はこれ、カシミール地方のカレーではなく、南インドのカレーをベースにした「デリー」オリジナルなカレー。
サウスインディアンと言えなくもない・・・かな?

「デリー」や柏&横浜「ボンベイ」よりは若干辛さ控えめ(けど充分ホットですよ)。

ひとつ発見したのはこのカシミールに先ほどのトマトスープ=ラサムを少し混ぜると、良い感じに味変すること。
正しい表現かわかりませんが、ちょっと「新川デリー」のカシミールのようなリッチさが出るような。
トマトスープも使いようですね。


★ラムマサラ ¥950

鉄板でジュージュー供される「デリー」名物タンドリーチキン、その羊挽肉バージョンといった感じの一品料理。
もはや南インド料理の片りんもなく、ほぼパキスタン料理ですが、肉汁たっぷりで美味いですよ。


★クルフィー ¥410

なんだかんだで好物なクルフィ。
苺ジャムがかかって若干ファンシー(笑)
割れ瓦のような形状ですが、結構ボリュームがあります。
ピスタチオもしっかり利いて、なかなか良い仕上がり。
これは次回も頼むかな!

これを「南インド料理」と呼ぶかどうかは別として、非常にしっかりとしたインド料理(というか「デリー系」料理)を提供してくれるお店。
お店の方々もフレンドリーですし、これからも安定した人気を保っていくのではないでしょうか。

遠方から訪れるには若干不便な場所ではありますが、2015年10月には博多・今泉に姉妹店をオープン予定とのこと。
こちらにも期待ですね。

ご一緒いただいたねりーさん、ありがとうございました!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

106 サウスインディアン

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:インド料理 | 若松駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

小倉の個性派ネパ系インド。「ギタンジャリ」(旦過/平和通)

小倉に一軒、気になるネパ系インド料理店があったんです。
え?でも所詮ネパ系インド料理店でしょ?なんて半分思いつつ、それでも舌が信頼できる人の高評価に、何かあると思いつつ。

「ギタンジャリ」

あら、こんな街外れのこんな小さな店だったんだ。


ごちゃっとしつつも、愛ある内装。


ランチは変わったラッシーが色々あるとか、お土産にインド菓子ラドゥが売ってるとか、冷凍カレーが楽天一位になったとか、確かにタダの只者ではない感じ。

店内には日本人客はおらず、ネパール人が5人ほどいるのみ。

★マハラジャ ¥600

昨今東京じゃ見ないこのブランド、何故か福岡じゃ普通にあるのは何故?
ルートが違うのかな?

お通し的にパパドが出てくる店はよくありますが、この店ではパパドについてくるグリーンチャトニがかなり美味い!
繊維質たっぷりの手作り感、チリの種もしっかり入ってて辛さもバッチリ。
お土産にしたいほどです。

さらにメティがザクザクなムラコアチャールも付いて、こりゃ価値がありますよ!


★フィッシュティッカ ¥850

こちらなんとナイルパーチを用いたティッカ!
驚くほどフワフワな仕上がり!!
こりゃたまげた・・・
独特の旨みというかクセもあり、飲兵衛な通好みです!


★2種類バスマティセット ¥1500

ヤバい、ネパ系インド料理店にあるまじき美味さ!
チキンカレーはニンニクとカスリメティがガツンと効いた男らしい味。
塩加減もちょい強めでかなりビールが進みます。

サグは既成のペーストとはまるで別物、ほうれん草頑張ってすり潰しました的繊維感。
こちらもニンニク生姜がガッツリ!!

ライスはバスマティ使用のジーラライス。
パラッパラの炊き方がかなり絶妙。
ネパール人ってバスマティでもしっとり仕上げちゃう場合が多いんだけど、こちらのはインド人勝りな仕上がりです。

サラダのドレッシングも深緑色のほうれん草ドレッシングで、他とは違うぜ感が半端ない。

確かにかなり個性的な店。
東京の画一的なネパ系インド料理店は見習ってほしいものですね。

お会計を済ませ、挨拶して店を出ると、パッと消える店内の電気。

あれ?さっきいたネパール人たち、みんな身内だったんだ・・・

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ギタンジャリ

夜総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:インドカレー | 旦過駅平和通駅香春口三萩野駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

小倉の夜を代表する激辛カレー!「天竺」・・・移転。(旦過/平和通り)

小倉名物・激辛カレー!

営業は夜から朝まで!

でもホントは台湾料理店!


・・・という、あの小倉の人気店が、ビル改装に伴い2015年5月移転オープン!!


「天竺」

場所は元あった所から歩いて5分ほど。
ドン・キホーテの近くになります。


店頭にはレトロな孫悟空。


店内には特撮・SF系のLPジャケット(!)がビッシリ!
・・・しかもラインナップかなりツボ。


前の店からもってきたサインもたくさん。
流石の有名店ですね。

さてこの「天竺」、本来は台湾料理店。
・・・なのですが、実際には激辛カレーライスが看板の中華居酒屋、といった感じ。

まずは酒をいただきましょう。


★酒ライム割り ¥600

サワーなんてヤワーなもんじゃなく、日本酒をライムで割った一杯。
けど、かなり濃いです。
お通しのセンマイポン酢も、かなり味濃いです。

さて、名物のカレーライス「天竺飯」は、辛さのレベルにあわせてユニークな(そしてかなり懐かしめな)ネーミングが付いています。

辛くなるにつれ、値段も上がるシステムで、デフォルト700円のところ、MAX32辛「お前はもう死んでいる」では倍の1400円。

・・・が、実は初めての挑戦者は20辛がMAX。
20辛を完食した者だけが、次の辛さレベルを注文できるのですよね。

ならば、20辛でお願いするほか選択の余地なし!


★特製カレーライス「天竺飯」20辛 汽車も電車も止めて!¥1000

ほう!一見プレーンなカレーですが、たっぷりの唐辛子によるトロミが感じられますね。
そして、ご飯を包みこむ玉子により、オムカレーと呼んで差し支えない仕立てとなっています。

いただいてみましょう。

ほう、確かに辛いカレーです。
唐辛子によるストレートな辛さ、池袋「サフラン」、北品川「ロビンソンクルーソー」的か。
しかし、さらさらさらっと、食べやすい舌触り。

そして何よりうれしかったのが、ご飯を包む玉子。
仄かに甘い味付けがされており、辛いカレーの合間にいただくと、天使の微笑みの如き美味さ!!
なるほどこの辺りちょっと台湾料理っぽい・・・・かも。

美味しく完食させていただき、20辛完食の証明書をGET。

これでさらに上の辛さを注文可なのですが、あれ?

41倍まである!?

しかもチラチラパンチってなんやねん・・・

私個人としてはまぁ、20辛は美味しくいただきましたので、32辛もしくはその上もきっとイケるとは思うのですが・・・・

ここで一つお店の方から情報が。

「25辛以上では、ご飯の上の玉子がなくなります。」

・・・え?そうなの?

だったら次回も20倍で良いような・・・・


実はこの日私が訪問したのは、朝の4時過ぎ(笑)

他に客は皆無。
・・・というか、外にも人っ子一人いない状態でした。

この辺り、昼間は人が多いのだけど、夜中は人も少なくなるのだそう。
そんな土地柄を意識し、移転直後はランチ営業をしつつ、夜は早めに終わるようしていたのですが、
以前の場所からの常連さんたちが移転の張り紙を見て、深夜に流れてくることが多く、
その要望に応えるため、やはり従来の深夜営業スタイルに切り替えたのだとか。

きっと、まだ移転して日が浅いこともあるでしょう。
移転後の店舗の食べログ口コミも0件と、まだまだ認知が足りないように思います。

この新しい場所が、ネットやテレビでまた話題になれば、朝方まで客が入るお店として繁盛していくのではないでしょうか。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

天竺

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:台湾料理 | 旦過駅平和通駅香春口三萩野駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad