カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

中目黒高架下、EXILE TRIBE系カレー。「井上チンパンジー」(中目黒)

2016年11月22日にグランドオープンした「中目黒高架下」。
全28店舗が軒を連ねるこの新施設の中でも、とりわけ話題となっていたのがこちらのカレー屋さん。


「井上チンパンジー」

どうしてそんな話題なのかって、実はここ、
中目黒を根城とするLDH(EXILEや三代目 J Soul Brothersの事務所)が飲食事業に乗り出したお店なんです。

印象的な店名の由来はググっていただくとして、まぁ、この肖像画がヒントですわな。

店内はいわゆる、カレーライスのスタンドです。

オーダーは食券制。
カレーはプレーンが550円。
具材やトッピングによって値段が変わる仕組みですが、辛さアップは基本的に無料ということで嬉しい限り。

辛さの説明図では、人類の逆進化が描かれていました。


★生姜焼きカレー ~生卵のせ~ ¥850
★激辛 +¥0


いいっすね~この庶民感。
激辛オーダーしたら確かに辛い。辛いけど、辛さの中にフルーティな甘みを感じます。

リンゴかな?店名が店名だけにバナナかな?
とにかくフルーツが入っています。

お米は北海道産のななつぼし。
澄んだ味わいがカレーを引き立てますね。


生姜焼きは油かなり控えめのヘルシー志向。
生姜しゃぶしゃぶってな雰囲気でしょうか。

料理が出てきたときは、皿もでかく、「うわっ、めっちゃ男飯やな・・・」と思ったのですが、
結構サラリといただけ、食後のもたれもほとんどなし。

一見ガッツリハードやけど実は結構ソフト、なんてあたり、LDHっぽいじゃないですか。

女性客が多いのも頷けます・・・というか、ターゲッティングしてますよね。

タレント系のお店って考えても、料理の質は悪くありません。

今でこそ結構混んでますが、一段落ついたころには、中目の便利なカレースタンドとして定着する可能性だってありますよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CURRYSHOP 井上チンパンジー



関連ランキング:カレーライス | 中目黒駅代官山駅祐天寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

脳下垂体に落つる稲妻。「サンダーボルト」(中目黒)

気がつけば、酒の中にいた。


眩い暗闇。

熱い?冷たい?暖かい?

鋼の脳髄はぐにゃりと捻れ、二重螺旋を象ってゆく。

遠き昔の記憶は未来となり、絶望となる。

孤独というグルーヴ感。


甘い?辛い?酸っぱ渋い?

TRIPしたい子には旅をさせるな。

モルヒネなんて、脳で作れるのさ。


そう。
いつだって、夢想の先には旨いカレーがあるってものだから。

カレーはTRIPの扉。

深く深く深く、潜るのに必要なボンベ。

ああ、深海生物の主観目線。


店を出れば、残酷な 朝の光。

全ては現実だよと、高らかに宣言する、残酷な 朝の光。

中目黒「サンダーボルト」、朝まで営業。
朝までカレー、食べられます。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サンダーボルト



関連ランキング:バー | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅


泪橋から学大へ。至福のメイさんワールドを堪能。「タイ食堂 バーン・メイ」(学芸大学)

南千住山谷、泪橋の近くに突如現れたタイ料理店「バーン・メイ」。
美人シェフ メイさんが作る料理の美味さに感激していたのも束の間、なんと学芸大学に移転との報。

学芸大学といえばタイ料理界のスーパーアイドル、クン・プー氏のバイト先がある街。
永きにわたり本場流ブッチギリなタイ料理店が乏しいこの地にメイさん降臨とあれば大ニュース!
早速プー氏に伝えたところ、みるみるうちに常連になった様子。

ならば!とプー氏仕切りで数名の食事会を開いていただきましたよ。

「タイ食堂 バーン・メイ」

「バーン」は「家」、つまり「メイさんち」。


スナック、カラオケ、バーに囲まれた隠れ家立地です。

店内はカウンターと小さなテーブル席で、計8席ほど。

★ソムタム・トー

珍しい、揚げソムタム。


★ナムトック コームーヤン

タイ東北風豚トロのスパイシーサラダ、とでも呼びましょうか。


★トムセープ

トムセープもしくはトムセップ!
イサーン式モツスープ!!
モツ!モツ!
これは興奮する美味さです。


生の若いピッキーヌもいただきましたよ(笑)


★マッサマンカレー

「世界一おいしい料理」として紹介されるマッサマンカレーだが、ホントに美味しいと思うのはメイさんのだけ。
甘みと辛さのバランスが絶妙すぎるセンスですね。


★プラム・パッド・ナムプリック・パオ

イカのチリオイル炒め。
中華料理的な旨みもあり楽しめます。


★ヤムタクライ

エビとレモングラスのピリ辛サラダ。
まあとにかく味付けがシャープ!

タイ料理マニアだけでなく、各国料理マニアの傾向として、「シェフの出身地にこだわる」ということがあります。
タイ料理ならイサーン出身とか、チェンマイ出身とか。

ローカリティを学び楽しむという点において、シェフの出身地はもちろん大きな要素ではあるのですが、ともすればそれはシェフ個人の技量やセンス、オリジナリティから目を外してしまうことにも繋がりかねません。

メイさんはバンコク近郊出身。
けれどイサーン料理だって、ムスリム系のマッサマンだって、他店にはない美味さ。
それはもはや、ローカリティを超えたメイさんワールド。

つまりは、腕とセンスなのですね。


★カノムパン・アイティム

食後はアイスクリームパン。
気分はタイの街角です。

たった8席ほどの小さなお店であることに加え、「メイの家」という店名通り、メイさんの自由闊達な料理世界が繰り広げられる世界観。

食べログの点数に釣られただけの冷やかし客でお店が埋まらないよう、ネットでの宣伝もどうぞ控えめに。

そっと暖かく応援していきましょうね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タイ食堂 バーン・メイ



関連ランキング:タイ料理 | 学芸大学駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスの香りが開く。軽やかに、しかし激しく。「すぱいす暮らし」(学芸大学)

以前、神保町のカレーイベントでお会いした女性が、
学芸大学にて土日のみ間借り営業のインドカレー屋さん「翠」をオープンしたのが昨年。
なかなか訪問できないまま月日が経っていたのですが、何と今度は間借りから実店舗へ。
しかも平日も営業を始めるとのこと。
おぉぉ、これは嬉しい。

新しいお店の場所は、学芸大学の駅のほど近くの路地。

「すぱいす暮らし」

優しげでありながら、なかなか個性的な良い店名ですね。
この日はまず、ランチタイムでの訪問。

すっきりと端正な店内は、長いカウンター席と、奥のテーブル席一席にて構成されています。

卓上には、ちょっと洒落たメニュー。
ランチのカレーはチキンとポークの二種です。

ポークはビンダルー仕立てとのことで惹かれたのですが、この日はチキン気分。
心の声には素直に従います。


★チキンカレー ¥1000

おぉぉ、これは美しい。
大山鶏使用でトマトベースの辛口カレー、ライスは雑穀入りジャスミンライスとのことです。


一口食べて驚きました。
いや、正確にはカレーを口に運ぼうとして驚きました。

カルダモンにクローブにシナモン、スパイスの香りがブワッと全開なんです。
一見穏やかにも見えるビジュアルからは想像つかないほどのガンガンくる味わいに、多幸感が抑えきれません。
大山鶏の骨つきモモ肉&ムネ肉も食べ応え満点。
添えられた自家製のぬか漬けは、カレーを邪魔せず、しかし埋没しない深めの味わい。

これは実に贅沢な一皿ですね!!


食後のチャイは甘さ控えめ。

ふんわりと口の中に漂うスパイスの残り香を愉しみつつ・・・

「すぱいす暮らし」の店名どおり、スパイスが織りなす香りの世界を、毎日気軽に愉しめる素敵な空間。
一見カレーライス屋さんに見え、実際昼はカレーライスを提供するお店なのだけれども、
それは単に、シェフ独自のスパイス表現をランチにフィットさせた、一つのカタチなのですよね。

夜は様々な趣向を凝らしたスパイス料理が用意されているようで、これは嬉しいお店になりそうです。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

すぱいす暮らし



関連ランキング:インドカレー | 学芸大学駅祐天寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

本格ネワール料理がいただける、ネパール料理バルが西小山に誕生。「バルピパル」(西小山)

最近、新大久保界隈のネパール料理店が話題ですが、
東京の他地域でも同時多発的に素晴らしいネパール料理店が誕生しまくっているんです。


「バルピパル」

武蔵小山から西小山へ移転し、2016年2月28日新装オープンした、ネパール料理「バル」です。
ネパール国旗を「B」に見立てた看板がお洒落ですね。

けれど、お洒落なのは看板だけではありません。
エントランスにはシーシャ(水タバコ)を愉しめるカフェスペース、
そしてその奥には・・・・

メチャクチャ洒落たカウンター席&小上がり席。


お店のお姉さんのファッションもイケています。


★グローバー カベルネソービニョン ブラン

バルですからね。ワインをいただかないと。
グローバーはインドのワイン、メチャクチャ風光明媚なナンディヒルズ産です。


★ステラアルトワ

ビールだって面白いのが置いてます。
こちらは飲みやすいベルギービール。


★アルコアチャール

ジャガイモのアチャールですが、酸味強めの仕上がり。
完全に「呑み」系です。


★サメバジ

気仙沼名物。サメを使った・・・ではなく、
ネワール族の祭や家族の集いなどで「スターター」として供されるワンプレート。
そう、新大久保「ナングロ」でマニアの話題をさらった「サマエボウジ」そのものなんです。
こちらは葉皿を用いてはいませんが、チウラにバラ、カリカリ豆・・・といった基本構成は同じ。
なんでも厨房にネワール族のシェフがいるのだとか。


★マトンチョエラ

辛さはそれほどでもないのに、この香り、このザクザク感、実にネワール的です、
大阪「ダルバート食堂」のチョエラにも方向性が似てて実に美味い!


★スクティ

羊の干し肉スクティを野菜と炒めたいわゆる「スクティサデコ」ですね。
チョエラとスクティが美味い店は信用できます。


★スティームモモ

ネワールに限らず、ネパール料理と言えば外せないのがモモ。
今回は3種のモモを食べ比べてみました。
こちらは一般的な「蒸し」タイプのモモ。


★スープモモ

ほんのりスパイシーなスープに漬かったモモ。
これも良いね。


★シーモモ

こちら、スープモモのストロングバージョンといった感じの「辛い」モモ。
辛口かつ酸味たっぷりのアチャール仕立てなモモなんであります。
割とインパクトがある刺激で、個人的にはこれが一番好み!


★タンドリーシュリンプ

なぜか一品、インド料理を挟みます。
シェフの技量でしょう、こちはもなかなか香ばしく上質な仕上がり。


★クワティスープ

10種の豆を用いたネワールのスープ。
ダルスープの贅沢バージョンとでもいいましょうか。


★ネパールモヒート ¥670

こちらククリラムを用いたモヒート。
ククリラム独特の香りがしっかり主張していい感じですよ。


★ダルバート カレー2種 ¥1650

さて!ここでダルバートの登場です。
普通の食事なら、これだけで充分なボリュームでしょう(笑)


ダルスープはじめ各品、基本優しめの味付けですが、辛さは調整オーダー可能。
ちょっと辛めに作ってもらった方が、味は締まると思いますよ。
ランチにはこれが1000円でいただけるとか。凄いですね。


★クルフィ

インドのアイス、クルフィで締め。

お洒落な雰囲気だけでなく、新大久保にも負けないレベルの本格的ネパール料理。
とりわけ、しっかりとしたネワール料理がいただけるのはポイント高し、です。

お酒も飲めるし、居心地いいしで、近くの方が羨ましくなる素敵なお店なのでした。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ネパール料理バルピパル

夜総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ネパール料理 | 西小山駅洗足駅武蔵小山駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad