FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

開通しない補助26号線沿いで35周年。「らーめん亭26」(武蔵小山)

創業昭和59年。
いつまでも開通しない補助26号線のロードサイドで愛されるラーメン屋さん。

「らーめん亭26」

店名はもちろん、補助26号線から。
その頃からずっと未開通のままなんて、「サグラダファミリア線」に改名したほうが良いのでは。


細長いカウンター席の店内。

35周年を祝って常連さんが作ってくれたという、お店のマスコットキャラのフィギュアが飾ってあります。

愛されているお店の空気感がヒシヒシ。

この訪問日の翌日は休業日だったのですが、ここのママが白金で35周年記念歌謡ショーをやるとのこと。
これまたお客さんとのご縁で実現したそうです。

ってか、ママさん歌うたうんだ!
穏やかな雰囲気ですが、話してみるとなかなかアクティブでチャレンジ精神旺盛なママがとても素敵です。

お店が愛されるのはやはり、人ですね。


店内には年季の入ったメニューがあちこちに。
最初はカレーライスを頼もうと思ったのですが、トイレのドアに興味深いメニューがあったので注文してみました。


さぁ、やってきましたよ。


★みそカレーラーメン

濃厚な味噌ラーメンの上に、これまた濃厚なカレーをかけた一杯。


いやもう、濃厚としか言いようがありません。


自家製の麺は玉子たっぷりで黄色い、昔ながらの細麺。
なんとも昭和。平成の時代がなかったかのような昭和っぷりです。


★餃子 6個 ¥400

こちらの餃子も皮から自家製。
具材少な目でシンプルかつヘルシーな味わいです。
これまたノスタルジックだなぁ。

いまや様々に華やかなラーメンが溢れる時代。
けれど、このお店の雰囲気は、心のホームグラウンドを感じさせてくれます。
営業は夜中の3時まで。
この場所を必要としている人がたくさんいるからこそ、35年続いてきたのでしょう。

ちなみにここ、ラーメンを大盛りオーダーすると、笑えるほどでっかい鉢で出てくるので要注意。
「大盛り頼んだのにあんまり大盛りじゃないとがっかりすると思って」
そんなママの度量の大きさが、鉢の大きさなのですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大のネパール系タイ・インド料理。「SITA 学芸大学店」(学芸大学)

中目黒にもあるネパール系タイ・インド料理店「SITA」。
その学大店に初訪問。

「SITA 学芸大学店」

駅の南側、あの「おっぱいラーメン」のさらに先にお店はあります。

他のネパール系インド料理店(インネパ店)によくある、ヒマラヤやエベレストの写真や装飾はなく、スッキリとした店内。


★レモンサワー ¥432

お酒はなかなかリーズナブルです。


★チキンパルタカレー ¥1058
★ジャスミンライス 小 ¥216


パルタはいわゆる粗挽きキーマ。
辛口でお願いしました。

ドライタイプで、鶏肉をガッツリたっぷり堪能することができるカレーですね。
ライスはタイ米、小でオーダーしたものの充分すぎる量でした。

デザートにはクルフィ・・・
と行きたかったところですが、この日はタイムアウト。

この店でタイ料理を食べる日は来るのでしょうか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大に待望の復活!カレーも飲みも居心地最高。「sync 森カレー」(学芸大学)

かつて学芸大学でコアな人気を博したカレー店「sync」。
恵比寿店をオープンしたのち、学芸大学のお店はクローズしていたのですが、ついに帰ってきました。

「sync 森カレー」

以前あった場所とは違い「C/NE」というコミュニティスペース(文化会館)の月曜から金曜を借り切っての営業。
この場所がまた素晴らしいんです。

木造お座敷スタイルの店内。


バーカウンター席もリラックスの極みです。


わぁわぁわぁ、大好きなクラフトジンもズラリ勢揃い。
夢のような空間であります。


★クラフトジン オピーア ¥900

こちら私が、酒好きのカレー好きには必ず勧めているスパイスジン。
わかってる感が半端ではありません。
まさに飲むスパイス料理。絶対飲むべし。

酒のつまみとなる一品料理も充実。
ヤバい、カレー屋と思って油断してた。

★森から(とり唐揚げ) ¥500

この唐揚げがレベル高し。
プリプリの食感は、大山鶏の胸肉を用いているそうです。
(日によって使う部位は変えているとか)
たまりませんな。

そしてカレー。
以前と変わらぬ定番カレーの他に、黒板メニューに限定カレーがあったのですが、これがまた危険極まりない。

★発酵力カレー ¥1300
(塩麹ポーク/納豆/豆豉/ネギ)


なんと、発酵尽くしのオトナカレー!
ちょうど前日に南方中華料理「南三」と納豆バーのハシゴをし、良い感じに脳が醸されていたタイミングだけに、さらにヤバい!

一口食べると、口内脳内醸し醸され大変な旨み。
コドモにゃ絶対解らないオトナの愉悦が襲いかかります。


底に潜んだ塩麹ポークはまさに、食べる古民家。
鄙びた旨みがどこまでも深く拡がります。

カレー屋としても飲み屋としても素敵すぎる店となって学大に帰ってきた「sync」。
10月からはついに、永遠の傑作「牡蠣とクレソンのカレーもスタート。
これはヤバいことになってきましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大高架下のランチ間借りタイ料理。「バーンラック」(学芸大学)

学芸大学駅の高架下「学大横丁」にランチ間借りタイ料理登場!


「バーンラック」

学大横丁の一番祐天寺側、「元祖紙やき ホルモサ」のランチ間借りで営業。
間借りカレーがどんどん増える東京ですが、ランチ間借りタイ料理というのはちょっと珍しいですね。


居酒屋風の店内。



タイ式の仏壇はありませんが、あちこちにある招き猫が雰囲気を醸し出します。


こちらがメニュー。
お洒落ですね。


★ガパオとマッサマンカレー ¥950

カレーとガパオの組み合わせメニューがあるのが嬉しいところ。
いつもはカレー頼んだらガパオ食べられないですから。

マッサマンカレーはピーナッツたっぷりのマイルド仕立て。
丁寧に作った印象ですね。

ガパオはデフォルトでは辛さ控えめなので、

こちらのナムプリックを加えていただきましょう。
味がグッと引き締まって美味いですよ。


★ガパオ&グリーンカレー ¥950

こちらは別日のオーダー。
定番二つの組み合わせです。


グリーンカレーに入った茄子がなんとも美味いですね。


サービスで春雨がたっぷり詰まった肉団子スープが出たことも。

終始アットホームで和やかな雰囲気が最高。
タイ人のママは聞けば料理教室も開いている方だそうで、なるほど丁寧な仕事ぶりも頷けます。

店名の「バーンラック」はバンコク市内の区の名前ですが、直訳すれば「愛に溢れた場所」。
まさにそんな雰囲気のお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バーンラック



関連ランキング:タイ料理 | 学芸大学駅祐天寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大でアジア11ヶ国のお酒と料理。「49 Asian Kitchen + Bar」(学芸大学)

学芸大学駅南、ガスト向かい。
アジア11ヵ国のお酒と料理がいただけるダイニング。

「49 Asian Kitchen + Bar」

あ、階下は「ajian」ではなく、メガネの「aigan」ですよ。



建物の2階にあるお店は広々。
会社の懇親会とかに使えそう。

アジアンビールは色々。
国数数えたら11ヶ国でした。
なるほど、だから「アジア11ヵ国のお酒と料理」なのか、間違いではない。
一律580円でチョイスによってはかなりおトクです。


★Lionラガー ¥580

大好きなスリランカの美味しいビール。
都内でこの値段ではなかなかいただけませんよ。


★パク天 ¥490

秋山幸二のホームインを思い出す名前ですが、こちらパクチーの天ぷらです。
予想以上のビッグサイズにビックリ。
塩か天つゆでいただきます。

こちらはアレンジタイ料理かしら。


★トッポギチーズ 韓国風 ¥540

こちらはアレンジ韓国かな。
焼きチーズがワインに合いそうですね。


49's アジアンハイボール ¥560

なんだかレモンが立派。
スッキリ薄めかと思ったら下のほうが超濃厚でした。

締めはどの国にするか迷いましたがズバリ、シンガポールで決定!

★海南鶏飯(小) ¥630

小サイズ、この値段にして贅沢なビジュアル。
サービスで白湯スープがついてきました。


蒸し鶏も、鶏ガラで炊いたジャスミンライスも、しっかりした仕上がり。
シンガポール式に3種の漬けダレが付いてきます。
ジンジャーソース、チリソースともう一つはブラックソイソースではなく醤油だったのはご愛嬌でしょう。

斜向かいのテーブルにはお酒が入ってええ感じのカップル。
「チョー本場!これマジ本場!空港で食べたのと同じ味!バリバリ本場!」とご機嫌の彼氏。

なんだか幸せな夜ですね。
おやすみなさいませ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ