FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

アジアの食が大集合。楽しすぎる食のテーマパーク。「新大久保 アジア屋台村」(新大久保)

東京随一の多国籍タウン新大久保。
ここにアジア各国の料理が一堂に会した、面白すぎる屋台村があります。

「新大久保 アジア屋台村」

かつて新大久保には似たコンセプトの「百人町屋台村」という場所があったのですが、当時の場末感と比べるとこちらは随分お洒落、かつ清潔感あり。

店内には、
インド・ネパール料理 「ザ・スパイス」
タイ・ベトナム料理 「ワイルドロータス」
シンガポール・マレーシア料理 「マーライオン」
韓国・中国料理 「ソウル&ベイジン」
という4つの店舗、8ヶ国の料理が軒を連ねています。


まるでフードコート、と言いたいところですが、いえいえ。
この場所では、訪れる客側も多国籍。
半端な母国料理を出すわけにはいきませんから、料理はどこも本格派。



ベトナムならブンボーフエやカエル炒め、


タイならソムタムやラープ、


ネパールならサマエバジやカジャセット、


インドならカレーやビリヤニ、


マレーシアならフィッシュヘッドカレー、
シンガポールならナシチャンプルやホッケンミー、


韓国ならチーズダッカルビやマンドゥ、


中華なら点心や担々麺、

などなどなどなど。
料理メニューの総数実に244!!

いったい何を頼んで何を頼まないのか、悩ましすぎます。
多国籍タウン新大久保の、まさに縮図のような場所ですね。

(私自身何度も訪れているのですが、特にオススメはベトナム、ネパール。本場度が一段違います。ネパールは某「ナン○ロ」がバックにいるそうで。)


お酒だってインターナショナル。


★タイガービール ¥550

おなじみシンガポールの国民的ビール。


★鶏肉のスパイス炒め(チキンチョエラ) ¥550

こちらはネパール料理、オーダーしてすぐ出てきました。
作り置いてるわけですね。
けれどそれが良かった。つまり冷製マリネ仕立て。
しかもかなりの辛口で酒のつまみに最高、オススメ!


★マトンのスパイス炒め(マトンチョエラ) ¥600

こちらは羊バージョン。
店員さんはチキンよりこちらを勧めてきます。
より噛みごたえあり、好みによってチョイスして。


★ベトナム牛肉焼きそば(フォーサオ・ボー) ¥790

アジア各国の焼きそばも網羅。
ベトナムの焼きそばは米麺の食べ応えが身上です。


★韓国餃子マンドゥ ¥650

かなり柔らかーい食感。
普段あんまり食べないから何が正解かわからんが・・・面白いな。


★ネップモイ ¥500

ベトナムの餅米焼酎。
久々飲んだらアホみたいに美味い!

これだけ種類が豊富だと、テーマを決めて楽しむのが大事。
たとえば、
アジア各国餃子食べ比べ(餃子、マンドゥ、ネパールモモ、チベットモモ)やら、
焼きそば食べ比べ(フォーサオ、パッタイ、チャオミン、ホッケンミー、チャークウェイティオ、ミーゴレン、かた焼きそば)やら。
アジアの食を愉しみつくすには、まだまだ時間が掛かりそうです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

さあ、オープンエアーでバングラビリヤニ。「リンカスハラルキッチン」(大久保)

山手線随一の多国籍シティ新大久保。
ネパール料理「ソルマリ」が入ったビルの一階に、オープンエアーなバングラデシュ食堂。

「リンカス ハラルキッチン」(Linkers halal kitchin)

ここって本当に日本?

いや、新大久保です。


冷房に慣れた身には逆に新鮮。


その日のメニューはホワイトボードにて。
ビリヤニは600円から、カレーセットは500円からというリーズナブルさです。


★BEEF BIRYANI ¥700
★MANGO LASSI ¥200


おぉ、しっかりバングラデシュ式のビリヤニですね。
なんと米が日本米より小さなバングラデシュ米、チニグラ米であります。
日本だとバスマティより高かったりする米なんですよね。
嬉しい。


ゆで卵が添えられているあたりも現地感覚ですね。


具材のビーフもほどほどにたっぷり。
米部分はシンプルな味わいだったので、米と肉が別仕込みなのかも知れませんね。

たっぷり米食ったーってな満足感。

私がビリヤニを食っているのを見て、バングラデシュ人と思しき若者グループが入店(入るまでもないオープンエアーですが)。
ワイワイ食事している様を見て、ホントこの街は国際的であるなあ、と実感しました。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



新大久保に登場!完全現地式インドネシア料理にノックアウト。「ジャワ料理 モンゴ モロ」(東新宿/新大久保)

新大久保に、魅惑のインドネシア現地式レストランが誕生!

「ジャワ料理 モンゴ モロ」

2019年3月31日オープン。
「アリババ786」「ケバブビリヤニハウス」などハラール系食堂が続いてきたあの場所です。

お店の奥には料理がズラリ。

ここから好きなおかずを選び、ライスと盛り付けてもらう「ナシ チャンプル」方式。
(ナシ=ご飯 チャンプル=ごちゃ混ぜ。 ちゃんぽんや沖縄のチャンプルーに繋がりますね)

料金は基本1200円から、盛りによっては1600円くらい。


料理の内容は日替わり。
かなり種類が多く迷うので、ひとまずは「おまかせ盛り」で。


★おまかせナシチャンプル ¥1200

うぉぉ・・・これは素晴らしい。


眩しい。


神々しい。


フィンガーボウルが標準装備なんて、東京で他にあるかしら。
あ、これ飲んじゃいけませんよ。
手食した指を洗うためのレモン水なんです。


骨付き鶏肉が贅沢なカリ・アヤム。
指でほぐし、ライスとともにいただきます。

ココナッツミルクを用いたこのカレー、日本でいただくとポヤッと円やかな場合が多いのですが、ここのは辛さもビシッと決まりシャープな味わい。

他のおかず達も辛さや旨みに手加減なし。
ちょっと素晴らしすぎます。

特に驚いたのがこちら。

ホタルイカ?
日本の季節食材を活かしているんだ、と思ったら大間違い。
訊けば「インドネシアから仕入れたチュミ(イカ)」だそう。
え、インドネシアにホタルイカがいるのか?
調べたらいるみたいです。
日本のとは別種ですけれども。

ともあれこのチュミ、辛く濃厚なサンバル風味で激烈な旨さでありました。


食後のコーヒーは「甘いの」と「甘くないの」が選択可。
熱帯気分を楽しむならもちろん「甘いの」!

東京でいただくとどうにも穏やかすぎてテンションが上がりにくいインドネシア料理。
けれどもこの「モンゴ モロ」には痺れました。

まだオープン間もないこともあり、知られていないのかと思いきや、店内はインドネシア人!インドネシア人!インドネシア人だらけ。
すでに評判となっているようです。

インドネシア料理好きはもちろん、そうでない方もぜひ、行くべき価値のあるお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell
●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

MONGGO MORO



関連ランキング:インドネシア料理 | 東新宿駅新大久保駅大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

合言葉は・・・まだ飲んでいるから帰れない。「ベトナム居酒屋 NHAU」(大久保)

大久保、新大久保エリアといえば韓国料理、そしてネパール料理店ばかりが取り上げられますが、最近になって現地式のベトナム料理店も急増しているんです。


「ベトナム居酒屋 NHAU」(ニャウ)

オープンは2019年1月29日。
「居酒屋」か「酒居屋」になっているのも現地流の証。


東南アジア感漂う階段を昇ると、


開放感溢れる店内へ。

なんてったって・・・

すぐ目の前に中央線が走る最高のビュー!!
鉄ヲタ感涙!!

そしてさらに・・・

「まだ飲んでいるから帰れない」

・・・最高すぎます。

メニューを開くと、串焼きや麺に加え、カエルやヤギなど突っ込んだ料理まで。
これはマジで帰れなさそうですぞ。


★ハノイビール ¥650

ビールに氷は東南アジアの基本。


★ニャウの揚げ春巻 ¥650

パリッと食感、具材にひと工夫あるナイスな揚げ春巻ですぞ。


★ネギチキンもも串 ¥350

ネギま。ベトナム風味。単純にうまいっす。


★豚バラ焼き ¥450

あれ?ネギまと見た目同じ?な感じですが、豚バラをつくね風にしたてた面白い一品。
「辛い」と書いてあったけど、そんなに辛くはありません。


★フライドコーン ¥500

香ばしく、ニュッとした食感が癖になるビールのおつまみ!


★鶏もも肉のライム葉香り焼き ¥830

これは超おすすめ!
照り焼き風の鶏モモに刻んだタイライム=バイマックルーの葉がオン。
必ず頼んでくださいね。


★カエルのバター揚げ

正式メニュー名忘れたけれど、そんな感じ。
決してゲテモノじゃなく、とっても品ある味わいでなんだか素敵よ。


★揚げ豆腐

一見普通の揚げ豆腐なのだけれども、凄い。
何が凄いって発酵系のタレ!
結構驚きですのでぜひ。


★蒸しヤギ

これも正式名テキトーなのだけど、これがもう素晴らしすぎた。
臭みを香りに転化した良い茹で具合に、酸味溢れるつけダレ。
超超オススメ。
このブログを読んでいるような好き者にはうってつけの一皿ですぞ。


★ベトナム牛肉焼きそば(ミーサオ・ボー) ¥850

焼きそば好きの受け皿もバッチリ。

麺は縮れ細麺。
どことなくペヤング的なジャンク感が逆にたまりませんな。
草をモリモリ食べるベトナムらしく、たっぷりの白菜と青梗菜が嬉しいですね!

店内はほぼ満席の賑わいながら、日本人客はゼロ。
なんとも素敵じゃありませんか。

そしてまた、女性店長さんの笑顔が素敵!
虜になっちゃう人もいるのでは?帰りたくなくなる人もいるのでは?

そう。

「まだ飲んでいるから帰れない」

というキャッチコピーは伊達ではないのです。

応援したいお店になっちゃいましたよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ベトナム居酒屋 NHAU



関連ランキング:ベトナム料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

ディープなネパール串焼き居酒屋。「バジェコ セクワガール」(大久保)

今や東京スパイス料理シーンのナイフエッジとも言える、大久保・新大久保エリアのネパール料理。
俺呼んで「リトル・カトマンズ」と言うべきこのエリアでも、なかなかハードコアなミッドナイトネパールがこちら。


「バジェコ セクワガール」

オープンは2017年7月30日。
セクワはネパールの串焼き的なアレ。
つまり「串焼き少女」
・・・ではなくガール=GHARは飲み屋です。
営業は朝四時まで。


呑みたいムードを盛り上げる雰囲気の店内。
もちろん客はオールネパーリー。


★ククリラムコーク ¥400

安い!濃い!嬉しい!
ラムコークはやはりマグダウェルかククリですよね。

付け合わせはめっちゃ辛いミックスアチャール。
マスタードもフェヌグリークも効いててめっちゃ美味いぞ。

さて、食事メニューを開けば、流石のセクワバリエーション。

羊のセクワだけで4種類。
鹿肉のセクワなんてのもありますぞ。


★マトンヒャクラのセクワセット ¥1150

マトンヒャクラは羊の首肉、言うなれば羊のセセリですな。
ブジャ(甘くないポン菓子)と豆、そしてミックスアチャール(本日2回目)が付いてきます。

提供まで30分ほどかかりましたが、多分作るの忘れてだだけ。


ヒャクラの脂身なく弾力ある歯ごたえはまさに羊セセリ。
肉に付いた骨はかなり鋭利なので、口内貫かれないよう注意です。
豆はラジマなど複数入ってましたが、やはり辛め。
案外お腹膨れます。

隣のヤングなネパーリーたちはパニプリつまみながらワイワイ。
向かいのイケメンネパーリーは後から入ってきた女子二人組をテーブルに招きしっぽり。

こうして、リトルカトマンズの夜は更けていくのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バジェコ セクワ ガル



関連ランキング:ネパール料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ