FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ディープなネパール串焼き居酒屋。「バジェコ セクワガール」(大久保)

今や東京スパイス料理シーンのナイフエッジとも言える、大久保・新大久保エリアのネパール料理。
俺呼んで「リトル・カトマンズ」と言うべきこのエリアでも、なかなかハードコアなミッドナイトネパールがこちら。


「バジェコ セクワガール」

オープンは2017年7月30日。
セクワはネパールの串焼き的なアレ。
つまり「串焼き少女」
・・・ではなくガール=GHARは飲み屋です。
営業は朝四時まで。


呑みたいムードを盛り上げる雰囲気の店内。
もちろん客はオールネパーリー。


★ククリラムコーク ¥400

安い!濃い!嬉しい!
ラムコークはやはりマグダウェルかククリですよね。

付け合わせはめっちゃ辛いミックスアチャール。
マスタードもフェヌグリークも効いててめっちゃ美味いぞ。

さて、食事メニューを開けば、流石のセクワバリエーション。

羊のセクワだけで4種類。
鹿肉のセクワなんてのもありますぞ。


★マトンヒャクラのセクワセット ¥1150

マトンヒャクラは羊の首肉、言うなれば羊のセセリですな。
ブジャ(甘くないポン菓子)と豆、そしてミックスアチャール(本日2回目)が付いてきます。

提供まで30分ほどかかりましたが、多分作るの忘れてだだけ。


ヒャクラの脂身なく弾力ある歯ごたえはまさに羊セセリ。
肉に付いた骨はかなり鋭利なので、口内貫かれないよう注意です。
豆はラジマなど複数入ってましたが、やはり辛め。
案外お腹膨れます。

隣のヤングなネパーリーたちはパニプリつまみながらワイワイ。
向かいのイケメンネパーリーは後から入ってきた女子二人組をテーブルに招きしっぽり。

こうして、リトルカトマンズの夜は更けていくのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

意外にディープなネパール系。「アマルディープ」(大久保)

あまりにディープな大久保・新大久保ネパール事情。
この夜はこちらへ。

「アマルディープ」

見た目はあまりディープではありません。
何故なら、ナンやインドカレーといったいわゆる「インネパ」メニューがあるから。
けれどここは、あまりにディープな大久保。
あまるほどディープなメニューだってあるんですよ。

店内がまずええ感じにディープ。
コの字カウンターが雰囲気出してます。


店中の壁には、古今東西のミュージシャンのモチーフが。
見ているだけで楽しいですね。


★ラムハイボール ¥390

ネパールだけにククリラム使用かと思ったらジムビーム。そこそこ濃い。

さて、メニューブックにはダルバートの姿はなし。
けれども壁のメニューにだけありました。
しかも英語表記で。

★KHANA SET ¥500

直訳すると「お食事セット」ですが、ダルスープとご飯(バート)が軸なのでれっきとしたダルバートです。

「ムスタング」が始めた影響で500円ダルバートがスタンダードになってしまったこの界隈。
これじゃあ儲からないだろうに。
けれどネパール人の若者呼ぶには500円で出さねば。
日本語メニューで推していないのはそういう事情かも知れません。
・・・あくまで推測ですが。


ただ500円といっても内容も味もしっかり。
ダルスープはニンニクが効いて酒と米がすすむ味。
ドライタイプのチキンカレーもこれまた濃厚で良いですね。
ライスの上に乗った目玉焼きもニッポン居酒屋らしくて最高。

ナンやインドカレーは食べていないけれど、ディープ使いするなら「アマルディープ」、有り余るディープさを楽しめそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

新大久保路地裏に、広々としたネパール料理新店。「ロイヤルガーデン レストラン」(新大久保/大久保)

2018年7月30日。
新大久保に新しいネパール料理店がグランドオープン!

情報源はいつも通り、某ハンターK林さんです。

「ロイヤルガーデンレストラン」

お店の場所は「ソルマリ」の路地をさらに奥へ行ったあたり。


地下へ続く階段を降りると・・・


かなーり広々としたフロア。
ダンスフロアに早変わりする気まんまんな作りですね。

この日は19時すぎの訪問だったのですが、20時を過ぎる頃にはネパール人たちが続々来店。
ネパール人たちの間でも話題となっているようです。

メニューを見てみましょう。

ダルバート500円、ポテトフライ500円、シーザーサラダ700円。
これ高いのか?安いのか?

「ムスタング」に始まる新大久保ワンコインダルバートのブームで、ダルバートは価格破壊を起こしているようです。


★生ビール ¥400

普通に飲み屋として、酒は安いですね。


★シ-モモ C-MOMO ¥600

おなじみネパール餃子モモをチリ炒めにした一品。
これがなかなかのヒット。
大きめカットでたっぷり入った青唐辛子に加え、ブラックペッパーもガッツン!
なかなかのパンチ力で、スターメニュー候補ですぞ。


★ロティセット ¥700

軽くサラッと締めようとして頼んだのですが、いやいやいやいや。


ロティの量が半端じゃない!!

四つ折りのでっかいロティが堂々3枚!!
見ただけで腹パンですがな。

カレーはマトンを選択。

サラサラでちとオイリー、ぶった切られた肋骨たくさん、カルダモンガッツリなマトンカレー。
ん?マトン?
この脂肪のプルプル感、もしかして山羊?
ネパールでは羊と山羊を区別しないこともあるのです。

その他、カジャセットについてくるようなおかずが数点。
充実してます。

ただこれは、二人以上で来たとき何品かシェアするうちの一つにしたほうが楽しめそう。
(ロティの量的にも)

グループで来てワイワイ飲み食いするような使い方が適している雰囲気のお店。
界隈のネパール人たちにしてみれば「ここに来れば誰か知り合いいるしー」的なコミュニティスペース、またはパーティスペースになりそうでもありますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ロイヤルガーデン



関連ランキング:ネパール料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ハラールでムスリムなタイ料理が大久保に帰ってきた!「ルン ルアン」(大久保)

タイ南部のムスリム飯がいただける個性派店「ルンルアン」が、田端から大久保に戻り、レストラン営業を再開!


系列のテイクアウト&タイスイーツ店「ルンルアン お菓子処」の脇の路地を少し進むと・・・あ、ありました!


現地の場末風情溢れる店構え!!



ハラール認証マークもバッチリですね。

パッと見、三つのお店が並んでいるようですが、全部でまとめて一店舗。
一番左のハコが厨房。
真ん中のハコは予約専用カラオケ付き客室。
そして一番左が一般客用の客席となっています。


この日は一般客席へと入店。


結構こじんまりとしており、厨房も簡易設備。

出てくるメニューはいわゆる「普通のタイ料理」のもので、一瞬ん?と思ってしまうのですが、
大抵こういうパターンは、「言えば出てくる」ものです。

お店のお姉さん、2軒向こうの厨房と行ったり来たりで大変そうですけどね・・・


★カオケーン ヌア ¥500

カオケーン(カオゲーン)はタイの屋台式ぶっかけ飯。
ヌアは牛肉。

実はこれ、牛肉バージョンのマッサマンカレーとご飯のセットなんですね。
ぶっかけ状態で出てこないのは、日本人への気配りでしょうか。


カオモックガイと並ぶ、ムスリムタイ料理の代表とも言えるマッサマンカレー。
日本では「世界一の美食」なんて美辞麗句で宣伝されることの多い料理ではありますが、
こちらではええ感じの屋台スタイル。

しっかり油も浮いていて、牛肉もたっぷり。
なんといってもライス、スープが付いて500円なんですから!美食じゃなくて日常食でしょう。

卓上には調味料一式もちゃんとあります。

今回はおひとり様でリーズナブルなディナーをいただきましたが、
次回は予約して、カオモックガイなど楽しみながらカラオケなんてのも良いですな。
(ハラール対応ですがお酒はちゃんとおいてますよ)


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ルン・ルアン



関連ランキング:タイ料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

レッドチリ跡地のサマエバジ。「ダルバール」(新大久保)

日本一のネパール料理密集地帯、リトルカトマンズ新大久保。
その一角「レッドチリ」がいつの間にか新しい店に入れ替わっていました。

「レッドチリ」のちょっと中華寄りのネパール料理、他にあまりなかったので残念ではありますが、新店は果たして・・・


「ダルバール」

ブルーライトに彩られた店内。


大型スクリーンに加え、ステージもあり、イベントに良さそう。


各席足元に電源完備。無線Wi-Fiも完備。
これも嬉しいポイントですね。

メニューを開けば、なるほど。
「ナングロ」「アーガン」の躍進に押されたのか、ネワール系の料理があれこれ。
その他ボイルマトンやら、ダックチョイラやら、ニンニクサデコやら、渋めの珍品も。


★ククリラム ¥500

お酒がそれなりに安いのも、新大久保ならでは。


★ネワリサマエバジセット ¥1200

メニューには、
・干し飯
・大豆
・漬物
・生姜
・サグ
・バラ
・茹で卵
・トンセクワ
・じゃがいも
・チョイラ
・青菜炒め
・ドリンク

とありますが、品数がちょい足りないのは気のせいでしょう。


チウラ(干し飯)は特に加工なしの袋出しそのまま。
茹で卵も普通の茹で卵、生姜もホントに生の生姜をカットしただけと、「全く手をかけていない」っぷりは清々しくもあります。

反面、ネパール唐辛子が丸ごと入っていたりと、それはそれで嬉しい部分もありますね。

結局ドリンクもついてなかったりと、色々チグハグな点だらけではありますが、ここは新大久保。
日本だと思ったら間違いなのですよね(笑)

新大久保は国際社会の勉強の場なのですから。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ダルバール



関連ランキング:ネパール料理 | 新大久保駅東新宿駅大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad