カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

大久保限定、燻製カレーのカツカレー。「くんかれ 大久保店」(大久保)

完全オリジナル「燻製カレー」をひっさげ人気の「くんかれ」。
実は結構好きなんです。
青山店があったころはよく行ってたしね。



「くんかれ 大久保店」

現在は人形町にある本店と、この大久保店の2店に絞って営業中。


本店同様、チョイ飲みもできる雰囲気です。


三角カウンターで大久保ビューを楽しむもよし。


★くんかれ特製カツカレー ¥1000
・辛さ 大辛口 +¥20
・燻製の強さ 濃い目
・ライス M(200g)
★燻製全部のせ +¥300


こちら大久保店限定メニューのカツカレー。
燻製カレーに合わせて、カツにも燻製ダレを用いてるそうで、まさにクンクン尽くしです。

カレーは燻製の強さが選べるのですが、せっかくのくんかれ、濃い目にしなきゃもったいない。
トッピングの燻製も全部のせにしなきゃもったいない。
けどカツカレー的にはライスの上に乗りきらないので、トッピング別皿での提供となりました。


カレーは相変わらずの独自風味。
薫香がガツッとくる味わいはほかでは絶対味わえないもの。

カツも負けず劣らず立派で美味しかったのですが、若干油多めで若者向けだったかもしれません。


トッピングは燻製チキンに燻製玉子、燻製ベーコンに燻製チーズ。
このあたり盤石の美味さ。
ワインと合わせたくなりますが、そこをグッと、燻製カレーと合わせるのがフェティッシュなんです。

「燻製カレー」という、一見キワモノなコンセプトながら、「くんかれ」ももう6年越え。
それはやっぱり、ちゃんと美味しくて、他にない味だからに他なりません。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

くんかれ 大久保店



関連ランキング:カレーライス | 大久保駅新大久保駅西新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

新大久保路地裏にチトワンの街角。「チトワンタス ガル&バー」(新大久保)

新大久保の裏路地。
一昔前なら完全にコリアンの領土と化していた場所にポッと現れた、完全現地人向けネパール食堂。


「チトワンタス ガル&バー」

ガールズバーではありません、ガル&バー。
新大久保のリトル・カトマンズ化はまだまだ進行中のようです。

チトワンはネパールとインドの国境にほど近く、インドサイやインドゾウなど野生動物の楽園といわれる「チトワン国立公園」がある場所。
お店の方はやはりチトワン出身だそうです。

まずここ、お酒が安い!
生ビール350円にネパールビールもロキシーも500円。


★ミントビール ¥400

ダルバット650円にタカリセット890円、マスバット(ネパールカレーセット)はチキン450円に羊500円。
ディードセット950円まであってネパ飯屋としては完璧。
けれどひときわ目を惹くのは、店名でもあるこちら。


★チトワンタース ¥950

メニューには「FIRST TIME IN JAPAN」の謳い文句。
タースは超ざっくりいえば山羊や羊肉のスパイスマリネ炒め。
通常のライスでなくブジャ、つまり甘くないポン菓子でいただくのが現地式。
このスタイルのタス(タース)セットを出す店は東京でも数軒知ってはいます(それでも珍しい!)が、チトワンスタイルは「日本初」ということなのでしょうか。

こちらのタスはマトン。
味付けシンプルで噛みごたえもしっかり現地風です。

横に添えられた、写真だとカレーにも見えるのはムラコアチャール(大根の漬け物)。
つけ汁たっぷりバーションで、ご飯やタスにつけると酸味アップで嬉しい美味さです。

パッと見、ボリュームもあるように見えるのですが、ブジャはやっぱりポン菓子。
見た目ほど腹にはたまりません。
やはりお酒のアテセット(カジャ)という位置づけがぴったりでしょうか。
炭水化物あまりとりたくない方には良いかも。


★卵チャウミン ¥490

もう少しお腹を満たしたかったのでネパール焼きそばチャウミンを追加。
これがまた安い!
ちなみにベジチャウミン(メニュー表記はベジチャウメイン)は¥450円でした。

東京のネパール店では少数派の細麺使用。
味付けはケチャップ&ソース系ですが、細麺に加え野菜のカットも細かいため、繊細な食感となっています。

この焼きそばとビールで1000円いかないのも素敵だなあ。

よくあることですが、店内に日本人は私一人。
しかも他のネパール人客たちのくつろぎっぷりったら!!

一人はベンチシートに寝転んでスマホいじったり仮眠したり。
一方では家族連れが夕飯食べていて、小さい子がお店じゅうを探検していたり。
まさに彼らにとって、ここがホームグラウンドなのでしょうね。

飛行機に乗らない異国への旅、やっぱり楽しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

チトワン タス ガル & バー



関連ランキング:ネパール料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

オープン3か月、魯肉飯×南インドカレーの進化から目が離せない。「SPICY CURRY 魯珈」(大久保)

昨年末にオープンし、みるみる話題となった「魯珈」(ろか)。

台湾の屋台メシ「魯肉飯」(ルーローハン)をインドカレーを組み合わせた斬新さ。
そしてその二つが高次元で融合した、間違いない美味しさ。

オープン当初訪問して、「これは流行るな」と確信した通り、今や行列必至の人気店となりました。
(前回訪問記事はこちら


「SPICY CURRY 魯珈」

この日は平日ランチタイム。
12時30分頃で待ちが6人ほど。

けれど回転はいい方なので気にすることはありません。
店主エリさんによれば、意外と混むのが13時過ぎで、意外と空いてるのが12時頃とのこと。

なるほどこれ、メディアで紹介されたりで人気のお店で時々あるパターン。
「混んでるだろーな」ってコアタイムを外した結果、みんな同じこと考えてて裏目に出るってわけですね。

・・・とか書くと今度はみんな12時頃行ったりして裏の裏目になる可能性もあるので、気にしないのがベストです。


さて、ここで「魯珈」についておさらいすると、オーナーシェフのエリさんは南インド料理「エリックサウス」と魯肉飯チェーン「鬍鬚張(ひげちょう) 魯肉飯」の両方で修業した方。
南インドのカレーと台湾の魯肉飯の組み合わせによる斬新な「ろかプレート」がとにかく美味いんです。


ベースのカレーは「魯珈チキンカレー」「ラムカレー(ビンダル風)」「クリーミィ野菜コルマカレー」の三種に加え、限定カレーが用意。
この日の限定カレーは「あずきと豚バラの辛口トマトカレー」「白菜とナスのサンバル」でした。


★ろかプレート ¥950
・魯珈チキンカレー
・あずきと豚バラの辛口トマトカレー(プチ追加+¥200)
・白菜とナスのサンバル(プチ追加+¥200)


ベースを定番チキンに、限定二品はプチ追加でオーダーしてみました。
ミールスっぽさも出て気分が上がりますね!


今回まず驚いたのは、魯肉飯の挽き肉の進化っぷり。

オープン当初はパラッと挽き肉の表面に味が乗っていて、それこそ現地屋台でザッと作った感じだったのが、
噛みしめるたびジュッと味が染みだす濃厚で奥行きある味わいに。

カルダモンがしっかり効いてシャープなチキンカレーの中に崩して混ぜれば、より自然に馴染みつつも存在感はバッチリ。

言い換えればオープン当初は、南インドカレーと台湾の魯肉飯という意外な組み合わせに驚き、その可能性を感じさせるような味だったのが、今は次の段階として、南インドカレーと台湾の魯肉飯という二つのオリジンを基に、「魯珈」だけのオリジナルな味を築きつつある、という印象。

単に奇を衒った店とは一線を超えたところで、ぶっとい芯のようなものの存在を感じました。

確実に、レベルアップしています。


フレッシュな香りのサンバル、そして高菜のマスタードオイル炒めも盤石。
(高菜って実はからし菜の一種なので、親和性は高いのです)

さらに面白かったのが、あずきのカレー。
小豆特有のホクッとした甘みが、辛めに仕立てられたカレーの中で面白いコントラストを生み出しています。
ネパールのミックスダルスープで、ウラドダルなんかとともにラジマ(キドニービーンズ)なんかがたっぷり入ったマメマメしいのがありますが、ちょっとそんな感じもあり、けれどブワッとスパイスがしっかり立ってもいて、心地良い抜け感がありました。


★ホットチャイ ¥200

食後はホットチャイ。
この店独特の超濃厚ラッシーも魅力的だけど、この日はあったかいのが欲しかった。

華やかなスパイス祭りに高揚した口の中を優しく撫でてくれる味わいです。


オープンしてまだ3か月。
けれどそんなことを感じさせない風格もちょっと出てきました。

東京以外にお住みの方も、東京に来たらまずチェックしたらいいですよ。

これは、カレー文化華やかなる関西にもない味ですから。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイシーカレー 魯珈



関連ランキング:カレー(その他) | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

リニューアルし南インドのエッセンスも加わった、ムスリム街角食堂。「アリババ786」(新大久保/東新宿)

パキスタン人経営のハラール食材店に併設された食堂だった「HALAL FOOD & Restaurant 786 ALIBABA」 (レストラン786アリババ)。

ビリヤニ500円、カレーセット500円という衝撃価格で話題だったこの店、いつの間にか「ケバブビリヤニハウス」と名前を変えたかと思ったら、一年経たないうちにまた「アリババ」へと名前を戻していました。
どうやらその間、オーナー変更やら何やらあったようです。


「アリババ786」

以前の記事はこちら⇒『ハラルフード併設食堂で、ワンコインムスリム飯。「HALAL FOOD & Restaurant 786 ALIBABA」(新大久保/東新宿)』


かつてのハラール食材店の面影はなく、テーブル席にカウンター席、バースペースまである変貌ぶり。
もはや、ちゃんとしたレストランですね。

けれど、日本語があまり通じない現地感はそのままですのでご安心を。

メニューを見てみましょう。

ビリヤニが600円と、以前より100円高くなっていますが充分な安さです。


さらに、ドーサやレモンライス、カレーなど南インドの料理も加わっていますね。

マトンニハリ、コルマ、パヤは卓上の日本語メニューには載っておらず、
もう提供してないのかと思ったら、壁に貼られた英語メニューにしっかり書かれていました。


★スペシャルマサラマトンビリヤニ ¥1000

ビリヤニとカレーを組み合わせたセット。
ビリヤニはマトン、カレーはチキンを選択してみました。


ビリヤニはフワッフワな仕上がり。
HOTでお願いしたのですが、程よきピリ辛感。
骨ごとブツ切りのマトンがゴロンと3個入っていましたが、ほぼ骨で食べるとこなかったのはご愛嬌です。
髄の旨みはしっかり感じられましたよ。

そしてチキンカレー、意外にもカレーリーフがたっぷり入った南インド仕立てであります。
シンプルながら、これは美味しいですね。

非常にパキスタン色が強かった以前と比べ、南のエッセンスも取り入れられた新店舗。
少し値上がりし、以前より値ごろ感は少し薄らいだものの、現地の街角感は健在です。

駅西側の「ナスコフードコート」と並ぶムスリム街角食堂として、これからも重宝しそうです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アリババ786



関連ランキング:インド料理 | 東新宿駅新大久保駅大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

多国籍タウンのカレーつけ麺。「大勝軒まるいち 新大久保店」(新大久保)

新大久保駅を出てすぐの場所に堂々鎮座する大勝軒。


「大勝軒まるいち 新大久保店」

いろんな系統がある「大勝軒」のなかでも「大勝軒まるいち」は東池袋系。
故・山岸一雄氏最後の弟子が創業したお店だそうです。

昨今、派閥間の対立が取り沙汰される大勝軒ですが、こちら「まるいち」は「のれん会」「味と心を守る会」のどちらにも属さない中立的立場のようです。

この「新大久保店」は2016年7月にオープンした新しい店舗。

食券機はお店の外にあるのですが、
道に立ってこちらをジィィッと見つめるオッサンとかがいたりして、
お財布をガードし警戒しながらの食券購入です。


★生ビール ¥350

お、キンキンの氷漬け仕立てやで。


★カレーつけ麺 ¥870

山岸氏直系だけあって、つけ麺推しの東池袋系。
しかもここ、カレーつけ麺があるんですよね。

赤唐辛子がまるっと一本載っているのも、コリアンタウン新大久保っぽくて良いです。

それではいただいてみましょう。

お、大勝軒王道のつけ麺ですね。
カレーつけ麺といえど、塩気がしっかり効いているため、カレー感は抑制されています。
カレーとしての辛さもそれほどではなく、王道のつけ麺を仄かにカレー風味にした感じ。

なるほどね。
これはこれで、大勝軒として正しい気もする。

この店ではカレーつけ麺の他にも、
オロチョンラーメン、辛ラーメン、辛つけ麺とホット系が充実。
トッピングにもキムチやパクチーがあったりで、まさにコリアン&多国籍タウン新大久保のつけ麺屋。

いずれ「ネパールつけ麺」とかも出してほしいものです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

大勝軒まるいち 新大久保店



関連ランキング:ラーメン | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad