FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ピートたけしも通った浅草の老舗洋食喫茶店。「ロッジ赤石」(浅草)

創業昭和48年。
浅草時代のピートたけしも通ったという老舗喫茶店。

「ロッジ赤石」

長野出身の創業者の実家から見える赤石岳が店名の由来です。

営業はなんと朝の9時から翌朝4時までの通し。
近隣住民の朝食から深夜タクシー運転手の夜食まで、まるでロッジのようなオアシスなのです。


店内には古時計がズラリ。
一つだけ動いています。


調理担当のマスターと、3人のおばさま方が分業フォーメーション。
途切れない客を捌いていきます。


喫茶店といいつつ、驚くほど豊富な食事メニュー。
特に有名なのはナポリタンと海老サンドですが、洋食を中心に幅広く選べます。
ご主人はホテルで洋食を修業した方だそう。


★カツカレー ¥1150

洋食が美味いとなればやはりカツ。
奇をてらわぬ正統派の盛り付けですね。

カレーは洋食というよりも、ほっと安心なおうちカレーの味わい。
仕事終わりの真夜中なんか特に嬉しいだろうなぁ。

カツは流石のしっかりした仕上がり。
薄くカリッとした衣に、しっかりした噛み応えのロース。
最近流行りのの柔らかい肉も良いけれど、こういうカツはなくなって欲しくないですよね。


★カツ重 ¥1050

カツものといえばこちらも。
ナンバーワンかつ丼にこれを推す人がいるほどの人気メニューです。


しっかりしたロースカツを出汁を効かせた卵とじに。
美味いに決まってます。
セットの浅漬けの美味さも見逃せませんよ。


★ブレンドコーヒー ¥500

そしてやはりこちらは喫茶店。
サイフォンで淹れていただくコーヒーは程良い香りと酸味。

食事もコーヒーもまさに安定のクオリティ。

朝から夜中過ぎまで空いているこのお店は、浅草の人々の静かな心の支えになっているに違いありません。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

注目!肉の旨みを堪能するカツカレーの新店。「curry peak カレーピーク」(浅草橋)

なぜかカツカレーの注目店が現れることの多い浅草橋。
2018年も最終月にさしかかった12月3日、またあらたなお店が誕生しました。



「curry peak カレーピーク」

山の頂上にカレーがかかったロゴ。


カウンターのみの小さなお店と思いきや・・・

二階席もありました。

早速メニューを見て見ましょう。

看板メニューはロースカツカレーとチキンカツカレー。
様々なトッピングを組み合わせて楽しむことができます。

私の好きな言葉は「せっかくなので」。
せっかくなので、ワクワクしちゃう組み合わせでオーダーしてみましょう。

★ロースカツカレー&ローストビーフ ¥1400
・辛味スパイス 1辛 +¥30


豚と牛、porkとbeefの競演!
よく見るとライスの両側のカレーの色が違うことにも注目です。

低温でじっくり中まで火を通し旨みをとじこめた豚ロースのカツ。
そうメニューに書いてあったのですが、実際食べてみれば予想を超えた旨みの濃さ。
熟成肉好きなら絶対気にいるはず。
衣は薄く、サクッと。
卓上ソースをつけてこれだけでも楽しめますね。

一方のローストビーフ。
450円という贅沢トッピングなのですが、これが大当たり。
カレートッピングのローストビーフって何故か、やけにスジが硬くて手で引きちぎらなければ切れないモノも多いのですが、こちらは肉厚で柔らか、旨みたっぷり。
たまりません。


二色のカレーは手前が野菜ベース、奥が果物ベース。
肉の味が濃厚なぶん、カレーは角を立てず素材の味を感じる優しい仕上がりにしてバランスを取っています。

さらにお米は鳥取・田中農場の「カレー専用米」。
ハリのある食感でベタつくことないのが特徴ですね。

肉の旨みをじっくり堪能できる、これは面白いバランスのカツカレーが登場したものです。


★ホットコーヒー ¥100

今はなき初代「銀座ニューキャッスル」を彷彿とさせるコーヒーカップ。
これ、買いたいな。

ハイレベルなトンカツやカツカレー店犇く浅草橋。
しかも先日、日本一のトンカツと称された「丸山吉平」が閉店したとあって、トンカツへの渇望が強いこの街を狙って開店したのかと思いきや・・・たまたま見つかった空き物件が浅草橋だっただけとのこと。
とすれば強運、まさにベストタイミングといえましょう。

営業時間は11:00~21:00、通し営業もありがたいですぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーピーク



関連ランキング:カレーライス | 浅草橋駅両国駅蔵前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

笑顔こぼれる小さなタイ居酒屋。「スマイル屋台555」(浅草橋)

ハァ、ハァ、ハァ。

せっかく「美味キッチン」まで歩いて行ったら臨時休業。

ハァハァハァ。

駅へ引き返す途中、そんな気分が見抜かれたか、こんなお店が出現。


「スマイル屋台 555」(ハーハーハー)

タイ人がよく(笑)みたいな意味で555って使うのはこの発音あってのこと。
いつもスマイルなお店なんですな。


店内はかなりコンパクト。
タイ人男女2人で仕切っております。


メニューの価格も555もしくはゾロ目多し。


★M-150×ジョッキ生ビール ¥600

M-150(エムロイハーシップ)はいわばタイのオロナミンC(ドデカミンともいう)、ヤル気漲る漢の一杯です。


★ナンガイトード ¥400

タイの定番ビールのつまみ、豚皮揚げです。


★ラープガイ ¥666

いちおう辛さ確認してくれますが、ラープは辛くなくっちゃね!
ということでなかなかビシッとした味にしてくれました。

たっぷりのバイマックルー、ライム汁(レモンかな?)による酸味、ヒリヒリッとくる辛さ、そしてしっかり煎られた米の香ばしさ。
一見カジュアルながら、これはなかなか良いラープですよ。


★ビアラオダーク ¥580

私が大好きなラオスのダークビール。
タイ東北、北部料理のお店に置いてあることが多いのですが、東京の相場からするとだいぶリーズナブルにいただけて嬉しい!

小粒ながら、なかなか気の利いたタイ料理店。

店名どおり店員さんも「ハハハハハ!」と常に笑ってますし。
ん?なんで笑ってるの?

よく見れば、客席側のタイ歌謡曲が流れるモニターとは別に、店員さん側から見える小さなモニターが。
そこでタイのバラエティ番組が流れてて、店員さんがウケて笑ってたんですね(笑)

思わずこちらも555となる、ほのぼのスマイル居酒屋でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スマイル屋台555



関連ランキング:タイ料理 | 浅草橋駅馬喰町駅蔵前駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

奥浅草にムーディーなネパール飲み屋。「ミルミレ浅草店」(浅草)

浅草の奥の奥。
千束のY字路に佇む、異世界感抜群の建物。

「ミルミレ 浅草店」

千駄木のネパール料理名店「ミルミレ」の支店です。
本店では少し値段が高いものの、超絶なスペシャルカレーやレアなネパール料理を提供してくれる「ミルミレ」。
けれど支店はそれぞれコンセプトや料理の方向性が違うんです。



こちら浅草店は、本店をよりしっぽりしたカウンター居酒屋、もしくはスナック寄りにした雰囲気。


★アサイ ビ-ル ¥550

つまりアサヒビールです。
浅草ですから。
フランス読みですね。


お通しは鶏肉とオクラのスパイス炒め。
居酒屋ムードが盛り上がります。


★チキンチョエラ S ¥550

ネパール料理店って、チョエラを食べるとその店の個性が見えてきます。
こちらのチキンチョエラは、ひと口めはおとなしいかなと感じさせておいて、後からジワジワくるタイプ。
酸味はなく、煎ったフェヌグリークの香ばしさが際立ちます。
じんわりと旨いですね。


★マトンビルヤ-二 ¥1100

ビリヤニです。
いわゆる本式の炊き込みではなく、炊飯器から取り出したターメリックライスをスパイスや具材でサッと炒めた一皿。
言ってみれば昔ながらの喫茶店ドライカレー。
レーズンも入ってますし。
昭和感溢れる千束の街でいただけば、不思議な説得力がありますね。
わかって食べたら、実はありですよ。


★ネパルラム ¥850

ククリラムです。
大好きなんです。
値段設定チト高めです。

入店時私だけだった店内。
いつしかエプロン姿の地元の女将さんたちが。
ネパール料理店というより、ちょっとムーディーな居酒屋かバーのような捉えられ方なんでしょうね。

千駄木の本店にあるミルミレチキンカレーが無いのは残念(普通のチキンカレーはあります)ですが、あれは本店シェフのスペシャリテ。
こちらは飲みがメインの店舗と捉えて良いでしょう。

営業は24時まで。
千束の夜にしっかり溶け込んでいますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ミルミレ 浅草店



関連ランキング:ネパール料理 | 浅草駅(つくばEXP)入谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

リバーサイドに溢れるカレーの森。「HappySpiceCafe」(浅草)

銀座線浅草駅5番出口からすぐ。

丸善ビルの6Fにある、隠れ家的カレーカフェ。



「HappySpiceCafe」(ハッピースパイスカフェ)

食材からスパイスまでオーガニックにこだわったお店です。


ゆったりとしたテーブル席のほか、隅田川に面した座敷席も。
ここからの眺めが良すぎるのです。




カレーはそれぞれ「土」と「森」が選択可。
「森」は野菜たっぷりバージョンで、注文を受けてから野菜を焼くのでパエリア位の時間がかかるとのこと。

せっかくなので、いっちゃいましょうか。

・・・待つこと20分。
ど迫力の一皿が登場です。


★無農薬野菜と黒毛和牛のキーマカレー(森) ¥2000

根っこまで、ヘタまでそのまま活かした野菜たち。

インスタ映え、なんて生易しいものではない。
オーガニックと聞いてイメージするような、控えめなものでもない。

こりゃあ確かに、自然そのものの「森」だ。

野菜に埋もれた「土」にあたるキーマカレーはカルダモン、コリアンダーシードが効いた仕様。
用いているスパイスはインドから取り寄せているそう。
しかも昆布出汁も感じますね。


軽く焼いていたりするものの、料理に一体化することのない存在感を発揮する野菜たち。

顎が疲れるほど野菜と格闘するマッチョなカレーと言えましょう。
野生動物に戻ったような気分になりますね。

ここまで迫力のあるオーガニックカフェ、ちょっと他には思い当たりません。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

HappySpiceCafe



関連ランキング:カフェ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad