カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

今、求めているものがここにある。「ニューラホール竹町店」(新御徒町)

新御徒町駅からアーケードの佐竹商店街を通り抜けた場所に鎮座する、存在感アリアリのカレー屋さん。

「ニューラホール竹町店」

秋葉原~上野界隈を中心に展開する「ラホール」系の一店です。


極太マッキーで書いたような看板がナイス。
その上には「今、求めているものがここにある」の文字。

実はこの店舗、カレー以外にもステーキやハンバーグ、生姜焼きなど、洋食メニューも充実。
さらにカレー以外を頼んだときも、ライスにカレーをかけることができるんです。
たしかに、求めているものがある確率は高いですね。


オーダーは券売機で。
トッピングや辛さアップ、カレーの「追加ルー」は席についてのオーダー。


卓上メニューには辛さ3までしか書かれていませんが、実際には100辛までオーダー可能みたい。
(追加料金はかかります)


嵐のメンバーが100辛に挑戦したってこともアピールしてます。


★インド風 ほうれん草カレー ¥750
★4辛 +¥50


さて、私の「今、求めているもの」は「カレー」でした。(そりゃそうだ)

カレーは日本風とインド風が選べ、インド風を選ぶとラホール名物・・・
というか「デリー」のカシミールカレーをカジュアルにしたような「ブラックカレー」が出てきます。


で、このブラックカレー、辛さはアップしたほうが絶対美味い。
この日は穏やかに4辛でしたが、辛いもん好きなら10辛くらいがビシッと決まると思う。
ま、少なくとも4辛ってとこでしょうか。

どちゃっとぶっかけられたほうれん草、大ぶりカットのジャガイモ、ニンジンにシャバシャバの「ルー」。
そして辛さが数字で選べるなど、「エチオピア」「夢民」が東京カレーのトップランナーとして
ガンガン行ってた頃の時代を思い出すような味。

いわば、ニューノスタルジックな味わい。

ふっと、食べたくなるような味です。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ニューラホール 竹町店



関連ランキング:カレーライス | 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

遭遇!日曜だけ出現する本気のストリートインド料理。「ムガルカフェ」(巣鴨)

私が無意識にカレー店を見つけるその嗅覚は、土中のトリュフを発見する豚にも決して負けないと自負しているのですが・・・
この日もまた、見つけてしまいました。

ある日曜の夜、何の気なしに(この何の気なしに、がポイント)巣鴨の裏道を歩き、
何の気なしに西友の脇を抜けると、あぁ、この辺って歩いたことないなぁ、と。
ちょっと散歩してみようと少し歩いたところで唐突に香る、マサラ香。

・・・いや、見渡してもカレー屋もインド料理屋もないよなぁ。

なんだろな・・・と思っていたら、ミュージックスクールのビルの前に何やらインド人たちが集まってる!?

なんだなんだ???・・・え!?

「毎週日曜」
「カレーでもナンでもない、本当においしいインドの街角グルメ」


・・・・!!!


うわぁ、まさかまさかの巣鴨の裏道で、日曜限定インドのストリートフード店と遭遇です!!!


「ムガルカフェ」

黒板に書かれたメニューを見れば、この店が只者でないことがわかります。
ナン、バタチキ、タンドリーチキンにシークケバブといった、日本におけるテンプレインド料理は一切なくて、

・チキンビリヤニ
・ケバブパラタ
・ココナッツからあげ
・ホットカティロール(エッグチキン/エッグマトン/チキン/マトン/ベジ)
・チャイ
・ラッシー
・本日のスペシャル(この日はマトンビリヤニ)


ほんとインドの街角!
ムスリム系の屋台メシが勢揃いです。

これは凄い。なぜ巣鴨で!


フライパンではちょうどケバブパロタのケバブを調理中。
「トルコのケバブじゃなくてインドのケバブですよ」と店員さん。
美味そすぎ。

ここだけまるで、ナマステインディア。

いろいろ迷った挙句、お店の個性を知るならやっぱりビリヤニでしょ!
しかもこんなストリートで炊きだしてるビリヤニなんて、日本じゃなかなかお目にかかれませんしね!
(日本ビリヤニ協会除くw)

★マトンビリヤニ ¥650

うわもう見ただけでちゃんとしています。
なぜ巣鴨でここまで・・・・


この夜めちゃ寒かったのですが、ホットチャイをサービスしてくれました。
甘くてあったかくて助かります。ありがとう。

・・・さて、テイクアウトしたビリヤニをいただいてみましょう。

おぉ!おぉ!!

クローブとカルダモン、スターアニス、そしてブラックペッパーが強烈に効いていて結構辛口!
かつての神戸「ナーンイン」のビリヤニにも似たビシバシ感で結構好みです。

ライタは汁気少なめ(テイクアウトだし)で野菜たっぷり、チャットマサラと塩気がピシーッと効いた濃厚仕立て。

トータルでかなりストロングでハードパンチな本格ビリヤニでした。
関東圏だとここまでハードなビリヤニ、「アルカラム」くらいかな?いや、もっとハードかも。

なぜ巣鴨の路地裏でここまで本気のビリヤニが!!

・・・というわけで、驚異の奇遇力で出会ってしまった巣鴨ストリートインド料理。

あらためて整理すると、
営業は日曜日のみ。
(営業時間は10時30分~19時)
場所は、巣鴨西友近くの音楽教室「ミクロコスモスミュージックスクール」の正面。
基本はテイクアウトオンリー。


しかも毎週日曜やっているかといえばそうでもないみたいで、インド料理教室を開催している週はお休みするらしく、
この日も2週間ぶりのオープンだったみたいです。
なかなか遭遇ハードルが高いお店(よく出会えたな・・・)なので、お店のインスタグラムで情報キャッチするのが良いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ムガルカフェ



関連ランキング:インド料理 | 巣鴨


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大人気。小岩の名店タイ料理の2号店。「いなかむら 新御徒町店」(新御徒町/仲御徒町)

小岩タイ料理の名店「いなかむら」の二号店にディナー訪問!


「いなかむら in 新御徒町」(いなかむら 新御徒町店)

オープンは2015年4月17日。
看板に「タイ料理&Cafe Bar」とあるとおり、なかなかおしゃれな内装。

小岩「いなかむら」では見かけなかった若い女性グループもたくさん。
今や結構な繁盛店ですね。


かつての小岩「いなかむら」は伝説のタイ料理シェフ、タムさん(現・バーンタム)を擁したお店でしたが、こちら新御徒町店のオープン時のシェフは、バンコクの名店「ソンブーン」出身のサワットさん。
「ソンブーン」といえば、プーパッポンカレー発祥の店でもある名店。
五香「ロッサイアム」を経てこちら「いなかむら新御徒町店」に来たサワットさんですが、現在は八柱「ロッサイアム」へと戻ったとかどうとか。

けれどサワットさんのレシピはしっかりと受け継がれているようです。


★プーニムパッポンカリー ¥1700

これですこれ。
プーパッポンのソフトシェルクラブバージョン。
食べやすく癖なく、流石の美味さですね。


★ガイヤーン ¥1200

こちらおなじみイサーンのチキングリル。
鶏肉もナムジムもクオリティ間違いなし。


★ガパオカイジョウマー ¥1200

こちらは揚げピータンと揚げガパオ(ホーリーバジル)な一皿。
つまみに良い感じですな。


★スッノーマイ ¥1000

イサーンっ子ならみんな大好き発酵タケノコのサラダ。
香りは強いけど臭いというほどではなく、ピリッと辛いけど激辛というわけでもなく、食べやすい仕上がりになっています。

★ポテー(M) ¥1500

日本のレストランでこの名前聞くことは少ないですね。
ポテー(ポテーック)とは「漁師の網」の意。
海鮮出汁とレモングラスが効いた酸味あるシーフードスープです。
ペッマーク(激辛)でお願いしてみましたが、爽やかなピリ辛でしたよ。

料理はどれも本格的ながら、マニアすぎず、食べやすいチューニング。
幅広い客層で賑わっているのもよくわかりますね。

ラストオーダーは21時30分と、タイ料理店にしては早めなのでご注意を。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

いなかむら 新御徒町店



関連ランキング:タイ料理 | 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

浅草で生まれた日本最古のカツカレー。「とんかつ 河金」(入谷/鶯谷)

いろんな料理の「発祥」や「元祖」というものには諸説あるのが通常で、
日本独自のカレー文化の結晶とも言える「カツカレー」もまた然り。

カツカレーの発祥として広く知られているのは「銀座スイス」。
1948年に、当時巨人軍の千葉茂氏のアイデアによってカツカレーが誕生したとなっています。
実際、カレーライスの上にカツを乗せたものを「カツカレー」と名付け提供した最初であり、
「カツカレーの元祖」であることに間違いはありません。

けれど実は、さらに30年も遡った1918年(大正7年)に、
カレーとトンカツを合わせて提供していたお店が浅草にあったのです。

そのお店の名は「河金」。
どんぶりのご飯にキャベツを敷き、その上にトンカツを乗せ、さらにカレーをかけたオリジナルメニューが「河金丼」。
ご飯、トンカツ、カレー、そしてキャベツという組み合わせの提供という意味では、記録にある限りこの店が最も古く、
いわば「日本最古のカツカレー」とでも呼ぶべき存在であります。

ただ残念なことに、初代「河金」の店舗はすでにありません。

ただし、「河金」ののれんを受け継いでいる店が「入谷」と「千束」に現存しており、今も「河金丼」を提供しているのです。



さて今回は、入谷の「河金」に訪問してみました。


「とんかつ河金」

路地裏の、鄙びた雰囲気。
ここが日本最古のカツカレーを提供するお店だとは、知らなきゃ絶対気づかないでしょう。


入り口脇のポストには「河野」という表記。
そう、このお店は浅草「河金」創業者河野金太郎さんのお孫さんが支店としてのれんを受け継いだお店なんです。


店内はさらに鄙びた雰囲気。
昭和そのまんまの大衆食堂といった感じ。


★河金丼 ¥750

やってきました。
これが「日本最古のカツカレー」。
シンプルな見た目だけに、オリジナルを守り通す歴史を感じます。

・・・しかし、お世辞にもSNS映えはしませんね。


いただいてみましょう。

箸からこぼれ落ちないほどの粘度あるカレー、シンプルなカツ、脂を受け止めるキャベツ。
どれもが、イメージを裏切らない味わい。
言い換えれば、ある意味「普通」。

しかし、よく考えてみれば、カツとご飯とカレー、当初は真新しかったであろう組み合わせが、今は普通と思えるほど広く普及しているということ。

トンカツもカレーも、そしてカツカレーも、もはや大衆和食にまで昇華していることの証左です。

感慨深いですね。

スタンダードでオーダーすれば、量は控えめ。
腹具合などあまり気にせず食べに来れますよ。

(備考:今年11月大阪心斎橋に「大衆洋食 河金三代目」というお店がオープンしましたが、こちらは老舗によくある複雑な事情がありそう。ひとまず様子見です。)

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

河金



関連ランキング:とんかつ | 入谷駅鶯谷駅上野駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

浅草寺裏に南インド・ケララ州家庭料理の店誕生。「サウスパーク」(浅草)

最近はInstagramで新しいお店を発見することが多くなってきました。
今年の9月、突然現れた「southparkjapan」というアカウント。
そして日本語で書かれているのにどこか日本離れしたセンスのHP
料理写真も、盛り付けから色調まで現地で撮ったようにしか見えない独特の感覚。

これは・・・ちょっと只者ではないな。

ということで夜の時間帯に訪問してきました。


「SOUTH PARK」(サウスパーク)

浅草寺の裏手、馬道交差点の近くに2016年9月10日オープン。

看板には「南インド ケ-ララ州の家庭料理」とあります。
インド料理全般不毛の地という感があった浅草に、
ここまではっきりとしたローカリティを打ち出している店が登場するなんて、貴重ですね。


店内は意外に広くてビックリ。
ケララ古武術カラリパヤットゥの剣と盾をかたどった装飾も見えます。


床には水に浮かべられた花々が。
これ、ケララのホテルやレストランでよく見られる光景です。
場所が浅草寺裏ですから、花の種類は菊がメインなのですが、こうしてみるとエキゾチックな美しさがありますね。


お店のど真ん中には大型モニター。
ケララの美しい光景や、芸能などが映像で紹介されています。

ヤシ生い茂る地、ケララは、豊かな自然、豊富な生態系、美しい緑と海の光景に恵まれたリゾート地であると同時に、
ヨガ、アーユルヴェーダ、武術の源流地でもあります。
大航海時代から欧州と東洋を結ぶ貿易港であった歴史があり、洗練された港町文化があり、
人口の9割が英語を使えるなど教育レベルも非常に高い土地。

この店の食と映像でケララの魅力に目覚め、訪問する人が増えるといいですね。

さて、メニューですが、南インド料理にどっぷり漬かった人ほど興奮する、日本離れした料理が並んでいます。
いちおうナンなども扱っていますが、ごくサブ的な扱いです。


★Irachi Puttu 牛肉のプットゥ ¥990

米粉とココナッツなどを竹筒に詰めて蒸した家庭料理プットゥ(ピットゥ)。
海を隔てた近隣国スリランカにも同じ料理があります。
こちらはなんと牛肉を用いたプットゥ。
国際的な港町コーチンを擁するケララでは、ヒンドゥーだけではなく、
キリスト教や仏教、ムスリムなどが共存しているため、牛肉料理だってあるんです。

かなりサイズが大きいので、シェアがオススメですね。


★ミーンポリチャトゥ ¥1190

こちらもケララの名物料理。
魚をバナナの葉で包みスパイス蒸し焼きにしたもの。
現地ではバックウォーターに住むケララ固有の魚「カリミーン」(アジアでは珍しいシクリッド科の魚です)を用いるのですが、
日本ではまず手に入らないので、こちらのお店ではメルルーサを用いていました。
価格に比してサイズは小さいですが、かなりガッツリとしたスパイス使いで味の満足度は高いです。

ちなみに私が家で「カリミーン」を飼育していることを伝えると、「スゴイネ!」と驚いていましたよ。

レギュラーのミールスはベジ・ノンベジの二種類。

★ケララベジミールス ¥1690
サンバル
ラッサム
カダラカレー(豆)
茄子のアヴィヤル(野菜&ヨーグルト)
冬瓜のカラン(ヨーグルト)
スパイスライス
パパド


まず特筆すべきはライス。
カレーリーフその他スパイスでしっかりと味付けされており、単品でも美味い!

そして基本のサンバル(南インドで最もポピュラーな野菜カレー)がとにかくビシッと決まってる!
結構レベルが高い南インド料理店でもサンバルの味がぼやっとしてると残念な気持ちになるだけに、
この基本部分が美味いのはかなり嬉しいです。

その他カダラカレーも印象的でした。

ちなみにライス、サンバルに加えラッサムもおかわりは自由。
腹いっぱいになりますよ。


★ケララチキンカレーミールス ¥1790
サンバル
ラッサム
茄子のアヴィヤル(野菜&ヨーグルト)
スパイスライス
パパド


ノンベジ仕様はチキンカレーがメインとなります。
このチキンカレー、スターアニスがガッツリ効いて非常に香り高い仕上がり。
実に美味いですね。

ベジもノンベジも甲乙つけがたい美味さです。

お店の雰囲気やメニューのラインナップだけでなく、味もしっかり現地流にこだわっている印象。
浅草寺から徒歩3分で南インド・ケララ州へとトリップ出来るお店です。

けれど・・・このお店を支える客層って、どういう人たちなんだろう?

地元の方々にもちゃんと理解してもらえるかな?

良いお店なので頑張ってほしいです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サウス パーク



関連ランキング:インド料理 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad