FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

知る人ぞ知る北参道のあのカレー、我孫子で再生。「Gallery Cafe & Curry 紅屋」(湖北)

かつて、東京北参道あたりに、「紅屋」という激シブなカレー屋があったのを覚えているでしょうか?

オシャレなキーマカレーの人気店が次々に誕生するこのエリアで、「南インド的カレー」を標榜していた小さなカレー屋さん。
時代に乗らないその無骨な雰囲気で、女性客がほとんどいなかったカレー屋さん。
けれども、ホールスパイスをしっかり効かせた独特の味を、ずっと守り続け固定ファンも多かったカレー屋さん。
(北参道時代の記事はこちら

2016年にそっと閉店したこのお店が、我孫子で姿を変え再開していることを知り、早速訪問してきました。

常磐線湖北駅から徒歩20分。
(この日ホントは龍ヶ崎から徒歩3時間で訪問したのですが、それ参考にならないので)


「Gallery Cafe & Curry 紅屋」

白く綺麗な一軒家。

こちら北参道のマスターが「あのカレー」を提供するカレー屋であると同時に、画家である妹さんと姪御さんの絵を展示するギャラリーでもあるんです。


早速入ってみましょう。


ゆったりとしたソファ席、モダンなテーブル席。
素敵なリビングにお招きされたような居心地。

別室のギャラリースペースでさまざまな作家さんの作品が展示販売されているだけでなく、レストランスペースの壁にも絵画が並んでいます。

びっくりしたのは姪御さんの絵画作品が全てアオバトをモチーフにしていること。
なんとマニアックかつフェティッシュな!
素晴らしいですね。


木製フレームを観音開きすると現れるメニュー。
カレーは北参道時代を継承していますが異なるのは、
カレー+ライス&チャパティ+サラダ+珈琲orチャイ+デザートがワンセットになっていること。

この立地ですから、来た方にゆっくり寛いでもらいたい、ということですね。
正解だと思います。

カレーは辛さが選べるのですが、マイルド(甘口)、ミックス(中辛)、カシミール(辛口)と、洒落が効いた表記に。

また、カレー以外にスコーンセットも用意されており、カフェ使いも可能となっています。


★ノンアルコールビール ¥350

まずは、真夏の太陽の下失った水分を補給。
美味っ!今年一番美味いノンアルビールだわ。


★ビーフ野菜カレー ¥1500
(カレー+ライス&チャパティ+サラダ+珈琲orチャイ+デザート)


おぉぉ、北参道時代を知るものとしては、あのカレーがこうなったか!という驚き。
食器はポーランド製で彩り豊か。
けれど確かにあのカレーなんです。


辛さはもちろん「カシミール(辛口)」で。
一口食べると「あ、この味!」と記憶が甦ります。

サラッと来て、その後じんわりと来る。
時折、クローブやカルダモンがパッと香る。

かつて「南インド的」と銘打っていたように、南インドのカレーそのものではない。
もちろん、小麦粉を用いた昔ながらのニッポンカレーライスでもない。
かといって、昨今流行りの華やかなスパイス使いのカレーでもない。

SNSはおろかインターネットが普及するその前、ニッポンカレーライスとは異なって、
小麦粉を用いず、スパイスを挽くところからカレーを作り始めた、東京の先駆的名店たち。
日本のカレーライス文化の延長線上にありながら、「インド的」な調理法を用いたオリジナルなカレーたち。
「エチオピア」「夢民」「ボルツ」・・・・
「紅屋」のカレーには、そこに通づる魂を感じるのです。

大阪のスパイスカレー文化の萌芽が、「ルーデリー」「カシミール」に代表される欧風カレーへのカウンターカルチャーであったのに並行して、これらの名店たちは「東京スパイスカレー第一世代」と呼ぶべき存在なのかもしれません。

もちろん、「紅屋」もその一角でしょう。

加えて言えば、カレーそのものは北参道時代そのままの懐かしい味に思えたのですが、
素揚げ野菜や牛肉の美味さはグンと向上しているように感じました。
自然に恵まれたこの立地、仕入れの状況やかけられる原価も変わったのでしょうか。

とにかく、随分と美味いのです。


さて、「サラダ」と呼ばれるこちらの皿、実際にはかなりビネガーが効いたピクルス。
ブワァァーッと鼻に抜けます。
実は、この振り切ったチューニングも、北参道時代そのまま。


新たに加わったのが、このチャパティ。
カレーとは別に、バターチキンのようなグレービーが用意されており、それにつけて食べるのも格別でした。


食後はフルーツ入りプリンと、ホットチャイ。


プリンには日によってリンゴやパイナップルが入っているそうですが、この日はパイナップル。
シロップがしっかり沁み込み、ムホッと幸せになる味わい。

しっかりと甘いチャイも、暑い日の体力回復にバッチリ。
マサラがしっかり効いていつつも、しつこくはない、品のあるチャイでした。

ちょっとこの店、居心地よすぎますね。


・・・と、ここまでは、一人のカレー好きとしてのレポート。

この店のもう一つの魅力、それは周りを取り巻く自然環境。

とにかく、生き物に溢れているんです。

お店の本棚にあるポケット図鑑を開くと、たくさんのポストイットが貼られています。

今までに来店した(お店の前にやってきた)生き物が記録されているのですが・・・・え!?


コウノトリやハヤブサまでいらっしゃったのですか!!

チョウゲンボウに至っては、けっこう頻繁に弧を描いているとのこと。

・・・これは楽園ですぞ。

次に来た時、ポストイットはどれだけ増えているのでしょうか。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Gallery Cafe & Curry 紅屋



関連ランキング:カフェ | 湖北駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの小岩の名店、密かに2号店。「サイフォン2」(南行徳)

南行徳で、期待を裏切るまさかの素晴らしさを披露してくれた新店「トロピカル パラダイス」。
記事はこちら

その驚きはまだ終わっていませんでした。

同じビルのちょうど隣に、ただならぬお店を発見!


「サイフォン2」

え?あの小岩の「サイフォン」??

あの「バーンタム」のスターシェフ、タムさんがかつて在籍し、食べログ全国1位だったあの「サイフォン」?

しかも看板の上には「タイ料理レストランプアンタイ&サイフォン」の文字。
え?あの錦糸町の「プアンタイ」??


小岩「サイフォン」食べログページの超拡大コピー!
ターゲッティング広告もそのままに!


入り口には「タイ料理全国口コミランキング」の超拡大コピーも。

ランクイン店の半分がタムさん歴代在籍店ってのも凄いですけど。


どうやらここ、小岩「サイフォン」の正式な2号店。

タムさん在籍時から働いていたイサーン出身のお兄ちゃんがホールを任されています。
厨房にはチェンマイ出身のシェフ。

気になる「タイ料理レストランプアンタイ&サイフォン」という表記ですが、
元々ここに入っていたタイ料理レストランが「プアンタイ」という名前で、ある時期から「サイフォン」が夜営業を任されていたみたいです。
(錦糸町「プアンタイ」ではなかったのですね)
その後「プアンタイ」は撤退し、現在この店は完全に「サイフォン2」なのですが、並行営業時の名残が残っているというわけですね。

オープンして半年になるのに食べログ未登録というのも、「プアンタイ」からのグラデーション移行が理由のようです。


バーカウンター、テーブル席、お座敷席と、広々と心地よい空間。

入り口を入った脇には、何故か立派な鯉の池が・・・・と思ったら泳いでいるのは鯉ではなく巨大化した金魚。

しかもそこに鎮座するオブジェが・・・・・

ナイスすぎます。


メニューは小岩のガチンコラインナップそのまま。


独特の節回しもバッチリです。


★チャーン ¥600

全ての卓上にはトップバリューの胡麻ドレ完備。


せっかくなので、日本人離れした料理を頼んでみましょう。


★ゴイ・ヌゥア ¥1200

いわゆるラープのひき肉を、生牛肉に置き換えた一皿。
辛くなきゃ美味くない料理なので、しっかり現地並みでお願いしました。

・・・いやもうアホみたいに美味いですな。

かなり満足感高い辛さと酸味、そこに生肉の旨み、ふんだんなハーブの香りに煎り米のザクザク感。

スターシェフ タムさんが抜けたお店の、さらに2号店ということで食べてみるまでクオリティは分かるまい、と思っていたのですが、いやいや。
かなりのレヴェル感。満点であります。

・・・しかしもうアホみたいに辛ウマですな。


★カイ・ジャオ・ムー・サップ ¥800

タイ料理で、振り切った辛さの料理をいただくとき、私が合わせて頼むのがこの、挽肉入り玉子焼き。
一体どういうメカニズムなのかうまく説明できないのですが、辛さによってビリビリした口の中が、この料理を食べることですっとリセットされるんですよね。

しかもこちらのカイ・ジャオ・ムー・サップはちょっと変わっていて、お好み焼きのようにたっぷりのキャベツを包んでいるんです。
さらにジューシーで、さらに口内火消し効果があるってわけ。

ナイスなチョイスでした。

この日はお隣「トロピカルパラダイス」からの梯子につき、さらっといただくだけになったのですが、そのレヴェル感は間違いない。

また日を改めて来ねばなりませんね。


この、リスちゃんに会いに。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サイフォン2



関連ランキング:タイ料理 | 南行徳駅浦安駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

予測を鮮やかに裏切る、驚きのケララ料理。「トロピカル パラダイス」(南行徳)

まさに楽園を見つけました。

ますます多国籍化の途をたどる行徳の街に現れた、一軒のお店。


「トロピカル パラダイス」

どことなくパセラ感漂う店名。
看板には「多国籍料理 レストラン&バー」の文字。

良くあるエスニックカフェのようでもあり、どこから見てもコアなマニアが食いつくポイントはなさそうに思えるのですが・・・

ところがどっこい。

そう、「ところがどっこい」というコトバはこの店のためにあるようなものだったのです。


まず、お酒の値段が凄まじい。


ウーロン茶300円より安いお酒がゴロゴロ、何かがオカシイ・・・・


★黒ニッカ ハイボール ¥199

やべーっす、この値段でこの量、そして結構濃い。
優秀にも程がある。


★エレクトリックレモネード ¥300

ちょっと捻りをきかせたカクテルなら300円。
ちょっとちょっとちょっと・・・・!!!

そして料理。

看板には「多国籍料理」とありましたが、99%インド。
しかも、ちょっと普通のお店には置いていないような南インド・ケララ州料理があれこれ!

訊けばこのお店、ホール担当のお兄さんはネパール人ですが、
厨房にいたマッチョなシェフ3人のうち2人はケララ州出身。もう一人はデリー出身とのこと。

さらに定番カレーだって、独自のネーミングセンスが炸裂。

店名といい・・・オーナーのアイデアだそうです。


まずはサービスサラダ。
水木しげる先生が好きそうなビジュアル。


★チリ チキン ¥900

こちらインディアンチャイニーズ風。
お客の好みによって味は調整してくれるそうです。


★フィッシュポッリチャット ¥1100

これこそケララの名物料理(ポリチャトゥとも表記)。
ケララ固有の淡水魚カリミーン(現地採集の様子はこちら)をスパイスや具材とともにバナナの葉に包み蒸し焼いた料理です。(現地での実食レポはこちら

但し、カリミーンは日本では入手困難なため(あ、うちではペットとして飼育してますが・・・うちはかなり特殊なので)、代用魚としてこちらではティラピアを使用。

実はティラピアもカリミーンも分類的には、南米のエンゼルフィッシュやオスカー、ディスカスと同じシクリッド科の仲間。
味だってもちろん近いわけです。流石のセレクト。
カリミーンより肉が柔らかいティラピアだけに、ホクホク食感なのも面白いですね。

そして、今回の目玉料理が登場!!

竹筒の中から、金色に輝くお米!
かぐや姫か!ってな感じ。


香ばしい湯気とともに押し出される、美しきビリヤニ!!!


フワーッ!オォォーッ!!


最後はスポン!と。


★バンブー・マトン・ビリヤニ ¥1300

フライパンで軽く炒めた肉、米などの具材を竹筒の中に層状に詰め、蒸し上げて作るビリヤニ。


竹から押し出すさまはまるでケララやスリランカのプットゥ(ピットゥ)のようです。


で、このビリヤニ、作り方が面白いだけではありません。
パイナップル、レモン、ローズウォーターを加えたトロピカルな香りが素晴らしい!
ちょっと食べたことのないタイプのビリヤニです。

まさにトロピカル パラダイス!!!

ここまでで充分、南行徳まで来た甲斐があるというもの。

なのですが、後半これまた新たなる衝撃が!!

バンブービリヤニ以上の衝撃って????

えぇ、それはポロタ(パロタ)。

ちょっと驚きのポロタだったのです・・・・・

厨房から聞こえる、ちょっと尋常ではない打撃音。

パコーン!パコーン!



パァーンッ! パァーンッ!


マッチョなシェフたちの激しいアクション。

さ・・・・さぞや凄いポロタが・・・・・

そして出てきたポロタ、厨房からの爆音から期待した以上の仕上がり・・・・・!!!

★ポロタ ¥250

ちょっと見たことのない質感のポロタ!!


超絶薄く細かいヒダヒダに追われた芸術的造形、
そして・・・・指先で触れるだけで心地よい、得も言われぬ質感!!

これ、写真や文章では伝わりません。
とにかく究極級のポロタ。

ポロタで感動してしまうなんて・・・・予想外も予想外。

いろんなカレーと合わせて楽しませていただきました。


★ロースト エッグ カレー ¥700

ローストマサラとゆで卵のカレーなのですが、ガッツリ香りカルダモンに、カレーリーフ。
北なのか南なのか、オリジナルなのか、とにかく個性的な味わい。


★ポーク イン タ ハウス ¥900

「タ」は「THE」。
「家の中の豚」って名前、何でつけようと思ったのかはオーナーに訊かねばわかりませんが、
豚のカレーなんて、キリスト教徒が多いケララ州ならでは。
豚肉のロースにポピーシードの香り、そして仄かな酸味、スリランカのポークイストをも彷彿とさせます。

ケララとスリランカは文化的に共通点が多いですから、もしかすると、です。


★エバーグリーン チキン ¥880

要はサグチキンなのですが、名前が変わるとロマンチックですね。
そしてこれがかなりの絶品。
ニンニクとショウガ、そしてほうれん草の美味さがガッツリと効いて、スプーンが止まりません。

こちらのお店のカレー、それぞれに個性がありつつ、結構わかりやすくはっきりとした美味しさ。
この引き出しの多さ、只者ではありません。

しかしやはり特筆すべきは、ポロタの美味さ。

ここでハタと思いついてしまった。

「このポロタ・・・絶対アイスに合う・・・・・」

パロノワール(©イナダシュンスケ)、やってみました。


★ポロタ ¥250
★マンゴーアイスクリーム ¥300
★バニラ アイスクリーム ¥250



のせてみました。

・・・ちょっと昇天していいですか???

もはやこれ、神々のデザート。

また今すぐ食べたい、ポロタの究極体。

これぞ楽園・・・・・


予想を大きく上回る名店ぶりに痺れる我々のもとに、さらなる追い打ちが。

「これ、試作品です」


★ピッディ pidi

え・・・・???
なんですか、この未知の料理は????

訊けばこれ、米粉で作る団子状の料理。
そのまま食べると、塩味の白玉みたいな味。

「ピッディにこれをつけて食べてください」と出てきたのがこちら。

「ローストチキン」と呼ばれていたこのドライタイプのカレー、
このタイミングで!サービスで出てきた!とは思えない、これまた至高クラスの美味さやん。

一体どれだけの引き出しが・・・・・

と思ったのもつかの間。

「こちらはサービスです」。

★ドーサセット

ちょちょちょ・・・・
フワッと肉厚パンケーキタイプのドーサ。

爽やかに香るココナッツミントチャトニも素晴らしければ、添えられたサンバルがまた素晴らしい!


小ぶりのドラムスティックがガンガン入っているんです。ありがたやー!!!


「トロピカル パラダイス 多国籍料理 レストラン&バー」という外看板からは全く想像できない、圧巻の内容。
そして、底知れぬ懐の深さ。

一体何者・・・・・・・???


と、ここで判明したのですが、実はここ、なんとケララ料理のケータリングを行う「ケララカフェ」が実店舗化したレストラン。
オープンは2018年6月30日で、今も土日には「ケララカフェ」名義でケータリングやテイクアウトも行っているそう。

ほ、ほほう・・・・・

そして気になる、この立地、この店名、この内容で、果たして客層は如何に????

訊けばビックリ。
お客の90%はケララ人なんですと。
(どこが多国籍料理やねん・・・・)




予想を裏切る、驚きの波状攻撃。




と、ここで最後の衝撃が・・・・・

この日は7人での訪問だったのですが、

お会計一人当たり1250円・・・・・・・

ま、まじもんのパラダイスや。

やばすぎますね。


そして、驚きはそれだけではなく・・・・・(まだあるのか???)続く。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

TROPICAL PARADISE



関連ランキング:インド料理 | 南行徳駅浦安駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ハードコア。多国籍タウンに光る現地式ムスリム料理。「ティッカハウス」(行徳)

今や首都圏でも屈指の多国籍タウンとなった行徳。

もはや、日本であることすら気にならない、それぞれの国の、
それぞれの空気を味わえるお店が沢山あるのですが、なかでもここは格別。

「ティッカハウス」

看板には「パキスタン・インド レストラン」。

普通こういう書き方のお店はパキスタン人が日本人に受け容れられやすいようインド料理店をやっているパターンが多いのですが、こちらのシェフはムスリムのインド人、カーンさん。
パキスタンにも通ずるムスリム系料理を、近隣のインド人やパキスタン人をも唸らせる本場仕様で提供しているんです。


こちらのオーナーは飲食のほか、輸入食材店経営や、中古車ビジネスも展開。
埼玉県八潮や千葉県野田、群馬県伊勢崎、富山県射水などのパキスタン人コミュニティにも近い空気感を感じますね。

さて、インド・パキスタンの代表的ムスリム料理といえば、まずこちら。

★ビリヤニ ¥1000

ざっくりしたメニュー名ですが、この日はチキンビリヤニ 。
最近巷では「うそビリヤニ」「ほんとビリヤニ」という言葉が流行るなど、知名度が上がってきたビリヤニですが、こちらは「ほんとビリヤニ」どころか「ガチビリヤニ」。
見ただけで伝わるであろう極上の美味さです。
たぶん、首都圏でもトップクラス。


そしてもうひとつ、現地式のインド・パキスタンのムスリム料理で魅惑的なのが、「ハリーム」や「ニハリ」といった肉煮込み系。
この日はこちらがオンメニュー!

★ニハリカレー ¥1000

ニハリはごく簡単に言えば、骨つき肉のスパイス煮込み。
現地では朝屋台で食べる肉シチューといった感じの認識。
けれど日本人的には、髄の旨みたっぷりのドッシリ贅沢な肉カレー。
食べ応えたっぷり、アホみたいに旨いです。
完全に現地スタイルながら、結果的に日本の肉好き、カレー好きの嗜好に幅広くハマってしまうのではないでしょうか。
しかもこの価格、まさに「お値段以上」。


ニハリにはナンが付いてきます。
けれど巷のインネパ店でよくある、よく膨らむ粉を用いでっかく焼いたスポンジ食感のナンとは異なり、
ミシッと小麦粉香るパキスタン式の丸ナンで。しかも二枚。
射水などのパキスタンコミュニティでよく見るスタイルですね。

お腹いっぱいになったら、残さずテイクアウトをお願いしましょう。

そしてもう一つ、何やら米料理がやってきました。
ん?オーダーしてないけど?あ、サルビスなのですね。
(お腹いっぱいだけど)


★ジャルダー zarda rice

しかもこれ、食べてビックリ、なんとお米で作った甘いデザートだったのですね。
一瞬、見た目とのギャップに驚きましたが、お腹いっぱいじゃなきゃ普通に美味いです。
こういう、日本じゃ普通食べられないものがしれーっと出てくるのも素晴らしい。

日本パキスタン料理の聖地、射水(通称イミズスタン)の名店たちにも
決して引けを取らないハードコア店でありながら、お店の雰囲気はアットホーム。
素晴らしいお店ですね。

これからこの店に行こうと考えている皆様へちょっとアドバイス。
まず、ここはパスポートの要らない海外だと思った方が、たくさん楽しめるはず。
だって、ここにはここのコミュニティがあり、我々はそこにお邪魔するわけですから。
まだ知らない異文化に触れる楽しみと喜びが、ここにはあります。


・・・あ、大丈夫。言葉の壁はありませんから。


PS.
入店時、テーブル脇にお皿を積み上げてモリモリお食事をしている先客の後ろ姿。
まるでわんこそば状態、めっちゃ食っとる!!
・・・と思ったら勘違い。
商品の食器をたくさん持参したついでにランチをしていた某AHコバヤシさんでありました(笑)
奇遇すぎる。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ティッカハウス



関連ランキング:インドカレー | 行徳駅妙典駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コーヒー×カレー=コフィー。「Cuffy」(柏)

「世界一美味しい珈琲は、カレーの後の珈琲である。」
そう思い続けて30年。

まさにそんな名前のお店を見つけました。

場所は柏。

交差点に面する、白い壁と青い瓦のお店。



「Cuffy」(カフィー)

店名の由来は「Coffee」と「Curry」。


店内はちょっとアーリーアメリカン、ちょっとビーチな雰囲気です。


カレーは4種。
タイカレー、和カレー、薬膳カレー、バターチキンカレー。
この日は薬膳カレーが売り切れとなっていました。


セットのサラダは野菜シャキシャキ。
こんなところにもお店の気配りが見えてきます。


★和カレー ¥900

その名前から、「ひょっとして昔ながらのカレーライス?」と思ったのですが、全然違いました。


鰹と昆布出汁が効いたサラサラカレーに牛すじ肉。
しかもクローブなどのホールスパイスもたくさん。
さらにネギと削り節がドサッとかかっています。

これはなかなか刺激的 !


★タイカレー チキン ¥900

こちらも名前から、「普通のタイカレー?」と思ったのですが、ひと味違いました。


ココナッツ控えめで生姜が効いた、シャープな辛さと旨みたっぷりの独自バランス。

こちらもなかなかの味わいですね。

そして嬉しいことに、15時までのランチタイムには、ドリンクとコーヒーアイスが付いてくるんです。
さすが「カフィー」!

しかもコーヒーは豆が自由に選べるときた。


★イルガチェフェ G1 ゲデブ

エチオピア産のスペシャリティ豆。(差額あったかも)
爽やかで品のある味わいです。
やはり、カレーの後の珈琲は至福極まりないなぁ・・・


★自家製コーヒーアイス

うわ、ちゃんとコーヒーの味。
エチオピアのコーヒーを使っているそうです。
手作り感たっぷりでこれまた満足度高し!


中心街から少し離れた場所ということもあり、かなり寛げるお店。
そこに美味しいカレーと美味しいコーヒーがあるんだから、最高じゃないですか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

cuffy



関連ランキング:カフェ | 柏駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad