FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

千葉の北端はほぼほぼパキスタン。「アリ インディアンレストラン」(野田市)

中古車オークションに携わるパキスタンのゆゆ「「」け人コミュニティの存在により、現地人向け本格パキスタン料理店が点在する野田市。

千葉県の北端にあたる野田市でも特に北のほうにある人気(パキスタン人に)レストランへ訪問。

「アリ インディアンレストラン」

文化的にはパキスタンとインドは地続き。
日本においてはインド料理を名乗ったほうがレンジが広がることもあり、そうしているお店が殆どです。


何故か唐揚げ定食と唐揚げカレーがウリになっており、日本人客獲得への努力がうかがえます。


鄙びた外観とは裏腹に・・・


内装は華やか。


お座敷席もあれば、


ハラール食品ショップも併設。


メニューを見れば、ナンにタンドリーチキンに・・・ビリヤニが・・・・
意外にベーシックなインド料理がズラリ・・・・・

・・・なんてここで完結しちゃいけません。

パキスタン人向けパキスタン料理店の真価はここには非ず。
反対の壁にあるホワイトボードに目を移しましょう。

先ほどとは全く違う料理たちがアルファベット表記でズラリ。

そう、日本語表記の表メニューは、日本人に受け入れられやすいよう組まれたメニュー構成。
ホワイトボードのメニューは、(日本語を読めない方含め)パキスタン人客がこの店に求める現地式スペシャル料理。
これは他のパキスタン料理店でも同様なので、憶えておきましょう。


料理ができるまでの間、前菜サラダをいただきます。
日本人客には割り箸が提供されますよ。


★HALEEM-BEEF \1000

小麦、大麦、レンズ豆と肉をスパイスと共に、溶け合い一体化するまで何時間も煮込んで作る伝統料理「ハリーム」。
この日はビーフ仕様だったのですが・・・

まあ見てくださいこの迫力!
昔カイル・マクラクラン主演の「ブロブ/宇宙からの不明物体というSF映画がありましたが、そんな感じです。

粘度が高く独特の香りがあるシチューと一体化した牛肉。しかし解れたような食感が残っており、肉を食べている感覚もバッチリ。

また、ズシッとした見た目からは意外なほどの食べやすさ。
ラマダン(断食)明けの食事として食べられるのも頷けます。


パキスタン人がハリームに合わせるのはナン。
薄くてミシッとした食感で、日本人向けフカフカナンとは別物です。
美味しいですね。


食後にはドリンクサービス。
アイスチャイをいただきました。

夕方のアイドリングタイムなしの通し営業。
パラパラとコンスタントにパキスタン人客がやってくるのが印象的でした。
彼らにとってここはオアシスなのでしょうね。

帰り道、近くの駐車場でこんなモノを目撃。

新宿あたりでブイブイ言わせてるこのトラック、こんなところから来てるんですね。
おつかれさまです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

真夜中の銚子、ワインと独創料理を愉しむ場。「ワヰン食堂 縁」(銚子)

街の灯りが早く消える銚子の夜。
路地裏に素敵なお店を見つけました。

「ワヰン食堂 縁」

「ワヰン」と書いて「ワイン」、「縁」と書いて「よすが」。
平日は24時、週末は午前2時まで営業、有り難いお店です。

和の海鮮というイメージが強い銚子ですが、こちらはあえて地物食材に拘らず、世界中から面白いものを集めています。
地元のお洒落な若者たちが集まるのも納得ですね。


★白ワヰン ヴィーニュヴェルデ ¥500

グラスワインはワンコイン。日によってしろ・赤ともに何種類か用意されているようです。

料理は肉系、海鮮系取り揃え。
迷いましたが、この日は1人だったのでちょこちょこ摘まみながら飲みで。


★のび~るマッシュポテト アリゴ ¥500

名物ポテサラにも惹かれたのですが、こちらかなり面白かった。

名前通り、かなりのび~るのです。

こちらマッシュポテトにチーズを加えたフランスの料理「アリゴ 」のオリジナルアレンジ。
モッツァレラチーズが用いられています。
ブラックペッパーもしっかり効いていて、これは絶対頼むべき美味さ!


★こぼれロゼスパークリング ¥850

ガブ飲みサイズのスパークリング。
嬉しすぎます。


★若メロンのピリ辛ピクルス ¥400

若いメロンを瓜として用いた食べ応え満点のピクルス。
メロンの仄かな香りに唐辛子の辛さが加わり、ちょっと未体験の味。

締めの一品はこちら。

★外川産本シラス干しのペペロンチーノ ¥1130

これがまた、素晴らしかった。


ニンニク・オリーブ油・唐辛子という基本構成の上に乗った、本シラス。
普通のシラスじゃありません、本シラスですよ。

通常、カタクチイワシやマイワシの稚魚を用いるシラスですが、こちらはなんと外川産シラウオを使用!
この店にしては珍しい地物食材を活かしたパスタなんですね。

ほら、よく見りゃ長ーい身体のシラウオ。
イワシのシラスより繊細な味わいです。

食後のお酒(笑)はこちら。

★レモンチェッロ ¥600

ちゃんと自家製のレモンチェッロ。
舌にまとわりつくようなトロみに、濃厚な甘酸っぱさ。
グイッと飲みたくなりますが、意外に効くお酒なんです。
ヤバイヤバイ。
お値段も手頃で儲け見てないサービスメニューっぽい。

銚子で獲れた海鮮も良いけれど、こういう独自ポリシーのお店だって、憶えておきたいところですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ワヰン食堂 縁



関連ランキング:バル・バール | 銚子駅仲ノ町駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

エキナカで餃子meetsフォー。「一得餃子房」(千葉)

千葉駅エキナカにある餃子のお店で、ちょっと面白い組み合わせ発見。

「一得餃子房」

なんとここ、ベトナムのフォーを餃子と合わせていただけるお店なんです。


店内完全にカジュアルな餃子屋なんですが・・・


メニューにはしっかりフォーが。
「鶏天フォー」なんてのも魅惑的ですが、こちらをオーダーしてみました。


★まぜフォー&餃子セット ¥790

まぜそば仕立てのフォーと餃子のセットです。


フォーの上には鶏ひき肉、そして卵黄、白ネギ。
ぐわーっと混ぜていただきます。


ほんのりピリ辛、爽やかな味わい。
なるほど、このスッキリ感が餃子を引き立てるのね。


餃子は非常にスタンダードなネギメインのタイプ。
軽くいただけます。

この日はランチでしたが、ホントは仕事帰りに一杯、なんて使い方が良さそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

一得餃子房 ペリエ千葉店



関連ランキング:餃子 | 千葉駅京成千葉駅新千葉駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

北インド料理とワインで乾杯!勝田台でスパイス呑みを堪能。「ペルフェクト」(勝田台)

東京からわざわざ行くには、特に目的が見当たらない勝田台という駅。

いやいや、実はあるんです。行くべき目的が。

それはインド料理。

ひとつは南インド料理の名店「葉菜」。
そしてそのほぼ斜向かいにも、ちょっと面白い北インド料理のお店があるんです。


「ペルフェクト」

オーナーは日本人、シェフはネパール人、けれどよくあるインネパ店とは一味違います。


実はここ、ワインリストがめちゃくちゃ充実した、お酒と北インド料理を合わせて楽しむお店なんです。


客席数もそこそこあるし、雰囲気も明るいので家族連れなんかでもOKなんですが、それでもここの真価はスパイス呑みであると言いたい。

メニューを開くと料理もお酒も超多彩。
セットメニューの様々な組み合わせ提案もあって、ワイン好き料理好きのオーナーの想いが溢れまくっています。
溢れまくっていてなかなか迷うので、いっそオーナーにいろいろ聞いちゃいましょうね。


★パーフェクト・ヱビス生ビール ¥490

ペルフェクトだからパーフェクトという名?いや違うんです。
パーフェクト・ヱビスとは、サッポロビールの覆面調査員によってお墨付きをもらったお店だけがもらえる認定証。
ちゃんと美味しい生ビールを注ぐ店として、スペシャルなサーバ注ぎ口がもらえるそうです。


ビールのお供として、松の実とオリーブを一口でいただきながら。


★パニールティッカ+ベジグリル ¥1580

ワインのお供の北インド料理といったら、タンドール料理は外せません。
あえてチキンではなく、野菜&インドのカッテージチーズをば。
ボリュームたっぷり、岩塩でいただくのも楽しいですね。

さて、千葉の北インド料理といえば絶対に外せないものがあります。
それはバターチキン。
今や「ありきたりなインド料理」の代表みたいに言われる料理ですが、いやいや千葉県のバターチキンは全国でもトップクラスにレベルが高いんですから。

関連記事⇒『バターチキン偏差値、全国トップは千葉県?「チバタチキ(千葉バターチキン)」名店総まとめ!』


★ダブルカレー ¥1360
・バターチキン
・ペルフェクトコルマラム(プレーンコルマ×ペルフェクトマトラム)
・サフランライス +¥50


せっかくなので、カレー二種を組み合わせてみました。

まずはバターチキン。
こちらのバターチキンはドロッと水分少なめ、香り強めの濃厚タイプ。
まるでパテのようにワインと合わせることができちゃうんです。

対する羊肉のコルマも濃厚にして濃厚な舌触り。
うん、これはもう、お酒に合わせることが前提だ。

そして合わせたワインはこちら。

★ Beccacciaia ベッカチャイア2009

イタリア・トスカーナ地方で作られる、メルロー100%の赤ワイン。
ブワッと奥行きのある熟成香が素晴らしく、濃厚なカレーにも負けない味わい。

このマッチングの掛け算はなかなかヤバいですねー。

食後はデザートの盛り合わせをば。

いきなりバーナーでブフォォッ!!

しっかり焦げ目をつけて、オトナのブリュレの完成です。
これ、デートにも良いですね。


さらに、ここで面白いのは、デザートにもお酒のマッチングがあるってこと。
グアテマラのラム、ロン・サカパをちょっとかけていただくんですね。

いやはや徹底したお酒と料理へのこだわり。
絶対いろいろ飲み食いしたくなるはずなので、何人かで訪問するのがおススメですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ペルフェクト



関連ランキング:インドカレー | 勝田台駅東葉勝田台駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

千葉インド料理の絶対王者にして聖地。「シタール」(検見川)

創業1981年。
千葉インド料理の先駆けにして、今なお最高峰。

「印度料理シタール」

この春店舗改装も無事完了し、検見川の地で毎日待ち列ができるほどの超人気店です。

店主の増田泰観さんは、日本におけるインド料理のパイオニア「アジャンタ」出身。
全国に点在する「アジャンタ系」名店群のなかでも圧倒的な存在感を放っています。

今回は改装後初のディナー訪問。
平日ディナーは予約可なのですが、この日は休日。
20分ほど並んで入店できました。


改装された店内は広々。
インドの雰囲気満点でありつつ、家族連れも楽しめる良き内装ですね。


「シタール」が素晴らしいのは、タンドリーチキン、ナン、バターチキンと、王道ど真ん中のメニューどれもが圧倒的なクオリティであること。
これだけ多様な料理が巷に溢れる昨今、王道で感動させるほど凄いことはありません。

その凄みたるや・・・まさに絶対王者の風格です。


★飲むタマリンド ¥540

デーツと黒蜂蜜で甘酸っぱく仕上げたタマリンドジュース。
爽やか、かつ食欲増進効果あり!


★タンドリーミックスグリル ¥1160

「シタール」で絶対外せないのがタンドール料理。
特に素晴らしいのは基本のタンドリーチキン。
ここまで味わい深く香ばしく、しかも肉の美味さが生きたタンドリーチキン、ちょっと他にありません。


★トライアルカレーセット ¥1955
カレー二種が選べるセット。バターチキンとパラクパニールを選択。


シタール名物バターチキン。
バター、生クリームの滑らかな舌触りにトマトの品のある酸味、そして広がるカシューナッツの香りと、その全てが完ぺきに調和。
表面パリッとした、これまた最上級のナンとの相性も抜群です。
インド料理を初めて食べるお子様から、毎日インド料理を食べるツワモノまで等しく「驚嘆」できる至高のバターチキンです。


これまた定番ながらシェフの腕が試されるパラクパニールも非凡!
ほうれん草の質感を残し輪郭くっきりな仕上がりです。

そして注目すべきはナン。
良くある、不自然にふかふかして胃に溜まるナンとは全く異なり、ミシッとした噛みごたえで小麦粉の風味が生きた逸品。
これぞ本物のナンです。


★マトンカレー ¥1415
★バトラ ¥486


こちらはなんと、南インド式。
増田さんがいた「アジャンタ」譲りのパンチあるスパイス使い、罪作りな柔らかさの羊肉もたまりません。

あわせたのはバトラ。
ナンをぷっくり揚げたもの。
多幸感ある食感です。

さらにもうひとつ、シタールに来たら是非食べてほしいのがこちら。

★カブリナン・スイート ¥734

カブリナンにも色々ありますが、こちらはナンの中にココナッツやレーズンが詰まったタイプ。

これまたシタール名物の印度産黒蜂蜜をかけていただけば即昇天。
お腹いっぱいならテイクアウトもできるので、頼まなきゃ損ですよ。


★マサラチャイ ¥540

農園指定で茶葉にこだわったチャイ。
甘みはやはり黒蜂蜜で。

タンドリーチキン、バターチキン、そしてナン。
ありきたりだと思っていた料理が、ありきたりじゃなかった時の感動が味わえる場所。
千葉インド料理の頂点、というだけでなく、東京でも並ぶもののない、研ぎ澄まされたインド料理。
「王者」という言葉がこれほど似合うお店もないでしょう。

あぁ、また行きたくなってきた。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

印度料理シタール



関連ランキング:インドカレー | 検見川駅新検見川駅幕張駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ