FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

船橋が誇る昭和インドカレー。「インドカレー サーラ」(大神宮下)

スパイスカレー!とか南インド料理!とか、注目ワードにはなかなか引っからない、けれども魅惑的なカレーのジャンル、それが「昭和インドカレー」。

いや、インド料理としてのカレーじゃないんです。
あくまで日本のカレーライス文化の延長線上にありつつ、カレー粉からではなくスパイスから調合して作るカレー。

「ボルツ」「夢民」「エチオピア」・・・
1960年代から1980年代にかけ登場したこれらのお店が日本のスパイス文化に与えた影響は計り知れません。

いわば、カレーライスとスパイスカレーを繋ぐミッシングリンクとでも言うべき立ち位置。

そして、そんな「昭和インドカレー」のお店が東京以外にも時々残って頑張っており、ネットで広く知られてはいないものの、根強いファンに支えられているんです。

千葉県船橋。
不動の人気店「サールナート」から徒歩3分ほどの場所。

「インドカレー サーラ」

一瞬「インド料理店?」と思うのですが、佇まいがなんとも独特。


実はこちら創業1978年、今年で41年になる老舗インドカレー店だったんですね。


年月の積み重ねでしかなし得ない、なんとも落ち着く空気感。


カレーには単品と、


カレー2品にナンやタンドールチキンがついたセットとがあります。

その他、いわゆるインド料理店とは違う楽しみとして、
全てのカレーをカツカレーにできたり、ボードにはモツ煮やサザエ壷焼きなど居酒屋メニューがあったり。


★チキンカレー ¥780

この日は単品オーダーしてみました。
インド人もビックリの和式ビジュアルですね。
ドリンクはサービス、オニオンアチャールも言えば無料で付けてくれます。


サラッとした口当たりのカレー。
めちゃくちゃ辛いわけではないですが、じんわりきます。
あぁ、この感じ。好み。
インド料理店でもココイチでも出会えないんだよなぁ。
そして、こういう切り口のカレーの新店が出てくるのもなかなか期待できないし。

船橋が誇る「昭和インドカレー」。
こりゃあ再発見・再評価の機運を高めねば。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

船橋が誇るインド料理の老舗名店。「ガンディー」(船橋)

船橋が誇るインド料理の老舗名店。

「ガンディー」

一体何年前からあるのか?お店の方に訊いてもわからないほど。
ホールも厨房も、スタッフは皆インド人。
ガラス越しに、老練なシェフの頼もしい動きを見ることもできます。


昭和な雰囲気の店内。
中央にはマハトマ・ガンジーの写真がドン!


★マザ MAZA ¥450

ラッシーにライチリキュールを加えたインドカクテル。
なかなか面白いです。


★バターチキン ¥1030
★ラチャパラータ ¥410


日本では初級インド料理的な扱いのバターチキン。
けれどこの店のはちょっと違います。


なんと、バターチキンなのにサラッとしているんです。
しかも重くない。
バター以外の油を最小限に抑えているっぽい。
味つけは甘口で、バタチキなのにサラサラといただけますよ。


あわせたパラータは、南インド・ケララのふんわりパロタと違い、しっかり密度ある堅焼きタイプ。

これ一枚で、カレーもう一つ行けそうだ。


★マトン ド ピャージャ ¥980

玉ねぎをふんだんに用いたドライタイプのカレー。

ベリーホットでお願いしたら、かなりの辛さ!
たっぷりのチリパウダー、ローストチリに加え、弾けるホールのブラックペッパー。
さきほどのバターチキンとは対照的なパンチが強烈です。

けれど、一つだけ共通点が。
このカレーって、他店でいただくとかなり油多めでズッシリくるのですが、こちらは辛さこそあれ、油少なめでスッキリ。
もたれる感じがないんです。
(カレー2杯めなのに!)

に頼ったファーストインパクトではなく、食後の気分も考慮した調理アプローチ。
長く支持される名店の、一つの秘訣なのかも知れません。


しかし千葉県って、北インド料理のレベルが高いですよね。
ちょっとまだまだ掘り下げていくとしましょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

検見川の油少なめ北インド料理。「インド料理 タージ・マハル」(新検見川)

新検見川のインド料理といえば押しも押されぬ名店「シタール」が有名ですが、地元じゃこちらも人気です。


「インド料理 タージ・マハル」

店名、店構え、全力のインド。
住宅街の中で異彩を放っています。

生き物マニア的にはあのウーパールーパーの聖地「うぱるぱ屋」のすぐそばと言えば分かりやすいでしょうか?

分かりやすいでしょうか・・・


店内にもありますタージ・マハル、と桜。

ここまでインド押しだと逆にインドかな?
と思った方は鋭い。
メニューにはモモがありました。

さて、オーダーはどうしようかな。
カレーも食べたいし、焼き物も食べたいし。
そうだ、両方一緒に食べられるこれにしよう!

★シークカバブマサラ ¥950
★ライスセット +¥500


なんとシークカバブが具材になったカレー。
4辛(辛口)でお願いしました。


見た目コテコテクリーミー。
食べてみると、あら。
案外サラリスッキリしていました。

どうも油を極力少なくしているそうです。
肉肉しいシークカバブと組み合わせても重くならないのが良いですね。

北インド料理、好きだけど太りそう・・・
なんて思ってる方はこちらのお店、いかがでしょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タージ・マハル



関連ランキング:インドカレー | 新検見川駅検見川駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

柏にまさかのネワール族料理登場!「アジアンダイニング&バー ボタ」(柏)

柏にネワール族料理がいただけるネパール料理店が誕生!


「アジアンダイニング&バー ボタ」

2018年2月20日オープン。


店頭にはダルバートのほかヤムウンセンにピザ、焼き塩サバ?
手広いアジア居酒屋っぽくて、尖った感じは皆無。

だがそれが良いのです。


店内はかなりゆったり。

夜のネパール料理メニューはこんな感じです。

まさに柏の新大久保ですね(意味不明)。


パにプリ(「に」の平仮名にはこだわり)の解説なんか最高ですな!


★ソムラス ¥580

ネパール産だったんそばを使用し、長野県で製造しているそば焼酎。
結構たっぷりサービスしてくれました。


★サマエボウジ ¥1250

新大久保「ナングロガル」や「アーガン」で話題となった、ネワール族料理セット。

押し米「チウラ」と、豆やアチャール、チョエラなどネワール式のおかずが盛り合わせ。
器はちゃんと、ネワールの葉皿タパリです。

そうそう、店名の「Bota」もこの葉皿の別名だったんですね。


★ポークブナ ¥650

「ビールにちょうどいい、日本人は食べてない味」という説明に惹かれ追加オーダー。
そしてこれが思わぬ美味さ!

言わば、濃厚カレー味の豚バラ炭火焼き。
居酒屋メニューとしてかなり最高オブ最高であります。

営業は夜3時まで。
柏とは思えないディープさ、なんて思っちゃったのですが・・・
卓上にあったこのフリーマガジンを見て思い直しました。

「柏カレー図鑑」

今回ゲットしたのは第2号。
「お酒に合うウマいカレー」という特集で、この「ボタ」も紹介されていました。
というか、この日巡ったカレー屋が偶然並んで載ってる!

まだまだ制覇しきれない柏カレーの世界。
今、結構アツいですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ボタ アジアンダイニングアンドバー



関連ランキング:ネパール料理 | 柏駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

知る人ぞ知る北参道のあのカレー、我孫子で再生。「Gallery Cafe & Curry 紅屋」(湖北)

かつて、東京北参道あたりに、「紅屋」という激シブなカレー屋があったのを覚えているでしょうか?

オシャレなキーマカレーの人気店が次々に誕生するこのエリアで、「南インド的カレー」を標榜していた小さなカレー屋さん。
時代に乗らないその無骨な雰囲気で、女性客がほとんどいなかったカレー屋さん。
けれども、ホールスパイスをしっかり効かせた独特の味を、ずっと守り続け固定ファンも多かったカレー屋さん。
(北参道時代の記事はこちら

2016年にそっと閉店したこのお店が、我孫子で姿を変え再開していることを知り、早速訪問してきました。

常磐線湖北駅から徒歩20分。
(この日ホントは龍ヶ崎から徒歩3時間で訪問したのですが、それ参考にならないので)


「Gallery Cafe & Curry 紅屋」

白く綺麗な一軒家。

こちら北参道のマスターが「あのカレー」を提供するカレー屋であると同時に、画家である妹さんと姪御さんの絵を展示するギャラリーでもあるんです。


早速入ってみましょう。


ゆったりとしたソファ席、モダンなテーブル席。
素敵なリビングにお招きされたような居心地。

別室のギャラリースペースでさまざまな作家さんの作品が展示販売されているだけでなく、レストランスペースの壁にも絵画が並んでいます。

びっくりしたのは姪御さんの絵画作品が全てアオバトをモチーフにしていること。
なんとマニアックかつフェティッシュな!
素晴らしいですね。


木製フレームを観音開きすると現れるメニュー。
カレーは北参道時代を継承していますが異なるのは、
カレー+ライス&チャパティ+サラダ+珈琲orチャイ+デザートがワンセットになっていること。

この立地ですから、来た方にゆっくり寛いでもらいたい、ということですね。
正解だと思います。

カレーは辛さが選べるのですが、マイルド(甘口)、ミックス(中辛)、カシミール(辛口)と、洒落が効いた表記に。

また、カレー以外にスコーンセットも用意されており、カフェ使いも可能となっています。


★ノンアルコールビール ¥350

まずは、真夏の太陽の下失った水分を補給。
美味っ!今年一番美味いノンアルビールだわ。


★ビーフ野菜カレー ¥1500
(カレー+ライス&チャパティ+サラダ+珈琲orチャイ+デザート)


おぉぉ、北参道時代を知るものとしては、あのカレーがこうなったか!という驚き。
食器はポーランド製で彩り豊か。
けれど確かにあのカレーなんです。


辛さはもちろん「カシミール(辛口)」で。
一口食べると「あ、この味!」と記憶が甦ります。

サラッと来て、その後じんわりと来る。
時折、クローブやカルダモンがパッと香る。

かつて「南インド的」と銘打っていたように、南インドのカレーそのものではない。
もちろん、小麦粉を用いた昔ながらのニッポンカレーライスでもない。
かといって、昨今流行りの華やかなスパイス使いのカレーでもない。

SNSはおろかインターネットが普及するその前、ニッポンカレーライスとは異なって、
小麦粉を用いず、スパイスを挽くところからカレーを作り始めた、東京の先駆的名店たち。
日本のカレーライス文化の延長線上にありながら、「インド的」な調理法を用いたオリジナルなカレーたち。
「エチオピア」「夢民」「ボルツ」・・・・
「紅屋」のカレーには、そこに通づる魂を感じるのです。

大阪のスパイスカレー文化の萌芽が、「ルーデリー」「カシミール」に代表される欧風カレーへのカウンターカルチャーであったのに並行して、これらの名店たちは「東京スパイスカレー第一世代」と呼ぶべき存在なのかもしれません。

もちろん、「紅屋」もその一角でしょう。

加えて言えば、カレーそのものは北参道時代そのままの懐かしい味に思えたのですが、
素揚げ野菜や牛肉の美味さはグンと向上しているように感じました。
自然に恵まれたこの立地、仕入れの状況やかけられる原価も変わったのでしょうか。

とにかく、随分と美味いのです。


さて、「サラダ」と呼ばれるこちらの皿、実際にはかなりビネガーが効いたピクルス。
ブワァァーッと鼻に抜けます。
実は、この振り切ったチューニングも、北参道時代そのまま。


新たに加わったのが、このチャパティ。
カレーとは別に、バターチキンのようなグレービーが用意されており、それにつけて食べるのも格別でした。


食後はフルーツ入りプリンと、ホットチャイ。


プリンには日によってリンゴやパイナップルが入っているそうですが、この日はパイナップル。
シロップがしっかり沁み込み、ムホッと幸せになる味わい。

しっかりと甘いチャイも、暑い日の体力回復にバッチリ。
マサラがしっかり効いていつつも、しつこくはない、品のあるチャイでした。

ちょっとこの店、居心地よすぎますね。


・・・と、ここまでは、一人のカレー好きとしてのレポート。

この店のもう一つの魅力、それは周りを取り巻く自然環境。

とにかく、生き物に溢れているんです。

お店の本棚にあるポケット図鑑を開くと、たくさんのポストイットが貼られています。

今までに来店した(お店の前にやってきた)生き物が記録されているのですが・・・・え!?


コウノトリやハヤブサまでいらっしゃったのですか!!

チョウゲンボウに至っては、けっこう頻繁に弧を描いているとのこと。

・・・これは楽園ですぞ。

次に来た時、ポストイットはどれだけ増えているのでしょうか。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Gallery Cafe & Curry 紅屋



関連ランキング:カフェ | 湖北駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad