カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

良き洋食屋の良きカツカレー。「スワチカ」(五反田/大崎広小路)

五反田、大通りに面していつつも目立たない、けれども根強い人気の洋食屋さん。

「スワチカ」

一見、開いてるかどうかわかりませんが、よく見りゃちゃんと「営業中」の札が!


早速の入店です。

店内はカウンターのみ。
おかみさんの独特な名調子による接客が楽しいです。




★かつカレーライス ¥950

程よい辛さ、甘さより苦みが立ったオトナのカレー。
洋食カレーとしては粘りは少なくサラッとした舌触り。
このカレーは旨い!!

カレーにふやけない硬めの衣、その中に詰まった肉の旨みと、カツカレーのカツとしてのクオリティも抜群。

カツ自体は薄めで小ぶり(だから洋食カレーに合うのです)でありつつ、加えてゴロッと迫力の角切りポーク、カレーに溶け込んだビーフと、三位一体の味わいが楽しめるんです。

良き洋食屋の良きカツカレーに出会えると、なんだか贅沢な気分になれますね。

とってもオススメのお店です。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

五反田ランチでダルバートを。「クマリマー」(大崎広小路/五反田)

ついに、五反田にもダルバートをいただけるお店が登場。

「クマリマー」

ネパールの雰囲気たっぷりの店構え。
幼女の生き神クマリがシンボルです。



この日はランチ訪問。
通されたのは地下席。
オレンジの壁も鮮やかなスタイリッシュネパールです。

ランチメニューにはインドカレーセットしか記載されていないのですが、お願いしたらダルバートセットを作ってくれました。


★ダルバートセット ¥1500

おお、メニューに無いのになかなか立派なダルバートです。


カレーには骨ごとブツ切った鶏肉。
確かに仕立てはネパールのククラコマスですね。

ダルスープはレンズ豆ベース。
この辺はレギュラーで出しているインド料理との食材共通化もあるのでしょう。
そんなにダルバートが数でるわけじゃないですし。

ゴルベラアチャールにはフレッシュトマトも入っていて爽やか。
サグブテコはほうれん草使用で、ローストチリがしっかり一本入っていました。


実はこちらの店員さんたち、カトマンズ盆地に住むネワール族。
この日のダルバートはいきなりオーダーして作ってもらった即席だったのですが、前日までにディナー予約すればネワール族のダルバートやサマエボウジ、その他色々なネワール料理を準備できるとのこと。

即席ダルバートでも充分美味しかったのですが、そちらのダルバートはまた仕立てが違って「ぴったりネワールの味」で作るそう。

こりゃまた楽しみですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

クマリマー



関連ランキング:ネパール料理 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

五反田名物ダムビリヤニ。「ハイデラバード五反田 東京」(五反田)

インドの贅沢な炊き込みご飯、ビリヤニ。

ひと昔まえまではただのカレーチャーハンをビリヤニと称し提供する店がほとんどだったのですが、今やちゃんと手間をかけて作ったビリヤニを提供する店も増えてきました。

大阪なら「シンズキッチン」「アリーズキッチン」「大阪ハラールレストラン」などなど。
東京なら「カーン ケバブビリヤニ」とその系列店、「ガラムマサラ」「ナンディニ」「サンバレーホテル」「エリックサウス」などなど。

そして、こちらの店も忘れちゃいけません。


「ハイデラバード五反田 東京」

オープンは2015年9月15日。
その名の通り、ビリヤニで有名な街ハイデラバードの料理をメインに提供するお店です。

前回私が訪問した時は日本ビリヤニ協会会長のビリヤニ太郎氏のイベントだったので、一般客としては今回が初訪問。

店舗は地下にあるのですが、壁一面がだまし絵のようになっており、あたかも青空や海を望んでいるような気分。


居合わせたインド人の若いカップルがこの壁を背景に、
パシャパシャとポーズを決めながら、ポートレート撮影していたのが微笑ましいです。


さ、ドニ・ラヴァン似のインド人ウェイターがお料理を持ってきましたよ。


★ハイデラバーディ ベジ・ダム・ビリヤーニ(M) ¥1190

ビリヤニはベジタブル、チキン、ラムが選択可。
サイズもM(200ml)とL(300ml)の二段階あります。
ランチでは500円からのSサイズビリヤニもありリーズナブルにいただけるようです。

名高いハイデラバディビリヤニは、「ダム・ビリヤニ」と呼ばれる、グレービーをかけた米を層にして蓋をし炊き込むスタイル。

こちらのお店ではバスマティライスを用いており、表面フワッフワ、奥はしっとり。
しっかりした「階層」と「ムラ」が大事なんです。

パキスタンあたりのビリヤニと比べても油っこさは抑えられており、軽やかにいただけます。


★ダム・カ・ゴーシュト (M) ¥890

こちらはハイデラバードのマトンカリー。
フレッシュトマトの抜けるような酸味、たっぷりのカルダモンがとても印象的です。

価格設定に対して量は控えめ。
品良く、ローカリティにこだわった、ちょっといい感じのインドレストランですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
ハイデラバード五反田東京



関連ランキング:インド料理 | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

辛さを存分に味わう、汁なし担々麺専門店誕生!「PICANTE by HARUNIRE」(五反田)

かつての「バルチックカレー」の流れを汲むカレー店「イエローサブマリン」が閉店。
新しいお店がオープンしていました。


「PICANTE by HARUNIRE」(ピカンテ)

2015年11月16日オープン。
「麺処はるにれ」がプロデュースした、汁なし担々麺の専門店です。
カレー店ではないですが、辛えー料理には違いない。
それに「PICANTE」とはスペイン語で「スパイシー!」って意。

これは入らざるをえませんね。

汁なし担々麺は唐辛子と豆板醤をベースにした「PICANTE AKA」と、
黒胡椒と黒胡麻をベースにした「PICANTE KURO」の二種。

基本的に「AKA」は辛く、「KURO」は辛いものが苦手でも大丈夫とのことですが、
生卵で辛さを抑えたり、逆に辛さUPのオーダーも可能となっています。

しかも辛味増しにはなんと、世界一辛い唐辛子「キャロライナ・リーパー」のオイルを使用。

これは・・・本気入ってます。


★PICANTE AKA ¥750
★辛味増し レベル1 +¥50


唐辛子と豆板醤をベースにした「AKA」、しかし見た目はかなり上品ですね。

味は果たして・・・


まずは混ぜ混ぜ、具材をよく麺に絡ませます。
いただいてみましょう。

お、シンプルながら、ジワッと辛さが来ますね!
フルーティでありながら、刺すような刺激。
これぞキャロライナ・リーパー!!

しかし、担担麺としては、これだけで終われない。
そう、「辣」だけでない「麻」の刺激が欲しいところ。
そこは卓上にしっかり。

花椒に加え、ホールの黒胡椒、青山椒が用意されていました。
全部、かけちゃいましょう。

ほー、ほー。

香りがグッとひき立ち、「麻」の刺激もバッチリ!
ぐんと美味なる担担麺と相成りました!

特にシャープな青山椒の効果は抜群。
必ず使ってみましょう。

ライスと生卵一個はサービス。
ライスの半分は、麺完食後の追い飯に。
あとの半分は生卵をかけてTKGに。

辛さがスーッと収まります。

ふらり訪れたお店でしたが、単にお洒落なだけでなく、パンチも効いているし、辛さの引き出しも抜群。

しかも、オーダーから提供までがスピーディーと、五反田ランチに覚えておきたいお店となりました。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ピカンテ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:汁なし担々麺 | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

今日のランチは、ヤザワミートのカツカレー。「あげ福」(五反田)

五反田、ランチ行列ができるステーキ・ハンバーグ店「ミート矢澤」のその隣に現れたトンカツのお店。

「あげ福」

2013年4月17日オープン。
実はここ、隣と同じ「ヤザワミート」経営による、「ヤザワミート」直卸の肉を使ったトンカツ店なんです。

一般的なトンカツ屋のイメージを覆すスタイリッシュな内装。
広々としたオープンキッチンで動くスタッフ立ちの動きは見ていて飽きません。

歌舞伎のように独特な、しかし無駄のない動きでカツを揚げる職人さんの所作は必見!


★カツカレーライス ¥1300

カレー好きがトンカツ屋さんに入ったら、オーダーは一つ。
ソツのない、教科書的な盛り付けが美しいですね。


とんかつに用いられた豚肉は、岩手県産の岩中豚。
赤味と脂身のバランスが良くトンカツにマッチすることから選ばれたそう。


引き締まった食感がカレーともよく合います。


モリゾーの頭には梅ドレッシング浴びせて。
モリモリいただきましょう。

隣の「ミート矢澤」ほどは待たないし、五反田ランチにはお勧めのお店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

あげ福

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:とんかつ | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad