カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

二毛作のたこ焼き屋で繰り出される、只者ではないスパイスカレー。「SPICE POST」(代々木公園/代々木八幡)

「旧ヤム邸」東京進出でトドメとなった、東京スパイスカレーの夜明け。

そんな中、まだ注目されていないものの、非常にポテンシャルの高いスパイスカレーを見つけてしまいました。

場所は代々木八幡。

「SPICE POST」

バー「富ヶ谷一丁目倶楽部」及び「富ヶ谷たこ焼き倶楽部」のランチタイムに営業する二毛作店として、2017年4月にオープン。


経営母体が同じなのでいわゆる「間借りカレー」ではないのですが、これがちょっと予想以上の代物だったのです。


カウンターバーのような店内ですが、奥に4人がけテーブルもあります。


こちらがメニュー。
見るだけでワクワクしますね。

まずは一番下に小さく書いてあるコールスローサラダを頼んでみたら・・・

★コールスローサラダ ¥100

・・・普通じゃありません。
でっかいお椀に並々と盛られたキャベツの迫力。
混ぜれば出来るコールスロー!


★三種類の粗挽き肉と香味野菜のキーマCURRY(M) ¥950

ラム、牛、豚の3種のキーマが贅沢すぎる!


粗挽きの肉感、華やかなスパイス、特に最近美味いラムキーマはとても貴重。
キーマの上にはこの店定番のサラサラチキンカレーもかかっており、一皿の一体感を生み出しています。


こちらのチキンカレーもスパイスヨーグルトに漬け込んだ鶏肉と多様なスパイス(特にクローブ)を用いた本格派。
さらにその上にひよこ豆、香味野菜、生卵も重なることで、味の変化も充分。

これは実に素晴らしいプレートですよ。

ちなみにMはライス300g。
配分によってはご飯あまっちゃうのでは???

いえいえ。

なんと・・・・

チキンカレー、追いがけ自由なんです!!
こりゃ素晴らしすぎますね。

キーマメインで堪能する前半から、シャバシャバチキンカレーを追いがけし楽しむ後半へのグラデーションもなかなかの愉しさであります。


★SPICE Chicken CURRY &キーマCURRYの合がけ ¥1050

別オーダーの一皿。
こちらもチキンカレー追いがけOK。

この美味さとポテンシャル、話題になっていないのが不思議なお店。
ただ一つあるとしたら。。。。

「あんまり人が来ちゃうと売り切れ御免が増えちゃうから、黙っていたい。」

ということかもしれませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

SPICE POST



関連ランキング:カレーライス | 代々木公園駅代々木八幡駅代々木上原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

フカヒレ&プーパッポン。華僑系タイ料理推しの新店誕生。「福 タイ料理」(池袋)

街を歩けば新店に当たる。
ということで池袋西口の路地に新しいタイ料理店発見。


「福」

2017年8月26日オープン。
早くも開店4日めに「嗅ぎつけて」しまったわけですね。


オープニング直後ということもありピッカピカな店内。
カウンター席、オープンテラス席もあります。


何と言っても嬉しいのが、スマホ充電ケーブル完備。
「電源カフェ」ならぬ「電源タイ料理店」です。


★チャーン ¥600

まずは一杯。


サービスでえびせんと、ウズラの卵揚げ。


★ガイヤーン ¥850

イサーン式チキングリル。
少々調理にお時間かかります。
鶏肉にタレがよく沁みて、ちょっと照り焼きっぽいガイヤーン。
なかなか美味いです。


★SPYゴールド ¥630

酒が進みますね。

フロア担当のお姉さんは台湾人。
彼女の話によると、こちらのイチオシメニューはフカヒレ。
最近代用品が多く出回るフカヒレですが、こちらは本物のフカヒレをより安く、より気軽に提供できるよう頑張っているそうです。
タイ・バンコクのチャイナタウン、ヤワラートにもフカヒレの名店が並んでいますが、フカヒレ推しのタイ料理店、日本だと少ないですよね。



今は特にオープン価格ということで、フカヒレランチが1200円。
確かにかなり安いですが、今後多少値上げする可能性もあるので、気になる方は今のうちチェック。

さて、ではフカヒレを注文・・・といきたいところですが、今宵は単独ディナー。
一人で夜、フカヒレをつつくのも淋しく、またスパイスも摂りたかったのでこちらを注文。


★プーパッポンカリー ¥1300

みんな大好きプーパッポン。
なかなか仕立ての良いビジュアルです!


こちらプーニムパッポンではないプーパッポン。
つまりカニはソフトシェルではないワタリガニなので、殻はちゃんと除けなければなりません。
多少手間がかかりますが旨みは抜群、美味なるプーパッポンです。

実はこちらもフカヒレ同様、華僑系タイ料理。
こちらのお店、全体的に華僑系タイ料理が強いのかも知れませんね。

そういう点においても、池袋西口に相応しい方向性のタイ料理店と言えるでしょう。

次はフカヒレランチをいただきに来たいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

福 タイ料理



関連ランキング:タイ料理 | 要町駅池袋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スナック&雀荘のランチカツカレーが面白い。「晩餐館」(代々木/北参道)

代々木、「camp本店」の少し先にあるスナック兼雀荘。


「晩餐館」


「ヴァンサンカン」と読みます。
しっかり下唇を噛んで発音しましょう。

お昼時にはランチ営業をやっており、結構な数のビジネスマンが吸い込まれていきます。
ちょっと独特なカレーが人気、とのこと。



お店はスナックと、会議室風の2部屋に分かれています。
今回は会議室風の方へと通されました。

店内はまあ、タバコの煙モクモク。
あ、なるほど、今や少ない、喫煙者ランチ天国ってわけか。


★ロースカツカレー ¥650

うわっ、そう来たか!
驚くほどシャバシャバなカレーは、まるで高輪「サンライン」のよう。



このシャバシャバカレー、辛さは驚くほど控えめ。
ですが時々、刻んだ唐辛子が口に入りその時だけピリッと。

カレーはカツの上からかかっており、サクッと薄く固めの衣にこのカレーがよく沁みて美味。
この、「カレーが沁みて美味いカツ」っていう方向性、あるようでなかなかないんですよね。

正直、カレーを一口食べたときには「ん?ちょっと味気ないかな?」と思ったのですが、
カレーカツの美味さと、後からじんわりくる発汗作用に、ひしひしとした満足感。

普段使いのカツカレーとしてなかなか秀逸な一皿でした。

モクモクが平気な方は、是非ランチ訪問してみてください!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

晩餐館



関連ランキング:レストラン(その他) | 北参道駅代々木駅南新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

原宿カツカレーうどん。「原宿うどん 伊呂波」(原宿/明治神宮前)

今や国際的な観光地、原宿。

こちらのうどん屋さんも結構インバウンド意識しています。

「原宿うどん 伊呂波」

インバウンドを意識しているお店が面白いのは、「これひとつでニッポングルメをいろいろ楽しめる」複合メニューがあったりするところ。

カレーうどんなんて、最たるものですよね。

なんと、「カレー+うどん」だけでなく「カレー+うどん+トンカツ」というトリプルお得メニューもあるんですね!
成田空港の「ウイリアムズ」に同様のメニューがありますが、コンセプトと狙いは同じですね。


★揚げたてカツカレーうどん ¥1199

お値段決して安くはないですが、うどんとカレーとトンカツを別々に食べることを考えれば安いものです。


器はパスタの如き薄皿。
最初アッツアツでもすぐに食べやすい温度になります。


出汁が効きまくったカレー汁は、案外辛口。
これは悪くないでね。

カツは硬く厚めの衣。
最初ちょっと小麦粉多すぎかな、と思ったのですが、カレー汁が染みてクタクタになったあたりが食べ頃でした。

明らかに観光客目当てな雰囲気はありつつも、意外と悪くないカツカレーうどんでしたよ。

いつものカレーと気分を変えたい時にどうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

うどん伊呂波



関連ランキング:うどん | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

飲み物と言い張るカツカレー専門店誕生。「カレーは飲み物。(揚)」(池袋)

未だ人気衰えぬ「カレーは飲み物。」が、繰り出す次なる一手はなんと「とんかつ」。
池袋に2017年8月1日オープンし話題となった「とんかつは飲み物。」・・・
「流石にとんかつは飲めねえだろ・・・」という予想どおりのツッコミも順調に増え、話題作りの巧みさには感心するばかり。

ところが実はひっそりと、しかし着実に、とんかつ業態への準備は進められていたんですよね。

池袋北口からすぐ。

「カレーは飲み物。(揚)」

オープンは2017年5月15日。
実はここ、「カレーは飲み物。」のカツカレー専門店なんです。

オーダーは店頭の券売機にて。

「赤カレー」「黒カレー」の2種ある「カレーは飲み物。」ですが、こちらのお店は欧風の「黒カレー」のみ。
カツと合わせるのが前提ですから、そりゃそうでしょう。

その代わり、カツはとんかつ、鶏かつ、サーロイン牛かつの3種が選択可。
サイズも(小)(中)(大)(山)と選べます。

食券を買ってカウンター席へ。
荷物置きやフックがないのがチト不便ですね。

目の前にはトッピングメニュー。

この中から3つ選べるんですが、オーダー店員さんから声をかけられてからというラーメン二郎方式です。


★ミックスカツカレー (小) ¥1140
・わさび醤油&とんかつソース
・豆サラダ(バジル風味)
・アチャール


ぬおぉぉぉ・・・
(小)とは思えない迫力ビジュアルですな・・・充分というか、十二分というか。


「ミックスカツ」は、とんかつ一枚プラス牛かつ半枚の組み合わせ。
とんかつは美味かったが牛かつはちょっとクオリティが中途半端かな、というのが正直なところ。
とんかつをわさび醤油でいただくのが一番でした。


ちなみに肝心の黒カレーとカツが合うかどうか、で言えば、「合わないことはないが、無理に合わせる必要もない」といった感じ。
実際、別々にいただいたほうが美味しかった。
フォンドボーベースのズッシリめのカレーと衣厚めのカツですから、油摂りたい盛りの若者向けかもしれません。

ということで、飲み物とは最も遠いタイプのガッツリカレー。
それを「飲み物。」と言ってしまうあたりの、ツッコミ待ち戦略こそが、上手いっちゃあ上手いんですよね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーは飲み物。(揚) 池袋北口店 



関連ランキング:カレーライス | 池袋駅北池袋駅東池袋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad