FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

表参道ヒルズで極上の痺れを。「シビレヌードルズ蝋燭屋 表参道ヒルズ店」(表参道)

表参道ヒルズにちょっと意外なお店が登場。

ビリビリ痺れる麻婆麺と担々麺の専門店です。

「シビレヌードルズ蝋燭屋 表参道ヒルズ店」

2019年4月27日オープン。
銀座で行列のできる人気店となった「蝋燭屋」、3月の大阪に続いて表参道に進出。
こちらはまだ知られていないのか、すんなりと入れました。


上品なカフェやチョコレート屋などが並ぶ表参道ヒルズの中に麺屋、というのも不思議な感じがしますが。

メニューはご覧の通り。

担々麺も魅力的ですが、ここはやはり「蝋燭屋」でしかいただけないこちらをオーダー。


★焼きチーズ麻婆麺 ¥1200

魅惑的!
もうね、ビジュアルほとんどカレーですよ。
辛さ・痺れは「倍辛(4辛)」でお願いしました。


決して暴力的な辛さではないものの、花椒の痺れはなかなかのもの。
これはハイレベルな麻婆ですよ。

麺は三河屋製麺、ツルッとした喉越し。
ビリッとツルッと、こりゃ堪らない美味さです、
ちなみにチーズで少し円やかになるかな、なんて思ったのですが、いやいや。
痺れはチーズをも貫通しますね。

卓上には、ぶどう山椒オイル、ブレンド酢、唐辛子。

なかでもぶどう山椒オイルは試す価値大。
後半の面白い味変に使えますよ。


★半ライス ¥100

麺をいただいた後はライスに麻婆がけ。
15時までのランチタイムはライス無料サービスなので活用すべし。

いやぁ、この場所にとても嬉しいお店。
カレー店が存在しない表参道ヒルズでの、貴重なスパイス&辛味補給所となりました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

代々木上原、優しさ溢れる間借りカレー。「ハルダモンカレー」(代々木上原)

2019年に入っても間借りカレーが次々登場する東京。
代々木上原駅東口にあるバー「collect」のランチ間借りで登場したカレー屋さんがこちら。

「ハルダモンカレー」

2019年4月27日オープン。

絵描きであるというシェフだけにチョークアートも個性的ですね。

営業は木~日曜が11時から15時、月曜が11時から18時で、いずれも売り切れ次第店仕舞い。
火水がお休みとなっています。

この日は月曜昼下がりの訪問。


カレーメニューは日替わり3種。
あいがけもできます。


食前にはオレンジジュース。
あんまり濃くないやつ。


★あいがけ(スパイシーチキン+トロピカルポークキーマ) ¥1200
・辛い黄金とうがらしペースト ¥100


肉肉しいあいがけにしてみました。
ビジュアル的にはスリランカ料理や大阪スパイスカレーの文脈を感じますね。


スパイシーチキンは思ったより味付けは優しく穏やか。
けれど時折現れるブラックペッパーが存在アピールしてきます。


キーマはウェットな旨み系。
隣の豆カレーはインド家庭料理の風合いで、いずれも優しくホッとする味です。

辛味追加に黄金とうがらしペースト。
こちら京都の黄金唐辛子を用いていますが、ペーストにする時点でいくぶん円やかになっています。

作り手の優しさがにじみ出るカレープレートですね。

後で知ったのですが実はご店主、魚料理屋で働いていたそうで、海鮮系カレーも美味しそう。
今後が楽しみですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハルダモンカレー



関連ランキング:カレーライス | 代々木上原駅代々木八幡駅東北沢駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの埼玉No.1カレー、原宿に降臨。「subaCOカレー」(明治神宮前/原宿)

Japanese Curry Awards2018受賞店にして、埼玉ナンバーワンカレーの誉れ高い名店「negombo33」。
その味がなんと、原宿でいただけるとは!


「subaCOカレー」

経営母体は「negombo33高円寺」と共通。
寄付をはじめるコミュニティスペース「subaCO」とのコラボで原宿への出店が実現しました。

厨房はキッチンカー。
オープンスペースの他、「subaCO」店内でもいただくことが可能。


こちらで提供されるカレーは
・ラムキーマカレー
・ポークビンダルー
の2種。
前者は世に「negombo33」を知らしめた看板メニュー、後者はレトルトにもなった人気メニュー。
ミニマムながらナイスなチョイスであります。


今回は「subaCO」店内でいただくとしましょう。


オーダーと支払いを済ませ「subaCO」店内へ。


カレーだけでなく、ミネラルウォーター、スマホ充電。
ここで購入したサービスのそれぞれに対し、売り上げの一部が寄付に回るという仕組み。

お、オーダーしたカレーがやってきましたよ。

★ラムキーマカレー ¥1000

「negombo33」不動のシグニチャーメニューであり、至高のNo. 1 ラムキーマ。
キッチンカー調理でありながら、ちゃんとした器で提供されるのも嬉しいところです。


レアなラムの濃厚な味わい、ガスーンと効いた花山椒、そしてピンクペッパーのアクセント。
実に素晴らしい。しかも美味いカレーを原宿でいただくこと自体こんなに心地よいとは。

食べ終わった皿を返却しようと外へ出たら、なんとJapanese Curry Awards選考委員仲間のノムコさんが。
凄い偶然。
オーダーの合がけをちょっと味見させていただきました。

★2種盛り(ポークキーマ+ビンダルー) ¥1400

いやいやいや、映えますな。

ラムキーマに負けず劣らず、振り切った仕上がりのビンダルー。
しっかり酸味、効いてます。
そしてくっきりとした肉感、これぞ「negombo33」!!

この「subaCOカレー」を独りで切り盛りする青年、元歌舞伎町ホストという異色の経歴。

爽やかなルックスと丁寧な接客、そして圧巻のカレーで、原宿の女子人気を掻っ攫うこと必至なのでした。

それにしても重ね重ね有難い!!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

代々木にデイリーカジュアルなハラル。「東京ハラルデリ&カレー 代々木店」(代々木/北参道)

2020年に向け食のグローバル化が進む東京。
上智大学四谷キャンパスにハラール対応学食「東京ハラルデリ&カレー」が誕生。
そしてその2号店が代々木、明治通り沿いにオープンしました。


「東京ハラルデリ&カレー 代々木店」

以前「シロクマカレー」があった場所ですね。

ハラールカラーの緑が基調の店内。


学食のように気軽に立ち寄れる雰囲気です。

オーナーはバングラデシュ人、厨房にはネパール人。
双方の感性がメニューには混ざり合っています。

いわゆる「インドカレー」「カレーライス」に加え、「ピザ」、そして「ネパール料理」。
ここで頼むべきは・・・・さて?


★ ネパール定食セット ¥800
・骨付きチキンカレー
・ダルカレー
・チキンティッカ
・アルジラ
・ホウレン草の炒め物
・大根のおつけもの
・ライス
・サラダ


つまりは、ネパールの国民食ダルバート。


チキンカレーはこの日は骨なし、ダルもダルスープではなくダルカレー。
この辺はインド料理メニューとの共用でしょう。
チキンティッカもついてますしね。


一方付け合わせはネパール色。
アルジラ(ジャガイモのクミン炒め)、ホウレン草の炒め物(サグブテコ)、大根のおつけもの(ムラコアチャール)。
特にサグがなかなかのもの。
素朴な家庭の味ってのは、やはり良いものです。

しかし10年前は探してもなかなかなかったダルバートが、今ではこんなにカジュアルに。
そして大学のキャンパスにハラール食堂ができるなんて、10年前には予測もつきませんでした。

東京の食の多様化は、日常レベルにまで浸透してきました。
これもまた、2020効果ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インドカレー東京ハラルデリ&カレー 代々木店



関連ランキング:カレーライス | 代々木駅北参道駅南新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの味変カレーうどんを原宿で。「うどん 香川一福 原宿店」(原宿/北参道)

なんと2019年4月現在、閉店したようです・・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
***********************************


あの「香川一福」が原宿にも。

「うどん 香川一福 原宿店」

2018年3月オープン。
讃岐うどんの名店「中村うどん」で修業した「うどん一福」。
2015年に「香川一福」として神田小川町に進出後、立川、池袋と勢力を拡大してきました。


こちら「原宿店」はFC店とのことですが、内装が綺麗で原宿によくマッチしています。

オーダーは券売機にて。
地元香川でいうところの「セルフうどん」方式。

こちらカレーうどんの注文画面ですが、量や温冷、トッピングが自由に選べます。


券売機の横には製麺室。
自家製麺ですよ。


★カレーうどん(中/冷カレー)¥800
★とり天 ¥120


冷やしにしてみました。


「一福」のカレーはA5,A4ランクの和牛によるフォンドボー仕立て。


うどんによく絡む濃厚な味わいが持ち味です。

さらに面白いのは、添えられた出汁スープ。

これをカレーにかけると、出汁が効いた和風カレーに早変わりするんです。
汁気も増し、サラッと完食できますよ。

ちなみに紅生姜、天カスを多めに使うのがオススメの食べ方です。


とり天、サクッとした衣がたまりません。
カレーにつけても、出汁スープにつけてもよし。

営業は17時まで。
少し時間をずらしたランチにも良さそうですね。

香川一福  原宿店



関連ランキング:うどん | 明治神宮前駅原宿駅北参道駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad