FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あのキュマンがカフェスタイルで代々木に。「サリュー」(北参道/代々木)

参宮橋の小さなカレー屋さん「Cumin(キュマン)」が代々木に店を出すと知り、早速行ってきました。

場所は「camp代々木本店」の少し踏切側。
ココイチの隣あたり。

・・・が、なかなか普通に探していても見つかりません。

実はこの、コンクリ打ちっぱなしの新しいビルの3階。


道にかなり小さい看板もありました。
この辺のセンスも「Cumin」っぽいですね。

階段をのぼり3階へ。

こちらには看板もありませんぞ。
凄い隠れ家感。


両方の窓から日が差す店内は平たいビルならでは。


ロフト付きで天井の高さも心地よいですね。


さて、こちらはカレー屋ではなくてカフェ。
サンドイッチにパスタ、クスクスメニューも。

私はもちろんカレーですけれども。


★野菜チキンカレー ¥1200
★ちょい盛りキーマ ¥200


あぁ、洒落ていますね。
けれど、単なるお洒落ですませないのが「Cumin」。

野菜チキンカレーはラタトゥイユのような趣きがありつつしっかりスパイシー。
ホールスパイス、とりわけブラックペッパーがガツンと効いたキーマがむちゃうま。

しっかりとしたカレーのクオリティをキープしつつ、色とりどりの野菜でも楽しませてくれます。


★コーヒー +¥200

この落ち着いた隠れ家感。
近隣の「camp」と好対照なお店。
気分によって使い分けしたくなりました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

北海道スープカレーの人気店、その勢いが止まらない。「SAMA 明治神宮前店」(明治神宮前/原宿)

2016年に下北沢店をオープン、東京進出を果たした北海道スープカレーの人気店「SAMA」。
今では北海道スープカレー各店の中で最も店舗数も多いらしく、なかなかの勢い。
ついに東京若者カルチャーの中心、原宿にも支店を出しました。


「SAMA 明治神宮前店」

2018年8月24日オープン。
明治通りから竹下通りに入る脇のビル2階になります。

原宿らしく、明るく楽しい店内。
店員さんたちも若くフレンドリーです。

メニューは北海道スープカレーの定番、カスタマイズ方式。

明治神宮前店限定メニューがあるのが嬉しいですね。
早速限頼んでみましょう。


★【明治神宮前店限定】鶏軟骨とダブルチーズの彩り野菜カリー ¥1250
・海老スープ
・15辛


鶏軟骨の唐揚げ、ミックスチーズ、プロセスチーズ、トマト、にんじん、じゃがいも、ピーマン、なす、オクラ、ブロッコリー、水菜、ヤングコーン、うずら、ライスという構成。

海老スープをチョイスしましたが「SAMA」特有の玉ねぎの甘みもあり、個人的には15辛でちょうど良い辛さ。
以前下北沢店でいただいた20辛ほどドロッとしておらず、スープカレーらしく楽しめる良きバランスでした。

具材ではやはり、スープの味が染みた軟骨揚げが最高でしたね。

東京でもいち早く、北海道スープカレー「シャンティ」を受け入れてきた原宿の地。
こちら「SAMA」も早く人気店になると良いですな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

SAMA 明治神宮前店



関連ランキング:スープカレー | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

澄んだカレー汁と、ヌルっと感あるへぎそば。「越後へぎそば 青山一真」(表参道)

青山「キッシュヨロイヅカ」の地下にある、越後へぎそばのお店。

「越後へぎそば 青山一真」

「あおやまかずま」ではないです。「あおやまいっしん」。
へぎそばとは、新潟県名物、小麦粉を用いず布海苔をつなぎに用いた蕎麦のこと。

「へぎ」と呼ばれるせいろに盛り付け、からしでいただくのが本流ですが、
私はカレー、カレー、カレーですから、ここでもカレーそばでいただきますよ。


★自家製カレー南蛮そば ¥980

おっと、ちょっと独特な見た目ですね。


透明感のあるサラリとしたカレー汁に、薄切りの豚肉、白ネギ、そしてパプリカ。
辛さは控えめで、野菜由来の仄かな酸味が感じられます。

蕎麦はへぎそば独特のヌルっとした喉越し。
そう、よくあるカレー南蛮のようにトロミあるカレー汁が麺に絡むのでなく、サラッとしたカレー汁が麺のヌルみに絡むのですね。

なんか、じゅん菜のような食感のカレー南蛮。
これは初体験かも。

夜は蕎麦だけでなく、越後の郷土料理や日本酒が楽しめるようです。
値段も手頃だし、この辺のメシ場として要チェック店ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

青山一真



関連ランキング:割烹・小料理 | 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

表参道の大衆中華が移転したら黒カレーがウリになっていた件。「ふーちん」(表参道)

表参道のビジネスマンに人気だった大衆中華「ふーちん」。
(同じく人気の「ふーみん」とは別ですよ)
閉店しちゃったのかと思ったら、青山通りを挟んだ反対側の路地に移転オープンしていました。


「ふーちん」


青山の一等地にこの広々店内。
儲かってるのかなあ。

確かこちらの看板メニューはチャーハン。
・・・と思ったら、メニューを見てビックリ。

チャーハンよりカレーの扱いがデカい!!
しかも「イカスミ入り 黒カレーライス」だと・・・迷わず注文です。


★イカスミ入り 黒カレーライス ¥700
★鶏唐揚げ +¥150


おぉ、たしかに真っ黒!


いわゆる中華カレーというよりは、ちょっと欧風入ったテイスト。
けれど肉で出汁をとってるであろう旨みは、やはり中華料理店ならではの味わいなのです。
ラーメン屋の、ラーメンスープで出汁をとったカレーライスって感じかも。


辛さ追加のミックススパイスも完備。


トッピングには唐揚げ。
中華料理屋の唐揚げ、美味くないわけがありませんから。
ご飯の盛りが良すぎたこともあり、カレーが足りなくなった際の救世主でもありましたよ。

青山で、この値段でお腹いっぱいは貴重。
さらに太っ腹なことに、ランチタイムはコーヒー無料。



庶民の味方「ふーちん」。
やはり表参道界隈の日常には欠かせないお店ですよね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

北参道隠れ家カフェカレー。「タスヤード」(北参道)


お洒落です。
実にお洒落です。

もし私がファッション雑誌編集者ならイチコロです。


「タスヤード」

「庭と喫茶」をテーマにしたカフェ。
鹿児島の食材にこだわったフード、一杯ずつネルドリップで淹れたコーヒー、ガーデングッズや食材の物販と、ファッションの街神宮前にふさわしい個性が光ります。


ウィーンのカフェをモチーフにした店内は静かで落ち着きます。
読書が捗る、といいたいところですが、皆PCかスマホを眺めているのは時代ですね。

さて、こちらの一番人気メニューといえばカレー。

サイズがS・M・Lと選べるのもカフェならではの配慮ですね。


★タスヤードカレー small ¥760

たっぷりの季節野菜、ニンジン、ジャガイモ、ナス、しめじ・・・さらに鶏肉とゆで卵。
サラッとした日本カレーのようで、程よいバランスの甘辛度合い。
器に添えられたチャツネを加えると、より味が立体的に。
ありそでなさそな、独特なバランスのカレーです。


★ブレンド珈琲(フレンチ) ¥540

しっかりとした苦みとアロマ。
ゆっくり時間をかけていただきます。

都心にありながら、都会の喧騒とは無縁の空間。
ここで寛いでいると、自分がイケてる東京人だと錯覚してしまいそうです。

ヤバい。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タスヤード



関連ランキング:カフェ | 北参道駅原宿駅明治神宮前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad