カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

伊勢佐木長者町タイ料理天国にドップリ。「ニューシャム」(伊勢佐木長者町)

伊勢佐木長者町タイタウン。
中でもタイ料理最過密地帯にして、「インムアロイ」のド向かい。

「ニューシャム」

看板はシャムですが店名はニューシャム。
この辺りではドンマイでマイペンライな表記揺れです。


店内はなかなかゴージャス。
タイカラも完備で接待にもオーケーな・・・


ん?・・・一部不適切な表記揺れが。絶対頼めないわな。


オガルカヤカカカエルとは??
あ、そかそか、理解。(難易度高い)


★豚タン焼き ¥1000

豚トロじゃなく豚タン、つまりリンヤーン。
ここ以外では新宿「バーンキラオ」くらいでしか見たことないなぁ。
ちょっとコリッとした感じが良いおつまみになりますよ。


★ナマズのレッドカレー炒め ¥1500

こういうのが普通にあって、しかもノーマルに見えるのがこの界隈の凄さ。
ナマズの種類はクラリアス。
辛さはあまりないものの、バジルのフレッシュな香りが強く、刺激が足りないということはありません。


★もつ煮込みスープ(豚)¥1000

こちらはガオラオ。
麺は入っていません、スープだけ。
独特の旨みがしみじみと拡がります。

もうこのあたり、ほんとタイ料理天国。
オガルカヤスープの海で溺れたいよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

海鮮居酒屋のカレーポテサラが美味い。「居酒屋すきずき」(武蔵小杉)

横浜で映画祭に出席した帰り道。
武蔵小杉でちょい飲み。

「居酒屋すきずき」


どうやら釣り好きのオーナーによる海鮮居酒屋みたい。
たまにはいいよね。


カウンターに陣取ると、黒板登場。
のどぐろに鮎にハモにホヤ・・・魅惑です。


★中生ジョッキ ¥490
★手作りおとーし(中華はるさめ) ¥250



★生タコと炙りカマス刺盛 ¥730

この炙りカマスの勇姿!
北海道産ということで、タコはミズダコでした。
ニュッとした食感、久しぶりっす。


★スパイシーポテトサラダ(カレー味) ¥480

海鮮居酒屋だろうがなんだろうが、カレーメニューがあれば頼むのです。

で、このポテサラが良かった。
わかりやすいカレー味のポテサラなんですが、ポテトのホクッとした食感にベーコン、さらにマヨネーズつけて食べたりとなかなか楽しい。
なかなか食べ応えある量で、これはオススメ。
付け合わせのレタスがシャキッと美味かったのも高ポイントです。


★はちみつレモンハイボール ¥500

ホントはもう一つ「焼カレーチーズ鉄板焼 ¥580」ってのに興味あったんだけど、タイムアウトでいただけず残念。
次回持ち越しですな。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

名店「すらさ」の跡を継ぐ、新生スリランカ料理店。「KING LION」(溝の口)

溝の口、スリランカ料理の名店として愛された「すらさ」が先日、12年の歴史に幕を下ろしました。
その跡地に入ったのは同じくスリランカ料理店・・・


「KING LION」(キングライオン)

オーナーシェフのアミラさんは格ゲーに出てきそうなガッチリ体型のスリランカ人。
長い髪をドレッドヘア帽に収めているのですが、この帽子がまた巨大でインパクトあり。
ちなみに日本語はかなり流暢で、接客も非常に丁寧です。


店内ではスリランカのキトゥルハニーやシナモン楊枝、シナモンクッキーなども販売。
新店とは思えない落ち着きっぷりですね。

たぶん「すらさ」時代からスリランカ料理に親しんだ客が多いのでしょう、客入りも悪くない様子で、この日も20時時点で定番スリランカプレートが既に売り切れていました。


★レモンアラック ¥600

スリランカのお酒、ビールだけでなくアラックやラムもたくさんスタンバイ。

お食事はプレートが売り切れていることもあり、どうしようかな~と暫し迷う。
フライドライス系も豊富で、隣のテーブルのが美味そうだったり、ドーサがあったり、単品料理でカワハギのスパイス揚げなんてのがあったり。

うーん、うーんと迷ったあげく、選んだのはこちら。

う、うーん・・・・


う、う、う、う・・・


う、う、うーん。


はぁぁ。


★ピットゥ+1カレー ¥1200

米粉とココナッツを蒸しあげてつくる料理、ピットゥ。
豆カレーとのセットです。


米粉というより粗挽き米で作った感じのピットゥ。
ココナッツとの比率でいっても米が多めで、割とモチッとした食感でした。


豆カレーは汁メイン。
味付けも控えめで、サラッとしています。
底にはたっぷりのランペが沈んでいましたよ。

他も食べなきゃなんとも言えないところですが、「すらさ」無きあと、溝の口でスリランカ料理に困ることはなさそうです。

そして・・・気になる「すらさ」のスサンタシェフの現在ですが・・・

あら、あんなところに。

誰か一緒に行きませんか?


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ニューデリーじゃなくニューデリ。「ニューデリ」(登戸)

登戸駅北側にある、地元で人気のインド料理屋さん。

「ニューデリ」

デリーじゃないです、デリ。
デリです。デリ。
微妙なツボを突いてきますね。


タージマハールにマハトマ・ガンジー。
かなりインド色が強いのですが、タージマハールの絵の上にはヒマラヤ山脈の写真。

ネパール人の望郷の心は強いのです。

トイレの中なんて、完全にインド忘れてネパール一色ですしね。


★カササとマンゴー ¥450

いきなり変わったお酒。
PとJKみたいなおもろい名前ですが、実はブラジルのお酒なんだそう。
ライムとレモンと砂糖入りでいかにも南米。

サービスはディップ方式のマサラパパド。
この出し方、パパドがふやけなくて良いですね。

カレーはほぼほぼ北インド系。
ネパール系の料理はモモ以外ないし、ネパールビールも置いていないという、ほぼほぼ徹底したインドです。


★チキンカスメリーカレー ¥980
★クミンライス ¥350


カスメリーはつまりKASHMILI、カシミール風ってことですね。

とろ~りクリーミーなカレーにチキン、そしてカシューナッツとチェリーやパイナップルなどのフルーツ。
つまりカシミリナン≒カブリナンのカレー版といったところですが、ネギをトッピングするあたりネパールシェフのアイデンティティを感じます。
ちなみに辛さは辛口指定、特に辛くはなかったけど甘すぎもせず、このカレーのチューニングとしては良かった。

クミンライス=ジーラライスは日本米仕様のもっちり仕上げ。
これはこれ、ピラフ的に美味いですね。


食後にはなんと、アッツアツのチャイのサービス。
いや、これはネパールのチヤですか。

いずれにしても嬉しい。

インドはインド、ネパールはネパールと、しっかり区別したい原理主義的観点からはあまりオススメできないかもしれません。
けれど手軽に寛げる、街の美味しいインド料理屋さんとしては、なかなかの安定感ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

食材店カスタムタイ料理の〇夢。「インム アロイ」(伊勢佐木長者町/日の出町)

横浜、伊勢佐木長者町から日ノ出町にかけて広がるタイ料理店密集エリアには、タイ人のタイ人によるタイ人のための料理店が溢れかえっています。

なかでもこちら、なかなかディープな体験ができるお店。

「インム アロイ」

タイ人御用達、タイ食材店併設の食堂です。




店内はほぼ100%タイ人。
けれど大丈夫、ここは日本。
ちゃんと日本語メニューもありますから。



「バラミツ カレー軟骨」「ラオス カレー ペースト、タケノコ、」


「野生のパパイヤのサラダ」「パパイヤ、サラダ、カニ、魚、」


「カオは、スパイシーなチキンをヤム。」


「トム ヤム クン澄んだ水」


「ホカレー。」

・・・アメイジングな文字列から、料理の内容をイメージするのも楽しいじゃないですか。


お冷やはバイトーイ(パンダンリーフ)味。
これは嬉しい。

料理がやって来るまでの間は、食材を眺めながら待ちましょう。


★ヤムネムクツ ¥1000

いわゆるヤムネームクルック。
タイソーセージ「ネーム」と煎り米、ピーナッツなどと野菜を和えた、イサーンの酸っぱ辛いサラダです。
辛さの調節はオーダー時に。
私はもちろん、「イサーン辛で」ですよ。


★カイジャオ ムーサップ

意外に見落とされがちなオススメメニュー、タイの豚ひき肉入り玉子焼き。
口の中が辛さでヒートした時の口直しにも最高なんです。

さて、ここで、この店ならではの料理がやってきましたよ!!

★トムヤムプラーチョン

実はこれ、食材コーナーにあったプラーチョン(タイの雷魚)の干物を指差し「これで何か作って!」とお願いしたもの。

プラーチョンの男前な顔つき、グッときちゃいますね。
味はといえば、トムヤムクンの海老が雷魚に置き換わった感じなのですが、干物なので生臭さもなく、筋肉質な歯応えの中に旨味がギュッと凝縮されています。

これはホントおすすめできる一品。
食材コーナーにプラーチョンがあったら是非、交渉してみてくださいね。

締めはご飯モノ。

★カオマンガイトード

タイ人も日本人もみんな大好きカオマンガイ。
こちら揚げ鶏バージョンも衣がカリッとしてて最高です。

完全現地仕様に付き、日本語でのコミュニケーションに若干の不自由はあるものの、十二分にアメイジングな体験ができるお店。
同じく食材店併設の「J's Store」が某ログの点数向上とともに怪しさが影を潜めてきた今、マニア希望の星といえるでしょう。

同ビルの二階は、朝まで歌い踊り狂えるタイ料理「ナムチャイ」ですので、パワフルなあなたには梯子をお勧めします!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インムアロイ



関連ランキング:タイ料理 | 日ノ出町駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

FC2Ad