カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

多彩なインド料理が楽しめる地元の優良店。「JAGA新丸子店」(新丸子)

武蔵小杉と新丸子に展開するインド料理店「JAGA」、その新丸子のお店にランチ訪問。


「JAGA新丸子店」

カラフルで楽しい雰囲気は武蔵小杉店と同じ。
お店の規模はこちらのほうがコンパクトですね。


こちらネパール系インド料理店でありながら、厨房にはインド人。
バスマティ使用のビリヤニやら、ハンディゴーシュやら、なかなか多彩で本格的なインド料理が楽しめます。

この日はランチセットからこちらをチョイス。

★ベンガルフィッシュカレー ¥920

ベンガル風 白身魚&オクラのカレー。
ナンかライスが選べるのですが、ベンガルといえば米食文化、ライスを合わせましょう。
その他セットでサラダ、ガーリックスープ、ドリンクが付いてきました。


カレーにはココナッツミルクがたっぷり用いられており、重くはないけどクリーミィ。
魚はメカジキですね。
辛さは2=辛口にしたのですが、ココナッツミルクでまろやかになったせいか、微かなピリ辛程度でした。
このカレーなら4くらいでも良いかな。

ライスは予想を超えた大盛り。
少食な方は食べきれないでしょう。
オーダー時に「ライス少なめで」とお願いするのを忘れずに。

やはり「JAGA」、遠方から訪問するようなキャッチーさはないけれど、味もスタンスも誠実。
地元に愛されり優良店ですね。

この日も小さなお子さん2人連れたママがテイクアウトを注文していたのですが、料理が出来上がるまでの間、お子さんたちがワクワクソワソワ。
とても平和で幸せな光景でした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

海老名のインドネシア料理居酒屋。「カフェ エナック」(海老名)

JR海老名駅すぐ。
ピッカピカの再開発で人肌のぬくもりが無いように思える一角に、ぽつんと佇む黒い建物。


なんかぱっと見、ハーレーのパーツかなんかを売ってるショップっぽいですが、
実はここ、インドネシア料理店だったんです。


「カフェ エナック」


外界の冷たさと真逆のトロピカルムード。
滅茶苦茶ホッとしますね。


カウンター席、テーブル席の他、お座敷も完備。
バーとしても、レストランとしても、居酒屋としても使えそう。

実際黒板メニューには、インドネシアと関係ない居酒屋メニューもたくさん。
需要あるんですねきっと。


★バリハイ ¥550

まずはバリのビールで一服。

メニューブックを見てみましょう。

シンプルな日本語がわかりやすいですね。
インドネシア料理になじみがない方でも、無理なくオーダーできそうです。


★SATE KAMBING ¥500

ヤギ肉のサテ、とありますが羊かもしれません。
あっちのほうは山羊と羊を区別しませんから。
味付けめっちゃ濃厚で、酒必須。


★SOTO AYAM ¥700

鶏肉のスパイススープ「ソトアヤム」。
あの「マジスパ」こと「マジックスパイス」のスープカレーはこのソトアヤムがヒントになっていると言われています。

けれどこちらオリジナルのソトアヤムは、鶏肉の旨みがしっかりと出たほんのりカレー味のスープといった感じで、決して辛くはありませんよ。


★KENGTANG GORENG ¥400

こちらケンタンゴレンは、つまりフライドポテト。
特に変哲はないのですが、マヨネーズつけて食べるんですね。

と、単品オーダーで居酒屋っぽく楽しむのもステキなのですが、土日のみ数量限定でこんな嬉しいメニューもあるんです。

★Nasi Campur ¥1000

ライスといろんなおかずをワンプレートにしたナシチャンプル。
ナシは「ご飯」、チャンプルは「混ぜる」。
そう、沖縄の「ゴーヤチャンプルー」、長崎の「ちゃんぽん」とコトバが繋がってるんです。


ピリッとしたサンバルの旨み、インドネシア焼きそばミーゴレンまで付いてて、なんだか贅沢な気分。
これは頼むべき一品ですね。


★ARAK BALI & COLA ¥500

最後にもう一杯、バリのアラックをコーラ割りで。

外界の殺風景さを忘れさせてくれる、居心地良きお店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ハマの極旨キューバサンド。「T's Cuba Sand」(日本大通り)

三軒茶屋「スパイスバル317」が、「蕎麦バル1351」に次ぐ第三の新機軸として打ち出したのは、キューバサンド。

映画「シェフ」で話題となったものの、日本ではまだまだいただけるところが少ないこのメニューを、
横浜・山下公園近くの小さなスタンドで売り出すっていうんですから、ちょっと洒落てるじゃありませんか。


「T's Cuba Sand」

ホント極小店です。
もちろんテイクアウトも可能なので全然問題なしなのですが。
ちょっと日本離れした雰囲気が横浜の港町風情によく合いますね。


★キューバリブレ ¥700

キューバといえばこれでしょ!というわけではなく単に好きなだけ。
ラム濃い目が嬉しいです。


★キューバサンド ¥800

表面カリッカリ食感に焼かれたパンに挟まれたのは、
柑橘と各種スパイスで漬け込まれた自家製ローストポークにチーズ、ピクルス。
こりゃ丁寧な美味さですね。


キューバにこんな旨いものが・・・と思ったら、厳密にはマイアミのキューバ移民が祖国のサンドイッチをベースに発展進化させたものだそう。
いまではキューバに逆輸入されているみたいです。

海外の食を知ると、その国や民族の歴史や文化が見えてくる。
実に楽しいですね。

そしてもう一つ、特筆すべきはフライドポテト。
基本は「317」のポテトと同じ方向性ながら、こちらは二度揚げによるカリサク食感が特徴。
これを目当てに来る人がいてもおかしくない美味さです。
しかも「スパイシー味」も指定可。
ホットな刺激を楽しむこともできます。

思った以上に美味かった満足を胸に、帰途に就いたころ・・・思い出した!

確かモヒートが現地式の「本物」にこだわっていることとか、キーマカレーのキューバサンドがあったこととか。
これは再訪せねばなりません。

渋谷から電車で一本ですから、意外に行けちゃうんですよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

海老名にハイレベルな北海道スープカレー店登場。「スープカレー専門店 kuu 海老名駅西口店」(海老名)

矢部に本店、かつて八王子にもお店を出していた(現在は閉店)北海道スープカレーのお店「kuu」がなんと、海老名に新店舗をオープンしていました。


「スープカレー専門店 kuu 海老名駅西口店」

オープンは2016年10月21日。
西口ららぽーとと隣接する不動産屋の二階がお店です。


もともと突出した飲食店が少ない海老名だけあって、客の入りは上々。
早くも人気店の様相です。


窓が広く、明るい陽射しが差し込むカフェ的雰囲気。
夜は夜でバルっぽい感じになりそうですね。


実際こちらのお店、夜はスープカレーの他、バルメニューもたくさん用意されており、飲み会使いもできるよう。
壁には運転代行の案内なんかもあって、完全に需要狙ってます。

さて、こちらのスープカレー、スタイルとしては北海道スープカレーながら、食材は地元海老名のものを用いているようです。

海老名でこんなに沢山の野菜を生産しているなんて、知らなかった・・・


★ハンガリーワイン アンブルス ¥550

ちょっと昼のみしちゃいましょう。
何故かハンガリーワインがやたら充実してて面白いですね。

さて、スープカレー。
ベースは「鶏スープ」「塩トマトスープ」「海老スープ」の3種類。
北海道スープカレーの作法に則って、具材、辛さ、量、トッピングとカスタマイズしていきますよ。


★鶏スープ エビ餃子とニラ餃子のスープカレー 4辛 ¥1080

基本の鶏スープに「kuu」人気の餃子を合わせてみました。
基本のスープと野菜の美味さが抜群なのに加え、2種の餃子が美味いこと!
モチモチ肉厚な皮に染み込むスパイシーなスープ。
とてもとても幸せな食べ物です。


★海老スープ 鶏ナンコツと野菜のスープカレー 8辛 ¥1380

こちらは私の大好きな海老スープ。
海老名だけに!辛さに負けない旨みが見事です。


そして、カラッと揚げられた鶏ナンコツ。
これは反則級!
めちゃくちゃお酒が欲しくなっちゃう美味さ。
夜に食べたらムフフな感じですよ。

食材の旨みを引き出しつつ、体内から染み渡るようなスパイスの歓びもしっかり。
なかなか高い完成度の北海道スープカレー。

以前八王子店で食べた時の印象を遥かに上回る美味さでした。

この店、実は関東スープカレー界のダークホースなんじゃないでしょうか。

海老名に来たら確実に立ち寄りたいお店ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Kuu 海老名駅西口店



関連ランキング:スープカレー | 海老名駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

駅ビルの、古き良き洋食カツカレー。「洋食亭ブラームス 武蔵小杉東急スクエア店」(武蔵小杉)


「洋食亭ブラームス 武蔵小杉東急スクエア店」

東京・神奈川・千葉に計5店舗展開する「昔ながらの洋食屋」スタイルのお店。
ショップカードには「since1983」と書かれています。


ステンレスの厨房にコックコートのシェフたち、
フロアには昭和メイド姿のウェイトレスたちの姿。
まさに古き良き洋食亭です。

一番の名物メニューはオムライスのようですが、
こちら武蔵小杉のお店は昨年、小杉カレーフェスティバルにも参加しており、カレーも推しメニューなんです。


★ハーブ三元豚のカツカレー 1188

シンプル、かつ上品。
薄く径のある皿に注がれたカレーは、しっかりと裏ごしされた滑らかタイプ。
カツ以外の固型具材はなく、どことなく「サンマルコ」のカレーを彷彿。


肉も衣も分厚い三元豚カツは食べ応え充分ですね。

ヨーロッパでもアメリカでもなく、日本独自に進化した「洋食」が、このようなカタチで受け継がれていくのは良いことですね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

洋食亭ブラームス 武蔵小杉東急スクエア店



関連ランキング:洋食 | 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅


FC2Ad