カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

志木の全力ネパール空間。「インド料理スリヤ」(志木)


このギラギラ感!

ローカル感!!

「インド料理スリヤ」

かつて「ににんがよん」があった場所にできたインド料理店です。

インド料理?


インド??


インド・・・といいつつ、フルスロットルでネパールな世界観。


これをインドと言い切る開き直り感は、もはや清々しくもあります。


店員さんも、先客も、みなネパール人。

それでもインドなんですよ。

メニューを見ればネパールビール全品550円。


★リアルゴールドビール ¥550

全力ネパールが止まりません。


★チキンセクワ ¥900

ネパールの鶏串焼き「セクワ」で全力ネパール気分。
辛さヒーハー級で、丁寧な仕上がり。
量は少ないけど味はバッチリです。

と、ここまでネパール全開なのですが、メインディッシュはインド料理縛り。
ダルバートやカジャセットなんかはメニューにないわけです。
だって看板に「インド料理」って書いてますもんね。


★キーマベンガン(HOT)¥700
★プレンライス ¥200


ベイガンキーマ、つまりナスキーマカレーなのですが、






「ハーピ アオル」!!

ソフトヂリンクも、チケンも、セートーならお得!

しかし、この界隈にこんなにネパール人がいたのかってくらいネパール人客が来るわ来るわ。
店内の雰囲気だけなら、完全に新大久保リトル・カトマンズ並みです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

川口のヘルシー志向なスープカレー。「SHO-AN1」(川口)

川口駅からほど近い場所にある、スープカレー&雑穀カフェ。


「SHO-AN1」


カウンターで先にオーダーをすませ、席につきます。

店内のあちこちにSONYのレトロAV機器が。



眺めているだけでも楽しいですね。


★スープカレー ¥850
・辛さ増し +¥100


お、美しい。
追加トッピングなしでもかなり野菜たっぷり。
オクラにゴボウにカボチャにニンジンにトマトにしめじにヤングコーンにパプリカにトマトにブロッコリーにキャベツにダイコンにレンコンに・・・加えてゆで玉子。
野菜は北海道と、地元埼玉のものを使用しているようです。


スープ自体はトマトの酸味とバジルの風味強め。
動物性の油脂感がない分、しっかりした味ながらどこか爽やかな食べ心地です。
辛さ増しにしましたが、野菜の甘さと良いバランスで、丁度よい感じ。
激辛好きじゃなくともカレー好きなら、辛さ増ししたほうが良さそうですね。

雑穀ごはん、フレッシュサラダと相まって、とてもヘルシーなランチとなりました。


★ブルーベリーラッシー +¥100

12時を過ぎた頃にはほぼ満席。
埼玉では決して多くはないスープカレーですが、こちらはヘルシーなカフェというルックでしっかり顧客を掴むことに成功しているようですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ネパール人が作る謎のカレーラーメン。「サイノ アジアンキッチン」(朝霞)

朝霞でネパール人が作るカレーラーメン!


「サイノ アジアンキッチン」

オープンは2016年5月6日。
ネパール人によるインド料理、タイ料理などをラインナップした、いわゆる「複合アジアン店」です。


ランチメニューはインドのナン&カレーセットが基本ですが、選べるカレーにタイのグリーンカレーがあったり。

そして今回注目したいのがこちら、カレーラーメン。

ネパール人独特のハイブリッド魂を感じますね。

早速注文してみましょう。


★カレーラーメンセット ¥850

え・・・?
予想を覆す異様なビジュアル。
中華どんぶりになみなみと張られたキーマカレー。
麺の目視は不可能。

これは・・・果たしてラーメンなのか???


恐る恐る割り箸を突っ込んでみると・・・


中華麺が釣れました!

確かにカレーラーメンだ・・・と言いたいところですが、ここで新たなる事実が発覚。

ラーメン鉢だと思っていたこの中華食器、実は浅底。
キーマカレーと麺のほか、ラーメンスープもしくはカレースープと呼ぶべき部分が存在しなかったわけです。

なるほどなるほど、つまりこれ、
「キーマカレージャージャー麺」と言ったほうが良さそうですね!!

辛さは辛口でお願いしたのですが、カイエンペッパー単体の辛さが結構きてまして、これ以上は辛くしないほうが良いかもです。

麺を平らげた後は、ライスを投入!!
普通のキーマカレーライスの出来上がり(笑)

このカレーラーメン、提供はランチのみですが、オーダー時に言えば、キーマ以外のカレーでも対応可能とのこと。
例えば、マトンカレーラーメン、なんてのもできるってことですね。

ちなみにホール係の日本語オーケーな店員さんはアレックス・ラミレス似。
笑顔の接客が素敵ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

味蕾を刺激する、旨味とコクのアッツアツカレー。「curry庵 味蕾」(川口)

駅前には何故か歯科医と美容室ばかりの街、川口。
少し歩けば、素敵なカレー屋さんと出くわしました。


「curry庵 味蕾」

味蕾(みらい)は舌にある味覚を受容する部分の意ですから、痛覚に分類される「辛さ」や嗅覚にあたる「香り」よりも、味や旨みで勝負するカレーということでしょうか。
ちなみに川口駅構内には「いろり庵きらく」という蕎麦屋があるのですが、意図的なインスパイアなのか、たまたま語呂が似ているのかは定かではありません。


外観からは想像できない、サイケデリックな店内。


価格帯も非常に良心的ですね。


★スペシャルミックスカレー ¥840
★ランチセット(ミニサラダ/ドリンク) +¥100


陶器の鍋でグツグツと登場したカレー。
ちょっと五反田「ホットスプーン」を髣髴とさせますよ。

このスペシャルミックスカレー、メニューには「チキン、ビーフ、アスパラ、チーズ入り」とありましたが、実際にはナスとインゲンも入っていました。

カレーは大ぐくりで言えば、まさにジャパニーズカレー。
店名からの予想通り、牛の旨みがたっぷりと出たこくまろなカレーです。
うん、これは日本人なら皆が好きな味だなぁ。

アッツアツで、コクがあって、旨味たっぷり。


具材の鶏肉も、牛肉も、贅沢なボリューム。
うん、なかなかいいですね。

ちなみに辛さは辛口で。
プラス50円で激辛オーダーも可能ですが、このカレーの旨みを堪能するにはこの辛口くらいで止めておくのが良いかも。

見た目以上にカレーの量はたっぷり。
大盛り無料なので、ご飯たくさん食べたい方は頼むと良いですね。
私は後半、カレーは飲み物で楽しみましたが、それも良しです。

カウンター上の黒板を見れば、夜はサイドメニューもたくさんあるみたい。
フライドポテトにタコスに合鴨スモークに牛ハラミステーキまで!
カレー呑みにも良さそうですね。

川口へ来たら立ち寄りたいお店です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インネパ店のビーフカレー。「インド&ネパールレストラン さくら」(東所沢)

埼玉の西側、東上線沿いや所沢におけるインネパ店率の高さは目を見張るものがありますね。
(インネパ店とは、ネパール人によるインド料理店の略称)

ここ、東所沢にもまた、立派な門構えのインネパ店が誕生しました。


「インド&ネパールレストラン さくら」

2017年2月26日オープン。
元々こちらは、インド・コルカタ出身シェフが腕をふるった「タージ・マハル」の跡地。
しかし経営変われば雰囲気も変わるもの。
店名のセンスはまさにネパール人ならでは。


店内にもサクラのお飾りたくさんでニッポンをアピール。
入り口近くには食材販売コーナーもあります。

壁には大型モニターがあり、インド映画ではなく「クローズ0」が大音量で流れておりました。


★生ビール ¥299

昼から一杯。
ビールの価格設定が安いのはインネパ店の良いところですね。

ランチメニューにネパール的なものは特になく、普通のナン&カレーセットばかりだったのですが、ちょっと変わったのを見つけました。


★ビーフカレーセット ¥750

インド料理店にはあんまりないビーフカレー。
ネパール店でも置いてるところはあんまりないですよね。
と、考えてみればここ、以前はコルカタ出身シェフの店。
経営が変わってもメニューをまんま引き継いでいるということみたいです。
コルカタはムスリムの多い土地ですからね。


ネパール人が作るムスリム式インドカレーとは果たして?
食べてみればこれが実にインネパカレー。
こってりクリーミィ仕上げで北インドイメージをアピール、クリームのグルグル渦巻きも定番です。
で、ビーフはどうなのかといえば、これまたネパール人好みの歯応えある硬め仕上げ。
まるでスクティ、ここに一番ネパールを感じるという不思議。

ナンもびっくりするほどでっかくフワフワでお腹に溜まる「あの」ナンでした。


セットにはサラダとドリンクもついてきましたよ。

ビーフカレーという変化球メニューはあるものの、料理は標準的な埼玉西部インネパ店。

いちばん印象に残ったのは、「クローズ0」をまさに、食い入るように観ていたネパール人店員さんの表情。
手に汗握る、とはまさにこのこと。
日本映画を気に入ってくれて、ありがとうございます!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インド&ネパールレストラン さくら



関連ランキング:インド料理 | 東所沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad