FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

埼玉No1カレー店、姉妹店を高円寺にオープン、「negombo33 高円寺店」(高円寺)

西所沢に輝くカレーの超名店「negombo33」(ネゴンボ33)が、高円寺に姉妹店をオープン!


「negombo33 高円寺店」

オープンは2018年11月21日。
場所は高円寺南口から東に少し行ったあたり。

お馴染みのネコマーク。


昨年お寺で合同イベント「ネゴパシ」を開催した盟友「カルパシ」からのお花もありました。


オーダーは券売機式。
カレーは
・ラムキーマカレー
・ポークビンダルー
・鶏レバーカレー
の3種ですが、鶏レバーはまだ提供準備中とのこと。

その他にはデザートやドリンク。
本店のようなレストランというよりは、純然たるカレー屋さんという仕立てです。


★あいがけ(2種盛り)¥1500
・ラムキーマカレー
・ポークビンダルー


となればやはり、あいがけでしょう。


ほどよき酸味と爽やかな辛さのビンダルー。


そして「negombo33」の必殺メニューとして名高いラムキーマ。
羊独特の旨味を活かしつつ、しっかりメリハリ感のあるスパイス感。
こんなにカジュアルにいただけるのは有難いですね。


★サウスインディアン アイス珈琲 ¥450

珈琲焙煎所併設でも有名な「negombo33」、この高円寺店でも南インドの豆がいただけます。
アイスコーヒーながらかなり濃いアロマですよ。

どうやらこちら、「negombo33」のカレーを提供していた「歌舞伎町ブックセンター」クローズにあたり、そのスタッフが移ってきた店舗のよう。
カレーは西所沢のお店で仕込んでいるみたいですが、今やカレー激戦区の高円寺でどのような立ち位置をキープしていくのか楽しみであります。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ネゴンボ33 高円寺



関連ランキング:カレーライス | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

間借りでスリランカ。バナナリーフに輝く楽しい料理。「月曜スリランカカレー@716cafe」(高円寺)

東京にもしっかり根付いてきました「間借りカレー」文化。
その形態にもいろいろあって、BARのランチタイムを間借りするパターンや、シェアキッチンで曜日を決め提供するパターンなど、カレー店開業への選択肢は随分と拡がりました。

こちらは高円寺。

「716cafe」というシェアキッチンスタイルのお店で、月曜日だけ登場する間借りスリランカカレーがあるんです。

その名も、

「月曜スリランカカレー」

とても分かりやすいですね。
同じ高円寺の「平日昼だけ」と同じくらい分かりやすい。

この日は快晴。
日差しが心地良いです。


座る席にもバリエーションがあり、ちょっとワクワクする空間ですね。


シェフの麻里子さんは料理を作るだけでなく、かなーり食べ歩いてもいらっしゃる。
初めてお会いしたのも別のお店でお客としてでした。

営業日情報や料理の内容はInstagramで発信。

この日のメニューはこちら。

オーダーシートにライスの量やオプションの有無などを書いて、料理の到着を待ちます。


★ 本日のプレート ¥1000
・ビーフカレー
・くりカレー
・春菊サンボル
・きゅうりとパインのサラーダ
・赤ピーマンと四角豆のテルダーラ
・ハールマッソーウェンジャナ(小魚の炒め煮)
・パパダン


バナナの葉に美しく盛られた料理の数々が、柔らかな日差しに輝いています。

まずは一品一品を堪能。
ベースの辛さは抑え目ながら、スリランカ料理の魅力である香りと旨みはしっかり。
現地式のツボを押さえつつ、栗のカレーなど季節感も取り入れた楽しい構成となっています。


徐々に混ぜ合わせて行きましょう。
ここで素晴らしい仕事をするのが、煮干しのようなハールマッソーウェンジャナ。
ご飯がどんどん進みますね。


卓上には辛味追加のルヌミリスも完備。
唐辛子は大きめのカットで、かけると料理に更なるメリハリが。

初心者に優しい説明も丁寧ですね。


★ワタラッパン ¥300

食後はやっぱりこれ。
スリランカの黒糖プリンといったら親しみやすいでしょうか。
絶対日本人が好きな味のスイーツなんです。

この他メニューにはお子様カレーなどもあって、月曜昼に訪れる客層への細やかな配慮が覗えます。
最近は月曜こちら「716cafe」での営業が多いようですが、11月は下北沢「風知空知」での営業も。
訪問前にはInstagramでの営業確認がマストですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

716cafe



関連ランキング:カフェ | 高円寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中野限定ジンギスカンスープカレー旨し。「スープカレーGARAKU 東京中野店」(中野)

今年になってまた活況を呈してきた、東京のスープカレー事情。
特に顕著なのが本場北海道スープカレー店の店舗数拡大。
「SAMURAI.」「SAMA」そして「GARAKU」。

中野ブロードウェイ脇「ヤミヤミカリー」の隣に誕生したのはこちら。

「GARAKU 東京中野店」

オープンは2018年4月20日。
「GARAKU」としては八王子に続く東京2号店になります。


ホワイトベース(ガンダムじゃないよ)の綺麗な店内。


オーダーはおなじみカスタマイズ方式。
なのですが、

★ジンギスカンと5種きのこの森 ¥1490
・オリジナルスープ
・辛さ7 +¥110
・ライスM 200g


こちら、中野店限定メニュー。
これが大当たり!

北海道らしい羊焼肉がドッサリ。

きのこはまいたけ、シメジ、椎茸、えのき茸、そしてキクラゲ。
もちろんそれ以外にも食べ応えある野菜がたっぷりです。
そしてサラッサラなオリジナルスープは鰹出汁がガンガン効きまくりで、出汁カレーと呼んで良いレベル。

きのこによる森の旨み、羊肉による草原の旨み、そして鰹による海の旨み、それらが相乗効果で引き立て合っています。

ピッキーヌの効いた7辛もちょうど良し。

今まで食べた「GARAKU」のスープカレーでも一番の美味さでありました。

繰り返しになりますが、こちら中野店限定。
他店に行ったことある方も是非。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スープカレーガラク 中野店



関連ランキング:スープカレー | 中野駅新井薬師前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あぁ蠱惑的・・・中毒性ある創作ベトナム中華。「獨壹荘」(新高円寺)

新高円寺にこんなディープスポットがあるなんて・・・
不覚ながら今まで気付きませんでした。

「獨壹荘」(ドウイージョン)

「創作ベトナム料理」とありますが、たまにある「女子会向けアジアンフュージョン」などとは完全真逆な趣き。
いろいろ密度が凄い!


お店の壁にはベトナム絵画と黒田秀樹。

厨房には華僑系と思われる、タンクトップマッチョな料理人。
もう、この人が作る料理が美味くないわけがない、というルックスです。
ここ意外と大事。


★サイゴンスペシャル ¥580

ラス1だったスペシャルバージョンのサイゴン。
アホみたいに美味いです。
お通しはカレー味のビーフン。


★塩辛ベトナム風 ¥480

いやこれ渋いわぁ・・・
なんと、ニョクマム風味なんです。
発酵発酵発酵な臭みが好き者にゃあ堪りません。
ホントはこれで紹興酒飲みたい。

さて、料理メニュー。
フォーや春巻きなどの定番ベトナム料理に加え、カレーメニューも充実。
けれどこの雰囲気、この料理人。
中華系、というか華僑系料理が食べたい気分満々であります。

実際、中華系(華僑系)メニューに面白いものがたくさん。
いちばんビビッときたこちらを注文!


★麻婆豆腐ベトナム風 ¥880

これにはマジで度肝抜かれた!
豆腐がかなりでかいカットなのですが、なんと揚げ出し豆腐仕立てなんです。
そこにとろみある餡、挽肉、ニラ、唐辛子・・・・
「麻」が控えめである代わりに酢が効いており、なんだろう、やけに美味いのだけど初めて食べる感覚。

強いて言えば、名古屋「味仙」の台湾ラーメンの麺を豆腐に置き換えたような、中毒性のある美味さなのです。

これは完全に創作なのだろうか・・・・・

メニューには他にも気になる中華系がたくさん。
「酢豚ベトナム風」なんてのも絶対旨いだろうな。
さらに、予約すれば「鰻カレー」もいただけるとか。
ベトナムだし、鰻は鰻でもタウナギ????

いずれにせよ、再訪が必要なお店であります。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

獨壹荘



関連ランキング:ベトナム料理 | 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

"間借りカレー専門店"にあのめぇさんがコラボ。「ソーシャルカレーショップ 豆くじら」(高円寺)

夏が来る前の6月のある日。
「リロンデル」「Green Curry めぇ」のめぇさんからお声がけいただき訪れたのは、高円寺にあるこちらのお店。




「ソーシャルカレーショップ 豆くじら」

もともと、「CURRY BAL くじら」から派生したカレー専門店「CURRY SHOP 豆くじら」として営業していたこのお店、
2018年3月から店名そのままに経営が変わり、「間借りカレー専門店=ソーシャルカレーショップ」として生まれ変わりました。
「くじら」」系列の元アルバイト、藤枝さんが新業態を提案し、事業を継承した形で開業ということらしいです。


「ソーシャルカレーショップ」って?と思うかもしれませんが、つまりは曜日ごと、または不定期にカレーシェフたちがこの場所をシェア、お店は同じながら、日によっていろいろなカレーがいただけるという仕組み。


お店のカレンダーにはいろんな屋号のカレー屋がずらり。


店内には「くじら」のカレーの他、「淡路島咖喱」のレトルトも。
どうやら、藤枝さんがそちらの会社で働いていた繋がりだそうですよ。


さてこの日は、あたらしい「豆くじら」のオーナー藤枝さんと、めぇさんのコラボプレートの日。

もちろん、全部のせで行っちゃいましょう。


★全部のせ ¥1500
・ラムキーマ
・グリーンカレー
・紫玉ねぎのアチャール
・納豆のビンダルー
・ひよこ豆の花椒味噌
・揚げたまごのタマリンドソース
・パクチー
・桃ラッシー


実に、実に美麗であります。


藤枝さんによるラムキーマはしっかりとした食感のドライタイプ。
ピンクペッパーの彩りが素敵です。


対するめぇさんのグリーンカレーは唯一無二かつ不動の美味さ。
合がけプレートでいただけるのは面白いですね。

そして、さまざまな副菜はどれも気が利いていて楽しく美味しかったのですが、
特筆すべきは「納豆のビンダルー」。
これがどこの国のものともつかない、けれどネバネバで刺激的で旨みたっぷりで、
右のグリーンカレーにも左のラムキーマにもぴったりマッチ、それぞれの美味しさを増幅する素晴らしい仕事をしているんですね。

橋渡しをしつつ、主張もしっかりするという、東南アジアの華僑文化の如し役割。

コラボプレートならではの楽しさです。


食後には桃ラッシー。
桃といえばめぇさん、めぇさんといえば桃。

禁断の味でございますね。

閉店時間過ぎまでゆっくりさせていただき、その後めぇさんたちと近くの居酒屋でお疲れさま呑みをするという・・・・
実に高円寺はカレーと酒の天国でございます。

また面白いコラボ、仕掛けてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カリーショップ豆くじら



関連ランキング:インドカレー | 高円寺駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad