FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

Art of Curry in Ginza.「Mrs. Dada」(銀座一丁目)

最近は日本人のみならず、インド、ネパール、タイなどそれぞれのルーツをもつ外国人シェフが、この日本で独自のカレーを作り出す例が増えてきました。
銀座一丁目に誕生した、こちらのお店もそう。

日本人オーナーと南インド・ケララ州出身シェフのタッグによる、オリジナルカレーのお店です。


「Mrs. Dada」

グランドオープンは2019年11月11日。

お店のテーマは「Art of Curry」。

その宣言通り、大衆食としてのカレーとは逆を行く、洗練された空間が出迎えてくれます。


確かにアーティストや表現者にカレー好きが多いのは事実。
五感を刺激するスパイスが、創造の泉を活性化させてくれるのも、また事実。

いや、それだけではありません。

総合芸術と呼ばれる映画ですら満たすことのない、触覚、嗅覚、味覚に加え、痛覚である「辛さ」までも体感できるカレーはまさに、究極の「アート体験」足り得る素養を持っているに違いないのです。

「Art of Curry」
実に面白いコンセプトと言えましょう。

この日はランチ訪問。
ワンプレートのカレーランチが用意されているのですが、もちろん単なるカレーライスではありません。


★ラムカレー \1000

インドカレーとも、カレーライスとも、スパイスカレーともつかない独特の風合い。


クルンと巻かれたパパドにディップされたカチュンバルサラダ、綺麗にあしらわれたフェンネルの葉・・・・
まさに「Art of Curry」です。


そして驚くことにはこのラムカレー、かなり攻めた辛さ!!
美麗なビジュアルに油断していましたが、アートはアートでもこれ、マーシャルアーツじゃないでしょうか。
そしてラム肉自体は素晴らしく柔らかい食感。
羊独特のクセもなく・・・と言いたいところですが、いやいや、羊のクセをいい感じに活かした通好みのチューニングとなっていましたよ。

この一皿が銀座で1000円とは、かなりのお得感。
ま、アートにお得感なんて言葉は似合いませんけれども。

夜はまた、違った表情の「Art of Curry」が楽しめそう。

これからの進化にも期待できそうなお店です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ミセス・ダダ



関連ランキング:カレーライス | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ジョンとヨーコと茄子キーマ。「樹の花」(東銀座)

1974年8月4日銀座。
オープンしてたった4日目の喫茶店に訪れたのは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの2人。

この瞬間に、この喫茶店の運命は決まりました。


歌舞伎座のちょうど真裏。「支那麺はしご」のビルの2階。


「樹の花」

今ではジョンとヨーコゆかりの喫茶店として、ファンが訪れる場所となっています。

天井が低く狭い階段さえも、ジョンとヨーコと同じ空間に身を投じる一つのコンテンツに。


直筆サインはじめ店内はジョンとヨーコづくし。
流れる音楽だってもちろん。

もしあの時、ジョンとヨーコが来ていなかったら?
もちろんこうではないわけで、運命というのは面白いものです。

だがしかし、私の動機は聖地巡りではありません。
喫茶店に求めるのは、珈琲とカレー。
実はこちらのカレー、喫茶店としては少し変わっているんです。

ライスかナンが選べるインド寄りのカレー。
定番メニューの「豆と野菜のカレー」に加え、スパイシーチキンカレー、なすのキーマカレー、玉子のココナッツカレーの3種がローテーションで用意されています。


★なすのキーマカレー ¥1150

この日は茄子キーマ。
キーマといってもドライタイプではなく、少し玉ねぎのとろみを感じるグレービータイプ。


優しい辛さと旨み、その中にクローブやマスタードシードが香ります。
程よい塩気もあり、しっかりとした味付けですね。


タンドール窯がない喫茶店ですから、ナンは窯焼きではありません。
フォカッチャのようでもありますが、それもまた喫茶店らしさか。


★セットコーヒー +¥500

このナンだけに珈琲との相性は抜群。
コーヒー自体もしっかりとしたアロマで、高いクオリティです。

そもそもビートルズ、ジョン・レノンとインドは切っても切れない関係。
独特の、深く潜りながら上昇するメロディは明らかにインドの影響でありますし。

ジョンとヨーコゆかりの喫茶店にインド風カレーがあるのも、自然な流れなのです。多分。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

大阪から東京初進出!麻婆麺とスパイスカレーとスパイス呑みが楽しめる居酒屋。「スパイス食堂サワキチ 東京築地店」(築地市場)

今まさにHOTな話題のひとつである中華とカレーの融合。
大阪に登場し、あれよあれよというまに2号店まで出した麻婆麺とスパイスカレーのお店が、今度はなんと東京進出!

「スパイス食堂サワキチ 東京築地店」

2019年7月9日オープン。

製麺店と共同開発した唐辛子練り込み麺と、「KOBE SPICE」から仕入れてブレンドする生スパイスを使った麻婆麺。
そして麻婆カレーをはじめとしたスパイスカレー。
さらにはその間を行き来する複合メニューを、お酒と共に楽しむスパイス居酒屋スタイルのお店。

「全国区の話題となってきた大阪スパイスカレー」「中華とカレーの融合」「呑めるカレー屋」という、今のカレー界が注目する要素がぎっしりと詰まっていますね。


店内のイメージカラーは赤。
もちろん、辛さをイメージする唐辛子の赤でありますが、お酒が進む大衆中華・大衆居酒屋をイメージさせる色でもあります。

と、その勢いで昼呑み。

★生レモンサワー ¥450


さて、麻婆麺とスパイスカレー、どう選ぼうか・・・・
麻婆咖喱麺なんてのも魅惑的ですけど・・・やはり合がけカレーとしても食べておきたい!


★3種あいがけ咖哩 ¥1200

麻婆カレー、海老カレー、魯肉の合がけ。

麻婆カレーは初め結構麻婆豆腐。
あとからスパイスの香りがやってきて、カレー感を演出してくれます。

海老カレーはふわっと穏やかな味わいながら、旨味たっぷり。
麻婆との落差が心地よく、スリランカカレーにおけるパリップ的立ち位置といえましょうか。
意外と重要です。
振りかけられたカスリメティが大阪スパイスカレー感を増しているのもポイント。

ライスの上にドドンと乗った魯肉はスプーンで切れる柔らかさ。
濃厚な八角の香り、その溢れる汁にガリが素晴らしくマッチング。

全方位から中華の風合いを感じさせつつ、しっかりとスパイスカレーに着地。
そして大切なことは、中華要素を組み込むことで、難しい解釈が要らない美味さとなっている点であります。

さて、もう一つの看板メニュー麻婆麺はどうでしょう?

★モッツアレラ麻婆麺 ¥960
・ 排骨トッピング +¥300


こちらはあえて麻婆咖喱麺にせず、かわりに排骨でカレー要素を足してみました。
そう、排骨って実はカレー味の豚唐揚げですからね。
安定の麻婆に特製の中太麺がナイスな絡み。
一瞬「麺?」と思うほど伸びるモッツァレラが辛さを緩和しリッチな味わいに。

これは美味いですねぇー。

うん、けれどその上でもっと刺激が欲しい!ってな時も安心。

卓上に辣油、お酢、そして山椒オイルが完備しているんです。
特に山椒オイル、たっぷり使うとええ感じに痺れが来ますよ。

麻婆麺にはライスがサービス&おかわり自由。
後半は丼に投入して麻婆丼に。

さらにランチ時にはコーヒーかチャイもサービス。

えらい満足感が得られること間違いなしですね。


★汗拭きタオル ¥350

ナイスデザイン!音楽の日に一人だけこれを肩掛けしたい!

夜の居酒屋メニューもカレーや麻婆味満載で気になる。
営業は24時までと、夜の早い築地にしてウルトラナイス。
是非今度は居酒屋使いしたいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイス食堂サワキチ 東京築地店



関連ランキング:中華料理 | 築地駅築地市場駅新富町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ウドンタニーのママが頑張れと言っている。「ガイ」(宝町)

オープンした時から気になりまくっていた、宝町のタイ料理店にようやく訪問。

「ガイ」

「ガイ」とはタイ語で「鶏」、カオマンガイの「ガイ」です。
凄いですよね。食材が店名なんて。

一見、この正面扉が入り口に見えるのですが、鍵がかかってます。

ホントの入り口は横の蛇腹カーテン。

このフェイント感。

しかも入店するや否や、いきなり泣かせにきます。

「ガイ タイレストランにようこそ!」


「ママに頑張れと言われた (^-^)」

いやぁ、こんなタイ料理屋さん、応援するしかないやん・・・


こちらのクルーは皆、タイ東北イサーン地方ウドンタニー県出身。
お店の壁にはウドンタニーの魅力がたっぷり。


「昔古代のカオマンガイ弁当」


「タイの家庭野菜を自分で植え」


「昔の水牛で畑作り」

溢れる郷土愛。
ウドンタニーに行きたくなります。

頑張ってます、頑張ってますよお母さん!


★アサヒスーパードライ生ビール ¥380

なんと銀座エリアでこの価格!
そしてこの完璧な泡!!

すげー頑張ってる!ママに伝えてあげたい!

さて、イサーンといえばやはりこれ。

★ラープガイ ¥890

激辛挽き肉サラダ、ラープ。
具材はやっぱりガイですよ。

辛さはウドンタニーレベルでお願いしました。
バイマックルーがたっぷりで爽やかな酸味と辛さ。
そして粗挽きならではのガイの旨みが溢れ、なかなかのヒット!


★メコンコラハイボール ¥450

タイならではのカクテルがよく合いますね。


★カオソイ ¥1080

チェンマイ名物のカレーラーメン、カオソイ。
メインの具材はもちろんガイ。
カオマンガイと共通仕込みと思われる蒸しガイです。


ベースはココナッツミルクたっぷりでマイルド。
〆の一品ですね。

ウドンタニー出身の店長さんは爽やかナイスガイ。ガイだけに。
コンパクトな店内がお客さんであふれかえっているのは、料理もさることながらお店を包む優しい空気感あってのことでしょう。

この頑張りがウドンタニーのお母さんまで届くといいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ガイ



関連ランキング:タイ料理 | 宝町駅京橋駅銀座一丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

日比谷でヒルビリーヒルズ。「Diya ディヤ 東京ミッドタウン日比谷店」(日比谷/有楽町)

六本木ではヒルズに入っているインド料理店「ディヤ」が、日比谷ではミッドタウンに入っていました。

「Diya ディヤ 東京ミッドタウン日比谷店」

2018年3月29日、東京ミッドタウン日比谷の開業にあわせオープン。


モダンとクラシックを融合させたような店内。
街のコンセプトとイメージがピッタリです。


さて、「ディヤ」といえばやはり、昼からビリヤニ食べられるのが嬉しいところ。
こちら日比谷でも同様でした。


ボリュームたっぷりの食前サラダをいただいて待ちましょう。


★ビリヤニセット ¥1580

壺焼きタイプのチキンビリヤニにサラダ、好みのカレー一種が付いてくるランチセット。

ビリヤニはちゃんとバスマティ米、ちゃんと作っています。
ほんの10年前まで、都内でも珍しかった「ちゃんとしたビリヤニ」ですが、こういう商業ビルのランチでいただけるようになるなんて、まさに「隔世の感」がありますね。


選べるセットカレーは辛口チキンカレーを選択。
割とフラットな仕上がりなので、ビリヤニにつけて食べると良かったです。
(ということはやはり、カレーセットよりビリヤニセットにすべき、だな。)


★アイスコーヒー ¥280

そして何より良いのはこのロケーション。
コーヒー飲んでゆっくりしちゃいそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

DIYA 東京ミッドタウン日比谷店



関連ランキング:インド料理 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ