カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ネパール人によるアットホーム居酒屋、馬場に誕生。「居酒屋 友の花」(高田馬場)


「居酒屋 友の花」

居酒屋?

ん?ネパール??


やっぱゴリゴリな居酒屋?


いや、ひょっとしてゴリゴリのネパーリー??


早速入ってみましょう。


ネパール人と日本の居酒屋文化の親和性の高さには特筆すべきものがありますが、こちらもネパール人たちによる、リーズナブルな居酒屋。
オープンは2017年5月12日だそうです。


けれどランチメニューにもネパール色があちこちに感じられ微笑ましいところ。


★ランチ ネパールセット ¥550

カレーは日替わりのサグチキンをチョイス。
ここで豆を選べばダルバートになるところですが。
ムラコアチャール&生野菜にネパールを感じます。


サグチキンはネパールというよりいわゆるインド式なのですが、ネパールシェフ特有のニンニク強めチューニングで、ご飯に非常に合う味となっています。


んで、そのご飯がまた独特。
日本米がエアーズロックのようなカタチに固められているんですが、モチモチ固めに仕上がってるんです。
スパイスオイルかギー足して炊いてるのかな?

いずれにせよ、ソツなく日本人が好む味になっており、550円はお得感あり。

テーブルにディナーメニューもあったので、ちょっと拝見してみましょう。



ズラリ揃った居酒屋メニューに、チョイチョイ紛れてるスパイス料理。
550円のアジアン鍋が気になりすぎる!

・・・けど、ゴリゴリのネパール料理はないのかな?
訊いてみたら、出てきましたよ、別メニュー。

あらあらあらまあ!
あるわあるわあるじゃないの!!

ダルバートからカジャセット、マトンタスからジブローまで!
こりゃネパールの学生向け。嬉しい限りです。
しかも、オーダーあればランチ時にも提供できるって・・・頼むしかないですね。


★パングラフライ ¥590

ネパールの砂肝炒め。
これがまた、これがまた塩胡椒とミックススパイス効いてて酒飲みメニューやわぁ!


それを察してか店員さん、ラッシーをサービスしてくれましたよ。
サッポログラスで気分だけほろ酔い!

高田馬場にはあまりなかった、リーズナブルでカジュアルなネパール居酒屋。
夜も遅くまでやってるみたいですし、気軽に立ち寄りたいお店ですね。


これからの季節、ベランダ席もいい感じですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シャン族の豆腐麺が悶絶級の美味さ!「ミャ ミィン モ」(高田馬場)

リトルヤンゴンこと、ミャンマー料理パラダイス高田馬場。

シャン族料理の名店「ノングインレイ」が入ったビルの2階に、またまたシャン族料理のお店が誕生。


「ミャ ミィン モ」

わぁ いぃ 名 前 です ね。

外見は鄙びた感じですが、内装はなかなかラグジュアリー。

ミャンマーカラオケも完備で、こりゃなかなか居心地良さそう。

とはいえこの日はランチ訪問。
グダらず、暴れず、おとなしくランチセットをチョイスしてみましょう。

★ランチセット トーフノェ ¥850

こちらシャン料理の定番のひとつ、トロットロの豆スープに平たい米麺を合わせた料理。

「トーフ」は日本の「豆腐」と語源が同じで、日本の豆腐が大豆で作られるのに対し、ミャンマーの「トーフ」はヒヨコ豆から作られます。
(大豆から作った、より日本の豆腐に似た食品もあるのですが、こちらは「ペピャー」と呼びます。)

つまり、こちら言ってみれば「シャン式豆腐麺」。

トッピングにはパクチーやピーナッツに加え、以前流行った「食べるラー油」の原型とも言えるミャンマーふりかけも乗っていてなかなか豪華。
さらに豚皮揚げ「ワカゥチョウ」や、漬け物、胡椒たっぷりのスープも付いてきます。


さて、いただいてみましょう。

トーフベースのスープはもはやスープと呼べないほどのフワトロ感。
湯葉がとろけたような、またはたまご豆腐の粘度を増したような、「ナニコレ!?」的食感です。

平麺はこのスープとほぼ一体化しており、麺がスープに絡むのか、スープが麺に絡むのかわからないほど。
フワトロツルッ!フワトロツルッ!ってな感じ。

いやいやこれ、かな~りクセになる美味さ。
特にフワトロ好きな日本人は完全にハマる味ですね。

さらに、具材をガーッと混ぜこんでみます。

フワトロツルッだけじゃなく様々な食感が混じり合い、ふりかけの旨みと辛さがズン!とパワフルにやってくる。
優しさと激しさの波状攻撃で、なんだ!この美味さは!!

そもそもミャンマー料理は日本人の口に合うものですが、特にシャン料理は寿司の原型である熟鮓があったりと日本食との繋がりが深い料理体系。

新しく新鮮でかつ、どこか懐かしい、魅惑の美味さを是非体験してみてください!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

穴場。地元密着型スパイスカレー店。「ブラザー」(下落合)

下落合駅改札前の踏切脇にある「スパイスカレー」屋さん。


「ブラザー」

平日お昼どき、なかなかの繁盛っぷりです。


この日は12時45分ころの訪問でしたが、すでにチキンと野菜が売り切れ。

厨房にはコンロ7口という充実設備で再仕込み中でした。
その仕込み中のチキンってのがべらぼうに旨そうで、待っても良かったのですが・・・そこは仕事と仕事の合間移動中の訪問ってことで、すぐあるモノをオーダー。


★エビカレー ¥820
・激辛
★豆トッピング +¥120


シャバッシャバなカレーにプリプリの剥き海老、チャナ豆、キドニー豆、緑レンズ豆がたっぷり。
ライスに添えられたポテサラも可愛いですね。


そして味がちょっと個性的。
インドの家庭的なカレーのようで、ニッポンカレーのようでもある。まさにその中間なんですね。
つまり、小麦粉を使わず、シャバシャバで、スパイスの香り重視でありながら、
割と塩分も味も濃く、カレーライスの味にググッと寄せている感じなんです。

カテゴリとしてはやはり「スパイスカレー」ということになるのでしょうが、あんまり似ている味が思いつかないな。

用いているお米はあきたこまち。
カレーライスのご飯としてもしっかり美味しいです。

地元密着型のスパイスカレー店。
次回は是非、チキンを攻めてみたいですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

イサーンシェフが作る、緑のカオソイ。「コムローイ」(西早稲田)

東京メトロ副都心線 西早稲田駅北口からすぐに誕生した、お洒落めなタイ料理屋さんにランチ訪問。


「タイ料理 コムローイ」

2016年9月14日オープン。


カウンターにはウイスキーがズラリ。
ちょっと素敵なダイニングバーといった雰囲気ですが、ランチのオススメメニューはカオソイ。


★グリーンカオソイ ¥800

チェンマイ名物の「カレーヌードル」カオソイ。
そのグリーンカレーバージョンです。
ちなみにこれとは別にオリジナルバージョンのカオソイもありました。


器が素敵で、ビジュアルインパクトも抜群。


麺は縮れ中細麺タイプのバミー(中華麺)、上に乗る揚げ麺はさらに細麺で、なかなか繊細です。

スープはまさにゲーンキョワンガイ(鶏肉のグリーンカレー)、ごろっとした鶏肉や茄子が入っています。
お洒落なお店のお洒落な麺、と油断していると結構お腹いっぱいになりました。

夜のメニューをチラッと見てみると、イサーンやらチェンマイやら北のほうの料理があれこれ。
店長の藤井さんに聞けばシェフのナーナイさんはイサーン地方出身で、今より更にマニアックなイサーン料理を出せるよう、メニュー改訂準備中とのこと。

このお洒落空間で一体どんなマニア料理が出るのか・・・楽しみですね!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

2017年大注目!本気のスリランカ料理店誕生。「アプサラ」(西早稲田/高田馬場)

代々木「カフェ ロリータ」で驚きの本格スリランカ料理を提供し話題となったスリランカ人シェフ、ジャナカさんがついに、スリランカ料理専門店をオープン!

場所は早稲田通り沿い。
「ティーヌン」や「ヤミツキカリー」の近く。

「アプサラ」

2017年3月26日オープン!
嬉しい通し営業です。

一階はカウンター席、さらに地下にも素敵な空間が。


コテコテじゃない感じがセンス良しですね。

ジャナカさんは元々イタリアンのシェフ。
和食を含め様々な料理レパートリーを持っており、スリランカ料理教室の先生もなさっています。
「カフェロリータ」でスリランカ料理の提供を始めたのも、「母国の料理をもっと広めたい」という想いから。

その想いが結実したのがこの、念願の新店「アプサラ」というわけです。


メニューは真摯なスリランカ料理ラインナップ。
まだ写真や説明も少ないので、初心者は戸惑うかも知れませんね。

そんな時は基本のセット「ライス、カレー ワンプレ~ト」か、そのバナナリーフ包みバージョン、「スリランカカレーのバナナリーフ包み」かを選べばOK!!


★スリランカカレーのバナナリーフ包み ¥1500

丁寧に包まれたバナナリーフの上にパパダムがちょん。
「可愛い!」って声が聞こえてきそう。

それでは・・・ご開帳!!


見てくださいこの美麗ビジュアル!
カフェ調の店内とのギャップも見事ですよね。


パイナップルカリーに玉子、ポルサンボル、パリップ、ナスのモージュ、オクラのテルダーラ・・・
詳しく知らなくても大丈夫。
まずは単品の味を楽しみ、気ままに混ぜながらいただきましょう。


おぉ、優しい中にもスパイスがガッツン効いています。
シナモンは丸ごと一本、ブラックカルダモンもゴロリ。
メリハリ効いたスパイスマジックはかなり好み。

ランチからこんな贅沢、いいんでしょうか?

ちなみにバナナリーフで包んだスリランカ弁当といえば、「ランプライス」という呼び名が(マニア間で)一般的だったりしますが、こちらのメニューはあくまで「スリランカカレーのバナナ包み」。
「スリランカの本当のランプライスはまた別モノ」というこだわりです。


★ミルクティー

スリランカといえば紅茶。
暑い日にピッタリな甘いミルクティーですよ。

スリランカ料理の名店が林立する大阪と較べれば、まだまだ層が薄い東京スリランカ料理シーン。
この「アプサラ」の登場が一つの起爆剤となるかも知れませんね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad