FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

早稲田通りにアットホームなシャン料理店誕生。「アジア ミャンマー料理 メルティン」(西早稲田)

様々なミャンマー料理店が犇めく、「リトルヤンゴン」こと高田馬場。
タイヌードルの「ティーヌン本店」横にできた新しいミャンマー料理店にチェックイン。


「アジア ミャンマー料理 メルティン」

2018年6月オープン。

ミャンマー料理の他、韓国料理もちょっと置いているようです。

場所は雑居ビルの二階。

鉄扉が閉まっていますが、勇気を出して開けてみましょう。


迎え入れてくれたのは、笑顔が優しい女性シェフ。
カウンターにインレー湖の写真があるように、北部出身のシャン族だそうです。

入り口扉の内側は完全防音仕様。
そうか、カラオケも置いてますからね。


★アサヒ生 ¥500

サービスで登場したのはこちら。

ひよこ豆でできたシャン豆腐。
ほんのり甘いブラックソイソースにフライドガーリックの組み合わせ。
シャン流の冷奴です。


★豆腐トッ ¥800

続いて豆腐攻め。
こちらはシャン豆腐の炒めもの。
見た目はシンプルですが、これがなかなかの旨さ。

シャン豆腐のプルッとした食感に、ザクザクのガーリック、そしてピリ辛な唐辛子。
時折香る柑橘香は刻んだシャオユエ(コブミカン)、タイで言うバイマックルー。

実はシャン族の語源はSIAM、つまりタイ民族とはルーツが共通。
用いる食材にも共通点があるのが、面白いところなんですよね。


★レモンサワー ¥400


★チキンカレー ¥800

さてさて、ミャンマーのカレーといえばヒン。
鶏肉を用いているからチェッターヒンなのですが、他のミャンマー料理屋でいただく、
油の多いスープ状のチェッターヒンとは全然違います。
鶏は骨付き手羽、2日目の肉じゃがのようにグズグズに崩れたジャガイモ。
水分も油分も少なく、辛さよりも旨み押しの一品。
ミャンマー北部スタイルのチェッターヒンとのことです。
これ、日本人なら誰もが好きな味なのでは?


胡椒たっぷりのスープもいただきました。

メニュー数自体は少ないですが、アットホームな雰囲気と、お酒にしっかり合う濃い目の味付けの料理。
なんとも落ち着くミャンマー・シャン料理のお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アジア ミャンマー料理 メルティン



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 面影橋駅西早稲田駅学習院下駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

誕生、麗しき早稲田スパイスカレー。「Spice Curry & Cafe scent」(西早稲田/早稲田)

近ごろは東京独自のスパイスカレーのお店も増えてきました。
こちらは早稲田通りにオープンした東京スパイスカレーの新店。

「Spice Curry & Cafe scent」(セント)

オープンは2018年12月5日。
白を基調とした洒落たトーンが特徴的です。

モデルさんがここでカレー食べてるだけで、雑誌の表紙になっちゃいそう。


カレーは2種。
あいがけや追加トッピングも用意されています。
なら、そうしましょう!


★2種あいがけ ¥1200
・スパイスチキンカレー
・マスタードフィッシュカレー
・パリパリチーズ +¥100
★ランチドリンク チャイ ¥200


なんと麗しい!
料理の色彩レイアウト、皿のセレクト、完璧なビジュアル。

カスリメティ香るチキンカレー。

マスタードフィッシュの魚はほぐれカレーと一体化。
ひよこ豆たっぷりマスタードシードたっぷりでかなりツンとする仕上がり。

パリパリチーズは薄焼きかと思いきや、マカロンみたいにエアリィな厚みが。
このトッピングは外せませんね。


ランチはアイスチャイが200円。

オトコメシ的なカレー店が多い早稲田界隈で、この見目麗しく香り高きプレート。

きっと、女性人気出ますぞ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカレー&カフェ セント



関連ランキング:カレーライス | 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ミャンカラ&ミャンマー珍料理でヒートアップ!「さくらミャンマー」(高田馬場)

ミャンカラが好きなんです。
ミャンマー人たちとカラオケしていると、音楽って楽しいなぁと思うのです。
そして、理屈抜きに仲良くなれるんです。

こちら、ミャンカラで私がよく行く行きつけ店のひとつ。


「さくらミャンマー」

もう店名からして日本とミャンマーを愛してる空気感。


中へ入るとさらに感じます。
国境を越えたアットホーム感。


帰ってきたーって気持ちがします。

そしてここはリトル・ヤンゴンこと高田馬場。
お客のほとんどはミャンマー人ですが、みんな日本人が大好き。
心配はいりません。


★ミャンマー瓶ビール ¥600

まずはこれですよね。
缶もありますが、ビンだとさらに美味いです。

料理メニューはいろいろな意味で多彩。
見ているだけで楽しくなりますよ。



さ、歌いがてら料理をいただきましょう。


★ラペットゥ ¥750

まずはこちら。
ミャンマー料理店で必ず最初に頼むべき定番のお茶の葉サラダ。
こちらのは干し海老たっぷりの旨み攻め。


★ガーペトウ ¥780

日本語の説明は「ブロンズフェザーバック魚を揚げて味味和えたサラダ」!!
ラペットゥの茶葉が魚のすり身揚げに置き換わったような料理なのですが、結構酸っぱ辛くしてもらいました。
最高です。
が何故、「今夜はブロンズフェザーバック」なのかは謎!


★アメーターヒン ¥700

「アメーター」は牛、「ヒン」はミャンマーカレー。
つまりはミャンマーのビーフカレー、なのですが、こちらかなりのドライタイプ。
スパイスよりも旨味重視の仕上がりで、角煮か時雨煮といった風合いです。


★ワタドゥト ¥900

ミャンマー式豚モツおでん。
日本語の説明は「おでん見たいな感じ☆豚の内臓」
ちょっと甘みある味つけが親しみ☆やすいですね。


★マーラージャッター ¥890

唐揚げ的なチキンにピリ辛なタレを絡め炒めた一品。
そう、ミャンマー料理には意外と四川料理の影響もあるんてす。


こちらはヤギ肉のサラダ。
メニュー名は失念!


★シチャカウスェー ¥800

いわばミャンマー式油そば。
ミャンマーは油そば天国なのですよ。


★生ビール ¥450


★ミャンマーそば焼酎

日本とミャンマーの絆を象徴するお酒。
そのストーリーはお店で聞いてみて。


★ハイネケン



遅い時間になるにつれ、増えてくるミャンマー人人口。

歌で繋がりましょう。
ミャンマー人が特に盛り上がってくれる曲は「乾杯」「壊れかけのレディオ」「島唄」ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

さくら



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 高田馬場駅目白駅学習院下駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

早稲田通りに、満足という名の新店登場。「インド&ネパール料理 サントスティ」(西早稲田)

あー、また新店を見つけてしまった。
日曜の夜、早稲田通りをあてなく歩いていると、タイ料理「トゥンテン」の隣に新しいインド料理店ができていました。


「インド&ネパール料理 サントスティ」

2017年10月1日オープン。

他のネパール系インド料理店と比べるとシックな雰囲気。
ちなみに店名の「SANTUSTI」とは、ネパール語で「満足」の意だそうです。


クネクネガラスのシャンデリアも見ものですね。
いやー満足満足。


★生ビール ¥250

銘柄はプレモル。
一杯目限定の激安価格がありがたいですね。


★パングラブテコ ¥500

ネパール砂肝炒め。
味付けシンプル、しっかりした歯応えです。


★アルゴビ ¥850
★ジーラライス ¥350


カリフラワーとジャガイモのドライタイプカレー、アルゴビ。辛口でお願いしました。
比率はジャガイモが多めで、じっくりと水分をとばしています。
辛さは唐辛子よりも塩味だいぶ強め。

ジーラライスはクミン炒めライス。
こちらは他店のものより塩気控えめでした。


インド料理店の入れ替わりが激しいこの地。
今後どのような個性で勝負するのか、楽しみですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter :@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インド&ネパール料理 サントスティ



関連ランキング:インド料理 | 面影橋駅西早稲田駅学習院下駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

下落合の人気カレー店、高田馬場に移転。「カレーライス専門店 ブラザー」(高田馬場)

知る人ぞ知る下落合のカレー専門店「ブラザー」が高田馬場駅近くに移転、再始動!


「カレーライス専門店 ブラザー」

(下落合時代の記事はこちら

細ゴシック書体の飾らない看板は相変わらずですね。

期間限定でちょっと面白いメニューがありましたよ。

早速頼んでみましょう。


★鯖キーマ(大辛)¥820

鯖です、サバ。
旨いに決まってます。


マスタードシードを用いるなどインド的な手法ながら、全体として日本オリジナルなカレーライスへと着地させるスタンスは変わらず。


鯖キーマ自体は塩気強めの濃厚な味わい。
三つ葉やミョウガの香りが良く合いますね。

キャベツのスパイスマリネを混ぜ込むと味にさらに深みが出てナイス。

こだわりのあきたこまちご飯とのマッチングも抜群です。

カレー激戦区の高田馬場ですが、似たタイプのお店は案外少ない。
これは、早稲田の学生さんたちにも人気出るんじゃないでしょうか。

下落合の方々は、ちょっと残念でしょうが。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーライス専門店 ブラザー



関連ランキング:カレーライス | 高田馬場駅目白駅西早稲田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad