FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

極彩色に溢れる南インド愛。「インド食堂チャラカラ」(群馬総社)

群馬で南インドのミールスがいただける素敵な場所。
やっと行けました。

群馬総社駅から徒歩15分~20分ほどで見えてくる極彩色のお店。

「インド食堂チャラカラ」



お店の内外を彩るのは、
南インド料理ユニットマサラワーラーのタケダワーラーとしても知られる武田尋善画伯のアートたち。

所せましと!


賑やかに!


シュールに!


おごそかに!


もう美術館としてだけでも来た甲斐があるってもんです。
素晴らしすぎますね。

実はこの時、知る人ぞ知る巨匠シェフ、マハリンガムさんが期間限定で在籍中。
「ヤジニ」閉店後、一時的にここ「チャラカラ」で料理をふるまっていたんです。
この期間はメニュー構成もオーナーシェフの岡田さんではなく、マハリンガムさんが主導とのことで、
実に貴重な群馬ミールスとなっていたのでした。

この日のミールスはタミル式のベジ。


そこにノンベジのカレーを単品追加できるシステム。

となればせっかくなので、全種行っちゃいましょう。

★ベジミールス ¥1200
・サンバル
・ほうれん草のクートゥ
・かぼちゃのコロンブ
・ラッサム
・ライス
・ハルワー
・野菜3品
・パパド
・チャトニ
★ノンベジ4品 ¥1300
・マトンフライ
・ムッタコロンブ
・チキンレバーフライ
・チキンとじゃがいものカレー


いやぁ、実に豪華。
黄色からオレンジに色味が傾いた独特のルックスであります。


ゴールデンミールスとでも呼びたくなるような。



基本のラッサムもサンバルももちろん美味いのですが、この日特に響いたのは、
ほうれん草のクートゥに、かぼちゃのコロンブ。
スパイスのフレッシュな香りがありつつ、ニンニクは控えめ。
素材の味わいをしっかり活かしています。
野菜が旨い群馬という地の利を生かしたチューニングに熟練の技を感じますぞ。


対するノンベジは肉肉肉祭り。
羊に玉子にレバーに鶏肉、ドライとウェットを使い分けており飽きることはありません。
こちらもそれぞれの肉の味を活かしたチューニング故、ベジとは混ぜ合わせずにいただきました。

素材を見極め、それを活かす、引き算のバランス感覚。

ニンニクと塩強めにしてファーストアタックガツーン!ガツーン!ってのも良いけれど、食べ進むにつれ満足感が満ちていく味わいはなかなかできるもんじゃありません。
しかも、食後胃がスッキリするという、医食同源を体感できますし。


食後のチャイはマハさん直々のエアブレンドで。


★チャイ ¥200

スッキリの極みです。

フェーン現象によって、日本でも特に気温上昇が著しいとされる群馬県。
暑い南インドの健康食を美味しくいただくには格好の立地なのかもしれませんね。

マハリンガムさんは5月6日でここ「チャラカラ」での務めを終了。
今後は東京から複数のオファーがあるそうで、果たしてどこに落ち着くのやら。

一方こちら「チャラカラ」はGW明けの5月7日~24日まで渡印の為お休みだそうです。

この日も厨房でマハリンガムさんとやり取りしていた岡田さん。
巨匠の薫陶、そしてインドでの収穫と、営業再開後が楽しみなお店であります。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インド食堂 チャラカラ



関連ランキング:インド料理 | 群馬総社駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

多国籍タウン伊勢崎、攻めの現地式タイ料理。「ノンカイレストラン」(伊勢崎市)

群馬が誇る多国籍タウン伊勢崎。
パキスタンをはじめとした様々な各国料理店が点在しているんです。

(伊勢崎「マーディナ」の記事はこちら
(伊勢崎「パクカレーレストラン」の記事はこちら

そんな中、最寄り駅のない坂東大橋北エリアにはパキスタン、ブラジル、ペルー、ベトナム、タイと、各国料理店が集結。
タダモノじゃないオーラを漂わせているタイ料理レストランがこちら。

「ノンカイレストラン」

目立ちます。けれども2019年5月3日現在食べログ未登録。
伊勢崎にはまだまだ未知のお店がたくさんあるのです。


隣には食材店「POM THAI STORE」を併設。
店先ではいろいろなハーブが栽培されています。



店内はなかなかの充実ぶり。
これだけの需要があるんですね。

ちなみに食材店とレストランは中で繋がっていました。

レストランスペースはとってもPOPで綺麗。
(入店前は暗かったのですが、中へ入ると明かりをつけてくれましたよ。)


メニューを開くとおぉぉ・・・本気度現地度が感じられる構成アンド日本語表記。
これは期待できますぞ。

ただしこの日は帰りのバス時間が迫っていたので、テイクアウトを決断。
マグロのラープがあったので喜んでオーダーしたら、ママさんが、
「これ、辛くないと美味しくない。大丈夫??」と心配顔で確認。
力強いサムアップで返すと、厨房へと入っていきました。

あぁ、この時点で間違いないと確信。

待つこと10分ほど。
料理を受け取り店を出てバスへと乗り込み。
降車後開帳した料理がこちら。

★ラープパラーマグロ(テイクアウト) ¥1000

いやもう、わかりますよね。
この凄さ。凄いんです。

キャベツ1/4玉もドサッと同梱されています。


お皿に盛り付けてみました。
早速いただいてみましょう。

まずは一口。

・・・・。

・・・・・・・・・・。

口の中がバックドラフト状態です。
これは辛い!凄い!!
よく見たら輪切りの唐辛子とその種がビッチリ!
一口で倒れる人いるかも・・・・

オーダー時心配してくれたわけが良ーくわかりましたよ。

けれど、その圧倒的な辛さの中からヅケ的なマグロの旨味がジンジンと拡がってきます。
なんと美味い!
けれど辛い!
けれど旨い!
痛い!辛い!美味い!痛たたた・・・・

テイクアウトながら、伊勢崎タイ料理の本気を垣間見させていただきました。
日本人の感覚を超越してはいますが、味のレベルは非常に高いです。


すぐ近くにはカラオケ&タイ料理の「レモン」。
伊勢崎タイ料理、まだまだ掘りがいがありそうですよ。


(「ノンカイレストラン」周辺へのアクセスはこちらの記事後半をご参照ください。)

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ノンカイ・レストラン



関連ランキング:タイ料理 | 剛志駅神保原駅

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

多国籍タウン伊勢崎のナン工場兼パキスタン食堂。「パクカレーレストラン」(伊勢崎市)

群馬。
知られざる多国籍タウン伊勢崎。
「いせざき」じゃありません、「いせさき」。

工場がたくさんあるこの辺りでは、古くからアジア、南米各国からの移住者がたくさん住んでおり、多国籍な日常が営まれているんです。

JR伊勢崎駅の近くには伊勢崎モスク。


その先には伊勢崎で一番有名なパキスタン料理店「マーディナ」が。
(「マーディナ」訪問記事はこちら。)

ですが伊勢崎には他にもたくさんのパキスタン料理店、各国料理店が点在しているんです。

密集ではなく、点在ね。

今回は駅から離れた場所にある、ステキなパキスタン料理店を訪問してきました。


「パクカレーレストラン」

伊勢崎駅からバスで約25分、本庄駅からバスで約10分の場所にある小さなパキスタン料理店。
「パク」はpak、「パキスタンの」という意味ですね。

食堂スペースは小さいのですが、食材店も併設。
さらに隣にはナン工場「pak nan」を持っており、店頭販売も。

ここで製造したパキスタン式ナンは、全国に発送されているようです。

そして、富山県射水を「イミズスタン」と呼ばれるほどパキスタン料理の聖地へと押し上げた天才シェフ「メガネ兄貴」ことカムランさんもここに一時期在籍していたという、何気に重要なお店なのです。


食堂スペースはまさにパキスタンの大衆食堂。
パキスタン人だけでなく、南米系のお客さんもおり、流石は伊勢崎ですね。

テーブルには日本語メニューもあるのですが、こういうお店では英語ボードを見るのがベスト。

おぉ、ワクワクしますね。
パラクゴーシュトは残念ながら売り切れでした。


★ラッシー ¥300

量多い!500mlくらい?
甘み抜きでお願いしたら快諾していただけましたよ。


★日替りカレー+タンドールBBQセット ¥1050
・HALEEM ハリム


日替わりカレーにハリームがあったのですかさず注文。

ハリームとは小麦、大麦、レンズ豆に肉と香辛料を加え、5~8時間ほど煮込むムスリムのシチュー。
私もあちこちでいただいてきましたが、ここのはかなり個性的。
多分、肉に比して豆の量がたっぷりなのでしょう。
こしあんのように滑らかな舌触り。
おそらくニンニクも控えめなのでしょう、豆の味が引き立つハリームとなっています。
素朴でヘルシー(?)な、毎日食べられる味なのでしょう。


ナンはチャパティに変更可能。
これまた素朴な家庭の味です。


タンドリーチキンはディープロースト、シークケバブはチキンベースで香草の香りたっぷり。
ここまでついて1000円はお得すぎますね。


こちらはARbi Goasht さといもマトンのセット。

東京のお店だと逆に、こんな素朴なメニューになかなか出会えないので貴重ですね。


ホクッと、ネパッと実に素朴、レストランというよりも家庭の味そのもの。


ナンもかなり独特で、フランスパン、バゲットみたいな味わい。
ちなみに隣の工場で販売しているのは丸ナンで、こちらとはまた違うみたい。


料理の素朴な味わい、店内の雰囲気、次々訪れる客の多国籍感。
まさに「国境なき日常体験」です。

通し営業なのも有難く、明るいうちにふらっと訪れるのがおススメです。
(周囲が工業地帯で交通量も多く、夜道はちょっと不安かも)

さらにこのエリア、徒歩圏内にかなりの多国籍料理店がひしめいているのも見どころ。

ベトナム。


ペルー。


ブラジル。


タイ。

そして近隣には小さなモスクも。

駅からはかなり離れている地域ですが、これらを梯子するだけで一日過ごせそう!

最後に、「パクカレーレストラン」及び多国籍料理店が密集するエリアへの行き方をご紹介。
JR伊勢崎駅と本庄駅を結ぶ路線バス、坂東大橋北という停留所が便利。
伊勢崎駅からはおよそ25分、欲上駅からはおよそ10分ほどの距離にあります。

もっとも、「パクカレーレストラン」はこの停留所からさらに徒歩20分ほどなのですが・・・・

そしてさらに、驚くべき事実を発見。

この坂東大橋北停留所、なんと新宿バスタと直行便で繋がっていたんです!

伊勢崎オートレース場と新宿を繋ぐJR高速バスの停留所になっているんですね。
これは素晴らしい。
新宿から往復バスで多国籍料理店巡りツアーができるわけだ!

ちなみにこの日の帰りは19時6分の高速バスにてゆったり快適。
但し途中渋滞で新宿着は22時ちょうどでした。
時間と心にゆとりがあれば、是非活用してみてくださいませ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

パクカレーレストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 剛志駅本庄駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

温泉、カレーそしてチョコレート。「ボサ ノバ」(水上)

水上温泉にオーガニックカカオのショコラ専門店。

「ボサ ノバ」(bossa nova)

鄙びた温泉郷のなか、ひときわ洒落た雰囲気を醸し出しています。


外はゆったりとしたテラス席、店内のインテリアはフランフランで統一されています。
ちなみに珈琲はセガフレードザネッティ。
東京に住んでいると、フランフランもセガフレードザネッティも日常ではありますが、
ここ水上では居ながらにして都会を感じる重要な記号なのでしょう。


こちらのショコラには南米エクアドル産のカカオだけを使用。
ショコラティエ山崎寛朗さんが監修しているそうです。

そしてもう一つ見逃せないのが、お食事メニュー。

そう、カレーなんです。
カレー好きとチョコ好き、切っても切れない嗜好性ですよね。


★プレートセット 舞茸カレー ¥1782
・舞茸カレー
・パン
・サラダ
・本日のデザート
・ドリンク


群馬県特産の舞茸をふんだんに用いたカレーとのことですが・・・・

ふんだん振りが半端ではない!!
めっちゃキノコ味。
もはや舞茸入りのカレーか、カレー味の舞茸か。


季節感を取り入れたチョコクッキーもお洒落です。


★パンケーキセット ¥1300


★フォンダンショコラ ¥1296


どれもバエますね。バエ。

けれど、バエといえばやはり最強なのはこちら。


★ショコラ ラバー ¥1944

もはやCGです。


こちらショコラフォンダンケーキにアイスをのせ、パリパリのボール状ショコラでカバーしたスペシャルな一品。


上からホットチョコをぶっかけて溶かし崩します。


ひゃあ。
アミアミだから量自体は少ないと思ったら大間違い、
かなりのボリュームでカラダの中がチョコ詰になる勢いです。
オーガニックカカオで作ったチョコはフルーティな香ばしさもあり流石の美味さ。

ちょっと根が張る感はありますが、温泉にカレーとチョコ。
なかなか悪くない組み合わせですぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ボサ ノバ



関連ランキング:チョコレート | 水上駅湯檜曽駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

伊瀬崎パキスタンコミュニティに輝く、怪しげで楽しげな一番星。「マーディナ」(伊勢崎)

日本のパキスタン人コミュニティといえば、埼玉県八潮、千葉県野田、富山県射水、そしてここ、群馬県伊勢崎。


街明かりが決して多くはない伊瀬崎の街に燦然と輝く「伊勢崎モスク」。

この辺りには自動車の部品工場が多く、海外からの労働者を招き入れてきた歴史があり、
その中でムスリムコミュニティが形成されてきたということのようです。

そして、モスクあるところに現地式パキスタン料理店あり。


一見掘っ建て小屋にも見えるこの建物こそ、伊勢崎で最も愛されるパキスタン料理屋さん。


「マーディナ」


日本人の目からするとアヤシサ全開なのですが。


ちょっと入りづらい扉を開けて中へ入れば・・・・


意外に広々とした店内。
奥行きが結構あるんですわ。


(・・・確かに奥へと長い建物でした。)


どっちを向いてもこっちを向いても独特のセンス・・・そうだこれ、「トリックアート美術館」系のセンスだ。




カジュアルなのか本格的なのかわからない雰囲気。
素晴らしいのは、
民族衣装を着て髭を長く伸ばしたパキスタン人紳士と、
部活帰りの日本人学生たちが同じ空間でカレー食ってるってこと。


こんな場所なかなかありません。


トイレの手洗い場には湯沸かし器。


まるで出席簿なメニューブック。



開けばまぁ、リーズナブル。
観光価格などどこ吹く風の庶民日常仕様。


が、ここで気になって気になって困っちゃうのが「丸いナン・長いナン」。





とにかく随所に「丸いナン・長いナン」
店員さんにオーダーするときも、聞き返されるのは「丸いナン?長いナン?」

「金の斧?銀の斧?」


★(金土日限定)ニハリボーング 丸いナンセット ¥1000

温泉旅館の朝食みたいな盆に乗ってやってきたスペシャリテ。
俯瞰写真だと迫力が全く伝わりませんがこれ、かなりかなりかなり巨大なんです。

ちょっとアングルかえてみましょうか。

殆ど「ギャートルズの肉」。
羊の骨付きすね肉がドカドカッと入ったニハリ、「グッカー」「グットカ」などと呼ばれる料理とほぼ同様です。


ブラックペッパーが効いてスパイシーな肉をホロホロッと食べ放題。
グレービーにはぶった斬られた骨から染み出した髄の旨みがたっぷりたっぷり。
もうね、こんなご馳走肉ないですよ。最高。


そしてこちらが丸いナン。
いわゆるパキスタン式のミルキーテイストなナンですが、かなり大判なうえに2枚セットが基本。
東洋人の胃にはオーバースペック気味なため、テイクアウトも覚悟しておきましょう。


★ハリーム 長いナンセット ¥800

ニハリ、ビリヤニと並ぶパキスタン料理のごちそうといったらやはりこれ。
トロットロの粘度に煮込まれた、いわば肉シチューです。


どれくらい濃厚な仕上がりか、写真からでもおわかりかと。
トロロローンとした舌触りと肉の旨味、そして柑橘の爽やかな香りがなんとも絶妙。
見た目に華やかさは一切ありませんが、口内に広がる多幸感が半端ではありません。
これは名作ですね。


そしてこちらが長いナン。
いわゆるインドのナンに近いのですが、日本でよくあるナンのモチモチ感は一切排除。
パリッと感と香ばしさで押す、タンドリーロティのような仕上がりとなっています。


★チャップリーケバブ ¥500

鞄の中で潰れたハンバーグみたいな微妙ビジュアルですが、こちらラムひき肉を平たく伸ばして焼いた料理。
肉肉しさ全開のおつまみです。

他にも興味深いメニューがたくさんあったのですが、何せ一品一品のボリュームが凄い。
遠方から行くなら、4人以上でシェア、みたいな楽しみ方が良いかもしれませんね。
ただしその場合でも、テイクアウトの準備は忘れずに。

・・・最後にひとつ、ランチ限定の面白いメニューを紹介しておきますね。

「日本初!!日替わりスピードカレー」
「丸いナン2枚と本日のカレーを約1分でお出しします。」
「忙しいあなたにピッタリ!!」
「ワンコインたったの600円」
(え?)

タイミング合いましたらこちらも是非。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マーディナ



関連ランキング:パキスタン料理 | 伊勢崎駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ