FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

錦鯉泳ぐ、魅惑のスリランカ料理店誕生!「バンダラランカ」(信濃町/四谷三丁目)


ど迫力の錦鯉!


ど迫力の錦鯉がたくさん!


ど迫力の錦鯉がたくさんの水槽!


ど迫力の錦鯉がたくさんの水槽とスリランカ料理!

・・・え?


ここは信濃町、アートコンプレックスシアター。


タケダワーラーこと武田尋善さんも個展をやっていた施設。
実はその一階に、期待のスリランカ料理店が誕生したんです。


「バンダラランカ」

オープンは2018年10月7日。


場所柄、ランチビュッフェとカフェのみの営業です。


ちょっとハリポタ感のある素敵な店内。
棚にはたくさんの紅茶、その上にはロフト席もあります。

この日は14時ころの訪問。
ちょうどビュッフェを片付け始めたタイミングだったのですが、「ワンプレートなら出せます」とのこと。

お言葉に甘えましょう。

と、ここであることに気づきテラス席へ。

このテラス席、凄いんです。

それがこちら。

打ちっ放しのコンクリートに囲まれた、でっかい錦鯉水槽というわけなんですね。


選りすぐりのウルトラハイクオリティな巨大鯉たち。
ずっと見ていても飽きません。


実はここ、アートスペースということもあって、海外からの客にも錦鯉をアピールする狙いがあるみたい。

カレー好き魚好きな私としてはたまらん空間です。

さて、お料理がやってきましたよ。


★スリランカワンプレート
・チキンデビル
・パリップ
・じゃがいものテルダーラ
・大根のテルダーラ
・ビーツ
・ライス(赤米/日本米のハーフ&ハーフ)


おっとこれは見ただけでわかる、錦鯉に勝るとも劣らないハイクオリティなスリランカ!


実際いただいてみれば、第一印象は確信に。
こりゃあ素晴らしい。

全体に味ハッキリ、かつ辛さも良い感じながら、それぞれの食材の旨さをしっかりと生かしています。
とくに大根、これはいくらでも食べられるなぁ・・・・・

そうこうしているうちに、追加のお皿がやってきました。

・パパダム
・ポルサンボル


パパダムは砕いて、ポルサンボルはライスにさっと振りかけて、味と食感の変化を愉しみます。


空間が素晴らしいのは言うまでもなく、料理だってアートスペースの併設食堂なんてレベルじゃない。
東京でもトップクラスに数えられる美味さのスリランカ料理と言ってよいでしょう。

こりゃちょっとびっくりだなぁ。


・セイロンティー

スリランカといえば紅茶。
こちらのクオリティもかなりのもの。

鼻に抜ける様な芯のある香り。
ティールームとしてもかなりのグレードであります。

店員さんは皆スリランカ人ですが、日本語コミュニケーションはバッチリ。
紳士的な接客も好印象です。

しかも通常ビュッフェ1500円のところ、プレート提供だったからとかなりサービスしてくださいました。
オープン記念という意味もあったのでしょうが、いやいや全然この内容なら1500円、安いと思いますよ。

ランチ営業のみということでハードルは低くはないですが、遠くから訪れても損はありませんよ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンダラ ランカ



関連ランキング:スリランカ料理 | 信濃町駅四谷三丁目駅国立競技場駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

麹町でタイ南部料理クアクリン。「タイ屋台食堂ソイナナ 麹町店」(麹町)

麹町駅すぐの場所にできた、カジュアルで入りやすいタイ料理食堂。

「タイ屋台食堂ソイナナ 麹町店」

2017年11月25日オープン。

東京で「ソイナナ」(Soi7)というタイ料理店には全く経営が異なる2系統あって、

ひとつは中目黒、代々木八幡に展開するオトナのデート向けな「ソイナナ」。
もうひとつは西新宿からはじまり東銀座、芝公園、勝どきといったビジネス街に展開するカジュアルなタイ屋台料理食堂「ソイナナ」。


こちら麹町のお店は、後者の系列です。


他の系列店同様料理は嬉しい680円均一。
ちょっとスペシャルなタイの地方料理も780円均一で提供しています。

シェフはタイ中部、チャイナット県出身のエークさん。
タイ東北イサーン料理から、南部料理まで幅広いラインナップですよ。

まずは一杯。

★タマリンドビア ¥480

ベースはアサヒ。

そして「本気のタイ地方料理」と銘打った780円メニューの中からこちらをチョイス。

★クアクリンガイ ¥780

タイ南部名物の激辛挽き肉料理です。
鶏肉はかなり粗挽きで皮も用いられていますね。
味は日本人がイメージする「カレー」っぽさが濃厚。
グリーンカレーやレッドカレーといったタイのゲーンではなく、むしろカレー粉の感じです。
タイ南部にはマレーのムスリム食文化が入っていますから(マッサマンカレーやホーモック、カオモックガイなど)納得の味ですね。

辛さもなかなかええ感じ(暴力的ではない)。
そこにタイ料理ならではのバイマックルーによる爽やかな柑橘香が加わり、ちょっとハマりそうな味になっています。
ビールのつまみは勿論、ライスにぶっかけて丼ものにしても良さそうですね。


★タイティーハイ ¥380

サワー系、安いです。
こちらタイ紅茶のサワー。


★ うま辛チャーハン ¥680

カオパッドナムプリックパオ、つまり発酵系旨辛ペースト「ナムプリック」を用いたタイチャーハン。
意外に辛く仕上がっており、キムチチャーハンなんかが好きな人にもオススメですね。

発酵感は控えめ。
ですので卓上調味料からナムソムとナムプラーを加えていただきました。

お店としても、幅広い客層に対応するため料理のクセは控えめに作っている様子。
寧ろ中級者以上には卓上調味料によるアレンジを推奨しているようです。

麹町界隈でここまでリーズナブルかつツボを押さえたタイ料理ラインナップは貴重。
ショバ代を回せるくらいには繁盛していって欲しいですね!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

岸和田からやってきたカレーうどん専門店。「カレーうどん食堂 のら豚屋」(四谷三丁目)

カレー屋が少ない四谷三丁目界隈。
新宿通り沿いに燦然と輝くカレーうどんの文字。

「カレーうどん食堂 のら豚屋」

「のらちゃん」というマスコットキャラでもおなじみ、大阪岸和田発の手打草部うどん専門店「のらや」がプロデュースするカレーうどん専門店。
「のらとんや」と読み、現在はここ一店のみの展開です。


レトロ調の店内。
ここは生ビールといきたいところ・・・
なのですが残念ながらビールは瓶520円のみ。
居酒屋っぽいけど、あくまでカレーうどん食堂なのですね。


★芋焼酎 ¥360

一番お安いお酒は焼酎。銘柄はかのか。

メニューを見てみましょう。

うどんは徹底したカレーうどん専門。
かけうどんやらきつねうどんやら、ありません。
かわりにカレー丼があったり、なぜかたこ焼きがあったり。


★キングカレー ¥1080

のら豚(炙り豚バラ)、鶏天、ちくわ天、煮玉子が入った賑やかなカレーうどん。


まず目を惹くのは、焦げ目が入ったのら豚の美しさ。
実際、香ばしくてなかなかの美味さです。


麺は歯応え、喉越しともにモチモチを超えてソフト。
とり天、ちくわ天といった揚げ物はちゃんと美味いです。

そして肝心のカレー。
一見濃厚なようで意外とシンプル。
「もう一味欲しいなー」なんて思ってしまいますが。

卓上にあったこの辛味調味料。
見た目はどろソースみたいで、単に辛さを足すというよりカレー感を増す役割を果たしてくれます。
「味カレー」っぽいと言いましょうか、絶対足したほうが美味い。
けれど辛さ自体はさほどではないので、そこそこの量を入れたい。
ですが匙が平たくてなかなか掬えない。
なんてもどかしさもあるわけですね(笑)


ちなみに「のらや」のHPには「のらや100年物語」というコーナーがあり「え、そんなに老舗なの!?」と思ってしまうのですが、よく読めば創業は平成8年。
「これから先、のらや100年物語を創っていくにあたり」ということでした。

さすが浪速の商売人、その辺がうまいわ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

広東語飛び交う香港式カフェ。「香港華記茶餐廳 新宿本店」(市ヶ谷/飯田橋)

市ヶ谷と飯田橋のちょうど間。
賑わっている茶餐廳(香港式カフェ)を発見。

「香港華記茶餐廳 新宿本店」(ホンコンワーキーレストラン」

新宿本店・・・ま、新宿区には違いないか。


店内は完全に日本から切り離された香港。
交わされる会話も広東語がメインです。

なかなかにリアルですね。

メニューにはインヨン(コーヒーとミルクティーを混ぜた飲み物)や腸粉といった茶餐廳の定番がズラリ。

飯田橋の「香港贊記茶餐廳」(ホンコンチャンキチャチャンテン)にはあった香港式カレーライスが無いのは残念ですが、
カレーメニュー自体がないわけではありません。


★シンガポール風カレー焼きビーフン 星洲炒米 ¥980

玉子を絡めたビーフンはガッツリめの塩胡椒とカレー粉風味。
具材には旨味凝縮の干し海老にカリッとした細切りチャーシュー、そしてニラ、モヤシ・・・シンプルながら過不足なし。

香港迷な方々(意外とうるさ型が多い印象)の評価は判りませんけど、十二分に香港気分を味わえました。

そしてこの店のもう一つのお楽しみポイントはパン。

香港式のパンを焼いてるんですね。
といっても、日本の学食にあるコッペパンを丸くしたようなものですが。


私は好物のエッグタルトをテイクアウトしちゃいましょう。


★ホンコンエッグタルト 一個 ¥200

3つテイクアウトしたら香港メロンパンをおまけしてくれましたよ。

とっても素朴な味わい。

これで故郷を懐かしむ香港人も多いのかな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

香港華記茶餐廳 新宿本店



関連ランキング:広東料理 | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

駅近で24時間複合アジアン。「ジャラナ」(飯田橋)

東京メトロ飯田橋駅B1出口すぐにそびえ立つ、複合アジアン居酒屋。


「ジャラナ飯田橋店」

で、でけえ・・・

この店が凄いのはデカさだけじゃありません。


なんと24時間営業なんですね。

朝はインド料理モーニングなんかもあるみたいです。

この日はランチ訪問。
一階は意外にもタイト。
高さはあるが広さはないみたいです。

と、いうか、相当タイト。

かなりスリムな方じゃないと座れない席もあったりして、ダイエットにも良さげですな。

ランチ時は二階より上、あまり解放してないみたいです。



ランチタイムはインドかタイ。
タイカレーにもナンが付いてくるあたり、さすがの複合アジアン!


★ダブルカレーライスセット ¥920

なんと!カレーライスにも容赦なく付いてくるナン。
というか、ライスは2種のカレーをなんとか仕切るくらいの量なので、実質ナン&カレーがメインであります。

選べるカレーはマトンとポーク。
ネパール人の店ですから、ポークオーケーなんす。
辛さは辛口でお願いしました。

ネパール人らしい、ニンニクガッツリ仕様。
辛さもほどほどにいい感じ。

駅からも近いし、ファストフード的に使えるお店ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ジャラナ 飯田橋店



関連ランキング:居酒屋 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad