FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

平日ランチ限定、カレーかき揚げ丼の魅惑。「天重 本店」(半蔵門)

カレーうどんにカレー蕎麦、カツカレー、カレーパン・・・
カレーは日本のさまざまな食文化と融合し進化してきました。
ですがこの組み合わせは今でも少ない。
カレーと天ぷらの組み合わせです。

東京メトロ半蔵門駅1番出口を右手に回り込んですぐ。


「天重 本店」

創業1965年の老舗天ぷら割烹。
「てんしげ」と読みます。

こちらの注目は、平日ランチ限定のこちら。

・辛口カレーかき揚げ丼
・辛口カレー野菜丼


これがまさに必殺メニュー。
早速ご紹介しましょう。

ビジネス街だけあって、ランチ時は大賑わい。
(写真は念動力でお客を消しています)
テーブルの相席は覚悟しましょう。

卓上のメニューにカレーの文字はなし。
大丈夫、臆することなく頼みましょうね。


★辛口カレーかき揚げ丼 ミニうどん付 ¥1000

実に素晴らしいビジュアル。

サックサクに揚がったかき揚げの下に、シャバッと黒いカレーがチラリ。

柄が長く先の小さいスプーンでいただきます。

カレーと天ぷらの組み合わせがなかなか他店にないのは、天ぷらの油とカレーの相性難しいから。
その点こちらは見事としか言いようがありません。

カレー自体は油少なくサラリ。
スパイスに加え七味のような唐辛子が用いられておりなかなかスパイシーであります。
いわゆるうどん屋の粘度高いカレーとは全くの別物。

そこへスプーンで切れるほどサクサクなかき揚げ。
当然衣がポロポロッとカレーに落ちるのですが、あら不思議。
衣の油を吸おうとしているまさにその時に、カレーのバランスが完成するんですね。
かき揚げにも野菜の他、小柱まで入っていて幸せな気分。

こりゃあ堪らん。
なんと、30年前に開発されたメニューというのですから驚きです。
(もちろん改良はあったかも知れませんが)


そして、オプションのミニうどん。
単品に250円プラスですが、これは付けるべき。


かき玉たっぷり、喉越しつるっとした讃岐うどんなんです。
軽く七味を振りかければまた格別。

丼自体のボリュームはさほどではないので、無理なくいただける量。
メリハリできて良いですよ。

ちなみに昼は税込、夜は税別。
冒頭で触れた通りカレーメニューは平日ランチのみ。
近くに「天重 支店」もあるのですが、そちらでは扱っていないのでご注意を。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

フードコートでホットな話題ぐつぐつ。「ホットスプーン 東京ドームシティー店」(春日/後楽園)

東京ドームシティー内のフードコート「GO-FUN」に人気カレー店「ホットスプーン」が登場。



五反田で根強い人気を誇る「ホットスプーン」。
新宿、丸の内と支店を展開したかと思いきや、まさかのフードコート進出です。


「ホットスプーン 東京ドームシティー店」

「ぐつぐつ土鍋カレー」という文字の主張が凄いですね。
やはりフードコートでは押し出しが大事なのでしょう。

オーダーはカウンターにて。
料理の出来上がりを知らせるブザーを受け取り席で待ちます。
最近よくあるシステムですね。

オーダーしたのは土鍋カレー
・・・ではなく、こちら。

★4種から選べる2つのルゥのカレープレート ¥850
(牛すじカレー+ほうれん草のカレー)


昨今東京でもよく見るようになった合いがけカレー。
お皿のキッズテイストはフードコートならではですね。


カレーはいずれも、フードコートっぽい仕上がり。
作りおき感は否めず、やっぱり本店とは違うなぁという印象でした。

ですが、広々として明るい雰囲気なので、小さなお子さんがクズった時のベースキャンプなどにも便利そう。

土鍋カレーならアツアツだけに、より本店気分を味わえるかも知れませんね。

・・・と、お店のレポはここまで。

空席たくさんのフードコートの中でなぜか隣に座ってきたおじさんが興味深かったのでレポ。

歳の頃50前後。

オーダーを済ませ、隣の席でスポーツ新聞を速読。
しばらくしてブザーが鳴ると、掴んだブザーを耳に当てて、「はい。」とひとこと。

いやいやいや・・・

店員さんに呼ばれ料理をピックアップ。
あ、ぐつぐつ土鍋カレーを頼んだのね。

と思ったら今度は、土鍋をお茶碗のように持って食べ始めた!!

えぇぇぇぇっ!?

ぐつぐつしてまんがな!!

しかし平気な様子でスポーツ新聞読みながらパクパク。

一体何者?

我々の近くには、人間に成りすましたエイリアンが案外たくさんいるのかも知れません。

http://www.masaladosa.jp/

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

登場、2店めのマガリカリガリ。「飯田橋カリガリ」(飯田橋)

実店舗をもつ人気店ながら、間借りカレー展開にトライする「カリガリ」。
新宿の間借り一号店に続き飯田橋に二店舗目の間借りをスタート。

飯田橋駅B5出口からすぐ。

ファミマ隣「ビストロクオン」の平日ランチ間借り。


「飯田橋カリガリ」


地下へ続く階段。
新宿店と同様、ライブハウスのようなエントランス。

もともと「カリガリ」はアイドルやアーティスト界隈と親和性が高く、間借り展開への挑戦にもアーティストたちの就労支援という側面があるそう。


こちらの店舗は客席も厨房も広々。
立地ふくめ、間借りじゃなきゃ大変なレベルの恵まれたハコです。

カレーのラインナップは新宿と共通。
いつもなら、カリガリ名物のココナッツたっぷりカレーに魯肉飯を合い盛りした「アキバ盛りカレー」にするところですが、ちょっと思い直しこちらをセレクト。


★魯肉飯 ¥700

はい、あえてカレー抜きにしてみました。
単品で食べてみたかったんです。

「いいのか?」

ええ、これが良かった。

「カリガリ」の魯肉飯、こんなに八角と花椒が効いていたのですね。
合い盛りでは感じきれなかった魯肉飯自体の美味さ。
カレーがなくとも満足の一皿・・・いや、もはやカレーなのか。

しかしなかなか美味かった。
ここからさらにシビレを効かせた「ビリビリカリガリ魯肉飯」なんか作ってくれた日にゃ、幸福の絶頂ですがな。

Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

錦鯉泳ぐ、魅惑のスリランカ料理店誕生!「バンダラランカ」(信濃町/四谷三丁目)


ど迫力の錦鯉!


ど迫力の錦鯉がたくさん!


ど迫力の錦鯉がたくさんの水槽!


ど迫力の錦鯉がたくさんの水槽とスリランカ料理!

・・・え?


ここは信濃町、アートコンプレックスシアター。


タケダワーラーこと武田尋善さんも個展をやっていた施設。
実はその一階に、期待のスリランカ料理店が誕生したんです。


「バンダラランカ」

オープンは2018年10月7日。


場所柄、ランチビュッフェとカフェのみの営業です。


ちょっとハリポタ感のある素敵な店内。
棚にはたくさんの紅茶、その上にはロフト席もあります。

この日は14時ころの訪問。
ちょうどビュッフェを片付け始めたタイミングだったのですが、「ワンプレートなら出せます」とのこと。

お言葉に甘えましょう。

と、ここであることに気づきテラス席へ。

このテラス席、凄いんです。

それがこちら。

打ちっ放しのコンクリートに囲まれた、でっかい錦鯉水槽というわけなんですね。


選りすぐりのウルトラハイクオリティな巨大鯉たち。
ずっと見ていても飽きません。


実はここ、アートスペースということもあって、海外からの客にも錦鯉をアピールする狙いがあるみたい。

カレー好き魚好きな私としてはたまらん空間です。

さて、お料理がやってきましたよ。


★スリランカワンプレート
・チキンデビル
・パリップ
・じゃがいものテルダーラ
・大根のテルダーラ
・ビーツ
・ライス(赤米/日本米のハーフ&ハーフ)


おっとこれは見ただけでわかる、錦鯉に勝るとも劣らないハイクオリティなスリランカ!


実際いただいてみれば、第一印象は確信に。
こりゃあ素晴らしい。

全体に味ハッキリ、かつ辛さも良い感じながら、それぞれの食材の旨さをしっかりと生かしています。
とくに大根、これはいくらでも食べられるなぁ・・・・・

そうこうしているうちに、追加のお皿がやってきました。

・パパダム
・ポルサンボル


パパダムは砕いて、ポルサンボルはライスにさっと振りかけて、味と食感の変化を愉しみます。


空間が素晴らしいのは言うまでもなく、料理だってアートスペースの併設食堂なんてレベルじゃない。
東京でもトップクラスに数えられる美味さのスリランカ料理と言ってよいでしょう。

こりゃちょっとびっくりだなぁ。


・セイロンティー

スリランカといえば紅茶。
こちらのクオリティもかなりのもの。

鼻に抜ける様な芯のある香り。
ティールームとしてもかなりのグレードであります。

店員さんは皆スリランカ人ですが、日本語コミュニケーションはバッチリ。
紳士的な接客も好印象です。

しかも通常ビュッフェ1500円のところ、プレート提供だったからとかなりサービスしてくださいました。
オープン記念という意味もあったのでしょうが、いやいや全然この内容なら1500円、安いと思いますよ。

ランチ営業のみということでハードルは低くはないですが、遠くから訪れても損はありませんよ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンダラ ランカ



関連ランキング:スリランカ料理 | 信濃町駅四谷三丁目駅国立競技場駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

麹町でタイ南部料理クアクリン。「タイ屋台食堂ソイナナ 麹町店」(麹町)

麹町駅すぐの場所にできた、カジュアルで入りやすいタイ料理食堂。

「タイ屋台食堂ソイナナ 麹町店」

2017年11月25日オープン。

東京で「ソイナナ」(Soi7)というタイ料理店には全く経営が異なる2系統あって、

ひとつは中目黒、代々木八幡に展開するオトナのデート向けな「ソイナナ」。
もうひとつは西新宿からはじまり東銀座、芝公園、勝どきといったビジネス街に展開するカジュアルなタイ屋台料理食堂「ソイナナ」。


こちら麹町のお店は、後者の系列です。


他の系列店同様料理は嬉しい680円均一。
ちょっとスペシャルなタイの地方料理も780円均一で提供しています。

シェフはタイ中部、チャイナット県出身のエークさん。
タイ東北イサーン料理から、南部料理まで幅広いラインナップですよ。

まずは一杯。

★タマリンドビア ¥480

ベースはアサヒ。

そして「本気のタイ地方料理」と銘打った780円メニューの中からこちらをチョイス。

★クアクリンガイ ¥780

タイ南部名物の激辛挽き肉料理です。
鶏肉はかなり粗挽きで皮も用いられていますね。
味は日本人がイメージする「カレー」っぽさが濃厚。
グリーンカレーやレッドカレーといったタイのゲーンではなく、むしろカレー粉の感じです。
タイ南部にはマレーのムスリム食文化が入っていますから(マッサマンカレーやホーモック、カオモックガイなど)納得の味ですね。

辛さもなかなかええ感じ(暴力的ではない)。
そこにタイ料理ならではのバイマックルーによる爽やかな柑橘香が加わり、ちょっとハマりそうな味になっています。
ビールのつまみは勿論、ライスにぶっかけて丼ものにしても良さそうですね。


★タイティーハイ ¥380

サワー系、安いです。
こちらタイ紅茶のサワー。


★ うま辛チャーハン ¥680

カオパッドナムプリックパオ、つまり発酵系旨辛ペースト「ナムプリック」を用いたタイチャーハン。
意外に辛く仕上がっており、キムチチャーハンなんかが好きな人にもオススメですね。

発酵感は控えめ。
ですので卓上調味料からナムソムとナムプラーを加えていただきました。

お店としても、幅広い客層に対応するため料理のクセは控えめに作っている様子。
寧ろ中級者以上には卓上調味料によるアレンジを推奨しているようです。

麹町界隈でここまでリーズナブルかつツボを押さえたタイ料理ラインナップは貴重。
ショバ代を回せるくらいには繁盛していって欲しいですね!

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
タイ屋台食堂 ソイナナ 麹町店



関連ランキング:タイ料理 | 麹町駅半蔵門駅四ツ谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad