FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

インネパの見本なお店かな。「インド・ネパールダイニング&バー マナカマナ」(水道橋)

いわゆる「インネパ店」というジャンルがあります。
つまりネパール人によるインド料理店なのですが、バターチキン、ナン、タンドリーチキンという3つを軸に、彼らが本国では食べない日本人向けテンプレート料理を提供するお店、という意味合いが強いです。

それらインネパ店は、けれども日本のインド料理店の過半数を占める軒数。
その背景には、ネパール人の日本就労への足掛かりとして定まったビジネスコースの存在、そしてそれを斡旋する業者の存在があります。

水道橋の路地で見かけたこの店は、まさにそんなインネパ店の典型。

「インド・ネパールダイニング&バー マナカマナ」

「本場の」という言葉を良く用いるのもインネパ店の特徴。
それがインドかネパールかを曖昧にできる素晴らしい日本語です。

ちなみに「インドの三ッ星ホテル出身の本場シェフ」という言葉の意味としては、
「インドの三ッ星ホテルで中華を担当していた、本場ネパールのシェフ」という場合も多いので、言葉の裏を読む楽しみがあるのも、インネパ店の特徴といえましょう。

宗教や文化的に扱う食材の制限が少ないネパール人は、インドや中東のホテルやレストランでも重宝されるんです。
ムスリムのシェフに酢豚は作れませんから。

それと、開店・閉店のサイクルが早いのもインネパ店によくあること。
日本就労への足掛かりが目的の場合、税金のこともあり一年半以内に次のネパール人に店を譲り閉店することも多数。
店名がコロコロ変わるお店が多いのは、そのような理由です。
但し、店名と中の人が入れ替わっても、提供するテンプレート料理は変わらないので、内装・設備・時にはメニュー自体も使いまわせるわけですね。(メニューの店名表記が別店になっていることが多いのもその理由です)

テンプレートインド料理を提供する街場のインド料理店には、ネパール人によるインネパ店の他、バングラデシュ人による店、パキスタン人による店などもありますが、見分け方は簡単。
インネパ店には、お店のどこかにヒマラヤ山脈の写真が飾っていますから。

ということで、こちら「マナカマナ」。
あらゆる要素が、「これがインネパ店だ」という見本のよう。

ドリンクメニューは割と充実・・・という風に思えますが、実は置いていないものが多く、ネパールビールならある、とのこと。


★ネパールアイス ¥600

ええ、暑い日にピッタリ、美味しいんですよ。

そして料理。
テンプレなインネパ店でテンプレなインド料理を頼むほど、予定調和なことはないので、あえてずらしたこちらを注文。


★チキンビリヤニ ¥1000

インネパ店のビリヤニっていろいろあって、ガラムマサラ混ぜたチャーハンを「ビリヤニ」と言い切る店もあり、想像の中で作った「ビリヤニ」とは名ばかりの創作珍料理を出す店もあり・・・

そんな中、こちらの店にはビリヤニとは別に「フライドライス」というメニューもあったので、ではちゃんと違いをつけてるんだろう・・・ということでオーダー。

野外の炊き出しみたいな盛り付けですが、お米はしっかりバスマティ米でした。

いわゆるビリヤニキット的なもので作ったのでしょう。
料理としてはビリヤニ、ただホールスパイス感はありません。

実はフライドライスの方が、わかりやすく美味しいのかも。

客は私一人の為、揃ってテレビに熱中するネパール人スタッフたち。
彼らの日本での目標、モチベーション、お店への想いについて、いろいろ想像を巡らせてしまうのでした。

ちなみに板橋・大山にあるネパール料理の名店「マナカマナ」とは、全く無関係です。念のため。


●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!

Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

靖国神社向かいのバングラ系複合アジアン。「アジアンダイニング カーン」(市ヶ谷)

靖国神社向かい。
「アジアンダイニングシディーク」の跡地に居抜きでできたお店。

「アジアンダイニング カーン」

パキスタン系インド料理チェーン「シディーク」の複合アジアン業態だった「アジアンダイニングシディーク」。
こちらのお店もそのコンセプトを受け継ぎ、インド料理だけでなくタイ料理やベトナム料理も扱う複合アジアン居酒屋となっています。

ただし、新しいオーナーはパキスタン人ではなくバングラデシュ人の様子。

同じムスリム系、ハラル対応に変わりはありません。


オリエンタルな雰囲気の店内は前店ゆずり。


★キリン一番搾り生ビール ¥450


★Vaji バジ ¥580

インドでVajiといえば衣をつけて揚げた天ぷら的な料理をイメージしますが、こちらバングラデシュ式のミックスベジタブル炒め。
こういうのもバジって言うのね。
(天ぷらは別にパゴダの名でありました。)

千切りにしたジャガイモ、ニンジン、ナスにカイエンペッパー、ブラックペッパーとクミンを加え、かなりスパイシーに炒めてあり、ビールが進むベジつまみとなっています。


★チキンカレー ¥880
★ライス ¥200


リッチなチキンティッカマサラカレーから、タイのグリーンカレーまで色々あるなかで、あえて一番シンプルなカレーを注文。
この判断が良かった。

素朴ななかにしっかりした旨味。
ニンニクたっぷりでご飯が進みます。

うんうん、バングラらしい美味しさに満足。

月曜と金曜にはビーフカレーもあるみたい。
狙って行くのも良いですね。


●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!

Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

本田横丁に、間借りスパイスカレーの新店登場!「スパイスカレー つぼみのかおり」(飯田橋/牛込神楽坂)

神楽坂、雰囲気の良い飲食店が連なる本田横丁に、間借りスパイスカレー店が登場!


「スパイスカレー つぼみのかおり」

2019年5月1日オープン。
ニンニク料理専門店「Hajime No Ippo」のランチ時間借り営業です。



店内は飲みたくなる雰囲気。
あぁ、夜も来たいなぁ・・・なんて思っちゃうのが、貸主のメリットですね。

カレーはチキンカレー、アサリカレーの二種。
迷ったら両方の法則です。

★2種あいがけ ¥1200
・チキンカレー
・アサリカレー


うわっ、綺麗で独特な盛り付けですね。
けれどよくよく見れば、温玉をライスで囲むことによってカレーに混ぜ込む量をコントロールできる、実に考えられたレイアウトです。


◎チキンカレー

9種のスパイス、鶏むね肉を使用したチキンカレー。
誰もが安心していただける、定番感あふれるカレーです。
しっかり美味いですね。


◎アサリカレー

6種のスパイスとチリパウダー、ココナッツミルクを用いたカレー。
そこにアサリの旨みが加わって、なんとも独特な、他にない味わいとなっています。
これはなかなか個性的。記憶に残る味です。

付け合わせも含め、優しいながらもメリハリがあって、最初から最後まで美味しくいただける一皿。
なかなかの完成度です。


★ラッシー(カラマンシー) ¥300

食後のラッシーは月替わりフレーバー。
6月はビタミンたっぷり東南アジアの柑橘カラマンシーでした。

期待以上の満足度だったこのお店、「期間限定営業」とのことですが、終了時期は未定。
今後の動向にも注目ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカレー つぼみのかおり



関連ランキング:カレーライス | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

受け継がれるハングリー味川の魂。「カレーは飲み物。水道橋店」(水道橋)

学生が集う街に「カレーは飲み物。」あり!

「カレーは飲み物。水道橋店」

実はここ、39年もの間営業していた「ハングリー味川」の跡地。
店内にはこんな宣言も。

「『お得に美味しいカレーをお腹いっぱい 』の気持ちを引継ぎ、私たちもカレー作りに精進したいと思います。」

カジュアルな店名とカジュアルなシステム、一見チャラくも見られがちな「カレーは飲み物。」ですが、実は強いポリシーとカレー愛を感じるんです。

しっかり美味しいですしね。

他の店舗同様、オーダーは券売機にて。

オーダーを受け、仕上げ段階に入った店員さんから声をかけられたら、無料トッピングを番号で3つまで伝えます。


★黒カレー チキン(中盛)¥890
・ツナマヨ
・豆サラダ(バジル風味)
・フライドオニオン


気づけばいつも黒カレー。
私にとってお腹いっぱいカレー=洋食カレーなんですもの。
ちなみにトッピングはフライドオニオン&ツナマヨがマスト。あとは気分で。


大盛も小盛も料金は同じ。
けれど欲張り過ぎはいけません。


中盛でもしっかりとした満腹感が得られますから。


後半戦は、添えられたレモンと卓上の粉チーズ、ハバネロソースを加えながら味変。
美味しく一気にいただけます。

けれども腹持ちは抜群。
やっぱりカレーはしっかりした「食べ物。」なんです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーは飲み物。 水道橋店



関連ランキング:カレーライス | 水道橋駅九段下駅後楽園駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

酒・魚・カレー!あぁ素晴らしき居酒屋。「酒庵 きん助」(飯田橋/牛込神楽坂)

飯田橋から神楽坂にかけてのエリアは、通りから路地裏に至るまで良い飲み屋のオンオンオンパレード。
一生かけても行き尽くせないほど。

・・・なのですが、魚好きお酒好きカレー好きとしては、これ以上望むべくもないお店がこちら。


「酒庵 きん助」

クラウス・キンスキー好きとしても惹かれる店名。
エレベーターで上がるビルの二階なので躊躇する方がいるかもしれません。

ですがお店の雰囲気は意外にもカジュアル。
カウンターや座敷もあって広々。



気兼ねなく寛ぐことができます。


★砂のかけはし(芋) ¥540

お酒の価格も良心的。

そして注目すべきはお通し。
この日はおでんと真子の柚子漬け。


どちらもお通しの域を超えた満足度!

近頃はお通しの是非なんかが巷で議論されたりもしますが、
ひとえに満足度の問題だと思うのですよね。


★鶏もも竜田揚げ ¥860

うほっ、素敵なビジュアル。

しかもなんと、カレー塩が添えられていて最高じゃありませんか。


旬のメニューは筆書き。
土佐からの産直魚がズラリ・・・・あ。

ヤガラ!

体長の3分の1以上が口という歩留まりの悪さからなかなか流通せず、港近くで消費されがちなアカヤガラ。
ですが私、好きな白身魚のトップ2はマトウダイとアカヤガラなんです。
ここで頼まなきゃ、次いついただけるか!


★赤ヤガラ塩焼 ¥1200

美しい・・・美しすぎます・・・・


アカヤガラの特徴は白身のふわっとした食感と、サワラとタラバガニを足したような独特の旨味。

細長い口を岩場に突っ込み、ダイソンの掃除機のように甲殻類や小魚を吸い込んで食べるアカヤガラですから、
餌となったエビカニの旨味や赤い色を受け継いでいるのでしょうか。

とにかく最高に贅沢な気分になれる、絶品魚です。

はぁぁ、ここまで酒、魚とくれば、あとはカレー。

実はこのお店の看板メニューがこちらのカレーなんです。

★薬膳カレー ¥1080

メニューには「中医薬膳師が作る本格薬膳カレー」と記載。
白米か雑穀米かが選べたので雑穀米でのオーダーです。

野菜をミキサーでペーストにしたとろみ、弾力ある鶏肉、ふんだんなマスタードシード。

中華薬膳のような、インドカレーのような、けれどもやはり和風のような、ジワッとくる味わいが魅力。
さんざん飲んだ後でもこれ食べると「体にいいことした」と思ってしまうような、禁断の一皿ですね。

期せずしてヤガラと出会ったこともあり、満足満腹のひととき。
またちょくちょく面白いネタを仕入れてくれそうなので、フラッと立ち寄ってみるとしましょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

酒庵 きん助



関連ランキング:居酒屋 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ