カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

関西的東京カレーライス。「日乃屋カレー 九段下店」(九段下)

九段下、こんな場所にも日乃屋ができたんだ。


「日乃屋カレー 九段下店」

神田カレーグランプリで優勝し、初の殿堂入り。
そこから一気に名を馳せ、今や東京で最も勢いのあるカレーチェーンとなった「日乃屋カレー」。

優勝したお店がチェーン化したり、もともとチェーン店だったお店が優勝したりする神田カレーグランプリ。
これに関してはいろいろな意見があるかと思いますが、神田カレーグランプリの集計は一般来場客が会場で複数店舗を食べ比べた結果の投票方式。
つまり、
・一度に複数店舗のカレーを食べ比べるため、はっきりして濃い美味さのカレーが有利。
・得票数によって順位が決まるため、コアなマニアに熱烈支持されるカレーより、最大公約数の美味さを担保するカレーが有利。
・そもそも食べてもらわなきゃ検討されないので、当日の呼び込みのキャッチーさ、わかりやすさが大事。
ということなんですね。

言い換えれば、神田カレーグランプリは、「カレー通たちが希求する至高の一皿」を決める戦いではなく、「誰もが食べたいと思い、誰もが美味しいと思えるベストな一皿」を決める戦いであるともいえるでしょう。

ですからそこで優勝したカレーというのは、まさに「チェーン化に相応しい美味さ」であるのは当然と言えるし、最大公約数の味覚平均ってのは1年や2年で激変するわけもないですから、優勝店は殿堂入りさせていかないと、毎年予想通りの結果しか出ない、なんてこともあり得るわけです。

そんな中で優勝、殿堂入りを果たしたこの「日乃屋カレー」はまさに、最大公約数の人々の味覚ニーズに応えた、東京カレーライス文化を担う存在であるともいえるでしょう。


★日乃屋カレー生玉子 ¥730

日乃屋のカレーの特長は、「はじめ甘くて、後から辛い」味の奥行きにあります。
そう、どこかで聞いたことありますよね。
実は、大阪を代表するカレーチェーン「インデアンカレー」に似たアプローチなんです。
カレーの上に生玉子を乗せるのも実に関西的。


誰もが楽しめて、飽きることのない美味しさの、関西的東京カレーライス。

この味が、東京カレーライスのスタンダードになる日はそう遠くないかもしれません。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

超豪華!番町カレーの凄さ。「サロンドカッパ 番町店」(市ヶ谷/麹町)

麹町の、ランチカレーが超人気のイタリア料理店「サロンドカッパ」(SALON DE KAPPA)が、市ヶ谷にほど近い番町に2号店を始動!


「サロンドカッパ 番町店」

2017年1月17日オープン。
夜は「フィオリーレ 麹町店」という別のイタリアンになるため、「サロンドカッパ」のカレーがいただけるのはこちらもランチのみ。


兎にも角にも、凄い内装ですね。
界隈の業界人たちが集う社交場、といった雰囲気です。

ウッホッホ、ワッハッハ。


さて、「サロンドカッパ」の名物といえば、「東京ブラックカレー」と呼ばれる真っ黒なカレーと、パルマ産モルタデッラを用いたハムカツカレー。
もちろんこちらのお店でもいただけますよ。


まず、サラダの野菜がシャッキリ新鮮。
酸っぱい梅しそドレッシングもいい感じ。
気が篭ってる。

注文したのはこちら。

strong>★豪華!番町カレー ¥1850

その日のオススメ3品と4種のチーズが乗ったいわば「全部入り」カレー。
番町店だけの特別メニューです。


定番「東京ブラックカレー」に、モルタデッラのハムカツ、ロースカツ、手ごねハンバーグ。
さらにモッツァレラ、チェダー、エメンタール、ゴーダという4種のチーズ、さらにマッシュポテト。

「サロンドカッパ」来たらハムカツ食わにゃ!という使命感と、
けれど他のも食べてみたいなという好奇心を見事に共存させた一皿でもあります。

これは素晴らしい。

モルタデッラのハムカツの旨さは言うに及ばず。
お!と思ったのはロースカツ。
肉質が素晴らしいだけでなく、塩気強めのモルタデッラに対し、こちらはブラックペッパー強め。
味が被ってないし、負けてない。

それだけでも120%の満足感なのに、
その下からフルサイズの手ごねハンバーグが登場、しっかりジューシーなもんだから堪りません。

さらにさらに、ブラックカレー自体にもステーキのように巨大な牛バラ肉が!

グワァァーッ!!!

豪華というレベルを超えた豪華さで失神しそうです。

ちょっとこれは凄いカレー。

凄すぎて、夕飯要りませんでしたよ。

カレーの猛者たちに是非チャレンジして欲しい!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

神楽坂隠れ家カンボジア料理。「バイヨン」(神楽坂/飯田橋)

神楽坂。
ちょっとハイソな隠れ家料亭に、隠れ家フレンチ。
そして・・・隠れ家カンボジア料理!?


「バイヨン」

東京に東南アジア料理店数あれど、結構珍しいカンボジア料理。
しかもこのお店、神楽坂の割には気軽な価格設定で嬉しいんです。


店名のバイヨン (Bayon)と は、カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。
バは「美しい」という意味で、ヨンは「塔」の意味だそうです。


店内にはバイヨンの絵画がたくさん飾られています。


★アンコールビール黒 ¥700

カンボジアのダークビール。
隣国ラオスのビアラオダークにも似て超美味。
ちなみにドリンクはワンオーダーがルールです。


★チャー・トロップ ¥950

ナスのひき肉炒め。
一見、タイのラープのようにも見えますが、柑橘の酸味はなく辛さも控えめ。
そのぶん、ナスの味わいが引き立っています。


★チャー・サイッコウ・チカモイ・マサウ・カリー ¥1000

牛肉と野菜のカレー炒め。
カレーといいつつもほぼブラックペッパー炒めで、どことなく中華寄り。
食べやすいです。


★レモングラス パーイ チャー ¥1000

レモングラスと胡椒が効いたカンボジアチャーハン。
何気にこれが良かった。


★ソムロー・チーチャイ ¥950

カンボジアはスープの種類が豊富。
なんとこれは海苔スープ。
韓国海苔やタイのタオケーノイを髣髴とさせる海苔の味わいで、鶏肉団子が入っています。
日本人的にはシメのお茶漬けみたいにホッとしますね。
けれども唐辛子やナンプラーを加えればまた刺激的で楽しいです。


★ラパウ・ソングチャー ¥650

カンボジア名物カボチャのプリン。
そもそも「カボチャ」という日本語は「カンボジア」が語源だそうで。
ホクホクのカボチャ部分と甘~いプリン部分、そして付け合わせのバニラアイスのコラボレーションが最高です。

店内とてもアットホームで落ち着いた雰囲気。
料理もタイ料理ほど辛かったり癖があったりもせず穏やかで、いろんな方を連れて行けそう。
もちろん、カウンターで一人飲みってのも良さそうですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

濃厚出汁系ドカ盛りカツカレーがゴゴゴゴ。「とんかつ 吉乃家」(麹町)

麹町、ドカ盛りカツカレーが人気のお店にランチ訪問。

「とんかつ吉乃家」


とんかつ屋といいつつ、昭和洋食寄りな揚げものパラダイスといったメニュー構成。

ランチタイムを外した13時30分の訪問にもかかわらず、店内はギュウギュウの満席でした。


席数44席となっているのですが、なかなかの密度です。

奥の壁には蛭子能収さん、とんねるず等に混じってあの、内村航平さんのサインも。
ここで「勝つ」ゲン担ぎをしたんでしょうか。
御利益ありそうですね。


★並カツカレー ¥1150

はいやって来ましたよー!!

この無言の迫力・・・

「ゴゴゴゴ・・・」という擬音がよく似合います。


カレーはチキン、出汁が効きまくった濃厚風味で個性的。
カリッと硬めの薄い衣に包まれたカツは柔らかでジューシー。
なんと豚肉は「林SPF」を用いているそうですよ。

B級グルメっぽくわかりやすい濃厚な美味さ、そしてネタ映えするドか盛りビジュアルと、人気となるだけの要素はバッチリ。

けどそれだけじゃなく、味もなかなか個性的で面白いカツカレーでした。

後半、腹にたまってちょっと重かったですけどね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

美明豚ヒレかつカレーの美味さに刮目!の新店。「とんかつ 針の山」(市ヶ谷)

市ヶ谷・靖国神社近く。
2016年7月に新しくオープンしたとんかつ屋さん。

「とんかつ 針の山」

ちょっと変わった店名は「針の山の様な衣を纏い中は柔らかいとんかつ」という由来だそうで。


お店は地下ですが、採光もあり内装もモダン。
まだネット上には情報が少ないものの、客の入りは上々のようですね。

さて、私がこの店が気になっていた理由はカツカレー。

ロースかつカレー/ ヒレかつカレー/ チキンかつカレーと三種類もあるんです。
カツカレーを置いていないお店や、とりあえずできますよ的なお店も多い中、
これはちゃんとカレーにも自信があるのだな、という心意気を感じますね。


★ヒレかつカレー ¥1300

黒い器、ご飯が見えなくなるまでかけられたカレー、まさに針の山の如き衣のカツ、キャベツに水菜にポテサラ・・・これは旨そうだ!
その他、味噌汁と漬物もついてきました。

こちらのお店ではトンカツを岩塩でいただくことを推奨、テーブル上に4種の塩が用意されています。

「ブラックヒマラヤ」「ピンクアンデス」「カレー戸越銀座」「天日塩インカ」

・・・ん?戸越銀座??
聞けばこのカレー塩は戸越銀座にある塩専門店でブレンドしてもらっているのだとか。

それぞれの塩の味も楽しみながら、さあいただいてみましょう。

トンカツに用いている豚肉はブランド豚「美明豚」。
シャックシャクで軽やかな衣の中から柔らかな豚ヒレ肉。
これが実に実に旨味たっぷりで美味い!!!
しかも硫黄香たっぷりの岩塩「ブラックヒマラヤ」をまぶすとさらに味が引き締まり絶品!!

これは相当美味いヒレカツですよ。

対するカレーは凄くフルーティーでありながらピリリとした辛さ。
うん、やはりしっかりこだわったカレーだし、岩塩とのコントラストもまた楽しすぎます。

カレーの下のご飯はちょっと柔らかめの炊き加減。
このカレーに合わせるなら、もう少し硬めの炊き加減が好みではありますが・・・
いや、普通にカツとご飯だけを合せるならこれくらいホクホクのほうが良いのかもしれません。

いずれにしろ非常に満足度の高い味わいのカツカレー。

ちなみにカツ、カレーともに量は控えめであります。
(キャベツ、ライス、味噌汁はおかわり自由)


★とんかつ定食 ¥1100

こちらは肩ロースとんかつの定食。
シュワッととろける様な脂身が魅力で、ヒレとはまた違った味わい。
こちらは逆にカレー塩をかけると面白いですね。

この量に対する価格としては、人それぞれ意見が分かれるところでしょうが、
味とクオリティに関しては、間違いないとんかつ屋さん。

市ヶ谷でカツカレー食べたきゃ迷わずここですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

とんかつ 針の山



関連ランキング:とんかつ | 市ケ谷駅半蔵門駅九段下駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad