FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名シェフ斉藤元志郎氏が手掛ける魅惑のカツカレー。「カツとカレーの店 ジーエス」(虎ノ門)

フレンチや懐石の技法を取り入れた独自の洋食で知られる「旬香亭」斉藤元志郎シェフが、なんとカレー屋をオープン!

「カツとカレーの店 ジーエス」

2018年6月18日オープン。
場所は虎ノ門、先日閉店した「リズカレー」の跡地になります。

ジーエスという名前は・・・そうか!Genshiro Saitohのイニシャルだ!

フランスで修業後、四谷「オーベルジュ・ドゥ・ブリクール」」、熱海「ラ・ルーヌ」を経て、1994年「旬香亭」を静岡にオープンした斉藤元志郎シェフ。
その後「旬香亭」は赤坂に移転、同時期に揚げ物専門店「フリッツ」を立ち上げました。
私が最初に訪問したのは「フリッツ」なのですが、そのカツカレーの美味いこと!

現在「旬香亭」は静岡に戻り、東京には斉藤シェフの弟子である古賀シェフが料理長をつとめる「目白 旬香亭」がオープン。
一方「フリッツ」は神田に移転リニューアルし「ポンチ軒」と改名。

ここで驚くべきことは、「フリッツ」時代も充分に美味かったカツとカレーが、「ポンチ軒」になってさらに圧倒的進化を遂げているのです。
しかも「旬香亭」でも、スリランカカレーをベースにしたカツカレーを提供しており・・・!!

フレンチの名シェフとして鳴らす傍ら、カレーやラーメンといった大衆食が好きで、自ら相当数の食べ歩きもしているという斎藤シェフ。
そうでなければ、ここまでの展開は不可能でしょう。

そんな斉藤シェフが初めて手掛ける「カレー屋さん」。

ワクワクが止まらないではありませんか!!


メニューの筆頭はやはりカツカレー。
他にチキンカレーやロースかつセット、
17時以降はさらに、インディアン海老ライス、カツカレーサンドウィッチ、カツ皿とラインナップ。
カレーにはオプションで、ギョクオチ(生卵)、チャプスイ(野菜スープ)も追加可能です。


★名物カツカレー ¥1300

まずはシンプルにカツカレー。
・・・ですがもう、いろいろ独創的で魅惑的!!

あぁ、脳が高速処理モードに突入してしまう・・・・


まず目を惹くのが、黒くてシャバシャバなカレー。
「旬香亭」同様、スリランカカレーをベースにしたブラックカレーです。

ローストしたスパイス(スリランカで言うところのローストトゥナパハですね)を用いる一方で、
カレー粉や、ブイヨンも加え、カツカレーライスとしての親しみやすさもプラス。
インド料理よりも「旨味」と親和性が高いスリランカ料理の特性を生かし、洋食としてのカレーの良さも残しているわけですね。


そしてカツ。
とんかつの名店「ポンチ軒」と同系列だけに、美味くないわけがありません。
但し、ここではあえて、国産のブランド豚ではなく、メキシコ産の豚を使用。
「クセがなくさっぱりしてカレーに合う」のが理由だそうです。

確かに、美味いカレーを美味いカツを合わせたら美味いカツカレーになるかといえば、
必ずしもそうでなく、脂×油でズッシリもたれる食後感に襲われることもしばしば。
そのベストな落としどころを見つけるには、カレー愛だけでも、とんかつ愛だけでも難しいものなのです。

けれど、では、このカツが、
カレーを引き立てる脇役なのかといえば決してそうではなく、単品でもかなりの美味さであることにビックリ。

超肉厚なカツの断面はほんのりピンク色。薄くサクッとした衣と、肉の弾力のコントラストがたまりません。
ブラックカレーにつけて食べればなお良し。
しかしソースや塩で食べてもこれまた旨い・・・・悩ましい!!

そんなことを見越してお皿の左側にカレー、右側にキャベツとカツ、真ん中のライスがそれを仕切っているんですね。
楽しむ順番は、食べる側の自由。
これはまさに、作り手としてより、食べ手としての発想です。

なるほど、ここで腑に落ちた。
「カツカレーの店」ではなく、「カツとカレーの店」と名乗った理由。
それぞれ食べても旨い、合わせて食べても旨い、ということなのですね。

付け合わせの温野菜やピクルス、そして卓上に福神漬けではなくガリと、
細部に至るまで只者ではないことも添えておきます。

世にカツカレーの名店数あれど、ここはいきなりトップランカーに名を連ねてしまいそう。
カツとカレーの高次元の融合を果たした「アサノ」、カツカレーにおける最高級のカツを愉しむ「いっぺこっぺ」・・・
「ジーエス」はそのどちらでもないバランス。
あえてアプローチが近い店を挙げるとしたら、北新地「渡邊カリー」(もしくは同ルーツの「般°若」)くらいかしら。

周囲はビジネス街。
ランチタイムを外しての訪問が良さそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カツとカレーの店 ジーエス



関連ランキング:欧風カレー | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コリドー街の名店カレー、移転再開。「ブラン亭」(新橋)

創業1970年。
知る人ぞ知る銀座コリドー街の隠れ家カレー名店だった「銀座ブラン亭」。
築50年を超える建物の老朽化により2017年3月31日をもって一旦閉店していたのですが、2018年1月15日に待望の再スタートを果たしました。


「ブラン亭」

新しい場所は銀座八丁目。
より新橋駅に近づいたからか、店名から「銀座」が外れていますね。


各フロア飲み屋が入った雑居ビル、ここもそこそこ年季が入っていますね。
「ブラン亭」はその三階。


エレベーターはありません。


ずっと前からここにあったかのような風情は流石ですね。


以前は地下にあるカウンター8席の店だったのが、21席にスケールアップ。
カラオケ設備までありますよ。
・・・というか、それ的なお店の居抜きですね。
いずれにせよ、居心地が良い空間です。


カレーは、
・チキンカレー
・ポークカレー
・キーマカレー
・ヤサイカレー
・豆カレー
・(限定カレー)
の中から2種選び、あいがけで850円。
銀座でこの価格を貫き続けるのは凄いです。


★チキンとキーマ ¥850

ふあぁぁ、もう見ただけで美味しいです。


チキンカレーはサラリ、穏やかなスパイス使い。
ライスに乗ったキーマカレーはしっかり濃厚で、崩しチキンカレーと混ぜるのもまた楽し。

あらためて思えばこの盛り付け、今をときめく「吉田カレー」や「魯珈」の先がけ。
しかも、小麦粉を用いた日本式カレーライスではなく、スパイスから作る「スパイスカレー」の先駆者でもありますね。

インドやネパールを旅し、スパイスは現地から取り寄せるというママ。
例えば、この「ライムペースト」

つまりはインドのピクルですね。
ガッツリした酸味で、カレーに混ぜ込めばさらにエッジの効いた味に!

その他レーズン、フライドオニオン、らっきょ、高菜漬けと、薬味のバリエーションは豊富。
好みの楽しみ方ができます。

こちら昼からの通し営業で夜22時まで。
今度はゆっくり呑みながら。

と、ここでもうひとつのビックリが。
実はこの場所での営業は年内いっぱい。
ベストな場所がなかなか見つからず、中継ぎ的に一年限りの営業なんだそう。

良い場所が見つかるとよいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ブラン亭



関連ランキング:バー・お酒(その他) | 新橋駅銀座駅内幸町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

遭遇!チャコールグレーの粋なナン。「GANDHI」(新橋)

新橋、「マンダラ2nd」の隣、かつて「タカリバンチャ新橋店」が入っていたハコに新しいインド料理店ができていました。


「GANDHI」

オープンは2018年5月21日。
まだ食べログ登録もされていない新店に出くわしたってわけです。


思いきりインドど真ん中な店名。


店奥にガンジーの肖像画があるものの、他はネパール!ヒマラヤ!ネパール!ヒマラヤ!
ネパール人によるインド料理店、通称「インネパ」なお店かと思ってしまったのですが、どうやら店員さんはみなインド人のよう。
前店舗の内装が残っているのでしょうか。

この日はランチ訪問。

一見よくあるメニュー構成なんですが、よく見ればなんと!
全てのセットに「日替わりカレー」が付いてくるんですね。
なんとも斬新。


★Bセット ¥850
・キーマカレー
・日替わりカレー(チキンととうふのスープカレー)
・サラダ
・ナン
・ターメリックライス
・ドリンク


この日の日替わりは「チキンととうふのスープカレー」。
実はインネパ店で当たり確率が高いのがこの「スープカレー」という表記なんです。
なぜならそれは殆どの場合、インド料理ではなく母国ネパールのシャバシャバカレーだったりするから。
シェフ自身が慣れ親しんだ味を日替わりというカタチでこっそり忍ばせているわけです。
ここはインド人によるインド料理店とのことですが、珍しくこのタイプのスープカレーがあったのです。
どういう経緯でしょうか?


シャバシャバでニンニクがガッツリ効いたカレー。
具材にはチキンと豆腐のほか、しめじ、ほうれん草、ニンジン。
インドのイの字もない面白さ。
もちろん、ナンよりライスに合わせます。

もう一つのカレー、キーマカレーはライスにもナンにも合いますね。

と、ここでサプライズ案件発生。

こちらナンはお代わり自由なんですが、何やら不思議なナンがサルビス。

な、なんですか!ナンですか!?これ。

見事なチャコールグレーに染まった未知のナン。
どうやらたまたま、新作ナンを試作していたタイミングらしく、こちらは「竹炭ナン」。
なんとも吸着力がありそうなヘルシーナンでした。

たまたま見つけた新店で、たまたまいただいた新作ナン。

ちょっと得した気分です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

GANDHI



関連ランキング:インド料理 | 御成門駅汐留駅新橋駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あのcampがニクニクしい新業態スタート。「野菜を食べるBBQ CURRY camp 新橋本店」(新橋)

先日、Japanese Curry Awards2017のメダルを代々木の「camp」本店にお届けした際、佐藤代表から新たな展開へのお話を伺っていたのですが、その一つがついに実現しました。



「野菜を食べるBBQ CURRY camp 新橋本店」

2018年3月オープン。
もともと野外キャンプの楽しさをイメージした設計の「camp」ですが、今回は野外キャンプの大きな楽しみの一つであるバーベキューグリルをテーマにした展開。

これまで野菜のイメージが強かった「camp」のいわば肉食バージョン。
看板も従来の緑から黒に変更されました。

通称「黒camp」です。


そして店頭には「ジャパニーズカレーアワード2017受賞」の文字が。
嬉しいですね。


店内はいつもの「camp」調ながら、ほぼモノトーン。


厨房にはドドンとグリル設備。
肉!肉!肉!

メニューを見てみましょう。

グリル肉はチキン、ポーク、ビーフなどが選べます。
カレーは基本のキーマ、粗挽きスパイシーカレー、マイルドなチーズカレーの3種。
さらに野菜もグリル野菜かコールスローかが選択可。


★BBQチキンカレー ¥890
・粗挽きスパイシーカレー +¥50
・ご飯 小盛(120g)


おぉぉ、ビジュアルが全てを物語っていますぞ。


ミックススパイス、ブラックペッパーを卓上でかけて仕上げた粗挽きスパイシーカレー。


色鮮やかな野菜、そして焼きたてアツアツのチキングリル。
最早説明は不要でしょう・・・

美味いに決まってるんですからズルい!!

新橋のオッサンたちが子どもに帰るようなワクワク感。
けれど、意外に(?)お一人様の若い女子が多いみたい。
肉食女子、増えてますからね。大歓迎。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

野菜を食べるBBQカレーcamp 新橋本店



関連ランキング:カレーライス | 新橋駅内幸町駅汐留駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

愛宕にベンガル家庭料理居酒屋誕生!「トルカリ」(内幸町/虎ノ門)

愛宕に、ちょっと個性的なお店が誕生しました。


「トルカリ」

2018年4月2日オープン。
バングラデシュの田舎の、ホームスタイルの料理がいただける居酒屋です。


分厚い木材でできたコの字カウンター。
バングラデシュ人、木の内装結構好きですよね。


★生ビール ¥199

生ビールとハイボールは常に199円。
呑兵衛には嬉しいですね。

突き出しはパパド・・・

じゃなくて、揚げ出し豆腐に海苔、削り節、しらす、大根おろし。
居酒屋スピリットど真ん中!

さて、お食事メニュー。

バングラデシュ料理に加え、ピザやらカレーうどん、カレーパスタなんかもありますよ。


★フィッシュボルタ Fish Borta ¥398

ボルタ(ボッタ)は、ベンガル語で「マッシュした」というような意味。
バングラデシュではマスタードオイルをガンガンに効かせていただきます。
こちらで用いた魚はなんと鮭。
この和風な見た目(笑)
けれど味はしっかり、結構ツーンと来ますよ。


★キチュリ Khichuri ¥998
★マトンカレー Muttton Curry ¥998


キチュリは米にムング豆とスパイスを加え煮込んだご飯。
消化良く、現地では断食明けに食べたりもします。

よく「インドのお粥」と紹介される通り、水分をたっぷり含んだタイプもありますが、こちらはドライタイプ。
パキスタンのバスマティライスを用い、ムング豆だけでなく複数種の豆(マスールダルかな?)を用いています。


マトンカレーはトロみのない、シュルッとしたタイプ。
肉の臭みもなく、柔らかく煮込まれています。

この店のカレーはベースを共通にすることなく、具材それぞれによって異なる仕込み。
人工的な調味料に頼らず、素材の旨みをグレービーに引き出すことを大切にしているそう。
こちらマトンはニンニクを多めに用いることで臭みを飛ばしています。


「全然違うから、食べてみて」
と、チキンカレーも味見させていただきました。
なるほど、ちゃんと鶏の味だ。

ムスリムだけに、ハラール対応もしっかり。
けれどスパイス料理ばっかりで飽きちゃわないように、予約コースなんかではお刺身を加えたり、八海山や獺祭などのお酒を取り揃えたりと、居酒屋としての身構えもバッチリ。


ランチにはハラル弁当なんかもあって、近隣ビジネスマンにも愛されそうな、素敵な店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トルカリ



関連ランキング:インド料理 | 御成門駅神谷町駅虎ノ門駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad