カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

謎多き、インド中華ビリヤニ。「ムスカン」(西葛西)

インディアンタウン西葛西の北のはずれ。
「笑顔」という名のインドレストラン。

「ムスカン」

オーナーはネパール人。
けれどメニューにはいわゆるナン&カレーだけでなく、インド人客が喜びそうなインド中華、つまりインドで食べられている独特な中華料理がラインナップしています。
(注:お昼時、ランチメニューはごく普通のナン&カレーのみですが、グランドメニューからの注文も可能です。)


インドのホテルでは中華担当としてネパール人が働くことも多いため、インディアンタウンでネパール人がインド人向けの中華を作るってのは、ごく自然といえば自然なわけですね。

インド中華、インディアンチャイニーズメニューにはマンチュリアン(満州風が語源ながら満州国とは無関係)やシェズワン(四川風が語源ながら四川料理とは言い難い)料理がズラリ。
ん?ここで行徳「インドヤレストラン」、西葛西「ムンバイキッチン」とメニューが同じことに気づく人がいるかもしれませんね。

それもそのはず、こちら「ムスカン」の立ち上げに参加したムスカンシェフは行徳「インドヤレストラン」にいた方。
そして昨年離籍し、現在は「ムンバイキッチン」にいるのですから。


★カリフラワーマンチュリヤン ¥749

いわゆるゴビマンチュリアン。
「酢豚風」とでも呼びたくなるあんかけ料理マンチュリアンのベジ版です。
ニンニク・生姜・胡椒が効いた濃い味付けで、美味しくないわけがありません。

けれど残念なのは盛り付け。
パサントシェフがいる「ムンバイキッチン」と比べるとかなり見た目が貧相。
味は悪くないのに勿体無いですね。


★ラスニメティカレー ¥799

ガーリックとカスリメティたっぷりのカレー。
ほうれん草がふんだんに用いられたベジ仕様です。
カルダモンなどのホールスパイスが入っていながらも、どことなく中華っぽい濃厚な味付け。


★マトンビリヤニ ¥1199

ネットでこの「ムスカン」を調べると、やたら「ビリヤニが凄い!」との口コミが。
けれどそのほとんどはパサントシェフが在籍した時代のレビューなんですね。

パサントシェフが抜けた後、果たして・・・

果たしてこのビリヤニ、色んな意味で驚きました。

いや、パサントシェフのビリヤニに舌鼓を打った、皆さんの過去レビューとは全く別の意味で、なのですが。

まあ写真をよーくご覧ください。
一見、白と黄色とオレンジ3色の色ムラも美しい本格ビリヤニ・・・ですが、下のほうに目を向ければ・・・何故か米粒が真紅に染まってるんですね。

これ、食べて、なるほど!ある意味すげーな!と思いました。

つまりこのビリヤニ、ビリヤニなのは表面だけで、中はシェズワンチャーハン。
つまりインド中華のチャーハンに、ビリヤニを被せてるんですね。
ある意味おトクっちゃおトクですけど、「ビリヤニが美味い店」というインプットで来店した客に「なるほどこれがビリヤニか!」と思わせるには無理があるような・・・

インド中華という面白いジャンルでありながら、エースシェフが抜けたあとの混乱が、そのまま料理に出たような、ちょっと奇妙なお店。

他人に紹介するのが難しいなあ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ムスカン



関連ランキング:インド料理 | 西葛西駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

日本一のインディアンタウンでインド中華。「ムンバイキッチン」(西葛西)

今や日本一のインディアンタウンとなった西葛西。
点在する、インド人客向けのインド料理レストランでは、通り一遍ではない面白いメニューと出会うことができます。

例えば、「インディアンチャイニーズ」と呼ばれる、インドの中華料理。
日本の餃子やラーメンが、中国の料理とは異なる独自の進化を遂げたように、
インド中華もまた、インド人好みのスパイシーな味付けへと進化しているんです。

今回訪問したのは、以前「ハリ」があった場所に昨年誕生したこちらのお店。


「ムンバイキッチン」

オーナーシェフのバサント氏は、インドではなくネパールのチトワン出身ですが、
ムンバイで25年ものキャリアを積んで来日された方だそうです。
来日後は「和印道」「インドヤレストラン」「ムスカン」等を経て2015年この「ムンバイキッチン」をオープン。
(この辺りの事情はスージーさんのレビューをどうぞ)


メニューを開けば、様々なインド料理ラインナップの中に、インド中華もズラリ。
しかもその内容や表記の仕方は、シェフが以前いた「インドヤレストラン」と共通の部分が多いですね。
(但し両店に経営的なつながりはなく、あくまでも「トモダチ」とのことです)


★チキンマンチュリアン ¥950

マンチュリアン=満州風とでも訳せそうですが、特に満州国起源というわけではなく、餡かけ系を中心としたインド中華の総称と捉えて間違いないでしょう。
こちらは鶏肉の醤油あんかけといった風の味わいで、表面が薄ーくカリッと揚げられた鶏肉の食感もナイス。
旨みたっぷり、味も濃厚でガッツリと食が進みます。


★野菜シェズワンチャーハン ¥950

おぉ、素晴らしい盛り!アッツアツでの提供。
シェズワン=四川風が語源ですが、こちらも実際に四川料理というわけではなく、辛い味付けのインド中華をそう呼ぶ感じ。

このチャーハンもその名に恥じない、ヒリッとする辛さです。
お米はバスマティ使用で、中華のようなインドのようなちょっと面白いご飯もの。

いずれも味はとことん濃いめ。
・・・でありながら確実に美味い。

様々なカレーやビリヤニも揃ったお店ですが、折角なのでインド中華、一品二品挑戦してみると楽しいですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ムンバイキッチン



関連ランキング:インド料理 | 西葛西駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

突き抜けた世界観に腰が抜ける。小岩タイ料理の必殺店。「サイフォン」(小岩)

「カレー」という括りで言えば、今日本一アツいのは大阪ですが、こと現地式の「タイ料理」や「ネパール料理」といえばやっぱり東京が凄い!
それは勿論、それぞれの国のコミュニティの規模が、その中で充分商売が成立するだけの大きさだからであり、
「日本人ってこういう味が好きかな~」とか、「日本人にはこの味は無理かな~」なんて手加減が必要なくなるからでもあります。

元々東京で現地式タイ料理といえば、錦糸町、歌舞伎町、そして蒲田あたりがメッカ・・・いや、タイは仏教国だからポカラかな・・・だったのですが、近年メキメキと注目されるようになったのが、小岩。

店舗数こそ多くはないものの、料理の質でいえば、とんでもないレベルの名店揃い。
「いなかむら」「インター」そして・・・

「サイフォン」

この日の引率は現地式タイ料理の電動師クンプー師匠。
このお店が金町にあったときからの常連、というか、メインシェフ・タムさんの追っかけであります。


タイフェチ秘密結社、ってな感じの入り口。
知らなきゃここで躊躇してしまいそう。


なかなか店内が見えない大理石の通路を通り抜けると・・・・



ステージ付き、フカフカソファ仕様のキャバクラそのものです。
聞けばここ、以前はロシアンパブだった場所らしく・・・・設備をそのまま有効活用しているわけですね。

まあ当然というか、やっぱりというか、店内にはタイ人しかいませんよ。

そしてテーブルにはこんな案内が!!

カラオケ 1曲 200円
食べログorぐるなびにコメントして頂けたら、
得点をお付けします!!


・・・え?マジすか??

口コミと引き換えに合格の鐘、鳴らしてくれるってこと???

と、一瞬思ったのですが、冷静に考えてみたら、その意味が分かりました。(皆さんわかるかな?)

この日は事前に電動師がオーダーしていたスペシャル料理も交え、どんなのが出てくるかお楽しみ!!


★ソムタム・プー・パラー(通常メニュー)

この店だと通常メニューだけど、他店だとかなりスペシャル現地向けソムタム。
サワガニの塩漬とパラー(発酵した魚の調味料)を用いたイサーン人大好き仕様。
現地レベルの辛さでお願いしていたので、普通の日本人ならここでお尻がバックドラフト!!


こんな感じでサワガニが何匹も入っとるのよ。
ちなみにこいつは雄ですね。


★ゴイ・ホイ(事前オーダーメニュー)

つぶ貝!現地で食べるとお腹痛くなる系ね。
けどここは日本、安心していただきましょう。
見た目でわかる通り、こちらも辛さに事欠くことはありませんぜ。


★チャーン

そりゃ瓶のままいくでしょう。


★トム・セープ・ヘーン(事前オーダーメニュー)

牛モツをハーブたっぷりのスープで煮こんだ料理。
・・・なのですが、様々な形状の見たことのない内臓部位がたくさんあって、
デビッド・クローネンバーグ好きなら見てて飽きません。

けど、食べてビックリ。
内臓の臭みが一切ないのは、流石ハーブ使いの魔術師タムさん!
すっぱ辛いタレと、それをベースに苦い牛の胆汁を加えたタレの2種類で楽しめます。

これはかなりスバラシイ!


★SPY

槇原敬之ですね。


★トムヤム・クン・ナームコン・マプラウ・オーン(事前オーダーメニュー)

トムヤムクンですが、普通のトムヤムクンじゃない、フレッシュココナッツミルクを用いた一品。
爽やかな辛さにミルキーなまろやかさが加わり、トムヤムクンとトムカーガイのいいとこ取りな美味さです。
これはいいね~


★ホーモック・タレー(事前オーダーメニュー)

海鮮をココナッツカレー風味で蒸した料理。
さきほどのトムヤムクンで用いたフレッシュココナッツの殻が入れ物になっています。


中身はこんな感じ。
ココナッツミルクとバイマックルの香りがふわぁぁっと拡がり、幸せ感抜群。

ここ、ほんと何食っても美味いですね。


★カオニャオ

イサーン料理にはやはりもち米。
しっかしお皿に「THANK YOU!!」「HAPPY BIRTHDAY」って書いてるよ・・・・
どこで買って来たんだろ?

・・・とかなんとか、楽しみ満喫しまくっている我等の前に、止めの一撃が。



す・・・すごいステージ照明!!!


ト・・・トイレまでビッカビカ!!!

これは意味がなさすぎる!!!



え・・・?


フハッ!まさかの!


スモーク発射!?


え~っ!!?

メシ食ってるだけなのに、凄い過剰演出!!!





・・・霧が晴れ、食事を終えた我々の目の前に飛び込んできたのは、

「おたんじょうびおめでとう」の文字!!

・・・だから!誰のさ!!



とにかくすべてが強烈なお店なのでした。

・・・いや、お店のインパクトに圧倒されがちですが、料理自体の美味さは頂点クラス。
タイ料理好きの皆様には是非勇気を出して食べに来ていただきたい。

落ち着いて食事をするなら、早めの時間帯の予約を。
23時過ぎあたりからはだんだん凄いことになるみたいです。
そういうのが好きな方は、遅めの訪問で是非!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

サイフォン

夜総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:タイ料理 | 小岩駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

インディアンタウン葛西、しっかり本物の北インド・パキスタン料理。「フンザ」(葛西)

今や東京のみならず、日本を代表するインディアンタウンとなった葛西エリア。
IT関係をはじめとするインドのビジネスマンたちのコミュニティがこの地に発達してきたのが大きな理由なのですが、
シェフ経験のない(もしくは中華出身の)ネパール人による「なんちゃってインド料理」が蔓延するこの日本、
「ちゃんとしたインド料理が食べたい」という彼らの要望に応え、この数年で本場流のインド料理店が一気に増加。

南インド料理に、西インド料理、インディアンチャイニーズ料理、インドの軽食ティファンなど・・・
インド料理ファンにとっては聖地のような様相を呈してきているんです。

そんな中、多くの日本人がインド料理と聞いてイメージする、ナン、タンドリーチキン、バターチキンなどは
北インド、それも一般大衆の日常食ではなく、ムガル宮廷料理の流れを汲むレストラン&ホテル食。
葛西エリアでそれ系のお店は・・・・といえば、やはりここでもネパール人による「なんちゃってインド料理」のお店が多数。
やはり、インド人ではなく、日本人のニーズが多いのでしょうか。

「インド人が多く住む葛西エリアへ、本格的なインド料理を食べに」来たにもかかわらず、ネパ系なんちゃって店に入り、
「やっぱり本場の味は違うなぁ」なんて、言いながら帰る日本人も少なくないのでしょう・・・・・

それを象徴するような出来事が最近ありました。

東京メトロの、沿線各地を紹介する堀北真希のポスター。
インディアンタウン葛西代表として紹介されているのは、ネパ系店「バターカレー」・・・
LAのリトルトーキョーを代表してコリアン系「アボカドスシ」なんてお店が紹介されてるようなもんだと思うのですが・・・
それでいいのか東京メトロ。

とかまぁ、そんな煮え切らない思いを胸に、今回やってきたのはこちらのお店。


「フンザ」

パキスタン・フンザ地方出身のオーナーと、日本人の奥さんが経営する、インド・パキスタン料理店です。
ムスリム国家として知られるパキスタンですが、元々はインドと同じ文化圏。
食文化ももちろん、地続きです。

料理長のバーバル氏はインド・コルカタ出身。
五つ星ホテル「オベロイカルカッタ」出身で、2003年には料理の腕を買われ、大統領から表彰されたこともある方。

愛らしい笑顔のアサドシェフはインド・オリッサ出身。
SMAP稲垣吾郎さんがTV取材で訪れた際にもナンづくりの腕前を披露、絶賛されていました。

オーナー、両シェフともにムスリム。
つまりこのお店、ハラール対応レストランなんです。

・・・が、いちおうお酒も置いてますのでご安心を。

-------------------------------------------------------------------------------

この日は休日ランチ訪問。
吾郎ちゃん効果か、その後登場した「アド街」効果か、店内ほぼ満席。
他店同様、ナン&カレーを注文する客ばかりかと思いきや、意外にも良く出ていたのがこちら。


★チキンビリヤニ ¥1000

そう、ランチからレギュラーメニューでビリヤニがいただけるんです。
しかもネパ系なんちゃってインド店の「インド炒飯」ではなく、正真正銘のダムビリヤニ(炊き込みビリヤニ)。
まとめて仕込んで、小分けにして、注文入ったら仕上げて、とかそんな感じの様子です。

ライタ、ダール、サラダ、ドリンクが付いてこの値段は良心的!


バスマティ使用で色ムラ美しく、フワッフワの食感に仕上がった極上ビリヤニ。
オイリーさは全くなく、どんどん食が進みます。

こちらパキスタン・ラホール式のレシピとのことですが、パキスタンに嫁ぎ、現地のリアル生活を知る奥様・久美子さんによれば、
インドでもパキスタンでも、自宅で楽に作れるビリヤニキットが流通しているため、実際には地域による差はさほどなくなっているとのこと。

まぁ、日本における和食だって、そうですもんね。


お米に埋もれていたのは、ごろんとした骨付き鶏肉。
スプーンでホロッと崩れていい感じのウマウマ。
セットのダールも一見ドロッとクリーミーと思いきや、塩&ガーリックが効いていい感じのウマウマ。

かなり、満足度高いビリヤニランチです!!

・・・さて、もう一つ気になったメニューがこちら。

★スベシャルバターチキンカレー&ゴマナンセット ¥1200

え?結局バターチキン頼むの?ってな感じですが、惹かれた理由はこちら、
料理長がかつて勤務した「オベロイ」のバターチキンを再現したものだとのこと!!

「なんちゃってインド料理店」のバタチキとは別物なはず!


・・・食べてみたら、やっぱり別物でした。

変なもったりクリーム感はなく、トマトの酸味とカスリメティの香りが良きバランス。
バタチキ好きな多くの日本人を満足させつつ、インド人やほぼインド人なマニアも満足できる秀作バタチキ!

県境向うの千葉県にも美味しいバタチキの名店がいくつかありますが、ここもオススメです。


セットのごまナン、これもまた誠実な味わい。

よくある、「日本人はでかくて柔らかいもの出しときゃ喜ぶから、ベーキングパウダーでうんと膨らしとこうぜ!」的欺瞞に溢れた、「でっかいもちもちふわふわナン」とは真逆で、噛みしめるたび味わい深くなる、ちゃんとしたナンです。

これをちゃんと絶賛した吾郎ちゃん、偉いですね!


★タンドリーチキン ¥500

追加でこちらもいただきました。
もう、見ただけで美味いと分かります。
つるんとした肉に着色しただけの、よくあるタンドリーチキンとは全く違います。
しっかり立体的なスパイスの香り、味わい。

夜に来てたっぷりいただきたいと思わせてくれますね。

南インドのドーサやミールスのように、日本人が「きゃぁーなにこれ?」って驚くようなキャッチーさはないけれど、
まっとうで、質の高い北インド料理をしっかり提供してくれるお店は、葛西にこそ貴重。

「なんちゃってインド料理店」を本物のインド料理と思っている大多数の人にこそ、来てもらいたい上質なお店です。

そして何より・・・奥様の久美子さんがとにかく面白い!!

混雑で店内が忙しいときにはテキパキと、物腰柔らかな接客をこなしているのですが、
少し余裕あるときに話しかけたら・・・いやいやもうキャラ強いです(笑)

是非、久美子さんのビリヤニイベントとか、お願いしたいところですね。


店内に貼られた、嘘のような絶景写真は、オーナーの故郷フンザ。
ナウシカの「風の谷」のモデルとなった秘境です。

神戸のギルギット・バルティスタン料理「ギルギットカレーALI's」の話でも盛り上がりましたよ。
(ギルギット・バルティスタンとフンザは隣接している場所なんです)


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析
HUNZA

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:インドカレー | 葛西駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

元ニルワナムのシェフが磨き上げた、インド料理魅惑の境地。「ナンディニ」(清澄白河)

最近は南インドの名店出身シェフが新店オープン!ってな話題がカレー界を飛び交っていますが、
なかでも一足先に話題となったのがここ。

「ナンディニ」

2015年2月9日オープン。
シェフは神谷町の名店「ニルワナム」のシェフを務めていたマハリンガム氏。
「アムダスラビー」のシェフを経て、この「ナンディニ」を立ち上げました。


二階建ての店内。
「ニルワナム」の都会的なかしこまり方は微塵もなく、アットホームでありながらさりげない洗練を感じさせます。

テキパキと、しかし温かみを感じさせる店員さんたちの接客。
「ニルワナム」と「アムダスラビー」の良いところをくっつけたような感じですね。
素晴らしいです。

★ショーレイ・ケバブ ¥850

焼いたチキンをスパイスとカレーリーフでソテーした料理。
これがインディアンチャイニーズ的な趣がありつつ、カレーリーフの香りが鮮烈な「南」を感じさせます。
そして何より、鶏肉のジューシーな旨み!

マハリンガム氏が得意とする肉料理の魅力がつまった、極上のおつまみです。

あぁ、書いてたらまた食べたくなってきた・・・・

そして、ヘルレイザー観たくなってきた・・・・

さて、メインのお料理。
この日はちょっと面白いものがあったので頼んでみました。

★限定ディナーセット《エッグマサラライス+カレーソース+1ドリンク》¥1,550

一見ビリヤニに見えますがそうではなく、フワッとバスマティ米をフワッと玉子でさらにフワッフワに仕上げた一品。

とんでもなくフワフワな食感と、そのエアリィな中からムワッと香り立つホールスパイス達が幸せすぎる味わい!!
これはビリヤニとはまた別次元の美味さ。
いや、ちょっと美味すぎますよ。

聞けばこのエッグマサラライス、限定メニューの中でも人気が高く、狙ってくるお客さんもいるのだとか。
ラッキー!!


単独訪問時にビリヤニ頼んだときなど、「あぁ、カレーも食べたいんだけど、お腹と財布がなぁ」なんて悩みがよくあるのですが、
このエッグマサラライスにはカレーが付いてきて大満足。
後半戦カレーをかけていただけば、また新しい味わいが広がります。


しかもセットのワンドリンク、ワインでもOK。
有りがたいなぁ。

ホント正直なとこで言うと、私を含めカレーマニアや南アジア料理マニアって、「南インド料理!」とか「現地風ダルバート!」とか、「あの名店のシェフが!」とかっていうキーワードそのものが大好きなわけで、その大好きな気持ちが味を「補正」しちゃったりもするのです。多分。

でもこの日のディナーは、南インド南インドしていない料理をいただくことで逆に、
シェフの抜群の腕前を「南インド補正」なしで堪能することができた気がします。

本当に、この店の料理は抜群に美味いです。


食後にはベスンラッドゥ。
豆粉を揚げて甘ーい団子にしたインドのデザート。

この最後まで一筋縄ではいかない感じ、また行きたくなるオーラがブイブイ出てて困りますね。

定期的に訪問したいお店です。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ナンディニ

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:インド料理 | 清澄白河駅菊川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad