カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

焼き鳥居酒屋BARの個性派カレーつけ麺。「あみあみ」-下北沢カレーフェスティバル2017-

2017年10月6日(金)~15日(日)の10日間開催されている「下北沢カレーフェスティバル2017」。
149店舗が参加する今年も、多彩なカレーが街を埋め尽くしています。

このフェスが面白いのはいわゆるカレー屋だけでなく、様々な飲食店が個性的なカレーで参加しているところ。

思いもよらぬ出会いがあるんですね。


「あみあみ」

こちらは焼き鳥居酒屋というか、焼き鳥バーとでもいうべきお店。


居酒屋の気楽さと、バーのしっぽり感が共存した、なかなか素晴らしい空間ですね。
引きジリも結構取れてドラマ撮影にも良さそう。

カレーフェス参加メニューはこちら。

カレーつけ麺にカレーライス、フェスならではのミニサイズ対応が有り難いです。


★カレーつけ麺 ミニ ¥500

お、ミニサイズながらしっかり本格的な仕立てですね。


そしてこのカレーつけ汁、食べてビックリしました。
和出汁系かと思いきや、なんとタイのレッドカレー系!

辛さもしっかり、それでいて和なつけ麺にしっくりフィットしてるんですね。
なかなかのもんです。

焼き鳥居酒屋でタイカレーつけ麺なんて、フェスならではの変化球!
・・・なんて思ってたら、なんとこのカレーつけ麺、通常営業時にもあるみたい。

これは嬉しい発見です。

フェス終了後も来てみたい、面白いお店と出会えました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

やってる?やってない?濃厚プチカレーに注目のバー。「atelier?」-下北沢カレーフェスティバル-

2017年10月6日(金)~15日(日)の10日間開催されている「下北沢カレーフェスティバル2017」。
149店舗が参加する今年も、多彩なカレーが街を埋め尽くしています。

カレー屋だけでなく、もちろんBARも。

「atelier?」


このBARの大きな特徴は、外から見ると「やってない」ように見えるところ。
外窓からは電気が消えているように見えるし、入口ドアは閉まってるし・・・・

けれど入ってしまえば無問題。

ブランコチェアがあったり、ハンモックがあったりで、
アートでHIPでアングラっぽくもあり、それでいてアットホームでもあり。

ちょっと居心地よさすぎるほどの居心地です。


生ビールは銀河高原ビール。


★プチカレー ¥350

フェスのカレーハシゴにありがたいプチサイズ。
けれどこのカレーがなかなかのものなんです。

濃厚な味わいのキーマはインド風でも欧風でもない、まごうことなき和風。
かといって、おうちカレーのようにトロッとしているわけでもなくサラッとしているわけでもなく、濃厚な旨みがぎゅっと効いて日本酒に合うんです。

しかもこのカレー、通常営業時にもいただけるとのことで、また食べにくることになりそうです。



ノーチャージでいただく酒の数々。


実は今回、知り合いのフォトグラファー「よしこ様」がスタッフをやっているとのことで立ち寄ったのですが、思いのほか良い店と出会えラッキーな気分であります。


いつもやってるかどうかわからない店ですが、真夜中までやってることが多いっぽいので、恐る恐るドアを開けてみましょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

宮殿の白いカレー。「バッキンガム宮殿 Suzunari」-下北沢カレーフェスティバル2017-

2017年10月6日(金)~15日(日)の10日間開催されている「下北沢カレーフェスティバル2017」。
149店舗が参加する今年も、多彩なカレーが街を埋め尽くしています。


今やシモキタの歴史的アイコン「スズナリ」。
その入り口近くに新しくできたカレーBAR。


「バッキンガム宮殿 Suzunari」

ここはUSJのパーク内か!?と思えるこの美術(・・・と店名)。
実はここ、「ARENA下北沢」や、同じスズナリ内の「東京DOME」なども運営する「呑もうぜグループ」の新店であります。


ロココな宮殿気分満載の店内。
ただお店の広さだけは宮殿というよりアナグラクラスでありますが。

さて、フェス中にいただけるカレーはこちら。

★白い宮殿カリー ¥1000

このインスタ映え!映え!!
「SOMA」や「コロンビアエイト」「吉田カレー」などのビジュアルキャッチを想起させつつも、カレーの白でアイデンティティを主張。
かなり「いいね」が付きそうなビジュアル系カレーとなっています。


白いカレーと聞いて想起されるのはベンガル地方のお祝いカレー「チキンレザラ」。
うん、そんな風合いもあるなぁ。
辛さ控えめでなめらかなクリーミーさがあるあたり「ケララシチュー」のようでもあり。

サッパリといただくことができるので、カレー梯子にも向いている一皿ですね。

カレーは売り切れ御免のスタイルですが、夜はバーとしても楽しめるお店っぽい。

「今日はロココな気分だなぁ」なんてとき最適なお店です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

シモキタで、バナナリーフのキーマカレー。「Cafe & Bar Ethical エシカル」(下北沢)

下北沢駅南口からすぐの場所にありながら、かなり隠れ家的なオリエンタルバル。


「Cafe & Bar Ethical エシカル」



売り上げの一部をNPOに寄付、インドの子供たちを支援する取り組みをされているお店です。



スタッフはみな女性、店内にはゆったりした空気が流れています。


窓の外には井の頭線。


募金につながる様々なグッズの販売も。


★COEDO 伽羅 ¥780

お酒の種類も豊富。
伽羅はやっぱり美味いなあ。


お通しとして、アッツアツのえびせんが出てきました。

この日いただいたメインディッシュはこちら。

★エシカル特製キーマカレー ¥1150

なんと、キーマカレーライスなのにバナナリーフに乗ってるんです。

キーマはしっとりウェット、トマトの酸味と仄かな辛さ。
インドから仕入れたガラムマサラ使用で、ニッポンのキーマカレーでありながら、香りや辛さは強めです。

米はタイのジャスミンライスで、ハイブリッドアジアな雰囲気が楽しいですね。

せっかくの寛ぎ空間、食後のドリンク&デザートもいただいてみました。

★インドのチャイ ¥500

アイスでの提供。
甘く、しかしカルダモンがしっかり効いていますね。


★紅茶のアイスクリーム ¥480

インド紅茶とクリームチーズを合わせたアイスクリーム。
ねっとり濃厚な食べ応えがたまりません。


訪れる場所によって、種々多様な空気が流れるシモキタの街。
この、アジアのゆったりとした時の流れに浸るのも、また良いものですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Cafe&Bar Ethical



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ついに!大阪スパイスカレーの代表店、東京進出!!「旧ヤム邸 シモキタ荘」(下北沢)

ついに!

大阪スパイスカレーの本丸「旧ヤム邸」、堂々の東京進出!



「旧ヤム邸 シモキタ荘」

2017年7月20日オープン。


老舗玩具店の跡地を改装したハコは、昭和風情たっぷり。


大阪3店舗の中では空堀店に近い雰囲気ですが、よりほっこりしていますね。

ちなみに席と席の間は結構狭いです(笑)

けれどこの空気の中では、「昔の日本人はちっちゃかったんだなぁ」なんて妙な納得感がありますね。

こちらの店長を務めるのは、「旧ヤム邸」のエース格である通称イチさんこと藤田さん。
このたび東京へと引っ越してきました。
さらに「旧ヤム邸」オーナーだいちゃんもオープン支援。
さらにさらにホールを務めるのがなんと「and CURRY」のユキナさんと、満を持しまくった体制!


カレーは3種のバリエーションから2つ選ぶ「あいがけ」か、「全部盛り」かを選択。
いずれにも味変に使える「サラッとカレー」がついてきます。
さらにライスはターメリックライスか玄米かが選択可となっています。

この日のカレーはこんな感じ。

★ぜんぶがけカレー ¥1350
①多層ハーブ香る!ポーク&鮪の夏キーマに辛にが緑豆チャトニ
②ナメコ入り和風鶏キーマにしめじと鶏モモ炒め
③ヤングコーン入りペッパーマトンキーマに白ウリのもろみ味噌マサラがけ
〈サラッとカレー〉牛骨ともみじにセロリをあわせた香辛スープカリ-


おおおおっ!これぞまさに「旧ヤム」のカレー!
キーマを主軸に、季節食材をふんだんに取り入れた独創カレーの競演です。


キーマはキーマでも鮪キーマ、マトンキーマ、鶏キーマでそれぞれ、味や食感、香りの方向性が全く異なりメリハリは抜群。
それでいて、カルダモン、クローブ、カスリメティがガツッと効き、和の質感を感じる個性はまさに「旧ヤム邸」。


いずれも滅茶苦茶美味しかったのですが、やはりオッと思ったのはなめこ。
キーマにその粘りっ気が合うこと合うこと!!


中盤あたりからはミニポットに入った「サラッとカレー」をサッとかけ。
ライス中央部を窪ませ流し込み、崩しながら、周囲のキーマと混ぜ合わせながらいただけば、また旨味と香りがグッと立体的に。

最初から最後までウマウマでいただくことができます。


★ヨギーラッシー ¥750

空堀店にもあったラッシーベースのカクテル。
といってもアルコールは強くなく、ゴクゴクいけちゃいますね。

実は最近いくつかのメディアで取材を受け、2017年のカレートレンドは?という問いに対する私の答えの一つが、
「東西カレー文化の融合」。

それを象徴するエポックメイキングな出来事がこの、「旧ヤム邸」東京進出です。

「噂の大阪スパイスカレーって、いったいどういうものなんだろう?」と興味津々の東京の客に対し、
その実力をちゃんと見せつけることができるはず。

しかもこの下北沢はかつて、北海道スープカレーの代表店「マジックスパイス」が東京発進出に選んだ街でもあります。
多様な食カルチャーの需要度が高いこの街から、大阪カレーのインパクトは、どんどん東京中に広がっていくことでしょう。

現に、開店日から客入りは上々の様子。

8月には「コロンビア8」がS&Bと組んだ、レトルト大阪スパイスカレーの発売も控えており、この流れ、
もうだれにも止めることはできませんよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

旧ヤム邸シモキタ荘



関連ランキング:カレー(その他) | 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad