FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

居酒屋で、ドロッとカレーと武蔵野うどん。「武蔵野うどん じんこ」(三軒茶屋)

三軒茶屋という街は掘っても掘っても掘りきれない。
深い飲み屋文化が御座います。

この日はちょっと、いつものエリアを外れて歩いていたら、見つけました。こんなお店。

「武蔵野うどん じんこ」

太くてとにかく歯応えがある武蔵野うどん、好きなんです。
しかもこちら、うどん居酒屋みたい。
早速入ってみましょう。

この日は単独訪問。
カウンターに陣取り、まずは一杯。


★じんこ〈芋〉 ¥400

お店の名の焼酎がありました。
鹿児島の蔵元で作る、こちらの店専用焼酎とのこと。
むちゃくちゃ本気の居酒屋でありますね。


お通しは秋刀魚つくねに椎茸昆布でナイス。

まずは天ぷらをちょこちょこつまみながら。

★ししとう天 ¥190


★鶏ささみ天 ¥190

そして狙うはもちろんカレーうどん。
汁なしでドロッとしたルーがけのこちらをオーダー。

★カレーぶっかけうどん(並300g) ¥740

なかなかの迫力です。


麺は武蔵野うどんならでは、期待どおりの歯応え。
アゴの筋肉をしっかり使いますよ。
ドロッと濃厚なカレーには出汁がしっかり。
けれどしっかりしたカレー感。
カレーと武蔵野うどんって、かなり相性が良いですね。

帰りは店員さんが外までお見送り。
居酒屋飲みと締めのカレーうどんを両立した、なかなか便利なお店でした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

武蔵野うどん じんこ 三軒茶屋店



関連ランキング:うどん | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

通しが嬉しいシモキタスープカレーの新店。「無添加薬膳スープカレー COSMOS」(下北沢)

八王子と並ぶ東京スープカレーの二大聖地、下北沢にまたひとつ新店誕生。

<
「無添加薬膳スープカレー COSMOS」

オープンは2018年4月5日。
経営はレインボーカンパニー。
高円寺のスープカレー店「トリップ」が監修に入ったようです。

この日は15時頃の訪問。
通し営業が何気にかなり有り難いですね!


店内の雰囲気、店員さん共に、いろんな意味でカジュアルかつ「若い」ノリ。
誰もがフラッと立ち寄りやすいスープカレー店です。


けれども内容は正統派。
レインボーカンパニーらしく無添加・無化調がアピールポイント。


★野菜とラムしゃぶのスープカレー ¥1230
・ライス普通
・4辛


スープカレーの基本であるチキンか迷ったのですが、ラムという二文字の魅力に抗えず。
提供は割と早い方でした。


辛さは無料アップのマックスである4でしたが、これくらいの辛さは欲しいところ。
うん、びっくりする辛さではないものの、適度に毛穴が開くサウナ効果が良いですね。
無化調ですが、野菜の旨味が効いているので物足りなさは無かったです。
何せラムしゃぶを昼からいただけるのが嬉しすぎる。


★ラッシー ¥380

辛いカレーには乳製品が基本。

東京に根付いたような根付いていないような、スープカレー文化。
まだまだ広がる裾野はあるはず。
この店から新規スープカレーファンが増えることにも期待ですね!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

無添加薬膳スープカレー COSMOS



関連ランキング:スープカレー | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

流しのカレー美女、ついにキッチン公開。「Kitchen and CURRY」(新代田)

神出鬼没の流しのカレー屋、「and CURRY」の阿部 由希奈(あべ ゆきな)さん。

dancyu2017年6月号「エブリシング イズ カレー」では「原色カレー美女図鑑」という名で佐内正史さんが彼女を撮影したり、
シェフ交代制で参加した下北沢「カレーの惑星」で多くのファンを獲得したり、
関西テレビ「セブンルール」に出演したりと、注目度も抜群のカレー美女です。

【フライング!セブンルール/阿部由希奈編】

様々なキッチンを間借りしカレーを作ってきた「and CURRY」。
そんな彼女がついに、新代田に自分のキッチンを構えたというニュースが飛び込んできました。

「Kitchen and CURRY」(キッチン アンドカリー)

2018年7月8日オープン。
オープン、とはいってもいつもお店として営業しているわけではなく、普段はゆきなさん自身がカレーを研究するためのキッチンとして活用。
主に木曜と日曜の週2日、「キッチン開放日」と称してカレーを提供するという変則スタイル。
つまり、「流しのカレー屋」としての自由な活動は継続しつつ、拠点を構えたというほうが合っているのかもしれません。

もちろん営業日が限られているため、ファンが殺到することも。
酷暑の折も折、炎天下で行列することのないよう、開店時間11時30分の一時間ほど前(10時過ぎ?)ころから記帳サービスも開始しました。


天井高く心地よい空間。


イベントや、料理撮影スタジオにも使えそうです。


この夜は同じく元「カレーの惑星」の真理さんもジョイント。
アットホームな雰囲気の中、ゆきなさんのコース料理をいただきました。


★ネストビール ホワイトエール

まずはコリアンダー入りの爽やかなビールでクールダウン。


★ピスタチオとカシューナッツの蜂蜜漬け

意外にもスターターはスイーツ。
ピーカン的な趣もあり、けれど中東と南インド原産のナッツの組み合わせでスパイス料理への布石もあり。


★ 梨とクレソンのサラダ


★桃とモッツァレラのサラダ

料理とデザートのキワキワを攻めるフルーツサラダ2品。

特にこの季節ならではの桃がモッツァレラに絡み最高。
福岡県うきは市にある、土にこだわる農園から取り寄せた「なつおとめ」という桃だそうでメモメモ。



この日のワインはシチリア産。
甘く喉を潤すロゼをチョイス。


★ナスとトマトのグリル

インドと南米原産のナス科ナス属植物夢の挟み撃ち共演。
芳ばしきインドと爽やかな酸味の南米!


★COEDO まりはな

オーダー時、「まりはな!」と言うと何人かが振り返る素晴らしいビール。
「まりはな」は禁止薬物でもジャスミンでもなく、ホップの和名なんですよ。

そしてお待ちかね、カレーの登場です。

★カレー3種盛り
ゴーヤチャンプル風カレー
キウイとスペアリブのカレー
桃のキーマ
レンズ豆サラダ
卵のアチャール


随所に常夏感溢れる魅惑の一皿ですねー


ゴーヤチャンプル風カレーは油控えめ、苦味と甘味が持ち味。

スペアリブはトロトロの柔らかさ。キウイと煮込んだからでしょうか。
スパイスの焙煎香と仄かな酸味、どことなくスリランカのポークイストのようでもあり。
気に入って骨の髄まで噛み砕いていただきました。

そして桃、夏の王者桃のキーマはほの甘くジューシー。
ひと夏の思い出のような味わいです。

そしてこれらのカレーをしっかり受け止める、玉子の頼もしさ。


スペアリブのカレー、しっかりおかわりしちゃいました。


★桃とディルのアイス

フィニッシュは本日3度目の桃。
この桃なら無限に食べられます。

スパイス料理でありながら、フルーティーでスウィーティーな面白いコース。

「カレー」というでっかいカンバスに、自由に絵を描いているような楽しさが伝わってきます。

さて、お次はどんな料理が飛び出すのか、楽しみでなりませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

キッチン アンド カリー



関連ランキング:カレーライス | 新代田駅東松原駅世田谷代田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ファッションブランドCUNEが始めたカレーBAR。「呑み処CUNEの1階(仮称)」(下北沢)

下北沢。
ファッションブランド「CUNE」のショップ一階がいつの間にか、カレーBARになってまして!


「呑み処CUNEの1階(仮称)」

カフェバーのオープンは2017年10月28日。
毎年ぶっ飛んだ商品展開をするCUNEですが、まさか飲み屋をはじめるとは!
しかもカレー!カレーですがな。

カレーBARとしての営業は18時から。
昼間はカフェ営業をしているみたいです。
http://blog.cune.jp/?eid=1682


一階フロアもSHOPだったころからある、フロア中央のでっかい木。


壁一面のイラストは、今までのCUNEのTシャツに描かれた図柄たち。



どことなくモルゲッソヨ。


カウンターには自家製酒のボトルがズラリ。
一ついただいてみましょう。


★マスカット+キンミヤ+カルダモン ソーダ割 ¥500

甘く爽やかなスパイス酒。夏に良いですね。


そして食事メニュー。
カレーは、
・ほろほろポークカレー
・青菜だらけのベジカレー
・牛スジのインドカレー
の三種。

加えてアペタイザーにはチキンピックルなんかもあって、
メニュー開発者に絶対スパイスマニアがいるに違いない。


★ほろほろポークカレー ¥900

こちらアメリカ南部のプルドポークをベースにした、ほぼ豚肉なカレー。
駒沢「ブルックリンダイナー」のプルドポークも好きなので注文してみました。


なるほど、プルドポークにスパイス絡めたら、まるで白楽「サリサリ」のカレーみたい。(あっちはチキンですが)
こりゃあなかなか良いぞ。
生半可なカフェのカレーなんかより、ずっと良い。


付け合わせはマカロニ、キャベツ、ニンジンそれぞれのスパイス和え。
この適度に力が抜けた、けれどちゃんとツボを押さえている感じもなかなかのもの。

ファッションブランドがノリで始めたカレーBARというには、料理もお酒もかなりちゃんとしてる。
ちょっとスルーしないほうが良さそうですよ。


(追伸)
三吉さんから後にいただいた情報によると、
このお店の前身は池ノ上にあったカレー居酒屋「Biff」とのこと。道理で!只者じゃないはずだ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

呑み処 CUNEの1階



関連ランキング:居酒屋 | 下北沢


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

待望の中華カレーが新登場!しかもハチノスカレー!?「粥麺専家 香港バル213」(三軒茶屋)

2018年2月21日にオープンしたばかりの「粥麺専家 香港バル213」に、注目の新メニュー登場!
はい、つまりは「中華カレーライス」ですよ。


「粥麺専家 香港バル213」

実はこの店がオープンする前の段階から中華カレーライスの構想はあり(オープンしたら中華カレーを是非!とお願いしていたこともあり)、今回満を持しての登場というわけです。



まあ、プレオープン段階からカレービーフンや咖哩牛バラ麺など魅惑のカレーメニューはたくさんあったのですけれど(笑)


★青島ビール ¥580

この店のマスコット「213」(にいさん)のイラストが描かれたグラスに注目。


★イカ団子とうずらのカレーソース ¥620

軽い酒のつまみに最高のカレーメニュー。
気分は香港現地屋台です。


★紹興酒スプライトハイ ¥480

一瞬「ん?」と思うんですが、慣れるとクセになる味わい。
たぶん、次回も頼んじゃうな。

と、ここでいよいよ新メニューの登場!!


★香港風モツカレー

いやぁ、そう来たかぁーってな感じ。
この店のオリジナルトリッパが激ウマなんですが、それをカレーに持ってきたとは!


カレーには豆鼓と潮州辣油が用いられており、ゴクゴク飲める旨さ。
そこにフワッフワになるまで煮込まれたハチノスがたっぷり入っているんです。



もう、これ反則級でしょ・・・・・

添えられた青唐ピクルスをガーッと混ぜ込めば、爽やかでシャープな辛さが楽しめ二度おいしい。
非常に完成度が高く、他にはないオリジナリティの中華カレーとなっています。

〆にはこちらのデザートをば。

★コーヒーティー杏仁豆腐 ¥380

香港ではポピュラーなコーヒー紅茶「鴛鴦」(ユンヨン)仕立ての杏仁豆腐。
しかもトッピングはなんとコーヒー〇ート。
これもリピ確実。

実は今回ご紹介した「香港風モツカレー」は、通常ランチタイムのメニュー。
けれど、ディナータイムにも「カレー細胞を見た」の合言葉で裏メニューとして提供してくれるみたいですよ。
無茶振りもしてみるもんだなぁ(笑)


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
粥麺専家 香港バル213



関連ランキング:中華料理 | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad