カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ついに!大阪スパイスカレーの代表店、東京進出!!「旧ヤム邸 シモキタ荘」(下北沢)

ついに!

大阪スパイスカレーの本丸「旧ヤム邸」、堂々の東京進出!



「旧ヤム邸 シモキタ荘」

2017年7月20日オープン。


老舗玩具店の跡地を改装したハコは、昭和風情たっぷり。


大阪3店舗の中では空堀店に近い雰囲気ですが、よりほっこりしていますね。

ちなみに席と席の間は結構狭いです(笑)

けれどこの空気の中では、「昔の日本人はちっちゃかったんだなぁ」なんて妙な納得感がありますね。

こちらの店長を務めるのは、「旧ヤム邸」のエース格である通称イチさんこと藤田さん。
このたび東京へと引っ越してきました。
さらに「旧ヤム邸」オーナーだいちゃんもオープン支援。
さらにさらにホールを務めるのがなんと「and CURRY」のユキナさんと、満を持しまくった体制!


カレーは3種のバリエーションから2つ選ぶ「あいがけ」か、「全部盛り」かを選択。
いずれにも味変に使える「サラッとカレー」がついてきます。
さらにライスはターメリックライスか玄米かが選択可となっています。

この日のカレーはこんな感じ。

★ぜんぶがけカレー ¥1350
①多層ハーブ香る!ポーク&鮪の夏キーマに辛にが緑豆チャトニ
②ナメコ入り和風鶏キーマにしめじと鶏モモ炒め
③ヤングコーン入りペッパーマトンキーマに白ウリのもろみ味噌マサラがけ
〈サラッとカレー〉牛骨ともみじにセロリをあわせた香辛スープカリ-


おおおおっ!これぞまさに「旧ヤム」のカレー!
キーマを主軸に、季節食材をふんだんに取り入れた独創カレーの競演です。


キーマはキーマでも鮪キーマ、マトンキーマ、鶏キーマでそれぞれ、味や食感、香りの方向性が全く異なりメリハリは抜群。
それでいて、カルダモン、クローブ、カスリメティがガツッと効き、和の質感を感じる個性はまさに「旧ヤム邸」。


いずれも滅茶苦茶美味しかったのですが、やはりオッと思ったのはなめこ。
キーマにその粘りっ気が合うこと合うこと!!


中盤あたりからはミニポットに入った「サラッとカレー」をサッとかけ。
ライス中央部を窪ませ流し込み、崩しながら、周囲のキーマと混ぜ合わせながらいただけば、また旨味と香りがグッと立体的に。

最初から最後までウマウマでいただくことができます。


★ヨギーラッシー ¥750

空堀店にもあったラッシーベースのカクテル。
といってもアルコールは強くなく、ゴクゴクいけちゃいますね。

実は最近いくつかのメディアで取材を受け、2017年のカレートレンドは?という問いに対する私の答えの一つが、
「東西カレー文化の融合」。

それを象徴するエポックメイキングな出来事がこの、「旧ヤム邸」東京進出です。

「噂の大阪スパイスカレーって、いったいどういうものなんだろう?」と興味津々の東京の客に対し、
その実力をちゃんと見せつけることができるはず。

しかもこの下北沢はかつて、北海道スープカレーの代表店「マジックスパイス」が東京発進出に選んだ街でもあります。
多様な食カルチャーの需要度が高いこの街から、大阪カレーのインパクトは、どんどん東京中に広がっていくことでしょう。

現に、開店日から客入りは上々の様子。

8月には「コロンビア8」がS&Bと組んだ、レトルト大阪スパイスカレーの発売も控えており、この流れ、
もうだれにも止めることはできませんよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

旧ヤム邸シモキタ荘



関連ランキング:カレー(その他) | 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ニューデリーから千歳烏山へ。「カビール」(千歳烏山)

千歳烏山駅北口にあるインド料理のお店。


「カビール」

良くあるネパール人によるインド料理店ではなく、ニューデリー出身インド人によるインド料理店です。


店内ではインド食材だけでなく、インドの衣類も販売。
独特の雰囲気ですが、ランチ時の客入りも上々の様子。


★マトンカレーセット ¥680

おぉ、ミニマリズム!
だがそれがインド的。


マトンカレーはシンプルながら、肉のボリューム感もあり悪くない感じ。
辛口でお願いしたのですが、ちょっとカイエンペッパーで強引に辛くしたところがあり、バランス的には勿体無い感じも。

あ、ナンは見た目は寂しいですが、ミシッとした歯ごたえも良く、誠実な仕上がりです。
フワフワに膨張させたナンよりこっちが好きだな。


★チキンカットレット +¥150

ちょっと面白いサイドメニューがあったので追加。
分かりやすく言えば、インド風ケンタッキーフライドチキンです。

「ハバチャル」の登場でカレー地図が塗り替えられようとしている千歳烏山の地。
けれどこういう分かりやすいインド料理店もまた、需要はなくならないのでしょうね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カビールインドカレー / 千歳烏山駅芦花公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの北海道スープカレーの人気店がラーメンに進出!「スパイスラーメン 点と線」(下北沢)

大阪スパイスカレーの大本命「旧ヤム邸」の東京進出に沸く下北沢ですが、時ほぼ同じくしてもう一つ、面白いお店が誕生しているんです。



「スパイスラーメン 点と線」

実はここ、北海道スープカレーの大人気店「Rojiura Curry SAMURAI.」の新業態となるラーメン屋さん。
東京初進出を果たした下北沢の地で、新たなるトライです。

グランドオープンは2017年7月18日。

ラーメン文化華やかなる札幌で進化した、もう一つのスープ食文化「スープカレー」、その手法とエッセンスが今またラーメンにフィードバックされるというのですから、ちょっと見逃せません。


メニューの基本はスパイスラーメンとスパイスつけそば。
辛さやトッピングが選べるあたり、スープカレー的であります。


★スパイスラーメン ¥950

まずは基本メニューで攻めてみました。
丼からはみ出すビッグな揚げゴボウ、スープに散りばめられた菊の花びらなど、ビジュアル的掴みも充分。

早速いただいてみましょう。

麺は縮れ麺。
スパイスフルでありながら、スープカレーよりも油の香味が強いスープは、カレーなのかラーメンスープなのかといえばやはりラーメンスープ。
カレーラーメンではなくスパイスラーメンと名乗る所以に納得です。


揚げゴボウの旨さはもちろんのこと、ゴリッゴリな歯応えが存在感抜群のキクラゲ、食感の良きアクセントとなる煎りピーナッツなど、具材の楽しさも「サムライ」的ですね。



最後は半ライス(¥200)を投入してスープカレー的に。
しっかり残さずいただきましたよ。

そもそも親和性が高いと皆気づいていたスープカレーとラーメン。
盤石な角度から、良き一品の誕生です。

カレー文化の多様性でいえば、今東京で一番面白いのは下北沢。
それだけは間違いないですよね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスラーメン 点と線



関連ランキング:ラーメン | 下北沢


居心地良き、緑のタイ料理屋さん。「トム・ヤム・クン」(千歳烏山)

アチャール推しのカレーBAR「ハバチャル」が話題の千歳烏山ですが、こちらのお店も忘れちゃいけません。

「トム・ヤム・クン」

世に「トムヤムクン」という名のタイ料理店数あれど、こちらは「トム」と「ヤム」と「クン」、それぞれの間に中黒が入っているのがアイデンティティ。
他店と混同したくないときは、「トム中黒ヤム中黒クン」と言えば間違い無いですね。


ビル地下に広がる店内はグリーンが基調。
独特の雰囲気ですが、かなり落ち着きます。


オーナーの根橋さんはとてもフレンドリーで面白い方。
この日も行く旨伝えると、自転車で駆けつけてくれました。感謝!


まずはシンハーで乾杯!


★タイ風焼豚(ムウヤーン) ¥900

つけダレが旨く酒のつまみにバッチリ。


★タイ風オムレツ(カイヤッサイ) ¥950

しっかり味がついた玉子でひき肉、野菜を包んだ穏やかタイ料理。
ガッツリ炒めバージョンのカイジャオムーサップも良いけれど、この優しい感じも良いですね。


★ラープガイ

タイ料理呑みときたら、絶対に外せないのがラープ。
イサーン現地風に辛くしてと頼んだら、ガッツン素晴らしいパンチ力ある仕上がりに。
おおお、これはなかなかのレヴェルですね~!

ちなみにこのラープ、単品メニューには載っていないので、お店で聞いてみてくださいな。

用いられている器はタイ北部の陶器、セラドン焼。
そのことに話が及ぶと根橋オーナー、おもむろに何か持ってきました。


タイ現地製の秘蔵茶器。
かなりの値打ちものらしく確かに緻密な美しさです。

居心地よく、話も弾む「トム中黒ヤム中黒クン」。
ずっと居座りたいけど、今日はこの辺で。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トム・ヤム・クン



関連ランキング:タイ料理 | 千歳烏山駅芦花公園駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

三茶モロッコラムキーマランチ。「ダール・ロワゾー」(三軒茶屋)

三軒茶屋エコー仲見世商店街に、ええ感じにカジュアルでええ感じの雰囲気があるモロッコ料理店が。

「ダール・ロワゾー」

モロッコといえばかつてフランスの植民地。
アフリカのエキゾチックと、フランスの洗練が共存したこの感じ、渋谷「ロス バルバドス」にも通ずるものがありますね。


頭上には沢山のモロッコランプ。
夜はさらに雰囲気が増しそうです。


ランチタイムの食前サラダ。

ランチメニューはケバブなどの一品料理+クスクスのセットが基本なのですが、私は日替わりメニューのこちらをオーダー。


★ラムのキーマカレー 温玉のせ ¥1050

そうです、カレーです。
見るからにヤバいですね。
ターメリックライスの上に乗った粗挽きのラムキーマ。
ひよこ豆も用いられています。
さらに温玉とパクチーがオンエンオントゥザベケダン。


まず、おっと思うのは、羊がちゃんと羊の味してること。
当たり前のようで当たり前じゃない中、流石はモロッコ料理店のキーマカレーです。
肉の旨味たっぷりなかわりに辛さは控え目なのですが、後半戦はこちらで辛さブースト。

アリッサ(ハリッサ)

そう、唐辛子とスパイスやオイルで作ったモロッコの辛味調味料。
グン!と辛さがアップしてたまりません。


★ミントティー +¥100

食後はプラス100円でミントティー。
これがスゥーッとするほどの強さでナイス。
ポットでの提供で3杯はいけますよ。


さらにセットのデザートはオレンジのムース。

こりゃあ最初から最後まで贅沢なランチですな。

三茶ランチの選択肢がまた増えちゃいました。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Dar Roiseau



関連ランキング:地中海料理 | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad