FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

赤坂でも便利な健康カレーブッフェ。「もうやんカレー 赤坂店」(赤坂)

赤坂、「すき家」の脇に「もうやんカレー」!

「もうやんカレー赤坂店」

名物のカレーランチブッフェは16時まで。

不規則な仕事にはありがたい!



シーサイド感溢れる店内に流れるのはサーフィンビデオ。


ズラリ並ぶ漫画もイケイケバリバリ系揃い。
「課長島耕作」に「モデナの剣」、スラムダンク」に「カイジ」・・・
間違えても「墓場の鬼太郎」や「ねじ式」なんかありません。
体育会系男子の部屋を拡大したような世界観、これが落ち着く人もいるでしょう。

ブッフェ料金は前払い。
席を指定され、お皿を渡されてブッフェ開始!


カレーは牛タン、豚バラがメイン。


おかずは選び放題です。
ライスはキヌアライスとスパイスライスの2種が用意。


★ランチカレーブッフェ ¥1080

欲張りすぎず、バランス良く。


盛り付けセンスが問われます・・・

安定の健康スタミナ食。
「もうやん」って昔は撮影スタジオのケータリングで人気だったんですよ。



コアタイムを外せば、コーヒーお代わりしながらまったり休憩も可能。
まあ実に便利なお店であります。


夜は飲み屋使いもできますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

くんかれ、赤坂に移転。「燻製咖哩 くんかれ赤坂店」(赤坂見附)

2011年人形町に登場、「カレーを燻製する」という仰天発想でカレー界隈をざわつかせた「くんかれ」が赤坂に移転。


「燻製咖哩 くんかれ」

2018年11月28日グランドオープン。
人形町の本店および大久保店はすでに閉店しており、2019年4月現在、「くんかれ」はこの赤坂一店舗となりました。


カウンターのみの店内、オーダーは食券制、店頭では弁当販売と、完全に回転重視のファストフード路線に舵を切ったようですね。


以前は選べた「燻製の強さ」「辛さ」設定も省略されています。


★特製カレー ¥1180
・燻製ベーコン
・燻製タマゴ
・トンカツ
・ゴルビーチーズ


かつての燻製全部乗せに近いメニューをチョイスしてみました。


いつも辛さ=大辛口、燻製の強さ=濃い目でお願いしていたからか、燻製感はかなりマイルドに感じます。
燻製ベーコンも燻製タマゴも穏やかかなぁ。

普通の人にはこれくらいが良いんでしょうか。
実際、客もどんどん入ってくるし、食べログの点も上がってるし。
ちょっと物足りなさを感じるのはマイノリティなのでしょう。

ちなみに毎週土曜は地方で人気のあるカレー店のメニューを約3カ月ごと展開し提供しているそう。
今度はそっち目当てで来ようかな。

けど、あの大発明だった強烈な燻製カレーの味も復活して欲しいなあ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

燻製咖喱 くんかれ



関連ランキング:カレーライス | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

移転してパワーアップ。牛カツカレーの最高峰。「ベイリーフ」(赤坂/赤坂見附)

赤坂で抜群の牛かつカレーを提供する隠れ家的なお店「ベイリーフ」が、ドンキホーテ斜向かいのビルに移転。

「カレーBAL ベイリーフ」

2018年12月26日新装オープン。
実質的には年明けからのスタートです。


席数が倍以上に広くなった店内。
開放的な雰囲気が心地良いですね。


奥にはソファ席も。
仕事終わりに一杯飲みながらリラックス、なんて使い方もできそうです。


★牛カツカレー ¥960

「ベイリーフ」といえばやはり牛カツカレー。
シャバッとしたカレーに浸らないよう、ライスの上に配置されたカツ。
このビジュアルがアイコニックです。

クローブの痺れ際立つ独特の風味。
牛の濃厚な旨みに負けない、かなり強めのスパイス感がたまりません。


そして赤坂でこの値段、このクオリティがあり得ない牛カツ。


赤みを残しつつ、柔らかな歯ごたえ。
サクッとした衣。

やはりトンカツと牛カツは全く別ジャンルの食べ物。
牛カツに最適化した「ベイリーフ」の牛カツカレーは、トンカツ屋さんにも真似できない独自の境地といえます。

しかもそのバランスは以前より尖がっており、まさに牛カツカレーの最高峰。
移転先の場所がまだ浸透していないせいか、比較的空いている今が狙い目かも知れませんよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ベイリーフ



関連ランキング:カレーライス | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

SMAPご用達のとんかつ屋でカツカレー。「赤坂やげん亭」(赤坂)

カツカレーが美味いとんかつ屋さんが多い赤坂界隈。
こちらはむしろ手軽さで人気のお店。


「赤坂やげん亭」


SMAP時代の中居正広、木村拓哉両氏のご用達店です。
ビーフカツ、ビーフ生姜焼きを食べていたみたいですよ。

TBSやH堂の真向かいという好立地を活かし、テイクアウトは大繁盛。
この日は初めて店内でランチをいただきました。


★ヒレかつカレー ¥1100

シンプルなカレーにデン!と立派なカツ。
サイドは味噌汁かサラダかが選べます。


カレーはごくごくシンプルで辛さも控えめ。
揚げたてのカツは衣厚めでなかなかの食べ応え。

この方向性なら「松乃家」のカツカレーのほうが好みではありますが、やはり立地の勝利。
赤坂きたら「やげん亭」の弁当、なんてタレントさんも多いのではないでしょうか。

SMAPファンの皆様もぜひどうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

赤坂やげん亭



関連ランキング:ダイニングバー | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ランチに登場、麻婆じゃない四川風カレー。「外苑飯店」(外苑前)

青山通りを歩いていて、ふと足が止まりました。

昔からある、中華料理店の前です。

「外苑飯店」

今まで一度も入ったことのないお店なのですが・・・

ランチボードになんと「四川風カレー」の文字!
これは見逃せません。



流石の老舗、この立地にしてこのゆったり感。

ただしランチ時は相席覚悟、そして隣でプカプカ喫煙される覚悟は必要です。

ランチメニューを見てみましょう。

お、ちゃんとカレーがありました。
麻婆カレーじゃなく「辣味鸡肉咖哩」なのがミソですね。


★四川風カレー ¥800

予想を超えて早く到着しました。
800円でこれはかなり豪華です。


カレーは具沢山、旨み推し。
提供の速さといい、大鍋でたっぷり煮込んでいるのでしょう。
味染み染みの鶏肉が美味いです。

唐辛子のピリッとした辛さはあるものの、花椒の痺れはなく、なんだかアットホームな味わい。
四川のご家庭って、こんなカレー食べてるのかしら。
なかなか興味深いです。

カレーを食べまくっているとカレー屋の情報はあちこちから入ってくるのですが、カレー屋じゃない店のカレーは足で稼ぐしかない。
この近くのハンバーガー屋「ハラカラ」もカレー始めたし、カラダがいくつあっても足りませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

外苑飯店



関連ランキング:中華料理 | 表参道駅外苑前駅青山一丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad