FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

赤坂、平日昼だけの人気カレーライス。「VIGOR」(赤坂)

赤坂、雲丹と海老と地酒が売りの和食居酒屋「赤坂 時シラズ」。
平日ランチタイムはカレー屋さんへと早変わりです。

「VIGOR」(ヴィガー)

最近増えてきた「間借り」ではなく、母体はそのままで業態チェンジする「二毛作」カレー店。


マスコミ系など不規則な仕事の方々が多い場所柄、13時をとうに過ぎても賑わっていました。

広いお座敷、獺祭が並ぶカウンター。

「へぇ、夜も来てみたいな」と思わせる効果抜群ですね。



メニューの基本はカレーライス。
トッピングを自由に組み立てられます。
そのほか、グリーンカレーやキーマカレーもありました。


★なすカレー ¥700
・ヒレカツ一枚 +¥150


オーダーを受けてからカツを揚げるので、提供まで5分ほど。

ボリュームたっぷり、美しい一皿ですね。
カレーはサラッサラ、と思いきやネットリした舌触りも。
辛さはほどほどですが、なかなか手の込んだ味わい。
柔らかく煮込まれた鶏手羽も美味しいです。


そしてナス、これまた今素揚げしたばかりのアッツアツ。
流石は和食が母体、提供温度にこだわっていますよ。


揚げたてのヒレカツも衣サックサク。
肉質もよく、これが150円ならトッピングしない手はないでしょう。
おトク感が断然違います。

ライスがもし余ったら、カレーは追いがけOK。

ココイチだって色々トッピングしたら千円超えちゃうご時世。
こりゃあ人気なのも納得ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

香辛料理専門店でいただくスリランカカレー。「KOHSHIN 香辛」(青山一丁目)

青山にカレー屋ならぬ「香辛料理専門店」が誕生。


「KOHSHIN 香辛」

看板メニューに「薬膳鍋」をはじめとし、香辛料をふんだんに用いたアラカルト料理を揃えるお店。

そのコンセプトや和を感じる暖簾から、日本人シェフをイメージしそうですが、実はこのお店のシェフはスリランカ人のトゥシータさん。


そう実はこの店、スリランカ流のスパイス調合と、和のプレゼンテーションを融合させたお店だったんですね。

となると興味はひとつ「スリランカカレーはあるのか?」。

はい、実はランチタイムにスリランカカレーを出しているんです。


カレーはチキンカレー、ポークカレー、かぼちゃカレーの3種。
ダブルが+¥100、トリプルが+¥200となれば、迷うことはありませんね。


香辛スリランカカレー ¥1300
・トリプルカレー +¥200


ワンプレートにドサっとかけて盛る現地式ではなく、一品一品陶器に盛られたレストランスタイル。
グチャッと混ざることに抵抗を感じる人が多い東京ならではのスタイルです。


チキンとポークは辛さの中に甘みも感じるスリランカカレー。
トゥナパハ(スリランカのミックススパイス)が香りながら、油少なくサラリとした食べ心地。

カボチャカレーはドライタイプで煮付けのようですが、ココナッツミルクが効いており、辛さはほとんど無し。

素揚げの野菜をカレーに漬けても美味いです。
ちなみにライスはおかわりOK。

ヘルシーで品良いイメージで、いわゆる南アジア料理マニア以外の層にもスリランカ料理の魅力が広がりそう。

岡田将生さんも「今まで食べたカレーの中で一番美味しい!」と言ったそうですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

間借りカレーの2号店は間借りカレー。「肉スパイスカレー ガネック 赤坂サカス前店」(赤坂)

間借りカレー全盛の昨今。
間借りで人気を獲得し実店舗デビューする店もあれば、
実店舗をもちながら間借りで支店展開する店もあり。

とうとう、こんな店まで登場しました。

三宿の間借りカレー「肉スパイスカレー ガネック」が間借りカレーのまま、赤坂に支店をスタートしたんです。
しかもその支店もまた、間借りカレーという。


「肉スパイスカレー ガネック 赤坂サカス前店」



赤坂サカスから道路を挟んだすぐ向かい。
ワインバー「ビーザロッサ」の平日ランチ間借り営業です。


カレーは三宿と同様。
定番の 「名物スパイスチキンカレー」と、「週替わりカレー」「あいがけ」の三種類。

指定のハッシュタグどSNS投稿するとトッピングか無料になるサービスもあります。


★2種あいがけ ¥1000
(名物チキンカレー+イベリコ豚の煮込まないカレー)
★スパイスたまご +¥100


ここはやはりあいがけでしょう。
ターメリックライス、玄米と選べるライスは玄米で。
大阪「ボタニカリー」「大陸」と同じインスタ映える青の皿も健在です。


「肉スパイスカレー」を名乗るだけあり具材は贅沢。
イベリア豚はしゃぶしゃぶのような状態。
脂の融点が低いイベリコですからさっと湯通しした感じでしょうか、プルンとした食感が心地よいですね。

肉をしっかり堪能しながらも、サラッと軽い食後感。
ビジネスランチにはまさにうってつけ。
良い立地にうまくはまっているのではないでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
肉スパイスカレー ガネック 赤坂サカス前店



関連ランキング:カレーライス | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

腹一杯、インド&タイの豪華ランチを赤坂で。「トムボーイ赤坂店」(赤坂)

渋谷や池袋で人気の「トムボーイ」がいつのまにか赤坂進出!

「トムボーイ 赤坂店」

2017年11月25日A-FLAG AKASAKA5階にオープン。
エレベーターを出るともうそこは店内です。

この好立地に加え、席数は圧巻の180席!


なんと勢いがあることでしょう!

インド料理に加え、タイ料理など揃え、幅広いエスニック料理ファンにアピール。
パーティー需要にも対応した点が成功の秘訣でしょうか。
こちらのガチ競合といえば「ディップパレス」や「サプナ」あたりでしょうが、
この赤坂店は結構な勝負店になるのではないでしょうか。

この日は平日ランチ訪問。

メインディッシュを選択すると、前菜・惣菜ビュッフェがついてくるという趣向です。


ビュッフェには生春巻きやヤムウンセンといった東南アジア系だけでなく、
ベジコフタカレーやハラバラベジケバブなどの南アジア系、
果てには季節野菜のアチャールと称してネパールのアルアチャールや、
韓国のキムチ&ナムルまで取り揃える汎アジアぶり。


これだけでも結構豪華ですね。

そして選択したメインディッシュはこちら。

★ジャイプルスパイシーラムカレーセット ¥1380

あぁぁ、これだけでも充分豪華です!
価格はもちろんビュッフェ込みで、お得感もなかなか。


そして、この流れで意外!と言っちゃなんですが、このカレー自体もなかなか美味いです。
カスリメティが効いたオイルと玉ねぎの香り、しっかり噛みごたえある羊肉。
辛さは2辛にしたのですが、ほど良き辛さですね。
ジャイプール式かどうかはわかりませんが、しっかりどっしりとしたカレーです。


さらにセットでマライティッカとスパイシー手羽も。
ビュッフェとは違って焼きたての美味さが楽しめます。
とくにマライティッカはけっこういい感じ。


★マンゴーラッシー +¥150

ドリンクだけは追加料金。
「トムボーイ」のシンボルであるモヤイ像イラストが入ったグラスが可愛いですね。
(「トムボーイ」を立ち上げたのは渋谷モヤイ像を作ったデザインチームなんです。)

赤坂のインド料理といえば近くに「モティ」という老舗もありますが、こちらはよりカジュアル。
けれどもいろいろなシーンに対応できそうなハコとしてのゴージャスさもあり、知名度が上がれば結構客が入るんじゃないでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

TOMBOY 赤坂店



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

野菜ダイニングのスープカレーが意外なほど。「スープカレーと季節野菜ダイニング 彩」(赤坂)

赤坂にいつのまにか、スープカレーのお店ができていました。

「スープカレーと季節野菜ダイニング 彩(いろどり)」

見た目通り、店名通り、季節野菜をテーマにしたダイニングなのですが、どうやらスープカレーが看板メニューらしいのです。



吹き抜ける風がここち良い、ゆったりとした空間。

そして有り難きは昼夜通し営業。
この界隈のマスコミ系は昼休み時間も不規則ですからね。


各種バル的料理に加えて・・・


スープカレーメニューはしっかりと独立。

メイン具材、スープ、ライスの量、辛さ、トッピングと順にカスタマイズする、札幌スープカレーの流儀に則っています。


★こだわりのローストビーフスープカレー ¥1480
・オリジナルチキンスープ
・ライス小 -¥50
・辛さ 5(大辛)


基本のチキンか迷ったのですが、オリジナリティあるこちらをチョイス。


さすが店名通り、野菜の彩りが美しいですね。
スパイスは色々種類を用いているようで、仄かに山椒を感じたりも。
辛さは追加料金なしの5に。
最初「あ、結構優しいかな」と思ったのですが、後からジワジワ辛さがやってきます。
全然ヒーヒー言うほどではないですが、過不足ない感じでした。

野菜はもちろん新鮮。
ローストビーフはスープカレーとの相乗効果はさほど感じなかったものの、それ自体が美味いですから。

総じて、野菜ダイニングが単にウケ狙いでスープカレーを作ったというのではなく、意外なほどに気合いが入った北海道スタイルのスープカレー。

お昼時を逃してももう、赤坂でランチ難民になることはなさそうです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スープカレーと季節野菜ダイニング 彩



関連ランキング:ダイニングバー | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad