カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

青山、讃岐うどん居酒屋でカレーうどんランチ。「讃岐うどん 愛」(表参道/外苑前)

表参道駅と外苑前駅のちょうど真ん中、青山通りからちょっと入った路地にある、讃岐うどんと、酒やワインを楽しめるお店。

「讃岐うどん 愛」

この日は平日ランチ訪問だったので、お酒は封印。

狙いをカレーうどんに定めるとしましょう。


店内は完全にカウンター居酒屋。
お酒が飲みたい雰囲気に溢れていますが、この日は平日ランチ訪問だったので、お酒は封印。

カレーうどん、カレーうどん。


★数量限定 スパイシーカレーうどん ¥950

このネーミングからも、カレーうどんに「愛」を注いでいることが伝わってきますね。


カレー汁はほどよきクリーミィ加減。
確かにピリッとした辛さです。

つるっとソフトなうどんに絡めれば、するするするっと胃におさまっていきますね。

ランチでさっといただくにも、夜居酒屋使いの締めにも良さそうなカレーうどん。

けれど、この日は平日ランチ訪問だったので、お酒は封印したんです。

うん・・・総合すれば、とてもお酒が飲みたくなるお店とカレーうどんということなんですね。

近くには同じくカレーうどんが人気の居酒屋「しまだ」もありますので、食べ比べるのも面白いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

掘り出し物!チキン&カフェのチキンカツカレー。「TORISEN」(青山一丁目/赤坂)

赤坂と青山一丁目のちょうど間の裏路地に、何やら魅惑的な看板発見。

「チキン&カフェ」

全くレイヤーが異なる言葉を&で繋ぐ潔さ。
隠れ家感満載な店構え。

「TORISEN」(トリセン)

フライドチキンとチキンカツをウリにした洋食カフェだそうです。


もちろん、魅力的なカレーもありますよ。
(というか確認してから入ったのですけど)


★ランチC
・チキンカツのせジャワ風カレー キャベツ ¥1050


カレーが小さく見えますが、いやいやチキンカツがデカいんです。


ほら。
カレー側を手前に配膳するのが普通のところ、チキンカツカツが乗ったライスを手前にするあたり、チキン&カフェの矜持が窺えますね。

「ジャワ風」と銘打ったカレーはもちろん、インドネシア式というわけではなく日本式。
ですがレトルトっぽいかといえばその逆で、手作りテイストたっぷり。
トマトの酸味を活かしつつ程よくスパイシーな、美味しいカレーとなっています。

そしてなんとまあ、チキンカツの贅沢なこと!

薄いながらもコシのある衣はカリカリザクザクなハードタイプ。
大豆白絞り油を用いているそう。
骨付きならではの旨味たっぷりのチキンは食べ応え充分。
例えていうならば・・・ケンタッキーフライドチキンの衣をハードにしたような、そんな感じすらしちゃいました。

これは、なかなか掘り出し物のチキンカツカレーですぞ。


食後はセットのホットコーヒー。

都会の喧騒から一線引いた空気感の、良き隠れ家ランチだったのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

トリセン 赤坂本店



関連ランキング:カフェ | 青山一丁目駅乃木坂駅赤坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

赤坂はしご酒向けスパイスカレー処。「グッドスパイスカレー」(赤坂見附)

赤坂夜の新名所「赤坂バル横丁」。


ビルの中にたくさんの店が軒を連ね、はしご酒に優しい「大人のテーマパーク」となっています。

そんな中、狙いを定めた一軒がこちら。


「グッドスパイスカレー」

カレーとスパイス料理をおつまみに飲めるカウンターバルです。


★スパイシーハイボール ¥430

ガラムマサラパウダーを用いたハイボール。
カルダモンがツンと香り、ドライな味わいが素敵。


★アンチョビスパイシーキャベツ ¥380

キャベツのクミン炒めにアンチョビをたっぷり絡めた一品。
これは酒が進みますね!


★チキン65 ¥680

南インドで人気の「インド人誰も名前の由来を知らない」メニュー。
焼き上がりに少し時間がかかりますが、濃厚スパイシーでこれまた酒のつまみに最高です。

カレーラインナップは一見、インドのカレー。
けれどオーダーしてみると、独自のアレンジが入っていました。

★スパイシーキーマカレー ¥800
★ターメリックライス ¥300


メティが効いたシャバシャバキーマカレーに乾燥したカスリメティをトッピング。
メティメティな苦味と旨味が印象的なカレーとなっています。
インドカレーと、関西スパイスカレーの丁度中間のようで面白いですね。

この日は仕事の合間を抜け出しての一服だったので、一軒で退散しましたが、次回は是非4軒くらいはハシゴしたいものです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

グッドスパイスカレー



関連ランキング:カレーライス | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

驚愕!ビストロランチで超ハイレベルなカツカレーに出会う。「シュペールサンク」(表参道)

ちょっと今日は、東京のカレーマニアの方に教えたいお店があるんです。


「シュペールサンク」


「super5」と書いて「シュペールサンク」
つまり、 フランス語ですね。

実はここ、表参道「パンとエスプレッソと」の真向かいにあるカジュアルビストロなんです。


ビストロでランチなんて、ガラでもない?
いやいや、ガラでもなくもないメニューがあるんですよ。


ほら、ビストロなのに「本格インドカレー」。
ヤバいでしょ?

しかも+¥400でカツカレーにできるんです。

ビストロでインドカツカレーですよ。

オーダー時に店員さんが「結構辛いですが・・・」と注意喚起。
ビストロではなかなか聞くことのないコトバに期待が高まります。

・・・いや、そうはいってもビストロはビストロ、結構辛いといってもそれなりなんじゃないかなあ。
過度な期待は禁物。なんて自制しちゃうところですが・・・

そんな身構えは良いほうに裏切られます。


★本格インドカレー(辛口) ¥1300
★カツカレー仕様に変更 +¥400


インドカレーといってもいわゆるインド料理のカレーではなく、ジャパニーズカレーの中のインドカレーカテゴリなんですね。
私的には結構好きなジャンルです。

しかも端正なビジュアルを見ただけで、ビストロらしからぬカレーへの本気感が伝わってきますよ。

そして一口・・・びっくりしました。
ホールスパイスがザクザク。
芳香に加え、いい感じの辛さ。
こりゃあお洒落カフェやお洒落ビストロのカレーの範疇じゃあない。
カレーライス専門店としてもかなーりイケてるレヴェルですよ!


そしてカツ。
衣は薄くてサクサク。
そう、ここはしっかり、ビストロのポークカツレツなわけです。

いやちょっと、これは事件ですよ。

というか、今までカレーマニアに見つかってないのが奇跡的というか。


パンが添えられてたり、


食後にコーヒーが出てきたり、ビストロランチな気分もバッチリ。
なのにここまでスパイスフルなカツカレー。

うん、スパイスフルなカツカレーという意味では町田「アサノ」、赤坂「フィッシュ」「ベイリーフ」、下北沢「般°若」に比肩する完成度。

インドカツカレー、ヤヴァいっす。

ちなみにこのインドカレーはランチ限定。
といってもランチタイムは16時までとレンジ広し。

スパイス好きでカツカレー好きなアナタ、今日にでも行ったほうが良いですよ!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シュペール サンク



関連ランキング:ビストロ | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名店チェーン化の今。「サムラート南青山店」(青山一丁目)

何年もの間、前を通りつつ一度も入ったことがなかったインド料理店。


「サムラート南青山店」

何故今まで入らなかったかといえば・・・ハッキリ言いましょう。
実は私、この系列チェーンには、クオリティ面で良くない印象を持っていたんです。

かつて、東京インド料理の名店として名を馳せた「サムラート」、しかしチェーン展開後のクオリティたるや散々なもの。
日本語ができない店員さんでもワンオペできるよう食券制にしたり、それはそれでよいのですが、飲食素人な店員が多いため、
ナンが焦げるならいざ知らず、ご飯が焦げていたり、テーブルにカレーこぼしても拭かなかったり・・・・

今も風格を保つ新宿の本店以外は、飲食チェーンの風上にも置けない惨状で、「けなさず書く」が身上の私でさえ、ここは無理と思わせる有様だったんです。
・・・あ、私、ダメなチェーン店には厳しいんです。


というわけで未訪問だったこの「青山一丁目店」、結論から言えば、「サムラート」の中では新宿本店に次いでまとも、でした。
内装もしっかりしていてリッチ感があるし、店員さんの動きもプロらしくテキパキ。

雰囲気・接客は完全に及第点です。

じゃあ、肝心の料理はどうでしょう?

申し訳ありませんが、辛口にいかせていただきますね。


★2種類のカレーセット ¥980

カレーチョイスは「チキンの辛口カレー」と「マトンカレー」。
「チキンの辛口カレー」はつまりチキンチリカレーです。


ま、そのクオリティはまず見ればわかります。
食べて、その印象をしっかり答え合わせ。

まず、グレービーは均一。
ホールスパイスの香りなどありません。
チキンは臭みアリ、マトンは旨みがすべて抜けて味なし。
これならサムラート監修レトルトインドカレーの方が美味いかも。

サラダは水分が抜けており、ファイバー感たっぷりです。
ナンはいうほど悪くない、が、腹にはしっかり溜まります。

器は綺麗なんですけどね・・・

内装、接客、そして器。
「ちゃんとしたインド料理店でお食事している」という記号性はバッチリで、青山においてはその価値は大きいもの。
味の研鑽は特に必要ないのかもしれません。

ちなみにランチタイムは17時まで。
それは有難い。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サムラート 南青山店



関連ランキング:インド料理 | 青山一丁目駅乃木坂駅外苑前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad