カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

元・味家の場所でネパール人のスープカレー。「アイキッチン池袋店」(池袋/北池袋/巣鴨新田)

今や東京を代表するネパール料理店となった「プルジャダイニング」。
その前身である「味家」跡地に、新たなインド・ネパール料理店が入りました。

「アイキッチン池袋店」

2017年4月11日オープン。
都内に点在するアイキッチンの新店舗ですね。

看板は「インド料理」ながら、店内はネパール一色。

カウンターのつくりに「味家」の面影が残っています。
懐かしいー!


★生ビール ¥400

メニューにはいわゆるダルバート的なものは置いていないものの、単品ネパール料理はたくさん。


★マトンチョイラ ¥580

こちらかなりドライなタイプ。
見た目はかなり鄙びていますが、なかなか味はハードめ。
刻みドライチリたっぷりの辛さ、ザクザクに煎ったフェヌグリークの苦味、そして胡椒。
ワイルドな酒のつまみですね。

カレーはほとんどが、インド系のもの。
「インド料理店」ですからね。
けれどそんな中・・・あ、ありました、スープカレー。

北海道スープカレーじゃないですよ。
ネパール系のインド料理店では、日本人が喜ぶ売れ線インド料理をいろいろ揃える中にこっそり、ネパール人として自分が美味しいと思うカレーを、「スープカレー」という名で忍ばせていることが多いんです。
つまり、ネパール系インド料理店でスープカレーを頼めば、そのお店の本当の個性がわかるって寸法。

★チキンスープカレー ¥760
★サフランライス ¥280


おぉ、これまた随分シブいのがきましたよ。
視認できる具材は骨ごとぶった切った鶏肉のみと、インスタ映え完全無視。
早速いただいてみましょう。


お!ちょっと意外な展開。
このカレー、「デリー」の、というより「ラホール」のカレーに近い方向性ですよ。
しかも、かなりニンニクガツン!生姜ガツン!の旨旨仕様。
あー、個人的に好きな感じだわ。

インド料理店のカレーと考えたら、かなりシブく、人によっては寂しく思えるかも知れません。
ナンには絶対合わないし(笑)

けれど視点を変え、カレー屋さんとして見たらこれ、なかなか良いカレー。
辛さガッツリMAXでお願いしたら、ごはんモリモリ進んじゃいます。

しかも、ネパール系インド料理店でスープカレー頼んで良いのは、ネパール人シェフとの心理的距離が近くなること。
「あ、こっち側の感覚なんだ」って安心してもらえるんですよね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アイキッチン 池袋店



関連ランキング:インドカレー | 北池袋駅巣鴨新田駅向原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

池袋東口で見つけた、濃厚激辛カレーラーメン。「らーめん神宮」(池袋)

池袋15時。
大抵のカレー屋が休憩にはいる時間に、見知らぬカレーの気配が。

「らーめん神宮」

「ベジポタ系濃厚スープ」を標榜するラーメン店ですが、なんとカレーラーメンがあるんですね。

しかも辛さが選べるときた。
良い予感しかしませんね。

食券機の「限定A」を選択購入し席に着きます。

ほどなくして着丼(←ラーメンブロガーっぽいでしょ?)。
うぉぉぉ!このビジュアル!!

★カレーラーメン(辛さ3) ¥850

辛いもの嫌いな方なら泣き出しそうなインパクトです。
ちなみに辛さ3は「超激辛」、辛いもの苦手な方は絶対オーダーしないように。



濃厚ドローリなカレースープに、刻みチャーシュー。
見た目にたがわずええ感じの辛さですよ。


麺はもっちりコシのある太麺。
唐辛子に負けない食感です。

この味わい、「蒙古タンメン中本 新宿店」のインディアンに通ずるものがあるなー。


ミックスペッパーを挽けば、後半の味も引き締まります。

池袋で、いつもと違うカレー体験。
なかなか良いものですな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

宮崎名物・辛麺ついに東京に進出。「辛麺屋 一輪 池袋店」(池袋)

宮崎名物「辛麺」、ついに東京に進出です。

「辛麺屋 一輪 池袋店」(ICHIRIN)

母体は九州・宮崎の「辛麺屋輪」。
2017年3月に目黒、7月に渋谷、そして2017年8月26日にこの池袋店がオープンしました。


店外も店内も、唐辛子尽くし。
辛いもの好きにはたまりませんが、辛いもの嫌いにはたまったもんじゃありません。


★焼酎(白霧島)¥350

どうやら宮崎では辛麺は、呑みの後のシメに使われたりするみたいなんです。
ということでこちらもお酒が充実。
ここはやはり宮崎焼酎でしょ。


★パクチー辛麺 ¥990
・10辛 +¥50


ギンギンに赤いスープが食欲をそそりますね!
パクチーどっさりは東京のトレンドに合わせたのかな?


面白いのは麺が蒟蒻麺、中華麺、うどんの3種類から選べること。
まずはやはり宮崎辛麺のデフォルトという蒟蒻麺で。


韓国冷麺のようにノビのある麺で、なかなか噛みきれません。
噛み切ろうとモフモフしてると、スープの辛さがじんわり来るという仕掛け。

ニンニクたっぷり、複数の唐辛子を調合したというスープは、辛さの先に旨みあり。
溶き卵、そしてニラ・・・どことなく神奈川の「ニュータンタンメン」も髣髴とさせますね。

一見ジャンクな、背徳感たっぷりの一杯ではありますが、実はローカロリーなのも人気の秘密なのだとか。

営業は朝の4時まで。
東京でも、呑みのシメに重宝しそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

誕生!タイ南部料理が楽しめる立ち呑みセンベロ。「バーン カオケン」(池袋)

池袋北口にあった、珍しいタイ菓子専門店「バーンカノムタイ」が閉店、というか業態変更。
なんと、タイの現地屋台式立ち呑み居酒屋になりました。


「バーンカオケン」

プロデュースは以前と同じく「ピラブカウ」。
なかなか攻めてますね。


店頭には屋台風ショーケース。全品500円。


店内ショーケースでは指差しての盛り付けオーダーも可能。


けれど立ち呑みといいつつ、カウンターチェアがあり、メニューブックもちゃんとあります。

お酒も料理も安いですねぇ~
しかも、ちょっと他ではいただけない珍品がチラホラ。
ワクワクしちゃいます。


★タイ産ワイン 赤 ¥580

ワインもしっかりタイのもの。


★豚ひき肉のタイ南部地方風カレー炒め激辛) ¥500

慎重な日本語表記ですが、つまりはタイ南部の激辛挽肉料理「クワキン(クワクリン)」。
田端「ポム」、綱島「タイタ二」でもいただけますが、ここのはさらに独特。
メニュー表記通りカレー粉っぽい味なんですよね。

辛さは上記2店と比べれば控えめ。
酒のつまみにぴったりです。


★ウメサワー ¥350

この辺は池袋センベロ価格。

次の料理もなかなかの珍品ですよ。

★ケンキーレ タガヤサンスープカレ ¥500

タガヤサンの若葉がぎっしり入った、ココナッツベースの超珍しいゲーン。

え?タガヤサンって?
ケンキーレって??

調べました。

◎ウィキペディア「タガヤサン」
唐木のひとつで、代表的な銘木である。
(中略)
東南アジアの一部の地方(特にタイとラオス)では、生または塩水に漬けた花と葉を食用にする。
タガヤサンを用いた料理の代表的なものに、ゲーン・キー・レッ(แกงขี้เหล็ก gaeng-khi-lek)という汁物がある。
ゲーン・キー・レッは、水煮した後の葉や花に、焼いてほぐしたカツオの身、あるいは、焼いた豚肉を入れ、ナムプリック・ゲーンと呼ばれるペースト状のタイ・カレーの素、ココナッツミルク、ナンプラー、砂糖などで味付けをして煮込んだものである。
具が多く、時にペーストに近いくらいの形状で、見た目には茶色のほうれん草のカレーのようである。
味は非常に辛いが、タガヤサンの苦味とココナッツミルクのまろやかさ、また、焼いたカツオの身の香ばしさがある。この汁物は便通にも効くとされ、たくさん食べると、翌朝には効果が現れるという。
タイの南部などでは、ほぼ日常食として飯屋の店頭に鍋に入って並ぶが、バンコクなどでは余り目にしない田舎料理である。

なるほど、やはり南部のゲーン。

実際、柔らかな食物繊維の量が凄く、そりゃあ便通に聞くでしょうよーってな感じ。
さらにシナモンのような芳香と、ココナッツの甘さ、苦さ、辛さ、さらに謎具材も入ってて、これはかなーり渋い一品!

ちなみにメニューには英語で「A tree of the genus Cassia the young leaves」とあるのですが、どうやらタガヤサンは英語で「Bombay black wood」もしくは「Siamese cassia」というみたいですね。


ランチはワンコインで、タイ風カレーライスなんてのもあるみたい。

完全に現地の空気感が楽しめる、面白いお店が誕生しました。
みんなで応援しましょうね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バーンカオケン



関連ランキング:タイ料理 | 池袋駅北池袋駅


新しくなって明るくなった、南インド料理の老舗名店。「A-RAJ」(東池袋)

池袋を代表する南インド料理の名店「A-RAJ」に、移転後の初訪問。

新しいお店は以前のちょうど真裏、大通りから一つ入った場所になります。

「A-RAJ」(エーラージ)

2017年8月新装オープン。

ずいぶん広く、明るくなった店内が素敵ですね。


★インドラム コーラ割 ¥580

インドのラムコーク。
量もたっぷりでビール代わりにグビグビいけますよ。

当店のオーナーシェフ、ラジさんはかつて、日本の南インド料理店のパイオニア「アジャンタ」の厨房にいた方。
2002年に独立し「A-RAJ」を立ち上げました。
今でこそ(多少は)認知が広がった南インド料理ですが、池袋で15年続くこのお店は今や老舗の域。

ですが一方、休業が多いことでも有名だったこのお店。
私も今まで、行ってもシャッターが閉まっていたこと数知れず。
ごっそり一か月ほど開かない期間があったりで、「A-RAJ閉店??」の噂が何度飛び交ったことか(笑)
実際にはラジさんがインドに帰るたび休業していたのですけど。

今回、訪問して一番のニュースは、
「厨房が広くなりスタッフが増えたので、これからは臨時休業がなくなるはず。」ということ!。
看板娘のお姉さんも、「A-RAJ」最大のウィークポイントの解消で素敵な笑顔を振りまいてくれました。

さて、こちらのメニュー、南インド料理の定番であるミールスやドーサの他にも、マドラスパロタなど面白い料理あれこれ。
けれどこの日は単独ディナー訪問、となればやはりミールスですね。

ミールスはベジ、ノンベジがチョイス可能。
この2種類の違いは、肉カレーの有り無しだけでなく、
ベジミールスはサンバル、ラッサムを基本に組み立てた、いわゆる南インドミールス。
ノンベジミールスはサンバル、ラッサム無しのカレー尽くし。


★ノンベジミールス ¥1800

この日はノンベジを選んでみました。
プーリ、そしてバナナが添えられているあたり昔ながらの「A-RAJ」スタイル。
以前と比べると価格こそ高くなっているものの、元々が安すぎましたから。


この店だけのポイントはやはり名物カルワットカレー。
なんと煮干しとナスの素朴なカレーで、ラージさんのおふくろの味。
素朴さが染み渡ります。


マトンキーマ、チキンキーマは安定の美味しさ。
ルーツである「アジャンタ」を彷彿。
クリーミィな野菜カレーやサグマトンは、ミールスの構成としては好き嫌いが分かれるところでしょう。

少し添えられたオニオンアチャールもアジャンタ流。
さらにこの日はサービスでサモサもついてきました。

大きく尖る部分はないけれど、安心できる老舗の味。
行きたいときにちゃんと開いているという、「A-RAJ」としては革命的な改善もあり、とても足が向きやすくなりましたね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エー・ラージ



関連ランキング:インド料理 | 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad