カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

妖怪通りの絶品インディアンチャイニーズ!「ヌーラーニ/NOORANI」(北野白梅町)

京都、一条通り大将軍商店街はその昔「百鬼夜行」が出没したという現場。
今も「妖怪ストリート」と呼ばれる知る人ぞ知る名所です。

そこにひょいっと東京から、カレー妖怪がやってきましたよ。

お目当ては、こちらのお店。
前々から行きたくて、ずっと行くタイミングが無かったお店なんです。

「ヌーラーニ/NOORANI」

コルカタ出身、インドやドバイのホテルで修業した経歴を持つオーナーシェフ、ヌルールさんが手掛ける3つのインド料理店、「ヌーラーニ/NOORANI」「ナヤ インディア ヌール/NAYA INDIA NOOR」「ソネラ キッチン/SONAHRA KITCHEN」の本店にあたるお店です。(もう一店の「グラーブ ダイニング/GULAB Dining」は2014年に閉店)

ヌルール氏のこだわりにより各店それぞれメニュー構成は異なっており、いずれも個性的なお店となっています。


現在ヌルール氏は「ナヤ インディア ヌール」にいることが多いようで、
かわりにこちらの本店には、インディアンチャイニーズを得意とするシェフが常駐しているとのこと。

それはそれで楽しみですね!

メニューを見れば、実に多種多彩な料理が。

まさに・・・

カレー百鬼夜行!!


★チキン65 ¥560

言ってみれば、「インド風・鳥のマサラ唐揚げ」。
何故65なのかは現地でも諸説あり・・・というか、何故なのか誰も気にしていないのがインドらしいのです。

「チキン65」といってもいろいろで、チリソースで炒めた酢豚的なモノや、ガッツリとグレービーに漬けたものまであるのですが、
こちらのお店のは、スパイシーナゲットといった感じのもの。
スターターにピッタリですね。


★ダルモート ¥650

魔法使いの名前みたいですが、こちらは発芽緑豆のスパイシーサラダ。
辛口の玉ねぎアチャールと和えられている感じで、結構辛いのがナイスです。


★インディアン・オムレツ ¥1080

平焼きのオムレツなのですが、グリーンチリがたっぷり入っています。
地味に好きな味(笑)


★タンドリーチキン ¥735

こちら肉質も良く、スパイス浸み浸みなハイクオリティタンドリーチキン。

系列の「ナヤ インディア ヌール」はタンドリー窯を設置していない(かわりに他の魅惑的なメニューがあるのですが)ので、タンドリーチキン食べたいならこちら「ヌーラーニ」ですね。


★タワチーズカバブ ¥850

タワ=鉄板にモッツァレラチーズを敷いて、チキンティッカとチキンシークカバブを乗せ、ジュウジュウトロ~リさせた一品。
想像通りの美味さです。


★オイスターペッパーフライ ¥1650

こちらは期間限定かな?
ブラックペッパーが効いた牡蠣カレーで、「シンガポール式」とのこと。
見た目ほどクリーミィではなく、割とサラッとした食べ心地が印象的。


★ゴーシュトサフラーニ ¥1350

ヌルール氏がドバイのレストランで提供していたレシピ、とのこと。
ムガールなクリーミィさが魅力の羊カレーです。


★プディナ パラタ

ミント香るパラタ。
いろいろ気が利いていて楽しいですね。

・・・と、ここまででも充分満足満腹なディナーなのですが、

この日はさらに、嬉しい+αがありました。

駆けつけてくれたこのお店の大常連dekoさんの交渉で、このお店の必殺裏メニューの登場です!!


★チリチキン

名前は普通!

けど、味は普通じゃない!!


中華の海老チリの海老をチキンに置き換えたもの・・・のように見えてその実、
ブラックペッパー&グリーンチリ&ガーリックのパワフルな刺激がズン!!!
チキンも豆粉と思われる衣で揚げられており、そこにコリアンダー&生姜のヌケ感が加わって、
まさにインド中華「インディアンチャイニーズ」の神髄を感じさせてくれます。

これは、癖になりますね!!



★チャイ

食後はスッキリめのチャイで。

確かにタンドール料理もカレーも美味いし、独創的なメニューもたくさん。
全く飽きることのない良店なのですが、やはり最後にいただいたチリチキンの破壊力は素晴らしかったですね!!

次回訪問の際も、そこは事前予約で押さえておくべきでしょう!

ナビしていただいたdekoさん、どうもありがとうございました。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ヌーラーニ

夜総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:インド料理 | 北野白梅町駅等持院駅円町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

京都、ドキドキのリアルインドを体験。「インド料理 ぴっぱら」(元田中)

京大農学部正門。

その右脇の道にお店はありました。


「インド料理 ぴっぱら」

ローカルルールが多いとか、入店拒否されたとか、いろんな話を聞くにつれ・・・・
「癖がありそうな店だなぁ・・・」と思うと同時に、
「理解できたら絶対いい店なんだろうなぁ・・・」なんて直感もビカビカ。

ほら、九州のあの店も、店頭に「不慣れなひとには不味い店」って書いてあることですしね。

インド料理は、現地的な本格を追求しようとすればするほど、日本の一般マーケットからは外れていくもの。
日本には「カレーライス」の存在と、日本式インド料理「バタチキ&ナン」の印象が強く、
未だにカレーを「コクや旨み」のみで(感覚的ではなく知識的に)評価してしまうヒトが多いですから。

で、実際来てみると、予想以上に質素でシンプルなお店の雰囲気。
むしろアットホームな感じなんですけども・・・・

よく見ると、確かにドキドキ緊張するような但し書きも。

「常連様以外のお客様は挨拶の上 入店し
自分が今食べられるかどうか店主に確認して下さい
カレーの残量 その他の事情で入店をお断りする場合がありますので(店主)」

「即断・即決 綺麗に食べて 長居しない人(60分以内)の為の定食屋」


・・・大丈夫、普段どおりでいけば、きっと大丈夫。きっと、うまくいく。

Aal Izz Well!!

フイッ!フイッ!フイッ!


入店しました。

「こんにちは!」と穏やかでしかし元気よく挨拶すると、
店のおかあさんがやってきて「初めてですか?」と訊いてきます。

ちょっと緊張。ここで初めてだなんて言ったら、追い帰されないだろうか・・・
そんな考えもよぎったけれど、「初めてです。」

「・・・ご注文は?」

店の前の貼り紙が頭に浮かびます。
「即断・即決」・・・ここで迷ったら、追い帰されないだろうか。

しかし・・・う、メニューが見当たらない・・・(後で、壁の上のほうのラックにあるのを発見しました)

え、と、「一番ぜんぶ入ってるプレートで」

・・・大丈夫だったかな?

奥の方で調理の音が聞こえます。
うん、大丈夫そうだ。


★一通りプレート ¥780
・アルーパラク
・ひよこ豆&ベジカレー
・南インド風 鮭カレー
・ターメリックライス
・パラタ
・マサラワダー
・ローズラッシー
・バダムキール(北インド風クリーミィアーモンドデザート)
・マサラチャイ


うわぁ、素敵です。

何が素敵って、コマーシャルベースを全く意識していない、
それこそインド人のお宅にお邪魔したような自然体のプレートなんです。

南北インド取り混ぜたカレーはどれも塩気&油控えめの自然派で、スパイス使いもシンプル。
ガツン!とくる感じがない代わりに、毎日でも食べられる素朴な味わい。
(毎日、入店できるかは別の話ですが)

リアルなインド、それも華やかなレストラン料理ではなく、庶民の日常食としてのリアルインド。
この感じ、神戸の「クスム」にも通づるものがありますね。


マサラワダも実に素朴です。

華やかなところのない、とってもとっても素朴なリアルインド。
しかし、今の資本主義国日本では、商業ベースに乗っからない素朴で素直な店ほど、
「尖っている」「変わっている」「マニアック」と言われてしまいがち。

だってみんな、TVや雑誌、ウェブのタイアップ記事を鵜呑みにして、それを常識だと思い込んで、
そこから外れたモノを排除したり、低くみたりってことが多いんですもの。

このお店の店先に貼られた但し書きは、そういう「ずれ」に対する自衛策だったのかもしれませんね。


食後のチャイも心優しい味です。

入店前にドキドキしていた緊張感は、いつかどこかへ吹っ飛んでしまいました。

恐い感じも、気難しい感じも特になく、ただただ満足感に浸ることができました。

お店のルールに従って長居せず、40分ほどで退店。

「ごちそうさま。」

また来たいな、そう思いました。

次回また、スッと入れるかどうかは、わかりませんが。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
ぴっぱら

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:インド料理 | 元田中駅茶山駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

和×スパイスが炸裂する。京都らしく、京都を超えたカレーの名店。「森林食堂」(二条)

京都二条に、割と評判がいいカレー屋さんがあって、「行ってみたいな」と思っていたのですが、
実際行ってみての結論を言うと、「期待以上に素晴らしい!」素敵なお店だったのでレポートしてみます。


ああ、佇まいが実に京都ですね。


しかも世界中の植物たちが密生。
まるでコスモポリタンな森林のよう。

・・・そう、このお店の名はズバリ。


「森林食堂」

出張ケータリングのカレーから2012年3月に実店舗化。
お店を営む傍らでケータリングも継続されている人気のカレー屋さんです。

店先だけでなく、店内も沢山の鉢植えやドライプラントが犇めき、まるで森の中。

荒俣宏の博物学の世界・・・・

となると、ちょっと小洒落たカフェメニューが並んでるのかな~と思いきや!!


猪に牡蠣に鱈・・・完全にオトナ居酒屋!!
しかもクラフトビールにラム酒に焼酎にどぶろく・・・国内外の気の利いたお酒がズラリラインナップ。

ああもうこれは・・・近くにあったら絶対入り浸ってしまうお店だ!!

と、食べる前から興奮冷めやらぬ中、ふと、
「けど、肝心なのはカレーだよな!!」と我に返り、早速の注文。
関西食材にこだわった、わくわくするような合がけを選んでみましたよ。


★2種合がけ(丹後産 猪カレー+相生産 牡蠣カレー) ¥1350

いやいやいや!実に素敵です。
大阪のスパイスカレーを彷彿とさせるような盛り付けと、京の雅を感じさせてくれる器との取り合わせ。
何種類かある皿は全てこの店のオリジナルなのだそうです!!

まずビジュアルは満点!それでは早速いただいてみましょう。


◎丹後産 猪カレー

猪の引き締まった筋肉の弾力が堪らない!快感!
カットされたフレッシュレモンがゴロゴロ、カレーリーフもたっぷり。
辛くて酸っぱくてワイルドで、それでいて気品があって、これはこれは素晴らしいカレーです!

はぁぁぁぁ、ここ、味も凄いやん。


◎相生産 牡蠣カレー

冬季限定の一品。
まず驚くのは一つひとつの牡蠣の立派さ!
デカくて肉厚で弾力抜群で、まるで抱き枕!
噛めばプリッと、それこそプリッと音がするほどに、凝縮された旨味が弾け拡がります。

カレーはココナッツミルクベースながら、シャープな香りが際立ったエッジィな味わい。
猪カレーとのコントラストが、完璧なスパイス世界を構築しています。

ご飯は奈良県産コシヒカリの白米&玄米と富山黒米のブレンド。
パパドに、素材を活かした赤カブのアチャール。

いやもう、素晴らしい、素晴らしすぎるカレーではありませんか!!

ひょっとしてここ、カレー屋って括りで言えば京都一かも。


★自家製チャイ ¥400

チャイだって、器が変われば京都の雅に変わります。
生姜がしっかり利いた、日寄らない味わい。
パーフェクトな締めです。

冒頭にも書きましたが、期待して行ったにも拘わらず、「期待以上に素晴らしい!」お店でした。

これはちょっと、京都ならではのカレー屋でもあり、京都云々を抜きにしても、かなりハイレベルなカレー屋であります。
そして何より、ツボの押さえ方が絶妙すぎる。

実に、実に、すんばらしい。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

森林食堂

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:インドカレー | 二条駅西大路御池駅円町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

GHEEのスピリットが京都で独自進化。「カマル」(烏丸御池)

東京・神宮前の伝説といわれたカレー店「GHEE」のスピリットを受け継ぐお店が、京都にあります。


「 カマル」(Kamal)

かつて「GHEE」でアルバイトをしていた、京都のセレクトショップ「FACTORY」の加治啓太郎さんが手掛けたお店です。

元々、神宮前「GHEE」というお店は、音楽やファッション業界の人々が集うカルチャースポット。
「A BATHING APE」のNIGO氏も、元「GHEE」のアルバイトだったり、村上春樹氏が常連だったりと、昨今大阪で盛り上がるスパイスカレー×カルチャーに近いムーブメントが神宮前にあったわけですね。

その本家「GHEE」は2005年にいったん閉店。

その後、「GHEE」の魂を継承しようと、「GHEE系」と呼ばれる様々な店が登場することになります。
(その経緯については、こちらの記事をご覧ください。)

NIGO氏は2010年、「GHEE」のあった神宮前に「CURRY UP」をオープン。
NIGO氏とバイト仲間だった加治氏は、その後を追うように2012年3月8日、この京都「カマル」を立ち上げました。
当時も今もおそらく、西日本唯一の「GHEE系」カレー店です。

翌2013年には、東京中野に2号店「スパイシーカフェ カマル」をオープン。
現在は店名を「Meet Meats 5バル」と変え、肉バルとして営業を続けていますが、
「カマル」のカレーはメニューにちゃんと残っています。

2013年には、本家赤出川氏による、「GHEE」が間借り復活。
(さらに2016年春には・・・お楽しみです)
本家「GHEE」と頂点とし、「GHEE系」各店が華やかな競演を見せてくれる、実に素晴らしい時代がやってきたということですね。

さて、この「カマル」、「GHEE」のスピリットを受け継ぎつつも、独自の世界を築いています。
添加物不使用のカレーに、自家製野菜ジュースと、体に優しい心遣い。

色とりどりのジュースサーバが並ぶカウンターは、目にも楽しいですね。



カレーは、「GHEE系」のアイコンともいえる激辛ビーフカレーに加え、野菜カレー、バターチキン、キーマチキンというラインナップ。
合がけや、サイズ変更も可能です。


★やさいのカレー+ビーフカレー(S) ランチサラダセット ¥1050

うわぁ、見ただけでわかる「GHEE系」!

Sサイズはライス200g。
軽食にちょうど良いボリュームですよ。


◎ビーフカレー

まずは「GHEE系」名物の激辛ビーフカレー。
クローブを過剰なほどツン!と効かせた本家「GHEE」と比べると、
よりコリアンダーシード等のホールスパイスが爽やかに香り、また新境地の美味さとなっています。
まるまる一本入った唐辛子など、マニア心を満たすポイントもバッチリですよ。


◎やさいのカレー

じゃがいもたっぷり、一見ほっこりしたビジュアルですが、結構ホットな味わい。
本家と比べると辛さを抑え目にするお店が多い中、これは意外な嬉しさです。


◎ポテトサラダ

ブラックペッパーが効いた「カマル」名物のポテサラ。
・・・これが滅法美味い!
ハム&玉子もたっぷり入って、なかなかのボリュームです。

いやいや実に満足。
「GHEE」のスピリットを受け継ぎ、間違いなく「GHEE系」のカレーでありながらも、独自の進化を遂げた味わい。
「GHEE」の系譜に連なる各店の中でも、「vovo」と並ぶ高い完成度のカレーだと思いました。

中野の「Meet Meats 5バル」(元「カマル」2号店)では、「カマル」のカレーをいただいたことはあったのですが、
やはり京都でいただく味のバランスは別格。

今や、京都を代表するカレー屋さんの一つではないでしょうか。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カマル

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:カレーライス | 烏丸御池駅烏丸駅四条駅(京都市営)


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

京都の老舗喫茶店で激辛カレーをいただく。「喫茶 茶の間」(丸太町)

京の都の奥深さは、どんなに中心街であっても、格子状の通りをひとつ裏へ入れば、長屋や町家が織り混ざった住宅地があり、そこで日常の暮らしが営まれているところにも表れています。

京都御所から烏丸通りを挟んだ場所にある護王神社、通称「イノシシ神社」の裏。
静かな住宅街で、朝から営業している喫茶店。


「喫茶 茶の間」

1966年の創業以来半世紀もの間、京都の人々に愛され続けてきたこの老舗の看板メニューは、カレー。

当時のバイトのスリランカ人が作るカレーからヒントを得たという名物カレーは、幾多の雑誌にも取り上げられてきました。


お店は母娘二代での切り盛り。


喫茶店なのに、毎朝スパイスを挽くところから始めるため、カレーの提供は11時から。

この日は10時30分頃お店に着いたので、カレーが出来上がるまでの間、先にセットのコーヒーを出していただき、ゆったり寛いでみました。



ぼちぼちと、お店に集まってくるご近所の常連さんたち。

川藤の選手時代についての、アツいトークに耳を傾けていると、ほどなく芳ばしいスパイスの香りが・・・

お待ちかねのカレーが登場です!


★バターコーンカレー・大辛 セット ¥1100

カレーは基本のビーフカレーながら、ライスの上にコーンのバター炒めが乗った魅惑の一品。
散りばめられたコーンフレークは、スリランカのパパダムの代わりだそうです。


スリランカカレーをヒントにしたというカレーは流石にシャバシャバ。
が、しっかりとした牛肉が入っており、欧風カレーとしての風合いもあるオリジナルっぷり。
コーンの香ばしさとのマッチングもまた素敵。


そして、選べる辛さをMaxの大辛にしたのですが、喫茶店カレーの範疇を超えるヒーヒーぶり!
やはり京都は唐辛子の産地ですからね!

とはいえ、殺人的辛さではないのでご安心を。

辛い旨い言いながらどんどん食べていると、ご飯があまりそうなペースに。

そしたらなんと、お母さんがやってきて、カレーを継ぎ足してくれました!

これは実に嬉しいですね!

老舗喫茶店の寛ぎと、激辛カレーの刺激。
そのオンリーワンなギャップも楽しく、喫茶店好き激辛好きなら是非、足を運んでいただきたいお店ですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

喫茶茶の間

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:カレーライス | 丸太町駅(京都市営)今出川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ