カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

北新地路地裏のスリランカランチ。「すりらんかごはん ハルカリ」(北新地)

北新地での幻夢のような夜が明けて、翌日。

昨夜と同じ路地へ。

「バケモノの子」を髣髴とさせる異界への入り口です。


「すりらんかごはん ハルカリ」

昨夜訪れた「蜆楽檸檬」、その室内席であり餃子屋でもある「蜆楽紅鯨」を平日ランチ時のみ間借りして営業するスリランカ料理屋さん。


この日も開店の11時30分前から列ができはじめる人気ぶり。
12時30分ころには売り切れていることも多いよう。
大阪の売り切れ御免の人気店は、まわるのが大変ですね。



店主のゆかりさんは可愛らしい雰囲気の女性。
一人でお店をガシガシ切り盛りしています。

この日のメインカレーは鯖or牛。
ただし鯖は早くも売り切れとのことで迷わず牛!


★本日のすりらんかごはん ¥1000
・ビーフカレー
・レンズ豆カレー
・大根カレー
・なすのモージュ
・三ツ葉サンボル
・ココナツサンボル


網目模様の皿と料理のコントラストが実に美しい!
好きなデザインセンスですよ。


なんとなく皆から聞いていたところによれば、わりと味つけ控えめのやさしーい感じをイメージしていたのですが、
意外に塩気強めのガツッとした感じが意外でした。
たしかに辛さは抑え目、大阪はかなり強烈な味付けのスリランカ店も多いので、比較すれば優しめとなるのでしょうか。

しかしここまで正統な、しっかりしたスリランカプレートがランチでいただける大阪はやはりスリランカ先進国ですね。

美味しかったです!また平日昼間大阪にいるときは是非!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

奇遇すぎる奇遇。真夜中路地裏の蜃気楼。『ドラゴンカレー in 蜆楽檸檬』(北新地)

あぁ、離れようとしても、離れようとしても、カレーの神様は私を離してくれない。

それはもはや、呪いにも似た異様な・・・・

6月4日は奇妙な日であった。
朝、毎月第一日曜にしかやっていない朝カレーをいただきに、だいどう豊里「f-cafe'」に。
その後、年一回の大イベント「口癖はカレー@味園ユニバース」でカレーを食べまくり、
さらに夜、裏で行われていたイベント「カレーにくちづけ」へも乱入、流石にカレー腹もパンパンになり、
「究極のカレー腹アワード2017」にノミネートされるんじゃないかという危機を感つつ、
「うん、今日はもうカレー打ち止めにしよう!」と固く誓ったのが夜の12時。

けど、けどね。
折角大阪にいるんやし、もう一杯、もう一杯くらいいいよね。
と、ふらっと北新地へと繰り出す。

焼きとんか、海鮮か、ちょいちょい摘まみながら。カレー以外もたまには・・・ね。

ところが、目当てにしていたお店はことごとくラストオーダー後。またはシャッター締まってる。
むむむ・・・ここまで来て引き下がれないぞ・・・・

と、その時。目の前の路地から何やら輝く光が!!


スタンド居酒屋?
今の気分にちょうどいいかも。


お、生搾りチューハイ!いいね~!


「蜆楽檸檬」

ちょっといい店見つけました。


しかも何やらDJイベントやってるみたいっすね。



生搾りチューハイも種類があるみたいだし、何注文しようかな~

・・・って、え?

い、いや、ちょっと待て。

「ラムキーマ」って何さ???

え?え?え???

『薬剤師が作る薬膳カレーの日 Vol.15』!?

・・・やっちまいました。
もう今日はカレー食べないと誓ったのに、無意識にカレーと惹き合ってしまいました。

しかも聞けば、月一回、第1日曜の夜しか現れないカレーなんだそうで・・・やり過ごせるワケがないったらない!!


カレーをいただくのは、室内のカウンター席。
このスペースは普段『蜆楽紅鯨』という名で餃子を提供している場所。
しかも平日昼間は『すりらんかごはん ハルカリ』って、あらここがそうだったんだ!

もう何が何だかわかりませんが、カレーの神様に愛されてるのか呪われてるのかわかりませんが、とりあえずカレー食いましょう。


★あいがけ3種 ¥1000
・実山椒 ラムキーマ
・チキン&胡桃 野菜キーマ
・あさり&帆立 フレッシュグリーンチリ
・明太ポテサラ
・レモンローストポーク
・マグロ&サーモン 塩わさびマリネ


うわぁ、これまた美麗なり!!

ちょっとこれ、ガチで本気なヤツじゃないですか!!


二種のキーマ、実山椒プシュプシュ、胡桃コリコリ、グリーンカルダモンもドッカン入っていて、「薬膳カレー」という優しい響きとは対極のビシバシ系。

対する白いカレーはアサリと帆立入りで、一見優しく見えるも、抜けるようなグリーンチリが爽快。
帆立に染み込んだグリーンチリ、なかなか良いもんっすな!

香り、旨み、刺激に加え、食感の変化も面白い、かなり個性的なカレープレート。

実に掘り出し物の美味さでした。
満足すぎる満足!!

・・・で、この月イチの夜だけ現れるこのカレー屋、屋号はなんて言うの??
と聞けばどうやら、

『ドラゴンカレー』

ということらしい。

シェフを務める美人薬剤師さんの名前が龍田さんということで『ドラゴン』。

その名に相応しい迫力のカレーでございました。

・・・おっと、忘れるとこだった。
生搾りチューハイも飲まなきゃ。

★生搾りチューハイ 八朔

いやぁ、大阪の夜は幸せっすなぁ。

夜も深くなり、一人一人と消えていく客たち。
けれど、全身に感じるのは、ヒトならざるモノたちの視線。


いつでも、どこにいても。


カレーの神様は。


私たちをずっと見張っているのですね。


夢か現か、路地裏の蜃気楼のような体験でした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ついに!大阪スパイスカレー東京進出前夜。「旧ヤム鐵道」(梅田)

おそらくは、2017年カレー界最大トピックになるんじゃないでしょうか。

「大阪スパイスカレーついに東京進出」

最近ようやく東京でも認知されるようになってきた、「大阪スパイスカレー」文化。
けれど今までは「大阪のカレーは凄い」「なんかすげー盛り上がってる」なんて噂でしかその存在を知り得なかった方も多かったことでしょう。

そこへ飛び込んできたビッグニュース、
「2017年7月、旧ヤム邸が東京下北沢に進出」

「旧ヤム邸」といえば、「ヤムカレー」時代から大阪スパイスカレーを牽引してきた中心的存在。

いわば真打ちが先陣をきり、東京にやってくるわけですから、北海道からマジスパが来た時と同じかそれ以上のインパクトがあるってもんです。

さて、この「旧ヤム邸」、現在大阪には三店あり、それぞれのお店が異なる個性を出しています。

中でも一番新しく、大阪駅直結の地下レストラン街という究極の好立地にあるのがこちら。

「旧ヤム鐵道」

その名の通り、レトロな鉄道の食堂車をイメージした内装。



席に座り窓外を見れば、「旧ヤム」の歴史、そして独自のスタイルが紹介されているという趣向です。


中でも特筆すべきは「今月のカレー」が決定されるまでのシステム。

12人の作り手たちが日々研究、考案したカレーを発表。コンテストにかけ決定しているんですね。
アニヲタ的に言えば「勇者ライディーン」の巨烈獣バトルのようで目頭がアツくなってしまいます。


さて、熾烈なコンテストに勝ち残った「今月のカレー」は・・・??


流石に独創性溢れるラインナップ!!
迷いに迷ってしまいますぞ。


★あいがけカレー ¥993
・黒いスパイシー牛豚洋風キーマにカッペリーニ peaceのマサラダのせ
・ゴーヤで感じる夏先鶏キーマに真っ赤なタピオカレモン添え
・ヤムカレー
・ターメリックライス


やー美しいっすなぁ!
こりゃあ食べる前から元とった気分です。


流石大阪スパイスカレー、meets撮り(関西弁で真俯瞰撮影の意)にもバッチリ対応してますしね。

黒い洋風キーマはサラッとしつつもブラックペッパーが効きシャープな味。かなり好き系。
一方の鶏キーマはまろやかながら酸味そしてタピオカのニュルッと感がかなり印象的。


さらに、ミニポットで添えられた定番「ヤムカレー」をかければまた風味が増し絶品。

大阪遠征3日目でカレー20食を超えたところからの、この満足感。
いやー流石です。

この味、このギラギラ感は、大阪だけにとどまっているのが勿体ない。

東京・下北沢進出は2017年7月上旬予定!!

詳細については続報をお待ちください!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

邪道で旬食材を愉しむ。「ナーガカリー」(天満)

大阪にはランチ間借りカレー店、いわゆる「ヤドカリカレー」がたくさんあるんですが、
それ全部回るのは遠方からの客にとって超至難。

大抵の店が売り切れ御免なものだから、一つの店に行ってるうちにもう一店が売り切れちゃったりで、
行こう行こうと思っていても何年も行けない店ってのが出てきちゃうんです。

こちらもそんな一店。
やっと訪問できました。


「ナーガカリー」

2014年にオープンしてからチェックしているものの、今は2017年。
オープン当時からは場所を移し、現在は天満駅近くの韓国居酒屋「武福」にてランチ間借りしています。
不定休ってことで、しっかりTwitterチェックし、晴れて訪問。


店内、完全に居酒屋です。当たり前ですが。

こちらの「ナーガカリー」が標榜するのは「邪道」。
そもそも大阪のスパイスカレー文化自体が、ある種「邪道」を進んだ結果であることを考えれば、「邪道」すなわち「正道」ともいえるのでしょうが。
ちなみに「ナーガ」といえばヒンズーの蛇神ですから、「蛇」と「邪」をかけているのかもしれません。


★ナーガプレート 小盛 辛さ2 ¥900
・パプリカポークジャンキーマ
・スルメイカココナッツカリー
・ゴールドラッシュの豆カリー
・ロマネスコスパイス炒め
・揚げチビじゃがスパイスオイル漬
・黒あわび茸スパトマ炒め
・スパイシー目玉焼き
・炭焼きひね皮スパイス漬 +¥100


バラエティ豊かな季節の食材を取り入れた賑やかな一皿。
これは楽しいですね!
そしてなるほど、確かに邪道だ。


ライスは硬めの玄米ターメリックライスでヘルシーな感じもにおわせつつ・・・
小盛りにしたのでノンジャンルなスパイス料理がチョコチョコいただけて良いですね。

「邪道」をあえて掲げることで、旬の食材の面白い組み合わせを自由に楽しむ方向性。
味付けは親しみやすい庶民派という印象を受けました。

大阪のスパイスカレーって、どこも俯瞰ビジュアルが美しい合がけ合い盛りスタイルで、
しかも内容は日替わりや週替わりのところが多いだけに、
写真だけではどの店がどの店なのか、判断つかないところもあるのですが、
実際訪れて食べてみると、その店その店の個性や方向性が見えて面白いですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

希少!第一日曜のみ営業の豪華すぎる朝カレー!「f-cafe'」(だいどう豊里)

大阪某所に、毎月第一日曜だけいただける豪華な朝カレーがあると聞き、早速行ってきました。

最寄駅は、だいどう豊里・・・って、どこやねん???

調べたら、大阪中心部から淀川を越えた先にある、完全なる住宅街。
しかも駅からそこそこ歩くときた。
いやいや特殊すぎるやろ。
しかも月一あさイチって、よっぽどのモノ好きじゃなきゃ・・・・というわけで、モノ好きがやってきましたよ。


「f-cafe'」

おぉ、しかも外見カフェにしか見えんし。
こりゃ見つけられんわ。


けどこのメニュー告知、タダモンではないぞ。

・・・というわけで店内に入ると、情報提供いただいた大阪随一のカレオタ、TAKさんもしっかりいました。流石。

こちらの「f-cafe'」、普段はパスタや洋食をメインに提供するお店。
日曜が定休日で、第一日曜日の朝だけ半ば実験的なカレーを「おはようカレー」として提供しているとのこと。
普段の営業でもカレー出したりするようですが、そっちは欧風寄りで、月一の「おはようカレー」とは方向性が全然違うそうです。


★おはようカレー 合がけ ¥1000
・牛タンのスパイスカレー 瀬戸内レモンスプラッシュ
・サーモンのちゃんちゃん焼き風カレー


うわぁ、これはもう独創性の塊です!
体裁は大阪スパイスカレーですが、牛タンとサーモンなんて、自由すぎる!!
そうそう、大阪に欲しいのはこの飛び具合ですよ。


んで、牛タン、これがトロッと柔らかくて滅法美味い。
流石洋食カフェって感じですが、スパイスもよぅ効いてるし、レモンの酸味もバッチリ。
ただし原価割れしてんじゃないかとチト心配。

んで、サーモン。
パッと見塩ジャケ?ってなかんじですが、チャンチャン焼きつまりはソテーですから、
洋食にもスパイスにも合うわけです。


洋食スパイスカレーとでも呼ぶべきこのカタチ。
なかなか面白いですね。

毎月毎月、どんなカレーが飛び出してくるか、全くもって楽しみです。
・・・といいつつ、東京からだと次回いつ行けるか見当もつかず・・・関西の皆様、よろしゅうお願いします!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad