カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

豊前うどんのカレーつけ麺は黄金色。「BUZEN 麻布十番」(麻布十番)

「豊前うどん」を標榜する北九州「豊前裏打会」の一店「武膳」。

東京にも数店舗展開するなか、こちら麻布十番のお店は居酒屋業態。

「BUZEN 麻布十番」

生ハムうどんなどオリジナリティあふれるメニューでマスコミにも良く出ているようです。


私のお目当てはもちろんカレーうどんなのですが・・・


卓上には北九州黄金一味が!
そう、黄金唐辛子といえば京都が有名ですが、北九州産のもあるんです。

私は「KALA」やその前身の「豚王」、さらにその前身の目黒「ホルモン番長」でもよくいただいており馴染み深いのですが、
今東京で出会う機会はほとんどなく、ちょっと嬉しい気分。

日本最辛クラスのご当地唐辛子のある店ですから、当然カレーの期待値も上がります。


★究極の黄金カレーつけ麺 (温盛り)¥920
★ごぼう天 +¥300


お~!やっぱり黄金縛りで来ましたね!!
そうそう、そうこなくっちゃ。


ゆるっと縮れがあり、少し細めの麺。
噛みごたえは柔らかめ。

これが「豊前うどん」ですか、なるほど。


カレーには自家製「黄金ラー油香味」を用いているとのこと。
つまりは黄金唐辛子ってことですよね。

早速いただいてみましょう。

お、これは!「古奈屋」よりさらにココナッツ風味が強い独特の味わいのカレー。
ラー油の香ばしさは下の方にたまっている気がしたので、うどんをすすぐようにして絡めるとなお良し。
また、中に沈んだスキヤキ風の牛肉もなかなか美味ですね~

メニューに「激辛注意」とあったので、黄金唐辛子のストレートな辛さが来るのでは?
と警戒していたのですが、デフォの辛さはさほどではなく・・・

卓上黄金一味のお世話になっちゃいました!
お~ 舌や喉に貼りつくような辛さで味がグッと締まりますね!!

これは美味い美味い。

久しぶりの黄金一味、手のひらにかけてペロッと舐めたりもしちゃいました。


「ごぼう天うどんが人気」と聞いたので、+¥300でごぼう天トッピングを追加。
別皿で出てきたのですが、かなりお得感あるボリュームですね。
ザクッとした衣ごと、カレー汁に漬けていただければ、実に良き味わい。
これはオススメです。


〆はカレー汁を薄めて、スープカレー的にゴクゴク。

最後の最後までなかなか楽しめるカレーつけ麺でした。

他にも面白いメニューいろいろあったから、また夜に来ようっと。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

BUZEN 麻布十番



関連ランキング:うどん | 麻布十番駅赤羽橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

トルコのカレー的一皿をユルユルなノリで。「Anonymous Latin & Turkish Restaurant Bar」(六本木)

大阪のアノニマスといえば、深夜にミールスがいただける超絶BARですが、
東京のアノニマスは、それとは全然違うお店でした。

西麻布交差点脇にある、赤いお店。

「Anonymous Latin & Turkish Restaurant Bar」

いわゆるケバブ屋の延長線上にある、トルコ料理のカフェバー。
六本木「KADER」の系列店です。
店名には「ラテン」という表記もありますが、メニューにナチョスがあったりするからかな・・・


お店に入ると、カウンター席でプッカァーっと煙草をふかしてるトルコ人(イラン人?)あんちゃん。

分煙とか全く関係ないこの感じ、トルコらしいっちゃあ、らしいのかも。

メニューを見てオーダーを決め、厨房のトルコ人(イラン人?)店員さんに「オーダーいいですか?」と声掛け。

するとカウンターでまったりしてたあんちゃんが振り返り、こちらへ。

・・・あ、店員さんだったのね。


★Musakka ¥1200

ギリシャのキッシュのようなムサカとは異なり、トルコのムサカは 野菜や挽き肉を煮込んだ料理。

こちらのお店のムサカは挽き肉比率がかなり高くスパイシー、しかもバターライスとワンプレートということで、完全にキーマカレーライス!!

こういうのあるんですね。
ちょっと面白いです。

セットはドリンク付き。
注文時「ドリンクは?」と訊かれたので、
「何があります?」と聞き返すと、店員さん、英語メニューを指差しながら、
「コーヒー、・・・、ウーロン茶」
・・・あれ?今なんか一個飛ばしたぞ(笑)
よく見りゃそこには「Turkish Tea」の文字。
あぁ、多分手間かかるから頼んで欲しくないのね。


Turkish Tea

頼みました。
食事を7割方済ませたあたりの微妙なタイミングで登場。
緩いっすね・・・

けど、独特の香りで美味かったですよ。

因みに私の後に入ってきた日本人客もTurkish Teaを注文。
店員さんたち、顔を見合わせクスクス笑ってる。

「なんでTurkish Teaばっかりなんだよぉ~」って感じの笑いですかね?

とにかく昔から、六本木界隈のトルコ料理店ってノリが緩いイメージがありますが、やっぱここもそんな感じだな~。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

カデル アノニマス レストラン アンド バー

昼総合点☆☆☆☆



関連ランキング:トルコ料理 | 六本木駅広尾駅乃木坂駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

西麻布路地裏、隠れ家タイ王宮料理。「ライステラス」(六本木/乃木坂)

西麻布の裏路地に佇む、まさに隠れ家タイ料理店。


「ライステラス」

一般的知名度がほとんど無いにも関わらず、この地でもう23年目。
つまりはここ、「麻布にいい店知ってんだ」「え~行ってみたい」的な業界人御用達のお店だったというわけです。

そういうお店でさえ、一発検索するだけで一般民の目にも止まってしまう今の時代。
それが豊かなのかどうなのかは微妙な部分ではありますね。


こうやって外観写真パシパシ撮る人がいるのもどうなのか、と。

そんなこと考えてたら腹が減ってきたので早速入店。

お店は一階がテラス風のテーブル席、二階が個室やソファ席、三階が調理室という作り。

調理するベテランタイ人シェフの姿は見えないのですが、代わりに日本人の店長兼ソムリエ、エノさんが接客担当してくれています。


ランチはスタンダードなタイ料理が一通り。

なら、ゲーンかな!


★ランチ ゲーンキョワン・ガイ ¥1080

鶏肉のグリーンカレー。
ランチセットにはライス、サラダ、スープ、デザートがついてきます。

セラドン焼の皿が美しいですね~


ゲーンキョワンは鶏肉たっぷり、ナスたっぷり、バジルたっぷり。その他ピーマン&パプリカも。
ちなみにフクロタケは見当たりませんでした。

しっかり、丁寧に、香りを生かしながら作った印象です。
美味しいですね。

デザートのタピオカミルクはカボチャ入り。

このちょっと気が利いた感じが西麻布クオリティですね。

西麻布女子会とかあったら是非!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ライス テラス

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:タイ料理 | 乃木坂駅表参道駅外苑前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

真夜中は激辛に。美川憲一プロデュース。「麺's Bar mikawa」(六本木)

西麻布、美川憲一プロデュースの「美食ダイニング mikawa」
普段、美食というものにとんと縁がない私ですが、真夜中になると事情が変わってきます。

実はここ、夜中は麺料理バーに業態チェンジするんです。

「麺's Bar mikawa」

ま、美川さんを「メンズ」と呼ぶのに若干抵抗がなくはないですが・・・
看板メニューはカレーうどんと台湾ラーメン、辛いもの好きだったのですね。


お店のあちこちにそこはかとない美川テイスト。
コロッケが売ってたりしたらどうしよう、と半ばヒヤヒヤ。

この夜は2時過ぎの入店。
ビールから行くには深すぎるので、こちらのお酒を選択。

★沖縄マンゴー酒 ¥800

まず思ったこと。
「氷が立派だなぁ」・・・実にいい氷を使っています。
まぁその分液体が少ないのは痛し痒しなところで。
甘くて飲みやすいお酒でしたよ。

麺料理のラインナップは

和風ラーメン
激辛台湾ラーメン
特製カレーうどん
濃厚魚介豚骨つけ麺


の4つ。

しかし遅い時間なこともあり、この日はカレーうどん品切れ。
だったらこちらを注文するしかないでしょう。

★激辛台湾ラーメン ¥1000

みなさんご存知かと思いますが、台湾ラーメンの発祥は台湾ではなく名古屋。
「味仙」に代表される、名古屋激辛文化の筆頭料理です。

見るからに辛い、辛そうなビジュアル。
即座にお尻が痛くなりそうな雰囲気ですが、美川さんのお店に行ってお尻が痛くなったなんてことになると、
あらぬ誤解を呼びそうな気もしてどうしよう・・・なんて不安もつかの間。

あ、程よき辛さでいい感じ、大丈夫そうですよ。

まずコシのある麺が美味いです。
見た目ヤバそうな赤のスープは「辣」はほどよくありつつ、「麻」はなし。
最後まで普通に飲み干せる味わいでした。


これは〆に使える一店ですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

みかわ

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:創作料理 | 乃木坂駅六本木駅表参道駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

真夜中のカレー麺専門店。「しゅういち」(六本木/広尾)

西麻布、夜8時から朝6時まで営業のカレー麺専門店。

「しゅういち」

最近オープンした「恵比寿店」はランチ営業ありですが、こちら本店は夜のみ営業。

西麻布・六本木飲みの後、〆のカレー麺といった明確な位置づけですね。


★ビンビール ¥600

カレー麺のラインナップは、

カレーらーめん
カレーつけめん
カレー油そば

の3つ。

この日は暑かったので、汁気なしのこちらを注文。

★カレー油そば チャーシュー入り ¥1000

カレースープがドン!と香るラーメンやつけ麺と違い、油そばの場合一見して「どのあたりがカレー?」という感じなのですが・・・

麺を絡めるとしっかりカレーの味がします。
ちなみに麺は浅草開花楼のもっちり太麺。

夜中になるほど賑わうこのお店。
夜遅くに「しまった!今日まだカレー食べてない!」なんて時の救世主ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

しゅういち

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 乃木坂駅広尾駅六本木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ