FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

逃れきれないBSKの渦。「麻布ラーメン」(麻布十番)

六本木や麻布でアーバンな、けれどもブラックな深夜労働に勤しむ「帰れないギョーカイ人」たちが最後にたどり着くのは、今も昔も「麻布ラーメン」。

いわば大都会の中の場末。

派手にブッかました後に物悲しくなって、自分がこのデッカい街の中の、壊れても誰も気にしない小さな部品であることをしみじみ再確認する場所であります。


「麻布ラーメン 麻布十番店」

なぜだろ?ここに寄る時はいつも雨なんですよね。


豚骨の匂いと煙草の匂い。

お冷のグラスだって心持ちヌルッと香る。

なんだろうな、真ん中に行こう行こうと思うほど、場末に来ちゃうのは。

せめてもの反逆として「麻布ラーメンなのにラーメンを食べない」というオーダーを繰り返してみるのです。


★カレー炒飯 ¥850

実は「麻布ラーメン」で一番満足度高いメニューはキムチ炒飯。
ここのラーメンには絶望的に合わないここのキムチですが、炒飯でいただくと抜群の旨さを発揮する、気がする。

けれどカレー炒飯だって美味いんですよ。
カレー粉の濃厚な味わいに鉄鍋の香りが乗って・・・

なんてイメージで食べたら、あれ?
今日はなんだか薄味だ。

まあ日によってムラもあらあな。


あれ?こんなスープ付いてきたっけ?

しかもこれ、豚骨ラーメンのスープじゃないか。
炒飯をスープにつけていただけば、カレー味は引っ込みヌルッと豚骨味に。

そう、どう足掻いても所詮俺らは豚の骨。
スープが出尽くしたらゴミ捨て場行きよ。


★餃子 ¥650

普通より一回りデカい餃子。
辛味噌どっぷりつけていただきます。

結局、場末感(BSK)の渦から逃れきれず腹だけ満タンに。

東京という白昼夢は、まだまだ続くんですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

麻布ラーメン 麻布十番店



関連ランキング:ラーメン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

麻布十番に待望!南インド×ネパール混合ミールスの魅力。「CARNISM」(麻布十番)

南インド料理がブームです。

マニアの間では「10年まえから流行ってるよ」ということかも知れませんが、今年は一般メディアへの取り上げられ方、地方での認知拡大、そして他業態からの注目とが加速。
南インド料理もようやくリアルマーケット化してきた感があります。

そしてここ、麻布十番にも。

「CARNISM」(カーニズム)

最初「あ、面白そうなチャコール料理の店が出来たんだ」くらいに思っていたのですが、お昼時に前を通りかかってビックリ。

ランチにミールスを提供しはじめたんです!





ミールスといえば南インドの華やかなお食事セットですが、こちらは「南インドとネパールをミックス」した混合ミールス。
厨房はネパール人ですし、そうハッキリ言っていただいたほうが信頼できます。

夜はチャコールレストラン→焼き物得意なネパール人雇う→南インド料理流行ってるみたい?→うちのシェフできるんじゃない?→「了解!せっかくならネパール人ならではのミールス出します!」という流れかな。

シェフがポテンシャルを発揮するための明確なスタンスが素晴らしいですね。

おや、そうこうしているうちに料理がやってきましたよ。

★カレーミールスセット ¥1000

おぉ、これは見ただけでわかるクオリティの高さ!


小松菜のサグブテコ、ゴルベラアチャールは、それだけでご飯が進むしっかりネパール。

一方でミールスの要といえるサンバルは香りが見事に南インド。

そして骨付きチキンカレー、これが抜群に美味い。
たぶんネパールのチキンカレー「ククラコマス」が軸になっているのだけれど、クローブがしっかりと香り南インドにもネパールにも馴染む仕上がりになっています。
さらに副菜はネパールのタルカリと南インドのサブジの間を行ったり来たり。

実に楽しい構成ですね

ネパール人が「本場シェフの」と冠してだましだまし作る微妙なインド料理も多い東京。
ネパール人の個性とアイデンティティを活かしたインド料理の登場は、実に頼もしくあります。


さらになんと、セルフサービスでチャイが一杯無料。


麻布十番にごっそり抜け落ちていたピースにハマった素敵なお店。

来週月曜、6/24からはドーサも登場するそうで、ゴリゴリに応援したくなるのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Carnism 麻布十番



関連ランキング:ダイニングバー | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

珈琲と楽しむ路地裏オムカレー。「CURRY&COFFEE IROHA」(赤羽橋)

たまたま赤羽橋近くの裏路地を歩いていたら、たまたま見慣れぬカレー屋さんを発見。
このたまたま感、とっても気持ち良いですよね。


「CURRY&COFFEE IROHA」

オープンは2018年4月だそうですが、気づかなんだ。
ちなみにこの裏通り、いろは通りというそうです。



古い建物をリノベーションした小さな空間。

食事メニューはオムカレーのみ。
トッピングで野菜と肉が選べます。


★IROHA オムCURRY ¥650
・おにくトッピング +¥300


テイクアウトに対応した紙の器での提供。

玉子の鮮やかな黄色が映えますね。


カレーは欧風、というかホテル風。
薄く、かつしっかりとした玉子とのシンプルな組み合わせもなかなか。


トッピングしたお肉は豚バラでした。
食事した感がグッと増しますね。


★コーヒー +¥350

で、ここコーヒーがなかなか美味い。
たまたま居合わせたお客さんとの話も弾みます。
都会の真ん中にあるとは思えない、ゆったりとした時間。

宝物ですね。

実はこの「IROHA」には系列のお店がもう一軒
田町寄りの慶応仲通りにある「FLAG」というお店ですが、こちらが本店扱いでメニューも多いようです。

また今度行ってみよっと。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレーアンドコーヒー イロハ



関連ランキング:オムライス | 赤羽橋駅芝公園駅三田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

西麻布、三河たまり醤油を用いたドライカレー。「BAR After The Sunset」(西麻布/広尾)

西麻布15時30分。
完全にランチタイムを逃した・・・そう思った時現れた看板。

「西麻布ドライカレー」

ほほほう、しかもランチは19時までとな?
(もはやランチなのか?)
ありがたや。


お店は建物横の階段から上がって2階。


「BAR After The Sunset」

70年代から90年代前半にかけての青春が詰まったような空間です。


トレスパス!ウォルター・ヒル!・・・渋すぎるぞ。


ランチタイムは西麻布ドライカレーとまぜそばの二枚看板。
いずれも三河産のたまり醤油を用いているとのこと。


★西麻布ドライカレー ¥780

細長い皿が印象的。
一見「カフェハイチ」のドライカレーのようにも見えますが、食べてみると全く違う個性。
ハイチよりウェットでかつ、独特な甘辛テイストなんです。


食べ進むにつれ和の味わいがぐんぐん増していきますね。
なるほど、醤油がいい仕事。

量も程よく、この日の気分にぴったりのカレーでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

BAR After The Sunset



関連ランキング:バー | 乃木坂駅表参道駅六本木駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ランチに麻布十番唯一のスリランカカレー。「~スパイス香る~ 麻布十番薬膳カレー」(麻布十番)

麻布一の橋交差点にあるダイニングバー「Hidden Lounge」が、ランチ時には麻布唯一のスリランカカレー店に。


「~スパイス香る~ 麻布十番薬膳カレー」

久々の訪問となりました。

隠れ家感香る階段を降り、


溜まり場感漂う店内へ。

落ち着いた雰囲気ながらDJブースやプロジェクターもあり、ちょっとしたイベントにも使えそう。


カレーメニューはスリランカ系やスパイスカレー系。
ですが薬膳という言い方にすることでカレークラスタ以外への訴求力も高めています。


さらにランチ時はピクルス盛り放題。
(常識の範囲で)


選んだのは、

★2種の合いがけ薬膳カレー ¥1200
・スリランカ風薬膳カレー
・豚挽肉と唐辛子の薬膳カレー
・パクチートッピング +¥200



◎スリランカ風薬膳カレー

サラッとジワっと。
独自調合されたトゥナパハ(スリランカのミックススパイス)による看板カレー。
一年前いただいた時と比べて味がブラッシュアップされていますよ。


◎ 豚挽肉と唐辛子の薬膳カレー

メニューの中で一番辛い、いわゆるスパイシーキーマ。
スリランカ風薬膳カレーとのバランス・メリハリは抜群ですね。
油はかなり少なめと思われ、食後感スッキリなのも良いですね。

麻布十番ランチとして今や安定の客入り。

今度は夜行きたいな~なんて思って早一年。
ホントに行きますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

麻布十番 薬膳カレー



関連ランキング:カレーライス | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ