カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

大阪スパイスカレー快進撃!S&Bから大阪スパイスカレーの名店「コロンビアエイト」のレトルトカレー発売!

大阪のローカル文化を越え、全国的な知名度を獲得しつつある「大阪スパイスカレー」。

カレー界を騒然とさせた「旧ヤム邸」の東京進出に続き、今度は「コロンビアエイト」がS&Bとタッグを組み、なんとレトルトカレーを開発!


「知らなきゃ損する噂の名店」シリーズ最新作
「大阪スパイスキーマカレー」


「コロンビアエイト」の店舗訪問記事はこちら⇒『カレーしか考えられへん。ギラギラした大阪カレーの熱気。「コロンビアエイト 北浜本店」(北浜)』

2017年8月14日発売予定という待望の一品、ひと足先にいただいてみました。

パッケージにはレトルトカレー袋の他、「香りスパイス」「焙煎カシューナッツ」の2つの小袋が。

盛り付けたご飯の上に(1)まず「香りスパイス」をかけ、(2)その上から温めたレトルトカレーソースをかけ、(3)最後に「焙煎カシューナッツ」をトッピングするという凝りよう。

かくして出来上がったのがこちら。

おぉぉ!これはまさに「コロンビアエイト」のカレー!
レトルトでこれは凄いです!ってか、レトルトに全く見えません・・・・

ちなみにトッピングしたししとうはパッケージに含まれていないため別購入。
そう、「コロンビアエイト」といえば「右手にスプーン、左手にししとう」ですから、サッと素揚げしてのせれば一層楽しめますよ。


いただいてみましょう。
シャバシャバのカレーに、ザクザクのナッツとスパイス。
それぞれの香りと食感が立体的に楽しめるさまはまさに「大阪スパイスカレー」。
小袋に分けての別がけがホント功を奏していますね。

このあたりは開発陣のこだわりと愛を感じます。

特にカルダモンの香り、スパイス好きが満足できるように、
けれど慣れてない人でも受け入れられるように、という絶妙のバランスには感心しました。

大阪スパイスカレーのレトルトといえば、ハリマ食品が「口癖はカレー」と組んだ、「癖になるカレー」が最初かと思うのですが、
このS&B×「コロンビアエイト」の「大阪スパイスキーマカレー」、また一味違った美味しさと楽しさが詰まっています。

正式販売の2017年8月14日が待ち遠しいですね!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

2017年5月6日発売のdancyuカレー特集「エブリシング イズ カレー」がヤバイことになっています。

2017年5月6日発売のdancyuカレー特集がヤバイことになっています。

「エブリシング イズ カレー」

何がヤバいって、紹介されているお店のチョイスが「カレー細胞」との親和性高すぎなラインナップ!


「カルパシは、毎週変わる」

Be Spicy名義の時代からクロちゃんを追ってきた当サイト。
2015年6月には「カレー細胞」プロデュースによる初のカレーイベントにてリングネーム「マサラブラック」としてご協力いただき、
⇒『【鎌倉マサラブラック×バラッツ for ネパール】 ~鎌倉食材で作るカレーとスパイス料理の宴~』

昨年8月にはJCA主催でカレー寺というイベントのシェフとしても活躍していただきました。
⇒「Japanese Curry Awards presents 『カレー寺』 vol.1 鰹と蜂蜜とニンニク」 開催しました!

昨年秋に実店舗を始動してからは、Japanese Curry Awards2016を受賞。
⇒『発表!Japanese Curry Awards 2016受賞店!』

いまや押しも押されぬ人気店となりました。


「KALAは、R18。」

目黒のアングラ店「ホルモン番長」時代から大好きな番長の料理。
⇒『「ホルモン番長」史上最強鍋の記録。(目黒)』
⇒『壮絶!!「ホルモン番長」大集会。(目黒)』

その後、サムギョプサル専門店「豚王」を経て(ここでも南インドミールスを出していた暴挙が凄い)、「KALA」をオープン。
福岡南インドムーブメントのパイオニアとなり、Japanese Curry Awards2016受賞。

⇒『黄泉の国に奏でられる、スパイス交響曲の愉悦。「Spice & Dining KALA」(筑豊中間)』
⇒『九州に南インド旋風。Japanese Curry Awards2016メダル贈呈!「Spice & Dining KALA」(筑豊中間)』


「蜂鳥カリーを追え」

ある意味一番凄いのがこちら。
幻のスープカレー職人メラさんがdancyuに乗る日が来るなんて、時代がやっと追いついた感があります。
⇒『伝説の出張スープカレー「メラ屋」 @学芸大学』
⇒『神出鬼没、あのスープカレーついに復活。「幻のカリー屋台 メラ屋」(東京都内各所)』

昨年7月には妄想×幻というイベントもやりましたね。
⇒『『妄想酒と幻スープカレー』@高円寺ネグラ』


「赤出川さんはBlakesにいる。」

水野さんと一緒にJapanese Curry Awards2014のメダルをお届けにうかがった「GHEE」。
こちらの原稿の執筆は、やはりの水野さんです。

⇒『神宮前・伝説のカレー、待望の復活!「GHEE(ギー)」(原宿/表参道)』
⇒『「Japanese Curry Awards 2014」受賞店発表!!』
⇒『神宮前の伝説カレー店、遂に完全復活!!「BLAKES(GHEE)」(北参道/外苑前)』


「ハイチは中野にある。」

こちらもJapanese Curry Awards2014受賞店。
その後いったん閉店し、中野に復活しました。

⇒『「Japanese Curry Awards 2014」受賞店発表!!』
⇒『東京を代表するドライカレーの老舗、中野に復活!「カフェハイチ」(中野)』


大阪カレーの紹介では、「gu-te」の三嶋さんや「ナッラマナム」井川さんが登場。

そして・・・・秘蔵レシピ公開は「ガラムマサラ」のハサンさんと「たんどーる」の塚本さん。

ハサンさんは看板メニューの「鯖缶マサラ」の、塚本さんは「カレー寺」でも披露していただいた「海苔ピクルス」のレシピを大公開。

これは超貴重ですぞ!!

その他、カレー部座談会では、「魯珈」から「GREEN CURRY mee」、「桃の実2号店」に「ボイシャキ」まで、
カレー細胞一押しの新店が網羅されています。

これは超保存版、2017年のカレーを取り巻く世界をお手元に。
書店・コンビニで売り切れ続出、確実に手に入れるなら、この下のamazonリンクから!
(アフィリエイトw)



●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

荻窪「吉田カレー」×鹿児島「伊場カレー」、多幸感溢れる贅沢カレーに急げ!!

鹿児島「伊場カレー」が東京にやってきた!

1/21、22、23の3日間、
荻窪「吉田カレー」が、2017カレーの日スペシャル営業として鹿児島「伊場カレー」とコラボ。

実は「伊場カレー」の伊場氏、元々「吉田カレー」にほぼ毎日通っていた超常連。
鹿児島にお店を出してからも姉妹店として交流を続けており、昨年5月にも「吉田カレー」が鹿児島に赴き「伊場カレー×吉田カレー」を実現。
今回逆に「伊場カレー」が東京にやってきて「吉田カレー×伊場カレー」のコラボと相成りました。


初日夜の部開始の17時30分ころにはもう、一時間以上待ちの大行列。

・・・寒い中、凄いですね。


半開きの小さなシャッター目がけ並ぶ人の列。
知らない人がみたら異様な光景でしょう。

ただ、これだけは言っておきたい。

『一時間待ってでも食べたほうがいい。』

この日のカレーメニューは、
(並)2000円 (上)2500円の2つ。

(並)
伊場カレーのルー
長崎県産雲仙極み豚の盛り合わせ
湧水町の有機栽培水菜
鹿児島県産有機野菜のアチャール
鹿児島県枕崎産鰹節

(上)
並のメニューに加えて、
鹿児島県産黒毛和牛A5うわみすじ
鹿児島県産黒毛和牛A5スネ挽肉と黒豚のキーマ

のいずれか。
(うわみすじ売り切れ次第キーマに切り替え)

ドリンクは、
ハニーアーモンド生クリームバナナミルク
(鹿児島県産ハチミツ使用)
ハーフ300円 フル500円


が用意されています。


★ハニーアーモンド生クリームバナナミルク

物凄くハニーで、物凄くアーモンド。
こりゃいいね!

fc2blog_201701212032344ed_2017012200584954f.jpg
★「吉田カレー×伊場カレースペシャル」(上)辛口
伊場カレーのルー
長崎県産雲仙極み豚の盛り合わせ
湧水町の有機栽培水菜
鹿児島県産有機野菜のアチャール
鹿児島県枕崎産鰹節
鹿児島県産黒毛和牛A5うわみすじ



どうですこの、有無を言わさぬ迫力!

はじめていただく伊場カレー、なるほどこれは「ボンディ系」「デリー系」ならぬ「吉田系」。
流石「吉田カレー」に通い詰めただけあって、スピリットをしっかりと受け継いでいます。

水、小麦粉、化学調味料を一切用いず、九州食材にこだわって作ったこのカレー、
鰹や椎茸など出汁醤油を用いた旨みたっぷりの仕上がりです。


そして、兎にも角にも凄いのが肉!肉!!

この日のため特別に仕入れたという、長崎県産雲仙極み豚
そのトロットロにとろけるような柔らかさとジューシーさは昇天モノ。

さらにバーナーで炙りが入った、黒毛和牛A5うわみすじ
贅沢すぎる希少部位です。

カレーにそれぞれの肉の旨味が溶け合うたび、それぞれ別の味わいへと変化していくさまも堪らない魅力。
さらに、たっぷりトッピングされた鰹節の旨みも重なり合い・・・・・

そう、南インド料理を混ぜ合わせていくことで、香りや味が変化していように、
このカレープレートでは、カレー自体の旨み、牛肉、豚肉、鰹節の旨み、旨みが旨みと重なり合うことで、
どんどん奥深い味わいになっていく趣向なのですね!

さらに、さりげなく添えられたアチャールがまた強烈。
ニンニクに山椒、剛速球のアクセントとなるこの一品は、吉田さんによるもの。
流石は兄貴、友情出演でしっかり印象を残すベテラン個性派俳優のよう!

厳選された九州食材の旨味と手間、贅沢すぎる特別なカレー。
マジで美味いです。
2500円の価格を「高い」と言わせないだけの多幸感に溢れています。

だから、

『二時間待ってでも食べたほうがいい。』

食いっぱぐれたら、一年間後悔しますよ。

期間中も、売り切れ御免。

心してどうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

「スープストックトーキョー」が、スープのない「カレーストックトーキョー」になった日。

6月10日。
「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」全店が“スープのない1日”となり
カレーだけを販売する1日限定企画「Curry Stock Tokyoの日」がに実施されました。


私が訪問したのは、自由が丘駅構内のお店。
お店のロゴまで変わってます。


この日販売されているのは数十種類の中から選ばれたカレー(8~10種)、ご飯、ナン、ドリンクだけ。
定番スープはお休みです。


しかも、ラインナップされたカレーそれぞれがかなり魅力的!

インド系あり、スリランカ系あり、総じて小麦粉使用のニッポンカレーではなく、サラッとした南アジア系のスパイス料理がベースとなっています。

カレーは一品もしくは二品、三品でもOK。
「黄色いものを提示」でさらにミニカレーかラッシーが追加サービスされる趣向です。


★スリランカ風カシューナッツのホッダ + 無花果チャツネのキーマ ¥980
★マンゴーとピンクペッパーのラッシー(黄色いもの提示サービス)


なんと!
ファストフードの域を遥かに超えた素晴らしい仕立て!!


カシューナッツのホッダは、ココナッツミルクを用いたスリランカ式カレー。
マスタードシードがしっかり入ってたり、カラピンチャが効いてたり、カシューナッツの香ばしいとろみが出ていたりと、なかなか秀逸な出来栄え。
そこまで辛いわけではないですが、物足りなさは全くありませんよ。


そして、無花果チャツネのキーマは、フルーティーな甘みが魅惑的。
濃厚で甘辛なその味わいは、どことなく中目黒「香食楽」の薬膳カレーを思い出させてくれます。

いずれも「なんちゃって感」が一切ない、本気を感じるカレー。

実に素晴らしいです。

「スープストックトーキョー」は最近、東京スパイス番長のシャンカール・ノグチさんによるワークショップを開催したりと、
カレーに対して本気モード。

カレー尽くしの「カレーストックトーキョー」はこの、6月10日の一日限りだったのですが、行けなかった方もご安心を。

この後、6月13日から7月22日の期間中、週替わりで3種のカレーが店頭に並んでいくそうです
要チェックですね!!


・・・・ってか、私の周りのカレーマニアの方々、こぞって「スープストックトーキョー」の写真をSNSにUPしてます。
(もちろん、ステマではなく自主的に。)
宣伝としてはどうなんでしょう、かなりの効果があったのでは??

今後も面白い企画、期待しています。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スープストックトーキョー 自由が丘店



関連ランキング:スープ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

食通の厳選グルメキュレーションマガジン「メシコレ」キュレーターに選ばれました。

ぐるなびが8/27スタートさせた新しいグルメキュレーションマガジン「メシコレ」に、当「カレー細胞」がキュレーターとして選ばれました。
メシコレedited_convert_20140903105547
メシコレ (mecicolle): http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/


記念すべきメシコレ「カレー細胞」記事第一弾はこちら。
「インド料理の固定観念が180度変わる珠玉の12軒in東京」
メシコレ1edited_convert_20140903105620
公開から一週間でなんと5000いいね!越えの好評をいただき、現在ランキング一位となっています。
インド料理初心者からマニアまで、誰もが満足できる珠玉の12軒をセレクトしましたので、是非ごらんください!

それと、fc2オフィシャルおすすめブログにも選定されました!!

fc2オフィシャルおすすめブログ
fc2オフィシャルおすすめブログ



これからもあらゆる角度からカレー記事をまとめていきますので、どうぞよろしくおねがいします。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad