FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

もうすぐ30年、日本初のヴィーガンインド料理店。「ナタラジ荻窪店」(荻窪)

自然派インド料理を標榜する、日本初のヴィーガンインド料理店「ナタラジ」。
その一号店にあたる荻窪店へと訪問。

「ナタラジ荻窪店」

オープンは1989年。
こちらの料理は完全ベジタリアンで、化学調味料や合成保存料も不使用。
そのコンセプトで30年近く営業を続けるだけでなく銀座、蓼科、原宿、渋谷にまで支店を拡大しているのですから、凄いとしか言いようがありません。


店内は広々、そして豪奢。
ディナータイムはセット2000円からと、インド料理店としてはアッパークラス。
反面ランチは比較的リーズナブルで、1000円を切る価格でいただけます。

この日はラストオーダー直前の駆け込みディナー。
ササっとシンプルにいただきましょう。


★サイバジ ¥980
・特製香辛料入りスペシャル辛口 +¥150
★小松菜ビーガンナン ¥460


サイバジはほうれん草とレンズ豆のカレー。
旨みと辛さをアップチューンしてみました。

素材の味を活かしながら、ビシッと味を決めてくるあたり、流石の老舗。
生姜が効いていて・・・ニンニクは入ってるんだろうか。


あわせたのは今やナタラジ名物緑のナン。
卵、乳製品不使用で小松菜が練りこまれています。
ミシッとした歯応えと、フワッと口でほぐれるやさしさは上質ナンの証。
どこぞのスポンジみたいなナンとは大違いです。

食べている間は満足感タップリ。
けれど食後は胃も体も軽々。


流石はヴィーガンインド料理のパイオニア。
その実力は「食べて納得」ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

酷暑の夏日は、熱帯ランチで。「海南チキンライス 夢飯(ムーハン)」(西荻窪)

連日のうだるような暑さ。


こりゃまるでシンガポール!!

ということで、本日はこちらに訪問。

「海南チキンライス 夢飯(ムーハン)」

以前は新橋に支店があって、そちらはほぼチキンライス専門の小さなお店だったのですが、こちらの本店ではチキンライス以外にも多彩なシンガポール料理が楽しめるんです。


店内いたるところに、マーライオンと鳥のオブジェ。
わかりやすい!

さて、この日はお店の名物チキンライスをあえて頼まず、シンガポール料理店としてのランチを愉しむプレイ!

まずはちょいマニアックなこちら。

バナナの葉っぱをほどくと・・・


★オタオタ ¥400

魚のすり身にスパイスやターメリックやあれこれ加えてバナナの葉で蒸したもの。
タイ南部の「ホーモック」にも似た料理です。

ホントは酒のつまみ!


★マレー風カレー&ロティ ¥800

こちらのマレー風カレーはトマトの酸味強めで暑い夏にピッタリ。


鶏肉、ジャガイモがゴロゴロ入っています。
ロティで包むもよし、そのまま食べるもよし。

せっかくなので、デザートも。

★海南パフェ ¥500

コーヒーゼリーにバニラアイス、あんこ、生クリーム、ラム酒を加えた、ちょっとオトナ風味のデザート。

ランチからここまでシンガポールを満喫できるなんて、ホント素晴らしいお店。

ビジネスマンたちがカウンターでチキンライスを掻きこんでいた新橋店とは全く別の空気感ですね。

暑すぎる夏は、熱帯のごちそうで乗り切りましょう!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

若き店主の町中華、人気のカレーライス。「中華屋 啓ちゃん」(荻窪)

荻窪、住宅地に佇む町中華。

「中華屋 啓ちゃん」

ランチ時に、お店の二階にあるBARスペースを解放し「カレー屋3時まで。」という名前のカレー店を開き話題となったこのお店、一階が空いている時にはこちらでカレーを提供しています。

こちら一階は通し営業なので、実は3時を過ぎてもカレーがいただけるわけですね。


オーダーは食券制。
カレーライスのトッピングとしてチーズ、フライドオニオン、フライドガーリックが追加できるのですが、こちらは食券機にボタンがないので、直接店員さんに100円を手渡しましょう。


★カレーライス ¥700
★フライドオニオン +¥100


おぉ、美しい。
大衆食堂のカレーライスにありがちな盛り付けの雑さは一切なし。
丁寧な仕事ぶりが見てとれますね。
中華スープが付いてくるのも嬉しいです。


濃厚極まりない旨味のカレー。
けれど小麦粉のもったりとした重さはなく、
玉ねぎをじっくり煮込んだとろみと甘み、そして辛さがほどよく調和した仕上がり。
カレー自体にもひき肉が入っているのですが、フライドオニオンのザクッとした食感が良きアクセントとなっています。
ライスはたっぷり300gで、満腹満足。

若き店主、啓ちゃんこと幸田啓さんは、中野「尚ちゃんラーメン」で4年半働いたのち「中華屋 啓ちゃん」を開業。
町中華の文化を新たに継承する一方で、夜は二階の「Bar Soar」も経営。
「カレー屋3時まで。」で話題を呼ぶなど、荻窪の庶民派外食文化を盛り上げています。

メニューには他にカレーラーメンも。
ラーメンWalker2018で紹介された木耳玉子麺も気になるし、夜のBAR営業にもお邪魔したいところ。

荻窪の飲食店、本当に活気がありますよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

荻窪の炒飯専門店が、ビリヤニとダルバートの専門店に。「ビリヤニ&ダルバートの店 ハリヤリキッチン」(荻窪)

荻窪の裏路地でちょっと道に迷っていたら、ひょんなお店にぶち当たりました。

「ビリヤニ&ダルバートの店 ハリヤリキッチン」

あ、SNSでたまに見ていたお店だ。
こんなところにあったのか・・・奇遇です。


こちらもともとは「炒飯の万博」という名前の炒飯専門店だったのが、
いつの間にか日・月・火でビリヤニとネパール料理を提供しはじめて話題に。

・・・と思ったら今度は2018年3月、「炒飯の万博」から「ハリヤリキッチン」へとお店自体を完全移行。
ネパール人の父とインド人の母を持つシェフによる、ダルバートとビリヤニのお店として生まれ変わりました。


店内には貴重な、歴代万博のポスターなんかがあったりしますけどね。



メニューはビリヤニとダルバートをメインとして、
ちょっとしたおつまみやネパール料理もあれこれ。


★チキンチョエラ ¥350

肉をスパイスで和えたネパール料理ですが、お店によって結構個性が出ます。
こちらは香ばしいオイルたっぷりで、チキンとナスの中華アチャールといった風合いです。


★チキンビリヤニセットS ¥1080

おぉ、ネパールテイストで出てくるのかと思いきや、なかなか個性的な提供スタイル。
木のお盆の上にビリヤニ、南インドのラッサム、ターメリック色に染まったライタというかモールというか。


ビリヤニは食感が結構個性的。
シットリでも、フワッフワでもなく、米がパラパラでツルッツルした感じ。
ちょっとあまり食べたことのないタイプかも知れません。
用いる米(マジェスティック?)と炊き方の関係でしょうか。

サイズはSでも充分な量でした。


そして澄んだ喉ごしのラッサム。


ライタというか、キールというか。

このお店独自のレシピなのか、シェフ独自のセンスなのか、両方なのか。
全体のバランスというか、味のもって行き方がなかなか独特です。

今度はダルバートに挑戦してみたいですね。
あと、店名にもあるハリヤリチキンも。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

具沢山、健康的なおうちカレーライス。「カレーの店 KYU-」(阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷アニメストリートを北に出てすぐの場所にあるカレーライス屋さん。

「カレーの店 KYU-」

以前から存在は知っていたのですが、ラストオーダーが19時30分と早いため、ようやくのランチ訪問となりました。


「たっぷりの素材をじっくり煮込んだおうちカレー」
という謳い文句ですが、いわゆる昔ながらの小麦粉たっぷりカレーライスとは少し異なります。

オーダーは券売機で。
今回は店主おすすめというこちらをチョイスしてみました。


★やわらかチキンカレー ¥850

ごはんは白米か五穀米かを選択可、大盛りも無料ですが、今回は五穀米普通盛りで。


たっぷりの鶏むね肉に加え、歯応えを残した玉ねぎがたっぷり。
カレーライスのいわゆる「ルゥ」的な部分はあまりなく、具を美味しくいただくカレーとなっています。
食べ応えあるのに胃もたれなし、それでいて個性もある。
愛情たっぷりの健康カレーですね。

付け合わせのナムル的もやしも美味しかったです。

近所で一人暮らしなんかしてたらこれが「おふくろの味」になりそうな、あたたかいお店でした。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad