カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

今、ゴールデン街の間借りカレーがアツい!キャラが際立つエンタメ系ヴィーガン。「銀河系カレー」(新宿三丁目)

「エピタフカレー」「サンラサー」、間借りカレーの話題店犇めく新宿ゴールデン街に、またまた大物登場!
fc2blog_2017052302055540d.jpg
「銀河系カレー」

何が大物って、お店をやってる小林さんがとにかく面白すぎるんです。

fc2blog_20170523020817792.jpg
夜は「銀河系」というバー。
いままで他にもランチ間借りの話があったものの、全て断ってきたこのお店、
「あなたになら」と小林さんに昼を任せたその慧眼。


え?なにがどう面白いのかって?
それはここで伝えるのは難しいな。

とにかく飽きることはありません。


★ブルーベリーと黒酢のラッシー ¥500

こちら実はビーガンのお店。
ラッシーも豆乳で作られてるんです。


★赤いカレーと白いカレーのあいがけ ¥800

カレーはジャンルにこだわらない日替わり。
この日は、赤いカレー=トマトとココナッツのタイ風カレー・・・といいつつ、どことなく中東テイストに仕上がった独特カレー。
白いカレー=ナッツと豆乳のクリーミーカレー。具材は厚揚げ。
ビーガンなイメージから、優しい感じかなと思いきや、しっかりとした辛さと酸味が嬉しいです。

この日は比較的スタンダードなカレーだったんですが、過去にはブルーベリーを用いた「紫のカレー」といった実験的なものも。
今後もたびたび実験的カレーを提供していくそうで期待。

いやぁ、とにかくこの日も面白いことがいろいろ、いろいろありました。
けどきっと、書かないほうがいいよな(笑)。

あ、念のためいっておくと、衛生的な不備があったとか、そういうことでは決してありません。
とにかくいろいろ、笑わせたり和ませたりしてくれるってこと、です。


ちなみに料理撮影中のライティングは小林さん。

ビーガンといえば、ほっこり大地や大樹に手を添えて、そよ風に吹かれながら等身大の自分らしさを追求し、
日がな一日、明日何着て生きていくか考えた結果、結局明日も生成りのカットソーで生きていく、的なイメージがあったりしますが、
ここはとにかくエンタメ系。

エンタメ系ビーガン、今までなかったジャンルです。

今後の小林さんに期待!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

銀河系カレー



関連ランキング:カレー(その他) | 新宿三丁目


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

今、ゴールデン街の間借りカレーがアツい!スパイシーなママの味。「サンラサーसंरसा」(新宿三丁目)

「東京 間借りカレー」といえばゴールデン街。
ゴールデン街といえば「間借りカレー」。


「エピタフカレー」も出現する「あかるい花園 五番街」。
その入り口脇に・・・

もう一つ見逃せない間借りカレーの看板。


「サンラサーसंरसा」

通りに入れば「エピタフカレー」、入らずすぐ右を向けばそこが「サンラサー」。

意外に見落としそうですね。

こちら「bar MIKI」の火~金ランチを間借りし、日替りのカレー&スパイス料理をワンプレートで提供するお店。


シェフのマリコさんは、小さいお子さんがいるママで、お子さんの送り迎えの間だけのランチ営業ということみたい。
平日ランチのみというのも、仕込みに割く月曜が休みというのも、なるほど納得です。

野菜は、埼玉県小川町の沓澤農園さんの、有機・無農薬野菜を使用、お米は熊本は菊池市の菊池米を使用。ドレッシングも手作りと、食の安全への気遣いも、なるほどママならでは。

では、出てくるカレーも、お子さんのお弁当に入っているようなほっこり懐かしいカレーかといえば・・・

それがもう、違うんですよ。


★本日のカレープレート ¥900
ポークビンダルー
沓澤さんちのフレッシュ野菜サラダ
晩柑ドレ
鶏とアスパラのナンプラーレモン和え
ライス
ホットコーヒー

★ブラックペッパー薫るキーマカレー ¥300
★ニンジンのウールガイ ¥200


見てくださいこのガチっぷり。
子供の弁当がこんなだったら、先生もお友だちも将棋倒しでぶっ倒れちゃいますよ。


この日は南インドを基調としつつ、旬の味が巧みに取り入れられているプレート。

ビネガーの効いたビンダルーに晩柑、レモンといった酸味が随所に効いており、気温が上昇する今の季節に嬉しい味わいとなっています。


で、またこのキーマカレーが美味いんだ。
キーマカレーが不味い店ってのもなかなかないけれど、逆に「お、美味い。」って思わせる店も多くはない。
そこはカレー好きのカレー好きたる由縁の趣味嗜好が如実に表れるところだからです、きっと。


カレー好きスパイス好きとして、細胞が元気になるような美味しさ。

それには、店主マリコさんの気さくで明るいキャラもあるんです。


もうほんと、カレーって、作り手そのものだなぁって。


「エピタフカレー」とともにdancyuにも載りました。
ハシゴするのもアリですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

今、ゴールデン街の間借りカレーがアツい!路地裏のキングクリムゾン。「エピタフカレー」(新宿三丁目)

関西では今や定番となった「間借りカレー」、最近東京でもじわじわ増えてきました。

昨年浅草の間借りでブレイクし、その実店舗オープンして人気店となった「カルパシ」に続き、今一番注目したいのは、新宿ゴールデン街。
注目の間借りカレー店がひしめいているんです。
そのひとつがこちら。




「エピタフカレー」

エピタフとはキングクリムゾンの曲、その後JoJo第五部でも知られるようになりましたね。
実はこちらの店主、プログレのDJでありバーテンダーでもあるんです。


独学でカレーを学び、イベントケータリングなどでカレーをふるまう傍ら、こちらのハコ、「Kangaroo Court Decidion」の月曜担当バーテンダーをやっていた関係で、昼間の空き時間を借りてカレー屋を始めたんだそうです。

カレーは南インド系で3種類。
・ケララチキン
・ポークビンダルー
・メカジキのチェティナッド・フィッシュ


南インドのカレーの中でも特にビシッとした個性がありつつも日本人が好み、かつカレーライス仕立てに向いた3種をピックアップしていますね。

あいがけも可能ということで、迷わずこちら。


★2種あいがけ ¥1000
・ポークビンダルー
・メカジキのチェティナッド・フィッシュ


ポルトガル料理の影響を受けたゴアの名物料理ビンダルー。
ビネガーの酸味が特徴のこのカレー、こちらでも苦味と酸味を控えないオトナの味わいになっています。

香り系スパイスたっぷりのチェティナッド・フィッシュ。
こちらも辛さ・香り共に華やかな仕上がり。


いずれのカレーも、インド現地の美味さを損なうことなく、香りや辛さをビシッと効かせつつ、
カレー好きの日本人に解釈しやすいよう、細やかにチューニングされており、好感度高し。
「ビシッとスパイスが効いた、美味しい本格カレーライス」へと昇華させています。

ライスは日本米とバスマティのブレンド。
日本米だとベチャッとなる、バスマティだとパラパラ過ぎてカレーライスにならない、
双方の問題をうまく解決するやり方として有効なんです。


★コーヒー ¥200

インドのスパイス料理の魅力を発揮しつつ、日本のカレー基準でも美味い料理を提供する。
スタイルや個性は違えど、アプローチの根源的部分で、「カルパシ」や「桃の実2号店」に共通したものを感じます。
今後、実店舗への流れはあるのでしょうか?注目していきたいですね。

こちらの店主がバーテンダーを務める、「Kangaroo Court Decidion」月曜の夜にもこのカレーはいただけるそう。
次回は飲みながら、行きたいですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

新宿西口高層ビル街のイサーン料理。「スクンビットソイ55」(都庁前)

新宿三井ビルの地下レストラン街に、タイ・バンコクの裏通り。

「スクンビットソイ55」

55という数字は地上55階の三井ビルにひっかけたもの。



割とチェーン店っぽいキチンとしたメニューブックながら、よくよく見ればかなりマニアツボを押さえた料理がチラホラ。
ガオラオにゲーンパー、ゲーンソム、ヤムママー・・・

実はこちらのお店、「ティーヌン」を展開するスパイスロード系列のお店。
けれど「ティーヌン」とは一味違い、イサーン系のメニューが多いのが特徴のようですね。


★エムロイビール ¥580

タイの栄養ドリンク「M-150(エムロイ)」で割ったビアカクテル。
チョイ甘目ですが、精が出ますよ。


★ナムトック・コー・ムー・ヤーン ¥950

イサーンの焼肉サラダ、ナムトック。
そのコームーヤーン(豚トロ)バージョンです。
思った以上にシャープな辛さに、バイマックルー(コブミカン)の香り、カオクア(煎り米)の香ばしさがたまりません。
これオススメ!


★ゲーン・パー・ヌア ¥1180

イサーンの激辛カレー(ゲーン)、ゲーン・パーといえば、シャバシャバのスープ状が基本ですが、こちらのお店ではドロ~リセミドライタイプ。
この感じは結構珍しいかも。

野菜たっぷり牛肉たっぷりの具沢山で、刺すような辛さもなく、野菜の甘味さえ感じホクホクいただけます。


★SPYカミカゼ ¥580

この春ついに日本に入荷開始した、青いSPY。
洒落たビジュアルに爽やかなライム味が素敵。
人気沸騰なるか?

ところで、こちらのお店の店長、どっかでお見かけしたような・・・・あ、そうだ。

お茶の水の「サイアムセラドン」立ち上げの時の店長で、その後赤坂「イート パーク タイ」(現在は閉店)を立ち上げた方でした。
チェンマイ料理の次がタイ南部料理のお店、そして現在の「スクンビットソイ55」はイサーン料理推しと、スパイスロードの中でもローカリティ強めのお店担当なのかもしれませんね。

「イート パーク タイ」にあったタイ南部の豚ひき肉激辛ハーブ炒めクア・ムー(クワクリン)が結構おいしかったので、
こちらのお店で復刻してくれないかなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スクンビット ソイ55



関連ランキング:タイ料理 | 都庁前駅西新宿駅新宿西口駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

アツアツジュウジュウ、スタミナモリモリ、けれどちょっと涼し気な。「ホットスプーン 西新宿店」(新宿)

五反田の人気カレー店「ホットスプーン」が、丸ノ内に続く3号店を新宿西口にオープン。


「ホットスプーン西新宿店」

2016年6月1日オープン。
お店の看板メニューである「牛すじ煮込みカレー」がデカデカと押し出された看板。
まさに看板メニュー。


ミニスカ注意な急階段を上った二階にお店はあります。

バルっぽい丸ノ内店とは違ってこちらはカウンター席メインのカレースタンド風。
回転は良さそうですね。


カレーの説明書きは本店と共通。
こちらのカレーはアッツアツの鉄鍋で提供されるのが特徴なんです。


日替わりで無料トッピングサービスがあるのも嬉しいですね。
まさにランチサラリーマンの味方です。


★牛すじ玉子カレー ¥885
・辛さ 辛口
・日替わり無料トッピング(トマトブロッコリー&ポテトサラダ)



定番牛すじ煮込みカレーに半熟玉子。
ジュージューいわせての登場です。


牛すじ煮込みカレーは鉄板の美味さ・・・いや、鉄鍋か。
何よりも、ニンニクをガツガツに効かせてあるのがズルいのです。
もりもりいけちゃいます。
辛さは「辛口」が丁度いい。

スタミナたっぷりで、「よーし午後からも頑張るぞ~!」っって元気をチャージできるカレー。

けれど、もうひとつ印象的だったが、ホールの女性店員さんの涼し気な声質が非常に良いわけです。
ニンニクと牛すじと鉄鍋のスタミナモリモリな世界観がちょっと爽やかになる、いいバランスなんですね。

そういうところも含めて、ランチサラリーマンの味方というわけです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ホットスプーン 西新宿店



関連ランキング:カレーライス | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad