FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ビールの家で、ガツンとイサーン料理。「バーンビア」(東新宿)

東新宿。
この場所、昔からタイ料理店なんだけど、まめにお店変わってるんですよね。

「ラムヤイ」「サビアンタイ」「クアクンナン」・・・
そして今はこちら。


「バーンビア」

タイ語で「ビールの家」。
ほほう、振り切った名前ですな。

地下へと続く階段。
そこに広がっていたのは、店名通りの振り切った世界でした。

とにかく内装はビール!ビール!ビール!


ビールマニアなお宅訪問ってな感じ。


どれだけ・・・


どれだけビールやねん。


見上げてもビール。


見下ろしてもビール。

こうなりゃビールを頼まずにはいられません。
強制力すごい。


★タマリンドビール ¥600

折角なので、ここならではのビールを頼んでみました。
いわばスーパードライのタマリンドジュース割り。

料理はタイ東北イサーン中心。
好物のこちらもありました。


★ネームクルック ¥1280

うわ。すごいボリューム!

タイの酸味あるソーセージ「ネーム」に、煎り餅米「カオクワ」、そして揚げライスボール「カオトート」、ピーナッツや赤玉ねぎ、唐辛子などなど、ごっちゃ混ぜ混ぜ(クルック)した料理。

いちおう私日本人なので、「辛さは?」と聞かれます。
けどこれ、辛い方が美味しいので、「イサーンの普通の辛さで」お願いしました。


日本の多くのタイ料理店では、これをレタスやキャベツに包んでいただくのですが、こちら草モリモリ。
注目してほしいのが写真一番手前の草。
これ、パクチーファラン(ノコギリパクチー)じゃないですか!
東京ではなかなかお目にかかれない食材、これは嬉しい。


さて、オーダー通り、なかなか辛い仕上がり。
うん、結構辛くしてもらっちゃいましたよ。

けれどもただ辛いだけでなく、酸味もあり、さまざまな食感の変化が楽しめるのがネームクルックのいいところ。
特にカオトートは他店と比べ大ぶりな砕き方で、台湾おこげのような味わいも楽しめます。

これはかなり優良なネームクルック、ビールもガンガン進みそう!

いやいやこの日は単独訪問。時間もあまりなかったのでここで寸止めガマンガマン。
ええ感じの呑みに使えることが分かっただけ収穫です。

こんどは長く続いて欲しいなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

恵比寿のお洒落スープカレー、新宿に進出。「イエローカンパニー新宿店」(西新宿)

最近スープカレー店の増加が顕著な東京。
恵比寿のお洒落スープカレー店、通称イエカンこと「イエローカンパニー」もついに2号店を出しました。

場所は新宿西口、野村ビルの地下。


「イエローカンパニー新宿店」

2018年10月23日オープン。


イエカンらしいポップな店内。


メニューやブックレットもお洒落で楽しいですぞ。
流石。


オーダーは北海道スープカレーの定番、カスタマイズ方式。
説明がわかりやすいので初めてでも迷うことはなさそう。


★ベーコン&ベジタブル ¥1380
・モッツァレラチーズ +¥200
・ライス 普通(200g)
・辛さ レベル5


定番中の定番といえばやはりチキンなのですが、ここはあえて個性派で。
一瞬チャーシュー麺と思えるほどにベーコンの存在感は抜群。

辛さは無料設定のマックスである5。
激辛といいつつも、私としては目に入れても痛くないレベルの爽やかさ。
もともとイエカンのスープ自体かなりスッキリ系なので、これくらいが丁度良い気もします。

ベーコンは食べ応え充分。
その下に隠れたモッツァレラのキュキュッとした食感も楽しいですね。

長きにわたりスープカレー不毛の地と言われてきた新宿。
震災当日にオープンした東口「新宿ドミニカ」は定着しましたが、西口側ではその遥か前に撤退した「ナインウェスト」以来のスープカレー店。

このお洒落でヘルシーな味がこの立地でどう受け入れられていくのか、動向に注目です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


イエローカンパニー 新宿店



関連ランキング:スープカレー | 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

新宿サブナードでいただくカレー担々麺。「新宿 秀山」(西武新宿/新宿)

新宿サブナード。
担々麺とフカヒレ推しの中華料理店。

「新宿 秀山」(しゅうざん)

この日入店の引き金となったのは、こちらが目に入ったこと。

カレー担々麺!
これは食欲そそりますよね。


この日は17時ころの入店。
通し営業が多いのがサブナードの有り難いところです。

カウンター席に座るやいなや、カレー担々をオーダー。

★カレー担々麺 ¥1000
★味玉子 ¥120


おぉ、なかなか立派なビジュアルですぞ。

どことなくタイのカオソーイのようにも見えますね。


最初食べたときにはスープを包む胡麻の香りが際立ち、さほどカレー感は感じず。
けれども食べ進むにつれ「あ、これはカレー味だ」と徐々に感じてくるのが面白いところ。
胡麻の風味が強い分、担々麺としての「麻」はかなり控えめ。

具材は甘い挽肉の他、しめじや舞茸といったキノコたち。
充分な満足感が得られる一杯でした。

実はちょっとお値段高くなるので躊躇してしまったのですがトッピングメニューに排骨があり、
それはそれでカレー味×カレー味でかなり美味しくなったかも・・・と思った次第です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

新宿 秀山



関連ランキング:担々麺 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

歌舞伎町にムスリム女子待望のカレーライス処。「カレーハウス CoCo壱番屋 ハラール新宿歌舞伎町店」(西武新宿)

2017年、秋葉原に1号店をオープンした「CoCo壱番屋ハラール」が、2号店を新宿歌舞伎町にオープン!


「カレーハウス CoCo壱番屋 ハラール新宿歌舞伎町店」

場所はTOHOゴジラビルの裏手側に新しくできた歌舞伎町商店街振興組合ビルの地下一階。

オープンは2018年8月24日です。


ですが、ビルにはまだ空きテナントがたくさんある様子。
唯一のアクセスであるエレベーターもまだ工事が終わってない雰囲気。
一見すると「まだオープンしていないのでは?」と思ってしまいますね。

オープン一ヵ月で食べログ投稿もゼロ件。
果たして・・・

エレベーターを降りると、ハラール認証マーク付きの緑ロゴ。
CoCo壱なのにパキスタン料理店みたい。

オープンがまだ認知されておらず、閑古鳥が鳴いているのでは??
そんな心配は杞憂に終わりました。

この日先客は8人。

ヒジャブ(ムスリム女性が被る布)を被った女性2人組。
ヒジャブを被った女性3人と小さなお子さん。
ヒジャブを被った女性と日本人女性の2人組。
ほとんどがマレーシアかインドネシアからと思しきムスリム客です。
しかも全員が女性。

秋葉原店のオープン時にも、ムスリム女子たちが行列を作っていたことが思い出されますが、
宗教的理由で今まで堂々といただけなかったニッポンカレーライスへの憧れは、女子の方が強かったのかもしれませんね。
ヒジャブをかぶっている時点で、一目でムスリムとわかってしまいますから。
(その点、ムスリム男子たちは日本で普通に酒やらいろんな肉も食ってる人が多いですし。)

ちなみに、フロア担当の女性店員さんもヒジャブを被っていました。


店内あちこちには、ムスリム系の情報サイトやYouTubeなどでこの店が採りあげられたことが紹介。
そうか、入口が入りやすいとか、入りにくいとかはあんまり関係なくって、皆こういうネット情報をキャッチしてここ目当てで来ているわけですね。

むしろ人目に付きすぎない、こういう立地のほうが彼女たちには来やすいのかも知れないな。


各席には電源完備。
完全にムスリム女子たちの憩いの場です。


メニューは秋葉原と共通。
英語表記メインのインターナショナル仕様です。

肉はハラール対応の牛肉と鶏肉のみ。
カツカレーのカツももちろんチキンです。


ドリンクメニューにはアラビア語表記もありました。


★チキンカツカレー ¥950
★4辛 +¥80


ハラールなカツカレー、いってみましょう。


秋葉原店でも感じたのですが、ハラール対応したからといって味が落ちるわけでなく、逆に通常のCoCo壱より美味い印象。
特にチカラを入れている店舗だからでしょうか。

カツも衣がサクサクして美味かったですよ。


あ、福神漬けにも英語表記があるんですね。

あるムスリム女子の方などは、チキンカツカレーを一皿食べた上で、もう一食BENTO(テイクアウト)での発注。

そんな姿を見ていると、我々が当たり前のように食べているニッポンのカレーライスがいかに世界的に高い評価を得ているか、改めて実感。

そんな中での、ムスリムの方々が安心していただけるカレーライスの登場。
これ、実は物凄い可能性を秘めていることなのでしょうね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

CoCo壱番屋 ハラール新宿歌舞伎町店



関連ランキング:カレーライス | 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

歌舞伎町で繁盛するうどん店、そのワケ。「つるとんたん 新宿店」(西武新宿)

東京・大阪のあっちゃこっちゃにあるうどん屋「つるとんたん」。
歌舞伎町にある新宿店がいつも繁盛しているので、その秘密を探りに潜入してみました。
あ、残念ながら単独潜入ですよ。


「つるとんたん 新宿店」

まず店内、モエとコールが似合うパリピ空間。

カウンターは完全カップル仕様。

なるほどなるほど、ここまで歌舞伎町に寄せてるとは知らなんだ。

「うどんでも食べようよ」なんて無害な言葉で連れてきて、この雰囲気なわけね。

なるほどなるほど。


★ジンジャーハイボール ¥630

うどん屋ではありますけれど、バーっぽい呑み方もできそうな品揃え。
さっと食べてさっと帰る感じにはならないのですね。

なるほど。

さて、うどんはバリエーション豊か。

カレーうどんだけでも色々。
メニュー見ているだけで話に花が咲くこと間違いなし。
なるほどなるほど。


★カツカレーのおうどん ¥1580

カツとカレーとうどん、鉄壁の三竦み。

なのですが、とにかく器がデカい。まるで洗面器。

カツが小さいのでは決してないのです。
最初は器にしか目が行かないこと間違いなし。
ここでまた一回盛り上がるわけですな。なるほど。


鰹出汁、昆布出汁がガンと効いたカレー汁はなかなかのパンチ。
辛さよりも旨味と酸味が際立つタイプですね。


カツもしっかりした仕上がり。
重ね重ね言いますが、決してカツが小さいのではなく、器が
お店の雰囲気や、器のデカさなどとは関係なく、味はちゃんとしています。

ここで最後のポイントをしっかり押さえるわけだ。

なるほど。

うどん食べながらあれやこれやええ感じになったり、ええ感じになったままうどん食べに来たり、そんなのにピッタリのお店。
歌舞伎町で混むのも納得納得です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

つるとんたん 新宿店



関連ランキング:うどん | 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad