FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

新宿ワーカーの24時間憩い処。「飲食笑商何屋 ねこ膳 」(新宿三丁目)

新宿で働く皆さんに愛される、不動の憩い処。


「飲食笑商何屋 ねこ膳 」

驚異の24時間営業、居酒屋であり大衆食堂です。

どことなく、ますむらひろしの世界。
ニンゲンじゃない何かが営んでるんではないか、なんて。


そして謎の実家感。


★サントリーモルツ中生ジョッキ ¥500

落ち着く晩酌のひとときです。


★ねぎトロ納豆 ¥380

納豆ドサッ!ねぎトロドサッ!超スピーディーにして超シンプル。
けれどもこれ以上の肴は無いんじゃないかという説得力がありますね。
納豆嫌いじゃなきゃまず頼むべき一品。


★カレールートッピングコロッケ ¥280

この店が嬉しいのはちょいちょいカレー味があること。
こちらもコロッケに優しいおうちカレーがかかった一品です。


・・・あ、ネコパンチ。
あの頃のミッキー・ロークは何だったんだろうね。


★赤玉パンチ ¥380

・・・・ということで赤玉パンチ。
「あっかだまぱーんーち♪」
なんて、昭和の時代にはテレビCMだってあったんですよ。

さて、こうしてつまみ飲みするだけでもありがたいお店なんですが、ガッツリめしにも完全対応。

カレーはトッピングが自由に選べるうれしさなんです。


★ねこ膳カレーライス定食 ¥600
・揚げナス +¥250


迫力のボリューム!


ほっとするおうちカレーのやさしさ。
食感の残った手作り感溢れる揚げナス。
「いっぱい食べてね」なご飯の量。
そして赤味噌の味噌汁。

ホームですよ、まさに。


真夜中過ぎになると、いろんな客がやってくるこのお店。
ちょっと会話に耳を傾けてみれば、新宿で生きるさまざまな人間模様が見えてきます。

そんな皆が等しく和む場所。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

パワーアップして復活!朝から晩まで呑める禁断のタイ料理呑み屋。「モモタイ」(新宿御苑/新宿三丁目)

祝!復活!
モモタイ!



ガールズバーの朝昼間借りとして営業していたタイ料理居酒屋「モモタイ」。
激辛なラープをブッ込んだ看板メニュー「激辛から~ぷ麺」と、センベロ顔負けの価格設定の酒と小皿タイ料理。
朝7時から呑んで食べてヒーヒー言える禁断のお店だったのですが、2018年7月に一旦閉店。
移転先を探していたのです。

そしてついに2018年11月19日。
新宿二丁目に実店舗として復活オープン!

「モモタイ」

新しい営業時間はなんと朝7時から22時まで。
間借り時代の記事で「いつか夜営業してくれることに期待!!」なんて書いてた私ですが、ホントに実現しちゃいました。


ガールズバー間借り時代は食券機メインだったのが、立派なメニューブックに。



料理もお酒もバリエーションが増え、それでいて相変わらずの「いいんですか価格」。
カオマンガイ390円で食べられるとか、香るエール400円とか、ワクワクして余計に頼んじゃいそうです。


★マンゴーサワー ¥300

タイ昼呑み最高!


★エダマメガティアムトード ¥390

居酒屋っぽく枝豆を頼んじゃいました。
もちろんただの枝豆じゃあありません。
ニンニクがガシガシに効いて、ピリ辛風味。
こりゃあ酒が捗りますね。


★サイクロンイサーン ¥390

こちらタイ東北の発酵ソーセージ、サイクロークイサーンですね。
手作りっぽくてちょっとしたつまみに最高。


★チャーン ¥400

シンハもチャーンもこの価格、ほぼ都内最安値じゃないかしら?


★マンフラントード ¥390

はい、居酒屋っぽくフライドポテト。
これ食べた指で目をこするとヒーヒーなるほど、ええ辛味してます。
ちょっとこれ、タイ料理店に限らず都内のフライドポテトでも最高ランクの美味さじゃないかしら???

〆はこちら。

★モモタイラーメン ¥800

かつての「らーぷ麺」が名前も新たに登場。
こちらはそれほど辛くないノーマルタイプですが、かつての「激辛らーぷ麺」も「激辛モモタイラーメン」として健在でした。

とはいっても、こちらのノーマルタイプでも充分な美味さ。
辛さは卓上プリックで調整しちゃいますよ。

復活どころか、実店舗になってさらにパワーアップした「モモタイ」。
朝からダメ人間製造所として、大活躍しちゃいそうです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

モモタイ



関連ランキング:タイ料理 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

二丁目で、羊肉とローバー丼。「台湾小皿料理 荘園」(新宿三丁目)

花の新宿ど真ん中で、なんだろうこの場末感。

「台湾小皿料理 荘園」

小さくてちょっと入りづらい扉の奥は意外に広々。

大キャパ店ですね。

メニューはお安い台湾小皿料理から上海蟹まで。
この日は他で飲んでいたので、サクッと締めをば。

★ラム肉と玉葱の黒胡椒炒め ¥880

あ、ホントにラム肉と玉葱と黒胡椒と油、シンプルですね。
けれど粗挽き黒胡椒と羊肉があれば生きていけます。

そして、みんな大好き魯肉飯はこの店では「ローバー丼」という名。

★ローバー丼 ¥480

八角、ちゃんと香ります。
ご飯も挽き肉も温かくはないけれど、サッと食べる屋台食と捉えれば。

夜中までやってるみたいなので、気軽に寄るのがよいお店ですね。

それにしても・・・ローバー美々、元気かな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

荘園 新宿店



関連ランキング:台湾料理 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅


ビールの家で、ガツンとイサーン料理。「バーンビア」(東新宿)

東新宿。
この場所、昔からタイ料理店なんだけど、まめにお店変わってるんですよね。

「ラムヤイ」「サビアンタイ」「クアクンナン」・・・
そして今はこちら。


「バーンビア」

タイ語で「ビールの家」。
ほほう、振り切った名前ですな。

地下へと続く階段。
そこに広がっていたのは、店名通りの振り切った世界でした。

とにかく内装はビール!ビール!ビール!


ビールマニアなお宅訪問ってな感じ。


どれだけ・・・


どれだけビールやねん。


見上げてもビール。


見下ろしてもビール。

こうなりゃビールを頼まずにはいられません。
強制力すごい。


★タマリンドビール ¥600

折角なので、ここならではのビールを頼んでみました。
いわばスーパードライのタマリンドジュース割り。

料理はタイ東北イサーン中心。
好物のこちらもありました。


★ネームクルック ¥1280

うわ。すごいボリューム!

タイの酸味あるソーセージ「ネーム」に、煎り餅米「カオクワ」、そして揚げライスボール「カオトート」、ピーナッツや赤玉ねぎ、唐辛子などなど、ごっちゃ混ぜ混ぜ(クルック)した料理。

いちおう私日本人なので、「辛さは?」と聞かれます。
けどこれ、辛い方が美味しいので、「イサーンの普通の辛さで」お願いしました。


日本の多くのタイ料理店では、これをレタスやキャベツに包んでいただくのですが、こちら草モリモリ。
注目してほしいのが写真一番手前の草。
これ、パクチーファラン(ノコギリパクチー)じゃないですか!
東京ではなかなかお目にかかれない食材、これは嬉しい。


さて、オーダー通り、なかなか辛い仕上がり。
うん、結構辛くしてもらっちゃいましたよ。

けれどもただ辛いだけでなく、酸味もあり、さまざまな食感の変化が楽しめるのがネームクルックのいいところ。
特にカオトートは他店と比べ大ぶりな砕き方で、台湾おこげのような味わいも楽しめます。

これはかなり優良なネームクルック、ビールもガンガン進みそう!

いやいやこの日は単独訪問。時間もあまりなかったのでここで寸止めガマンガマン。
ええ感じの呑みに使えることが分かっただけ収穫です。

こんどは長く続いて欲しいなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バーンビア



関連ランキング:タイ料理 | 東新宿駅新大久保駅西武新宿駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

恵比寿のお洒落スープカレー、新宿に進出。「イエローカンパニー新宿店」(西新宿)

最近スープカレー店の増加が顕著な東京。
恵比寿のお洒落スープカレー店、通称イエカンこと「イエローカンパニー」もついに2号店を出しました。

場所は新宿西口、野村ビルの地下。


「イエローカンパニー新宿店」

2018年10月23日オープン。


イエカンらしいポップな店内。


メニューやブックレットもお洒落で楽しいですぞ。
流石。


オーダーは北海道スープカレーの定番、カスタマイズ方式。
説明がわかりやすいので初めてでも迷うことはなさそう。


★ベーコン&ベジタブル ¥1380
・モッツァレラチーズ +¥200
・ライス 普通(200g)
・辛さ レベル5


定番中の定番といえばやはりチキンなのですが、ここはあえて個性派で。
一瞬チャーシュー麺と思えるほどにベーコンの存在感は抜群。

辛さは無料設定のマックスである5。
激辛といいつつも、私としては目に入れても痛くないレベルの爽やかさ。
もともとイエカンのスープ自体かなりスッキリ系なので、これくらいが丁度良い気もします。

ベーコンは食べ応え充分。
その下に隠れたモッツァレラのキュキュッとした食感も楽しいですね。

長きにわたりスープカレー不毛の地と言われてきた新宿。
震災当日にオープンした東口「新宿ドミニカ」は定着しましたが、西口側ではその遥か前に撤退した「ナインウェスト」以来のスープカレー店。

このお洒落でヘルシーな味がこの立地でどう受け入れられていくのか、動向に注目です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


イエローカンパニー 新宿店



関連ランキング:スープカレー | 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad