カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

新宿西口高層ビル街のイサーン料理。「スクンビットソイ55」(都庁前)

新宿三井ビルの地下レストラン街に、タイ・バンコクの裏通り。

「スクンビットソイ55」

55という数字は地上55階の三井ビルにひっかけたもの。



割とチェーン店っぽいキチンとしたメニューブックながら、よくよく見ればかなりマニアツボを押さえた料理がチラホラ。
ガオラオにゲーンパー、ゲーンソム、ヤムママー・・・

実はこちらのお店、「ティーヌン」を展開するスパイスロード系列のお店。
けれど「ティーヌン」とは一味違い、イサーン系のメニューが多いのが特徴のようですね。


★エムロイビール ¥580

タイの栄養ドリンク「M-150(エムロイ)」で割ったビアカクテル。
チョイ甘目ですが、精が出ますよ。


★ナムトック・コー・ムー・ヤーン ¥950

イサーンの焼肉サラダ、ナムトック。
そのコームーヤーン(豚トロ)バージョンです。
思った以上にシャープな辛さに、バイマックルー(コブミカン)の香り、カオクア(煎り米)の香ばしさがたまりません。
これオススメ!


★ゲーン・パー・ヌア ¥1180

イサーンの激辛カレー(ゲーン)、ゲーン・パーといえば、シャバシャバのスープ状が基本ですが、こちらのお店ではドロ~リセミドライタイプ。
この感じは結構珍しいかも。

野菜たっぷり牛肉たっぷりの具沢山で、刺すような辛さもなく、野菜の甘味さえ感じホクホクいただけます。


★SPYカミカゼ ¥580

この春ついに日本に入荷開始した、青いSPY。
洒落たビジュアルに爽やかなライム味が素敵。
人気沸騰なるか?

ところで、こちらのお店の店長、どっかでお見かけしたような・・・・あ、そうだ。

お茶の水の「サイアムセラドン」立ち上げの時の店長で、その後赤坂「イート パーク タイ」(現在は閉店)を立ち上げた方でした。
チェンマイ料理の次がタイ南部料理のお店、そして現在の「スクンビットソイ55」はイサーン料理推しと、スパイスロードの中でもローカリティ強めのお店担当なのかもしれませんね。

「イート パーク タイ」にあったタイ南部の豚ひき肉激辛ハーブ炒めクア・ムー(クワクリン)が結構おいしかったので、
こちらのお店で復刻してくれないかなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

アツアツジュウジュウ、スタミナモリモリ、けれどちょっと涼し気な。「ホットスプーン 西新宿店」(新宿)

五反田の人気カレー店「ホットスプーン」が、丸ノ内に続く3号店を新宿西口にオープン。


「ホットスプーン西新宿店」

2016年6月1日オープン。
お店の看板メニューである「牛すじ煮込みカレー」がデカデカと押し出された看板。
まさに看板メニュー。


ミニスカ注意な急階段を上った二階にお店はあります。

バルっぽい丸ノ内店とは違ってこちらはカウンター席メインのカレースタンド風。
回転は良さそうですね。


カレーの説明書きは本店と共通。
こちらのカレーはアッツアツの鉄鍋で提供されるのが特徴なんです。


日替わりで無料トッピングサービスがあるのも嬉しいですね。
まさにランチサラリーマンの味方です。


★牛すじ玉子カレー ¥885
・辛さ 辛口
・日替わり無料トッピング(トマトブロッコリー&ポテトサラダ)



定番牛すじ煮込みカレーに半熟玉子。
ジュージューいわせての登場です。


牛すじ煮込みカレーは鉄板の美味さ・・・いや、鉄鍋か。
何よりも、ニンニクをガツガツに効かせてあるのがズルいのです。
もりもりいけちゃいます。
辛さは「辛口」が丁度いい。

スタミナたっぷりで、「よーし午後からも頑張るぞ~!」っって元気をチャージできるカレー。

けれど、もうひとつ印象的だったが、ホールの女性店員さんの涼し気な声質が非常に良いわけです。
ニンニクと牛すじと鉄鍋のスタミナモリモリな世界観がちょっと爽やかになる、いいバランスなんですね。

そういうところも含めて、ランチサラリーマンの味方というわけです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ホットスプーン 西新宿店



関連ランキング:カレーライス | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

アフター・タムさんの今。「バーンリムパー 2号店」(新宿御苑)

新宿御苑でひとりタイ料理。

「バーンリムパー2号店」

別名「バーンリムパー 新宿御苑店」。
新宿界隈に複数店舗展開する「バーンリムパー」の一店ですが、
ここ新宿御苑にある2号店は、あの伝説の料理人タムさんが昨年6月まで在籍、
彼自身がオーナーとしてお店を引き継ぎ、「バーン・タム」になるはずだったお店。

その後諸事情によりタムさんは離脱、新大久保に自身の店「バーン・タム」をオープンすることになるのですが・・・
流浪の料理人でもあるタムさんの置き土産ともいえる「食べログの高得点」は今も燦然と輝いています。
(「サイフォン」「インター」「いなかむら」同様、タムさん在籍期間のレビューは別物と見たほうが良いですね)


ほど良き広さと、ほど良きごちゃつき、ホワッとした接客。
かなり寛げる雰囲気です。

メニューを見れば、大半が890円という価格。
どうやらタムさん離脱後の体制変更でぐん、と値下げしたそうです。


★ビアラオ ¥630

ある店ではかならず頼むラオスのビール。
イサーン料理によく合うんです。


★ムーナムトック ¥890
★カオニャオ ¥390


イサーンの肉サラダ。
ヌア(牛)は売り切れに付きムー(豚)でお願いしました。
ハートの皿がハートフルですね。


煎り米たっぷりで丁寧な作りです。
イサーン料理ながら、辛さは殆どなく、おそらくは一般日本人にあわせチューニングしているのでしょう。
ちょっともったいない気がしますね。
オーダー時には結構辛くしてもらったほうが良いと思います。
(といいつつそこは個人差なので難しいですね)

フロアの女性店員さんはおっとりした感じながら、非常に丁寧な接客で癒されます。
「伝説の料理人の味を体験しに」というお店じゃなくなったけど、気軽にくつろげる良いタイ料理屋さんですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バーンリムパー 2号店



関連ランキング:タイ料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

トッピングが楽しい、隠れ家ビーフカレー。「MASH CURRY マッシュカレー」(西武新宿/西新宿)

西新宿。
小滝橋通りと職安通りとが交わる交差点のビル地下にある、隠れ家的なカレー屋さん。

「MASH CURRY マッシュカレー」

2016年4月オープン。


カウンターメインの小さな店内。
オーダーは国産和牛を使用したビーフカレーを基本に、辛さやトッピングでカスタマイズする方式です。

ちなみにマスターは広島訛り。
東京に出てきてから同郷の人とよく話すようになり、逆に訛りが強くなっちゃったとか。

確かにビーフをメインにするあたり、西日本カレーの基本でありますね。


★国産和牛ビーフカレー ¥700
・辛さ 5倍
・ナス +¥100
・ガーリック +¥50


赤いお皿が印象的。
サラダがついてきます。

ベースのカレーはサラッとシンプルながら欧風カレーらしい旨味もあり、なかなかの完成度。
ガーリックで旨味アップは正解でした。
ビーフとナスの相性も抜群ですね。

辛さは無料MAXの5で。
とはいえヒーヒーいうほどではなく、寧ろミニマムでこれくらいの辛さは欲しいところ。
5~10ってのがいいとこでしょうか。

卓上薬味には福神漬けの他、玉ねぎのアチャールというかピリ辛酢漬が。
これ、ちょっと面白いです。

知らなきゃ見つけにくいロケーションながら価格・味のバランスが良く、
ココイチ的にトッピングを色々試せる、普段使いに最高なカレー屋さんですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マッシュ カレー



関連ランキング:カレーライス | 西武新宿駅大久保駅新大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

タイ料理、お隣さん競争。「サバイサバイ」(西新宿)

西新宿の路地裏。
タイ料理「ソイナナ」の隣に店を出したタイ料理店。


「サバイサバイ」

入り口付近はかなりキュウキュウの狭小店舗と思いきや、奥は案外ゆったり。

隠れ家っぽくて悪くないですね。


全品680円というリーズナブルさが売りのお隣「ソイナナ」に対抗し、こちらは
480円、580円、680円メニューを取り揃え。
露骨にぶつけてきている感じがアジアのバイタリティです。


★ビアラオダーク ¥530

大好きなラオスのビールが置いていました。
これを置いているお店はタイ東北イサーン地方やチェンライ、チェンマイなど北部の料理がウリの場合多し。

ならばやはり頼むのはこちら。

★ラープムー ¥480

いやぁ安いですね。
近頃の新宿OLが喜びそうな、刻まないパクチーたっぷり仕様です。
酸っぱさも充分、お願いしたら結構辛くしてくれましたよ。
(カメラアプリの不具合で写真が保存されていないのが残念!)


★グリーンカレーチャーハン(カオパッゲーンキオ) ¥680

こちらグリーンカレーの濃さもさることながら、ガパオの量が凄いです。
もちろんパクチーもたっぷり。
この価格にして、なかなかの太っ腹といえましょう。
(安いタイ料理店はまず、ハーブの量から節約する場合が多いですから。)

普段使いとしては充分優れたタイ料理店。
同じコンセプトの店の横に何故出したのか、勿体無いような、不可思議のような・・・


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サバイサバイ



関連ランキング:タイ料理 | 新宿西口駅西新宿駅西武新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad