カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

タイ料理のジャイタイがペルー料理に進出!「ジャイタイナスカ」(乃木坂/六本木)

成田空港や秋葉原、沖縄にも店を構えるタイ料理店「ジャイタイ」がまさかのペルー料理に進出!


「ジャイタイナスカ」

「イタイジャナイデスカ」
「ジャイタイジャナインジャナイスカ ジャイタイナンスカ」

などと、脳内誤変換を誘発する素敵な名前ですね。


店内空間を支配するのは、巨大かつ豪勢なタイ式のカヌー!

あれ?ペルーリョウリニシタンジャナカッタデスカ?

実はここ、メニューの半分がペルー料理、半分がタイ料理という、ハイブリッド店だったんですね。

素敵なカオスであります。


★クスケーニャブラック ¥750

日本では珍しい、クスコーの黒ビール。
いや、ペルー的には「セルベッサ」。
カラメルのようにネットリ濃厚な味わいが独特です。


★ピスコサワー ¥800

はい、ペルーといえばピスコサワー。
ペルーの国民酒ですね。
ホイップされた卵白もしっかりペルー式。
現地でも色々なピスコサワーをいただきましたが、こちらのお店のは結構うまい部類かと!


★カウサ レイェナ デ アトゥン ¥1000

辛くない黄色いアヒ(唐辛子)を用いたポテト&ツナサラダ。
あ、「猫六」のポテサラにそっくりですね。


★アンティクチョス ¥950

クミンなどのスパイスが効いた牛ハツの串焼き。
ペルー料理って、アンデス原住民の料理に加え、中華料理やスペイン料理のエッセンスが混ざっていて、独自の料理大系を形づくっているのですが、こちらはまさにそう。
現地のバーベキュー料理にシルクロード由来のスパイスが加わっているんです。

といっても辛さは控えめ。
ハツのコリコリとした食感が存分に楽しめます。


★アヒ デ ポコ ¥1250

こちらこの日のメイン!!
通称「ペルーのカレー」こと、アヒ デ ガジーナ。
ガジーナは雌鶏の意味なのですが、こちらポコは雄鶏。
つまり、料理としてはほぼ同じで、辛さがなく香ばしいペルーの黄色いアヒ(唐辛子)を用い、鶏肉と野菜、チーズを煮込んだ料理。
それをライスとワンプレートで合わせた様はまさにカレーライスなんです。

辛くはありませんが、グラタンやリゾットにも通ずる味わいで、クセになる美味さ。

アヒ デ ガジーナ(ポコ)も現地で色々食べましたが、ここのは結構美味しいですね。


★チャーン

最後はタイのセルベッサ、もといタイのビールでシメ。

今回はペルー料理押しで攻めてみましたが、タイ料理押しで攻めたらまた全然違う楽しみが待っていそう。

まさに一粒で二度美味しい店。

マタキタクナルジャナイスカ!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ジャイタイ ナスカ



関連ランキング:タイ料理 | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

カレー味のフォーと産地表示。「フォーナム」(六本木)

六本木、ミッドタウン地下。
「デリー」の真向かいにあるベトナム屋台料理のお店。

「フォーナム」

そういや一度も入ったことなかったっけ。

たまにはこっち、入ってみるかな。

入店しようとすると、先に注文しなきゃいけないみたい。
前会計のマクドナルド方式です。

入店すると、壁に張り紙が。

「当店は国産・無農薬パクチーを使用しています。」

ほほう、なるほど。

「当店の鶏肉はすべてブラジル産で御座います。安心してお召し上がりください♪」

ほほう・・・って、え?ナニその音符!


安心させ方が斬新すぎます。

たぶん「産地表示」=「安心」という考えなのでしょう。
素直ではあります。


★まぜフォー ¥980

メニュー名はたぶん「まぜそば」を意識しているのでしょう。
説明書きには「ラクサをベースに」とありますが、ラクサはシンガポールやマレーシアのカレー麺、持ちいられる麺も米麺より中華麺が多いように思うのですが・・・私の知識不足なのかも知れません。

いずれにせよこの一品、つまりカレー味の汁無しフォー。

ベトナムのチキンカレー「カリーガー」をドライタイプにしたようなブラジル産チキンがたっぷり。

こういう仕立てはあまり見たことが無いですね。

ただしカレーといってもココナッツミルク風味で辛さはほとんど無いため、途中から刺激が欲しくなります。

そこでニョクマム、足してみましょう。

やはり味が引き締まりますね。

こうして味変するのも、まぜそばみたい。

興味深いといえは興味深いメニューでした。

でもまあ、刺激が欲しいときは「デリー」かな。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

フォーナム 本店



関連ランキング:ベトナム料理 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

但馬牛にこだわるバルのカレーライス。「BEEFMAN' BAR」(六本木)

但馬牛や神戸牛にこだわりを持つ六本木の焼肉屋さん「BEEFMAN」が、西麻布交差点近くにバルを出しました。


「BEEFMAN'S BAR」

「ビーフマンバル」と読むようです。

本店同様、兵庫県の川岸牧場と特別契約を結び、但馬牛をリーズナブルに仕入れ提供しており、バルだけにメインとなるのは串焼き。そしてハンバーガー。
さらに、カレーライスもあるんです。


★グラスワイン ¥550


★BEEFMANカレー ¥980

おお、流石の牛肉がゴロゴロですね。
フワッと柔らかい但馬牛の食感がたまりません。

カレー自体も牛の旨みがしっかりと出た濃厚な味わい。
まさに肉肉しいカレーで酒が進みます。
付け合わせのハラペーニョピクルスも良いですね。

トータルのボリュームとしてはかなり控えめなので、満腹感を気にせず酒の肴としていただけるカレーライスです。

実はこの「BEEFMAN」のオーナーは元横浜ベイスターズの投手、岡本直也氏と橋本太郎氏。
やはりその独自の人脈もあってかどうか、常連さんも多いようですね。

通うと面白そうなお店です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ビーフマンバル  西麻布店



関連ランキング:バル・バール | 六本木駅乃木坂駅広尾駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

古都フエの辛麺をサッとランチで。「ベトナムごはん ロータスパレス EAT&DELI」(六本木)

日比谷線六本木駅から六本木ヒルズへと行く途中の地下飲食店街にある、
ベトナム料理のデリ&イートイン。


「ベトナムごはん ロータスパレス EAT&DELI」

ちょっと時間がないときなどサッとランチがいただけて便利なお店です。


女子力高くサッパリヘルシーに行くならフォーをいただくのが良いですが、ビリッと唐辛子補給したいなら、やっぱりこれ。


★ブンボーフエセット ¥1100
(単品¥950)


ブンボーフエはベトナムの古都フエ名物の辛い麺料理。


麺はフォーではなく丸麺フエ。
ツルッツルな食感が癖になります。

チャーシューのように見えるのはスライスした牛スジ肉。
これまたブンボーフエには欠かせません。

昔、ブンボーフエという名前を初めて知ったときには、ボンバーイェ、イ・ノ・キ・ボンバーイェというリフレインが脳内を巡ってしょうがなかったのですが、今ではそんなこともなく、普通にいただけるようになりました。

こうして人は大人になっていくのですね。

イ・ノ・キ・ブンボーフエ!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ロータスパレス 六本木ヒルズ店



関連ランキング:ベトナム料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

六本木で辛口ゴーゴー!「ゴーゴーカレー 六本木スタジアム」(六本木)

最近、空き時間にゴーゴーカレーという選択肢が以前より増しています。

きっかけは「辛口」オプションの存在。
今まで、「カレーらしさ」という点ではちょっと物足りない点があったゴーゴーカレーですが、
辛口にすることで一気に風格あるカレー味に進化するんですよね。

六本木交差点近く、「AFURI」の隣。

「ゴーゴーカレー 六本木スタジアム」

殆どの支店名に「スタジアム」と名の付くゴーゴー、
体育会系ノリなのは間違いないですが、
ボリュームが選べるので小食な方でも気軽に入れますよ。


ゴーゴーカレーの魅力の一つは、水が美味しいこと。
どの店舗も立派な浄水器を使っています。

米食文化の極み「カレーライス」をいただくときはやはり、美味しい水が大事ですからね。


★ロースカツカレー ヘルシー ¥630
★辛口 +¥100
★とりあげ トッピング +¥200


ボリュームを抑えてヘルシーに攻めようと思ったのですが、
店舗限定の「とりあげ」トッピングに惹かれオーダーしちゃったのでプラマイゼロ。
やむを得ません。

とりあげは竜田揚げチックでちょい甘口。
カレーは辛口チューニングしたので良いバランスです。

なんやかんや、結局お腹いっぱいになっちゃいました。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ゴーゴーカレー 六本木スタジアム



関連ランキング:カレーライス | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad