FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

北海道の行列店、ついに東京進出。「北海道スープカレー Suage渋谷店」(渋谷)

2007年札幌で創業、行列の絶えないスープカレー店として有名な「Suage」がついに東京進出!


「北海道スープカレー Suage渋谷店」

2019年5月27日グランドオープン。
初日ランチに訪問です。


東京進出を皮切りに、全国出店を目指しクラウドファンディングを行うなど、オープン前から話題作りもバッチリ。


北海道産の食材に極力こだわるほか、スープも北海道から直送。
札幌本店そのままの味を渋谷で提供するスタンスです。


オーダーはベースとなるスープ、具材、辛さ、ライスの量、トッピングを選んでいくカスタマイズ方式。
北海道スープカレーで一般的なスタイルです。


オーダーを受けてから野菜を「素揚げ」するため、提供には多少時間がかかる様子。

ドリンクを飲みながら待ちましょう。

★ガラナ(ランチタイム +¥150)

北海道といえばこれ、の炭酸飲料ですね。
南米のガラナを用いたドリンクがなぜ北海道名物なのか。
実はあのコカコーラが日本に進出する際、国産の対抗商品として開発されたのがこのガラナドリンク。
その努力虚しく、コカコーラは日本全土で一気にシェアを奪っていくのですが、北海道だけ進出のタイミングが少し遅れ、その間にガラナドリンクが普及したのだそうです。

・・・あ、そうこうしているうちにスープカレーがやってきましたよ。

この日はオーダーから提供まで45分。
まだ初日なのでこの辺りは改善されると思いつつ、
ひとまずは時間に余裕をもってくるのが良さそうです。


★道産せせりの塩麹漬けカレー ¥1250
・イカスミスープ +¥150
・6 超辛
・中ライス(200g)


道産せせり、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、なす、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリーという具材構成。
じゃがいも、ニンジンは串を通しています。


スープはイカスミスープを選択。
少し辛さが円やかになるとのことで辛さをちょい上げてみました。

まず第1印象。
このスープがかなり美味いですね。
濃厚な香りと旨味がありながら、変なベタつきもない。
流石の人気店です。


そしてプリッとした道産せせり。
これがまたヤバい。
塩麹漬けの濃密な味わいは、このままビールの肴になりそう。
さらに可能な限り北海道産にこだわった「素揚げ」野菜たち。
丁寧かつ、手数の多い贅沢な一杯であります。

これは近いうちに行列店となりそう。

一昔前までカレーの多様性に乏しかった渋谷、どんどん面白くなってきました。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

北海道スープカレー Suage 渋谷店



関連ランキング:スープカレー | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ワインと愉しむタイ料理、渋谷に進出!「本格タイ料理バル プアン 渋谷店」(渋谷)

最近はスパイス料理をお酒とあわせて飲む「スパイス呑み」が流行の兆し。
ことタイ料理も例外ではありません。

大衆居酒屋としてのタイ料理呑み東京代表が「ひょうたん」「モーラム酒店」「999」あたりだとすれば、ちょっといいワインを愉しむビストロ飲みの代表は「プアン」でしょう。

三軒茶屋に1号店を持つ「プアン」、学芸大学の2号店に続き、渋谷に3号店をオープン!

「本格タイ料理バル プアン 渋谷店」

とにかく看板がデカい!
気合い入っています。

オープンは2019年4月10日。

「タレカツ」が入ったビルの2階、隣は渋ーいスナックですよ。


カラフルなイラストに彩られた「プアン」独特の世界観。


そして広い!席数堂々の40越え!


仏壇だってしっかり完備ですよ。


★リオ ¥650

まずはタイのライトなビールから。


★カノンパンナークン ¥780

おつまみはこちら。
トーストに海老のすり身を乗せて揚げたもの。
タイ人オーナーのお店ではカリッカリに揚げることも多いんだけど、こちらはフワッと仕上げで食べて幸せ。
絶対に外さないモテ系スターターです。


★ソムタムコームーヤーン ¥1180

ここからアクセルふかしましょう。
バシッと辛くお願いしたソムタムに、豚トロをミックス。
ヒリっとしたスッパ辛さが豚の脂で中和されていきナイスであります。


★ラープガイ ¥880

「口癖はラープ」が口癖の私、オーダー時に「ペッ・マーク」。
日本人の普通じゃなくイサーン人の普通でお願いしました。
刻まれた唐辛子がええ感じに効いて、夏の足音をが聴こえてきます。


★カイジャオマラー ¥780

激辛なタイ料理にはオムレツを合わせると良いのです。
玉子の蛋白質と揚げ油が唐辛子の辛味成分カプサイシンを中和。
舌の上から辛さがスーッと消えてゆくんですわ。

こちらはなかなか珍しいゴーヤ入り。
他にポピュラーな挽き肉入りのカイジャオムーサップもありますよ。


★サンソン ソーダ割 ¥550

タイウイスキーをお冷代わりに。


★ムエイタイ ¥560

こちらはカオキャラットに次ぐ日本製造タイ焼酎第2弾。
考えてみれば沖縄の泡盛だってタイ米で作るわけですから、両国の焼酎文化は繋がっているのです。

さて、「プアン」といえばやはりワイン。
年々レベルが上がっていくタイワイン、他店にはない面白いラインナップから選べます。


★ピービー・カオヤイリザーブ シュナンブラン (ボトル)¥4980

これ、日本で他に見たことありません。
APEC公認となったタイワイン。
南国っぽい甘さと、皮の渋みが混ざり合った複層的な味わい。
強い味のタイ料理に負けない個性ですぞ。


★ホーモクタレー ¥1080

お店によっては「ホモタレ」とも云われるタイ南部の蒸し料理。
魚のすり身にレッドカレー、そしてココナッツミルクを交え蒸し焼きにします。
フワッと香るバイマックルも素敵な一品。


★プーニムパッポンカリー ¥1350

さてさて、本日のカレーはこちら。
みんな大好きプーパッポンのソフトシェルバージョンです。
なんとこちらも辛口チューニングが可能。
酒が進んで仕方がありません・・・・・


★パッキーマオウンセンヤイ ¥980

〆はこの店オリジナルメニュー。
幅広麺を用いた辛口炒め麺「パッキーマオ」を幅広春雨(ウンセンヤイ)に置き換えた一品です。
パンチがありつつカロリー抑えめ、こりゃあかなり面白いですぞ。


★揚げバナナクレープ ¥630

デザートだって洒落ています。

豊富なお酒に、豊富な料理。
あれもこれも試してみたい、けどそんなに食べられない・・・・という人のために、料理のいくつかはハーフサイズも用意。

料理のチューニングも融通利くので、渋谷でタイ料理飲み会やら、タイ料理デートやら、使い勝手抜群なお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

本格タイ料理バル プアン 渋谷店



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長崎からやってきた、貴重な間借りダルバート。「バビロン食堂」(渋谷)

長崎からやってきたランチダルバート、渋谷に見参。


「バビロン食堂」

長崎市思案橋から東京に移転。
現在は宮脇坂上「Cosmo's Cafe & Bar」のランチ間借りにて営業しています。
ここ、以前は「ホホズ カレーキッチン」という間借りカレーが入っていた場所ですね。


カレーは全て、ライスとダルスープ付き。
つまりはネパールでいうところのダルバート(ダル=豆 バート=ご飯)です。


かなり踊れる広々とした店内。
音楽はレゲエ。


★カリーセット ¥1620
・チキンカリー
・ベジタブルカリー
・ダルスープ
・チャツネ(フルーツアチャール/ムラコアチャール)
・サグブテコ
・パパド
・ライス
・サラダ
・ドリンク


いちばん賑やかなセットをオーダー。
実に見事なダルバートであります。


ダルスープはしっかりネパール風味。
ベジタブルカリーはチャナ豆にレンコン、タケノコと食感押し。


対するチキンカリーは骨付き手羽元入り。
こちらら意図的にネパールじゃなく北インド仕様で、わかりやすいカレー感を演出しています。

サグブテコはしっとり、ムラコアチャールはマスタードオイルたっぷり、フルーツのアチャールは甘い中にスパイス効いててなかなかナイス。


食後はスパイスの効いたチャイで〆。

実はこの東京、ネパール人の店は多いけど、日本人シェフによるネパール系の店はほとんど皆無。
ましてや間借りネパールとなるとまずありません。

そういう意味でも貴重なこのお店。

長崎からよく来てくれました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バビロン食堂



関連ランキング:インドカレー | 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

円山町に夜のモアイ。「トムボーイカフェ」(神泉/渋谷)

創業1973年。
渋谷モヤイ像を製作したチームによる「TOM BOY」。インド料理やタイ料理で知られていますが、こちら渋谷円山町のお店は、トロピカルカフェ。

「トムボーイカフェ」

インド料理やタイ料理のほか、ピザやスパゲッティ、カレーライスなどのお食事が揃います。

リゾート感溢れるテラスも魅力ですね。


★ヒナノ ¥700
★お通し ¥300


円山町ハワイアン気分。

さて、料理はどうしようか。
何人かで来てたらタンドリー料理から始めるとこですが、お一人様ならワンプレートでしょ。


★Indian スパチー ¥1274

創業から40年以上のロングセラーである土鍋スパゲッティを用いたスパゲッティグラタン。
名物ってやつですね。


カレー、チキン、コーン、卵、チーズ。
イタリアのパスタ料理ではなくニッポン洋食のスパゲッティなのがポイントです。

辛さはさへどなく、見た目に反して軽い味わい。
スパゲッティの端っこが鉄鍋にくっつくのは諦めましょう。

店員さんはネパール人かな?
接客も頑張っています。

半個室も多くて、円山町らしい使い方ができそうなお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


トム ボーイ カフェ 渋谷円山町店



関連ランキング:イタリアン | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷に進出、担々カレー麺専門店。「麺屋虎杖 渋谷店」(渋谷)

有楽町と京都にあるカレー担々麺専門店「麺屋虎杖」が渋谷進出。


「麺屋虎杖 渋谷店」


ガチャガチャした雰囲気の街で存在感を放っていますね。


オーダーは券売機にて。
カレー担々麺、カレー担々つけ麺のほか、ご飯ものも用意されています。

この日は冬気分でこちらをオーダー。

★カキフライカレー担々麺つけ麺 ¥1090
★ターメリックピラフ(蒸し鶏)セット ¥150 【昼】


つけ麺・担々・ターメリックピラフ・蒸し鶏・カキフライ。
日本以外では産まれようがないコスモポリタンな組み合わせです。
ターメリックピラフセットはランチ価格でお得ですね。


麺の上には挽き肉。
カレー汁につけることでキーマとなります。
時折香る柚子も爽やか。


蒸し鶏乗せターメリックピラフ、といいつつそこは150円。
端切れサイズの蒸し鶏でありますが、それでも価格以上の価値はあります。

カキフライはとにかくカキフライ。
ソースやタルタルではなく担々カレー汁につけても案外違和感ないものでした。

ラーメン屋と異なり、15時あたりから一気に選択肢が狭まるカレーの世界。
朝11時から夜23時まで通し営業のこのお店、実に有難いですね。

最後になりましたが、店名の読みは「めんや いたどり」。
ちゃんと読めましたか?


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

麺屋虎杖 渋谷



関連ランキング:担々麺 | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad