カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

発見!ネパール人が厨房に立つ肉ビストロ。「ビストロブラウン」(渋谷/神泉)

渋谷文化村近く、「バイロン」の隣にあるビルの二階。

「ビストロブラウン」

2017年2月1日オープン。


赤身肉とワインを主軸にした肉ビストロなのですが、実は厨房にネパール人の料理人がいると聞いての訪問です。


スッキリスタイリッシュな店内。
立地も良く、女子会や会社の飲み会にも便利そう。


★スプリッツァー

このお店の雰囲気にぴったり、オススメ。


★前菜盛り合わせ

生ハムに牡蠣にキッシュ・・・なかなか華やかな盛り付けですが、一番おっ、と思ったのはポテトサラダ。
スモークされた薫香が食欲そそります。


★ラクレットチーズ

「アルプスの少女ハイジ」の劇中、チーズの断面を暖炉で温め溶かし、お皿に注いで食べるシーンがありますが、
この料理がまさにそれ。
目の前でチーズをとろり、バゲットにかけてくれるので、パーティーも盛り上がりますよ。


★リブ

切り株に乗って登場!!
ハイジのみならぬ「世界名作劇場」感が素敵ですね。
ビジュアル、ボリューム、言うことなし!!


★チキンティッカ

さぁ、やってきましたよ。
ネパール料理人の真骨頂。
日本で一般的に言うところの「タンドリーチキン」と思ってもらってよいのですが、
こちらにはタンドール釜はないため、フライパン調理のティッカです。
で、これがまた、インド料理のはずなのにネパール料理っぽさを感じるのが面白い。
ネパールのチキンチョエラっぽさもあり、スパイシーでお酒が進みます。

肉バルでこのメニュー、最高!!


★チキンカレー

続いてカレー!カレーの登場です。
いわゆるクリーミィな北インドのカレーとも、シャバシャバなネパール家庭式のカレーとも違う、バルのカレーって感じ。
トマトの酸味が効いており、なんだかバゲットに合います。
トリッパあたりをいただく感覚でいけますね。

・・・あ、だったらせっかくなら、トリッパカレーや砂肝カレーも出してほしいなぁ。
ネパール人ならその辺の食材扱うの巧いはず。

肉バルでネパールやインドに寄せたアプローチ、ちょっと面白いかも。
(逆を言えば紀尾井町の「エリックサウス」は、バルに見せかけたガチインドって感じですが)
あとこのふり幅で攻めるなら、例えばミントチャトニとかが用意されていれば、通常の肉の愉しみ方にも幅ができ面白いかも。

現在メニューは進化中。
訪問の際は、食べたいメニューを事前確認してからをお勧めしますよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

渋谷 肉ビストロ Brown センター街店



関連ランキング:ダイニングバー | 神泉駅渋谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

エスニック、パクチー、カレー、なラーメン店。「麺匠 真武咲弥」(渋谷)

渋谷道玄坂。

「麺匠 真武咲弥」

とにかく目立つ場所にあるので皆知ってますよね。
人気もありそうって知ってたんだけど、ずっと行ったことなかったんです。
なんとなく、メジャーなものは後回しにしちゃう性っていうか・・・メジャーな宣伝や評判は裏読みしちゃう性っていうか。
そんなこんなで。

けどある時、なんとなく店頭の食券機見たとき気になったものがありまして。

『エスニックパクチー味噌ラーメン』??

・・・いやいや、それだけじゃあ「最近若い子にパクチー受けるからメニュー化しちゃえ」的なマーケトピかも知れません。
それだけじゃあ、私の食指は動きませんよ。

けど、よく見たらその下に「カンボジアのカンボジア寄付」とか書いてあるじゃないですか。

早速の入店です。

店員さんはアジア系。
ほうほう国際的ね。


瓶ビールは赤星。
渋いっす。


★エスニックパクチー味噌ラーメン ¥1030

さ、やってきましたよ。


パクチーのどっさり盛りは半ば流行りに乗ってる感はあれど、そもそも麺が美味い。
味噌が香ばしい。


ここの味噌ラーメン、好みかも。


卓上にはブラックペッパー、唐辛子パウダーに加え、四川山椒にガラムマサラまで!


「卓上ガラムマサラでスープカレー」ですって!!


カレー味への味変、早速試してみます。

もちろんスープカレーといっても、北海道スープカレーなわけはなく、ラーメンスープのカレーなのですが。
確かに美味いです。
ただし、ガラムマサラは結構な量が必要ですが。

夜中までやってて、カレー味変ができるラーメン屋という意味では池袋「屯ちん」と同じ。
今後も重宝しそうなお店です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昼のスペイン坂にバンコクの夜。「バンコクナイト」(渋谷)

渋谷カフェ文化を支える「宇田川カフェ」グループが、タイ料理の世界に進出。



「バンコクナイト」

2017年3月3日、渋谷スペイン坂にオープン。



流石「宇田川カフェ」といった感じの華やかで色気あるハコ。
極彩色のシャツのボタンをはずしたアニキと、ホットパンツのアネキがSPY片手に回り踊るバンコクの夜・・・ってなシーンが目に浮かびます。


ランチタイムは17時まで。17時からはディナー営業と、嬉しい通し営業です。


★クンパッポン カリー ¥800
★ランチ ビュッフェセット +¥400


昼からプリプリ海老のパッポンをいただきます。


味はガッツリわかりやすい濃さで、これぞ宇田川カフェ。


ランチブッフェにはサラダ、スープ、揚げ春巻き、ドリンクバーとデザートがついてきます。


★バイトゥーイティー
ビュッフェセットのドリンクにあった、バイトゥーイのお茶。
これは嬉しいですね。


食後はホットコーヒーでゆるゆるりと。

このまままったり、カフェ使い・・・

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷でも、朝まで飲めるオリエンタルビストロ。「AGALICO渋谷店」(渋谷/神泉)

夜通しやってる池袋の大人気オリエンタルバル「アガリコ」。
最近は店舗も増え、ますます絶好調のようですね。

こちらは渋谷、NHK西口近く。
ネパール系バル「ポカラ」の居抜きで登場した「アガリコ」。

「AGALICO渋谷店」

池袋同様朝まで営業が有難いです。


テーブル席、ソファ席、テラス席と選べる店内はミーティングからイチャイチャまで幅広いニーズに対応。


★ビンタンビール ¥500
★お通し(えびせん)+¥300


お通し代はありつつ、お酒自体はかなりリーズナブル。
何杯も飲む人には結構おトク。


しかもお通しのえびせん、お代わり自由ときた!
ビール一杯でえびせん無限お代わりすれはリーズナブルにお腹いっぱいに・・・とかそんなこと言っちゃダメ!!


★プリプリ海老トースト ¥650

こちらタイでいうところのカノムパンナークンですね。
一般的なものと比べかなりガーリックがガツンと効いていて、海老ガーリックトーストといった印象。
否が応でも酒が進みますよ。


★シャンドン ブリュット スパークリング ¥500

こちら「都内最安値」の謳い文句。
ちょっと凄いです。

グラスなみなみで有難てぇ!!


★スパイシー旨辛炒め麺 ¥980

こちらバリ風のミー・ゴレンですね。
具材は挽き肉と干し海老。
アガリコらしくパキッとはっきりした味付けでなかなかの満足感。

全体的に味はわかりやすく濃厚、お酒がガンガン進む味。
それでいてお酒はかなりリーズナブルで良心的。
営業は朝まで。

そりゃあ需要もあるわな~って感じで、
ひょっとしたら90年代の「モンスーンカフェ」的立ち位置になってもおかしくないこの「アガリコ」。
まだまだ勢いは続きそうです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アガリコ 渋谷店



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅神泉駅代々木公園駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

老舗カレー店が極める、絶妙のバランス感覚。「新宿中村屋インドカリーの店 東横店」(渋谷)

日本カレー界におけるパイオニア「新宿中村屋」。
誰が食べても間違いない美味さで、ここぞというとき大変重宝。
先日私が「カレーなき国」イタリアへ行った時にも持参したのは「新宿中村屋」の「カリーあられ」でした。

新宿の本店「マンナ」は特別な存在として、各地の駅直結デパートに入った支店は幅広い客層を受け入れるスタンスで、
良い意味のポピュラリティを獲得しています。

雨の日や、暑い日寒い日、外を歩きたくないときに駅直結で、しかも落ち着いて食事ができるカレー店は実に便利ですよね。


「新宿中村屋インドカリーの店 東横店」

東急東横店9階のレストランフロアにあります。
お客の年齢層は結構高めですな。

入口近くには、老舗の矜持が。


メニューは「新宿中村屋」の看板メニュー「純印度風カリー」に加え、ビーフカリー、海老とマッシュルームのカリー、その他いろいろ。
辛いものが苦手な方向けにハッシュドビーフも取り扱っていたりも。


★彩り野菜と半熟卵のキーマカリー ¥1059

サッといただくランチなら圧倒的にオススメなのがこちら。
ウェットなキーマの上に鮮やかに散りばめられたズッキーニ、ナス、パプリカ、そしてとろ~り温玉。
アッツアツでの提供ですよ。

まず楽しいのはサイコロカットされた野菜とキーマの食感のコントラスト。
そしてほどよい辛さ。
一般人には辛すぎず、しかし辛いもの好きにも物足りないと思わせない、絶妙の落としどころ。
また、苦手な人が出てくるほどのホールスパイス使いではないのに拘わらず、しっかりと感じられるカルダモンの香り。
このバランス感覚が「新宿中村屋」なんです。


★スパイスミルクティ ¥227

つまりはホットチャイ。
けれど、スパイスミルクティって表記したほうが、幅広い年齢層を掴めますよね。

細かい部分、よく考えられています。

「普通に美味しい」の裏に、積み重ねてきた歴史を感じます。

やっぱり尊敬するお店の一つだなぁ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

新宿中村屋インドカリーの店 東横店



関連ランキング:インドカレー | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad