カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

奥渋のイベリコ豚カレー。「gau's」(渋谷)

近年注目を集める奥渋エリア。
うねうねとくねった細道は、童謡「春の小川」の川の名残りなんですよね。

小雨降る春、この辺りをランチ探索していると、ナイスなカレーと遭遇。


「gau's」(ガウズ)

クラフトビールと、カナダの国民的B級グルメ「プティン」やハーブ料理を提供するお店。


これだけでも面白いのですが、2018年2月からイベリコ豚カレーのランチをスタートしたんです。

奥渋、侮れないですね。


セットサラダはシーザーか和風ドレッシングか選択可。


★イベリコ豚カレー ¥900
★炙り塩豚トッピング +¥200


おぉ、麗しい。
無添加・グルテンフリー、スパイスを20種用いたというこのカレー、トマトの甘みと酸味を強く感じさせつつ、意外に辛口。嬉しいですね。

デフォルトで素揚げのナス、レンコン、ジャガイモ、カボチャ、パプリカがトッピング、デフォルトの具材としてもイベリコ豚が入っているのですが、トッピングの炙り塩豚がマストの旨さ!
(メニュー写真も炙り塩豚トッピングです。)


柔らかく弾ける食感と、ジューシーな脂、適度な塩加減。これがまたカレーに合うんだなぁ。たまりません。

ちなみに辛さは調整可、辛いのが好きだったり苦手だったりする場合は、オーダー時に伝えると良いみたいです。

夜営業は朝の5時までやっていて、こちらでは焼きカレーがいただけるそう。
終電逃したら、ここで決まりだな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

和牛ホルモンラーメンのお店で豚骨カレーつけ麺。「ガガナラーメン 極」(渋谷)

近年良い店がどんどん増えてきた「奥渋」エリア。
アップリンクのちょうど裏手にあたるこちらのラーメン屋さんでランチ。

「ガガナラーメン 極」(GaGaNa)

黒毛和牛のホルモン入り麺で人気の池袋「ガガナラーメン」の支店なのですが、こちら渋谷店限定でなんとカレーつけ麺があるんです。

もちろん、それ目当て。

ランチ時を過ぎ一段落した店内。
売り切れてなくて良かった。


★濃厚カレーつけ麺 ¥930

おぉ、さすが流行りのお店、俯瞰からの美観もバッチリですね。


舞茸、さつま芋、麺に一文字にかかったパプリカパウダー。


カレー汁は豚骨ベースで旨み濃厚。
レモンを麺にかけていただけば、良きバランスですね。

セットでライスが付いています。
五つ星お米マイスター厳選のブレンド米とのこと。

これはもちろん、ラストカレーに投入せよということですよね。
いや、投入すべきです。

最後まで美味しくいただきました!


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

渋谷名物ハチのカレー。「渋谷ハチカレー」(渋谷)

本日も、いつもどおりの通り独り、こちらのカレー屋へやってきました。

「渋谷 ハチカレー」

渋谷明治通り沿い、大阪カレー「上等カレー」、金沢カレー「ゴーゴーカレー」がひしめく場所に2017年7月27日オープン。

カレーファン的には「ハチ」と聞くと大阪の伝説の激辛カレーを思い浮かべますが、こちらの「ハチ」は「ハチ公」の「ハチ」。
米津さんとももちろん関係はありません。

経営は「VANQUISH」などアパレル事業を手がける株式会社せーの(Ceno Company)。
ちょっと意外ですが、ホームである渋谷の街を盛り上げるため、
渋谷名物となるお店を作ろうと飲食に乗り出したそうです。


バスケットボールBリーグのサンロッカーズ渋谷推しの店内。


卓上にはトッピング&調味料がいろいろ。

この日は期間限定のこんなメニューがあったので注文してみました。

★日本一のから揚げカレー ¥1050

超人気店「からあげ太閤」の分家にあたる「宇佐からあげ 禅閣」とのコラボメニューです。


ベースのカレーはフルーティな甘みが特徴。
近隣の「上等カレー」ともまた違った感じで、むしろ五反田「スワチカ」にも似た味わい。
個人的に好みの方向性です。

なるほどちゃんとオリジナリティがありますね。


そして「宇佐からあげ 禅閣」のから揚げはさすがの美味さ。
カレーと別々でも、かけてでもOK。

ベーシックなカレーが650円、カツカレーが850円という設定の中、
スペシャルだけあって値は張りましたが、充分な満足度でした。

また次、どんなスペシャルメニューが繰り出されるのか、楽しみですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

怪腕インソンシェフ監修の素晴らしきタイ料理レストラン。「ダオタイヤムヤム アジアンテーブルウダガワ」(渋谷)

2017年5月、渋谷宇田川町に誕生した「HULIC &New SHIBUYA」

その最上階10階はなんと、タイ料理レストラン!
しかも料理の監修はあの、渋谷「ダオタイ」が誇る怪腕シェフ、インソンさん!


「ダオタイヤムヤム アジアンテーブルウダガワ」

実は今年の春先にインソンさんから「近くで二軒目やるよ」と情報いただいていたのですが、初訪問は翌6月。
その後パーティーでも有り難く使わせていただいているのですが、この度初の記事化をしちゃいましょう。
(穴場でいて欲しい気持ちとの葛藤)


東急ハンズすら見下ろす絶景のロケーション。
渋谷のど真ん中にしてこのビューは凄いです。

インソンさんといえば、インパクトある屋台料理を目にも留まらぬスピードで調理する天才ですが、こちらの料理はレストラン調であり、しかも無化調。
無化調のタイ料理って、旨さ引き出すのは楽じゃないはずなんですが、心配はご無用。
ちゃんとビシッと決まった味つけなんです。


★シンハー生ビール ジョッキ ¥980

シンハーを樽生タイプでいただけるのは嬉しいですね。
キンキンに冷えたアルミジョッキでタイ気分はさらに急上昇。


★ガイホーバイトゥーイ ¥820

若鶏の肉をバイトゥーイ(パンダンリーフ/ランペ)の葉っぱで包み揚げした、チェンマイで人気のメニュー。
ホックホックの鶏肉に移ったバイトゥーイの香りが堪りません。
テリヤキチキンのような風合いもあり、辛さが苦手な方でも楽しめる技アリな一品です。


★ラープガイ ¥850

イサーンの激辛サラダ「ラープ」は、タイ料理屋で私が「ほぼ」頼むメニュー。
無化調ながら、柑橘の酸味も効いてしっかりとした食べ応え。
辛さは調節できるのですが、やはりそこそこ辛くするのがおススメですよ。


★ホイマレンオブ ¥1050

ムール貝のスイートバジル蒸し。
香り強く、ピリッとした辛さもあって癖になります。
タイの貝料理って無茶苦茶美味いのが多いんですが、現地屋台で食べるのは躊躇してしまう方も多いはず。
渋谷ならお腹も安心ですよね。

そしてここからはパーティーでいただいた料理の数々。
レギュラーメニューにはない特別料理も混じっているのでご注意を。
予約時に相談すれば、いろいろカスタマイズしてくれますよ。

★プーパッポンカリー

立派なガザミを用いたプーパッポンは間違いないでしょう!
インスタ映えもNo.1ですしね。


★丸鶏ガイヤーン(丸鶏のグリルイサーン風)

「ダオタイ」の屋台風ガイヤーンとは異なり、こちらは立派な丸鶏を用いたホクホクタイプ。
ガイヤーンの命ともいえる漬けダレはあのインソンさん特製ナムジュムですよ。

こここからはざっと写真だけで自慢しちゃいましょう。
スズキあり、立派な牛ステーキあり・・・・・





どの料理も素材の味を活かしつつ、しっかりとした味付け。
ハードパンチ系シェフのインソンさんが無化調レストラン料理をプロデュースしたら、なんともうれしい落としどころが見つかった。
そんな感じがしますね。

・・・そして最後にこれ。

インソンさん直々に仕込んでくれた「ゲーンラオ」。
見た目はかなり地味ですが、発酵魚とタケノコにキクラゲをはじめとしたキノコをブッ込んだ旨み炸裂激渋仕様!
これには参りました。
バンコクのJJナイトマーケットの屋台で食べたゲーンタイプラーと並び、今年のベストゲーンかも。

これ以上ないアクセスの良さと、素晴らしいビュー。
さらに万人が楽しめる料理から超マニアックな料理までグラデーションで用意していただける、
デートにもパーティーにも最高のタイ料理店じゃありませんか。

忘年会新年会にも是非どうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

渋谷タイ料理ダオタイヤムヤム アジアンテーブルウダガワ



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

宮脇坂上の気軽なタイ屋台。「バンコク屋台カオサン」(渋谷)

渋谷宮益坂、「ワンディッシュタイ」が閉店したあとに入ったのは同じくタイ料理店。


「バンコク屋台カオサン 渋谷宮益坂」

2017年6月16日オープン。
「ティーヌン」などを経営するスパイスロードの系列店ですね。



同系列ならではのカジュアルポップな内装。
バックパッカーの聖地カオサンロードに思いを馳せながら、さあいただきましょう。


★スパイ カミカゼ ¥590

今春解禁されたスパイのカクテル。
この南国感が最高。


★ガイヤーン ¥790

イサーン式チキングリル、ガイヤーン。
こちらのお店では若鶏を半身用いたリッチビジュアルなタイプ。
漬けダレ「ナムジュム」は辛さ控えめで、鶏のホクホク感を楽しむバランスになっています。


★トムセップ ¥580

こちらイサーンの名物汁料理。
モツを用い、レモングラスやバイマックルーの酸味を効かせたタイプをイメージしていたのですが、
こちらではなんと、甘みを感じる牛スジスープが出てきました。
なるほどこんなタイプもあるのか、と勉強になります。
量は控えめ(小岩あたりだとラーメン鉢になみなみ出てきますから。)ですので、お一人さまにも良いですね。

とても気軽に愉しめるタイ料理のお店。
タイ人の女性店員さんたちの接客も好印象ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンコク屋台 カオサン 渋谷宮益坂



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

FC2Ad