カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

あの辛来飯が神田で!「スタンド 銀座ニューキャッスル神田店」(神田)

創業昭和21年の超老舗、「辛来飯(カライライス)」と称する独特のカレーで戦後銀座の胃袋を支えてきた「ニューキャッスル」。
建物の老朽化で2012年に閉店するも、その後復活。

さらにはなんと2017年3月15日、神田に「2号店」をオープンしました。


「スタンド 銀座ニューキャッスル神田店」



実はここ、2号店と言っても焼き鳥屋「鶏家 バードメン」のランチタイムの間借り営業。


店名に「スタンド」とついているのはオープン当初、立ち食いスタイルだったからなのですが、
現在はスツールもあり座っていただくことが可能となっています。

メニューは
「普通盛り」(銀座店のつん蒲相当) ¥800
「ちょっと少なめサイズ」(銀座店の蒲田相当) ¥700

の2サイズ。

ここは銀座店でも昔からいただいている「つん蒲」つまり「普通盛り」でお願いしてみましょう。


★辛来飯 普通盛り ¥800

器も同じ、目玉焼きも同じ、正しく銀座の辛来飯。
私が上京して初めて通ったカレー屋さんのカレーです。

いただいてみましょう。
うん、確かに味も同じ・・・ような、違うような?

味の基本は正しく銀座の辛来飯。
けどちょっと違いを感じたのは、カレーの粘度というか、滑らかな粘り気。
ちょっと欧風カレーっぽさがあるんですよね。

本店の伝統的な味で言えば、もっと煮詰めたように濃厚なグズグズ感があるはず。。。

とはいえ、仕込みは本店と同じはずですから、仕上げの煮込み方の違いなのかな?
それともひょっとして、本店の方も味を少し変えてる???

美味しいカレーには間違いないです。
けど、どこか空気感が違う。

それは場の違いなのか、何なのか。
面白くもあり、不思議でもありますね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

異色、ネパール×タイのフュージョンラーメン。「プルナ」(小川町)

カレーライスの街・神保町においてネパール料理は少なく、あるのはネパール人経営のインド料理店、いわゆるインネパ店のみ。


「プルナ」

小川町交差点脇にある、こちらもいわゆるインネパ店。
しかもインド料理だけでなく、タイ料理も提供する複合アジアンスタイルです。


店内は完全にネパール色、しかもどちらかといえばチベット側のセンスですね。

メニューを見てもちょこちょことネパール料理が散見。
なかでもチャオミンが5種類、モモが3種類と、やはりチベット系ネパール料理が多いようです。


★ミックスモモ ¥590

おお、美しい!
やはりチベット系に多い細長い包み方ですね。

むちむちした手作り皮の食感、最高。
中には鶏&豚のひき肉に野菜、春雨がジューシーに包まれています。
これはかなりレベル高いモモですよ。

もう1つ、お店のイチオシメニューがあったので頼んでみましょう。

ネパーリラーメン・・・つまりトゥクパのことでしょうか。


★ネパーリラーメン ¥790

グツグツと煮立った状態で登場。
鶏肉と目玉焼きが入った親子仕様。


麺はストレートな細麺で、食べてビックリ。
これ、なんとトムヤム風味ですね!!

トゥクパのように片栗粉を用いず、鶏ガラスープをガーリックソースとトムヤムで味付けした、この店完全オリジナル。

これは面白いですね。

お店でタイ料理を出すということはそもそも、ネパール人の舌にタイ料理が合っているということでもありますから、こうしたフュージョンメニューが出来ても不思議ではありません。

メインのカレーは完全にインド系ばかりだったので、そちらをチョイスしていたら、印象は違っていたかも知れませんね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

灼熱の名物!麻婆カレー麺。「源来酒家」(神保町)

まこと「カレー」というものの定義は曖昧で、よくある問いに「麻婆豆腐はカレーか否か?」というものがあるのですが、逆に言えば麻婆豆腐とカレーというのは分ける必要がないほど親和性の高い組み合わせであり、実際それに気づいたいくつかの飲食店が「麻婆カレー」をメニュー化し始めている今日この頃、如何お過ごしでしょうか、30度を超える猛暑の中、今日もカレーを食べ続けるカレー細胞です。

こんな暑い中血迷ったのか「グツグツ煮立った鍋で提供される麻婆カレー麺」なる料理をいただきにやってきたのは神保町。


「源来酒家」

麻婆豆腐が評判の中華料理店です。
看板に「源来軒姉妹店」とありますがこれは、数年前にクローズした神保町「源来軒」のことでしょうか。

この日はランチ訪問。
店頭のランチメニューに「麻婆カレー麺」はないのですが、心配無用。
ランチタイムも問題なく注文できます。

こちらアサヒスーパードライを推しているお店らしく、アサヒビール社員のサイン色紙まで張られてるんだなあ~なんて思ってたら、いやいや、社長のサインでした。
『威風堂々』とか、私も書いてみたいものです。

あ、何やら音が聞こえますよ。

グツグツグツグツ・・・

グツグツグツ・・・

真夏日に相応しい音源ナンバーワンですね。


★麻婆カレー麺 ¥1000

いやもう見ただけでアッツアツ。
体の芯から温まりそう!!

実際かなりグツグツグツグツ言っているのですが、紙エプロン支給でそっち方面は安心です。


ほほう、成る程。
カレーの香りと豆腐のホクホク感、控えめながら感じる「麻」と「辣」。
これは確かに「麻婆カレー麺」としか呼びようがない食べ物であります。
そして違和感が全くない。
「麻婆豆腐」と「カレー」の危険な親和性を実証する一品であります。

辛さは控えめ、辣も控えめ、しかしかなりのアッツアツ、という意味ではVERY HOT。
玉子を崩せば少しHOTさが和らぎますね。

麻婆とカレーの関係はこれからどうなっていくのか、見定める意味でもオススメの一杯。
けれど、灼熱地獄は覚悟の上で。

水着持っていくと良いですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

源来酒家



関連ランキング:担々麺 | 九段下駅神保町駅竹橋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

侮れない。原宿のシンガポールラクサ専門店。「シンガポールホリック ラクサ」(原宿)

原宿の裏道、ジャニーズショップのちょうど向かい。
都内でも最もキャーキャーでミーハーな場所にある、カワイイ店構えのお店。

クレープ屋?ジェラート屋?いえいえ。

実はここ、日本初、シンガポールの国民的麺料理「ラクサ」の専門店なんです。


「シンガポールホリック ラクサ」

オープンは2015年10月31日。
カワイイ店構えに油断するなかれ。
「なんちゃって」なチャラさが全くない、「本物」のこだわりに溢れたお店。

店頭看板の説明書きを読んでみましょう。

『ラクサ(Laksa/叻沙)は東南アジアでポピュラーに食べられている麺料理です。
中国南部の料理とマレー半島の料理をミックスして生まれたニョニャ料理(プラナカン料理)の代表的メニューです。

日本のラーメンのように地域によってさまざまで種類が豊富です。
当店のラクサはシンガポールのカトンラクサです。
エビの出汁にココナッツミルクのコク、さまざまなスパイスが香る濃厚なスープが特徴です。

シンガポール旅行中に食べたラクサのおいしさに感激し、シンガポール人のシェフのもと修行をし本場のラクサを習得してきました。
日本ではなかなか食べれない本場のラクサを是非お召し上がりください。』



ラクサはサイズと辛さが選べます。
麺はモッチモチの太麺「ショート」と、つるっとした細麺「ロング」の二種類。
Mサイズ以上の場合は、2種麺のミックスも選択可。


★ラクサ&チキンライスセット M ¥1000
★VERY HOT ¥50
★ドリンク +¥100


完璧なチョイス!


麺は2種ミックスに。
「ショート」のモッチモチ感がクセになりますが、スープが良く絡む「ロング」も捨てがたい。

VERY HOTはかなりええ感じの辛さ。
クワーッと広がる辛さの後、シッカリとした海老出汁の濃厚な旨みが広がります。
ココナッツミルクは控えめで、シャープな印象。
日本ではなかなか見かけないハーブ「ラクサリーフ」もちゃんと用いているようです。

あぁ、これは実にホンモノ。実に愛ある美味さですね。


セットで合わせたチキンライスも見逃せません。
シッカリと蒸された鶏肉に、タップリかかったネギ塩だれ。
ジャスミンライスの一粒一粒にまで味がしっかりと沁みて、シンプルながら味わい深い。


雰囲気の可愛さと、料理の本気さのギャップ。
店内の説明書きも充実しているし、
「ジャニーズショップ目当てに原宿きたらラクサにハマった」なんて少女たちが増えていったら面白いですね。

You!食べちまいなよ!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シンガポール ホリック ラクサ



関連ランキング:シンガポール料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

只者ではない。アンテナショップのレベルを超えた、独創的地域食材エンターテイメント。「Dining Tokushima」(秋葉原)

全国のアンテナショップが集まる首都東京。

東京に居ながらにして、地方の知られざる、魅惑的な味を発見するのは実に楽しいことです。

秋葉原、AKBカフェとガンダムカフェの先に出来た「CHABARA」。
「日本百貨店」のフード部門といえるこちらは、いわば全国のアンテナショップが集結したデパートのようなもの。

そしてその中に併設された徳島県のダイニングがちょっと、只者じゃないんです。


「Dining Tokushima」

その名の通り、徳島県の食材や名産品を使った料理を提供するお店なのですが、観光地の駅や空港にある安易なご当地食堂とは全く異なり、かなり独創的で捻りのきいた料理を提供してくれるんです。

シェフはソムリエ資格も持っており、和洋エスニックと研究熱心な方。
アンテナショップの食堂である前にまず個性的なダイニングであり、普通にやったら原価かかりまくりなところを「徳島の食文化を発信」という大義のもと、県からのバックアップで安価提供できているという、誰にとっても美味しすぎるスタンスを確立した稀有なお店なのです。


★情留酒 鳴門金時 焼き芋 28度

仄かな焼き芋の香り、鳴門金時の甘みが特徴的な芋焼酎。
いますぐ販売コーナーで買って帰りたくなりますよ。


★徳島いろどりカレー すだち鶏のコンフィに季節野菜のグリル添え ¥1111

徳島のすだちを食べて育った「すだち鶏」のもも肉を12時間煮込みジューシーに仕上げたコンフィ、鳴門金時など徳島の野菜のグリル。
そしてカレーはなんと、阿波黒毛和牛で出汁をとっているそう!!

なんと贅沢な徳島尽くし!

しかもそれが鮮やかに洗練されたワンプレートで提供される奇跡。

カレーは流石の旨みたっぷり。
鶏も野菜も食材自体の美味さをしっかり引き出しており・・・・・さらに。

お皿の脇に添えられているのはマスタード。
カレーにマスタードを合せるなんてまるでベンガル人・・・と思いつつ、これがまたコンフィに合う。
カレーにだってちょっと混ぜ込めば味変する。

この縦横無尽な遊びっぷり、ただ事ではありません。

完全にアンテナショップの域を遥かに逸脱していますよ。


セットのスープには「鱧の醤」と呼ばれる、和三盆を用いた鱧の魚醤を使用。

ほうほう、興味津々。


カレーの辛味追加には「みまから」。

あ、これ知ってます!
徳島県美馬地方の青唐辛子を原料に、ごま油や醤油、鰹節で仕上げた独特の辛味調味料。
ちょっと他にはない独特の味なんですよね。

次から次へと繰り出される、徳島食材のネタ。
そしてそれらが実に魅力的な提供のされ方をされており、ホントに楽しい。

学ぶ喜びと、美食の悦びが見事にマッチした素晴らしい空間です。

大満足でお会計しようとしたら、最後にお菓子が登場。

鳴門金時のお菓子です。

最後まで見事にやられてしまいました。

作り手の熱意と個性によって、アンテナショップの概念をはるか超越してしまった、実に面白いレストランですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ダイニング トクシマ



関連ランキング:イタリアン | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad