FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

麻布十番に待望!南インド×ネパール混合ミールスの魅力。「CARNISM」(麻布十番)

南インド料理がブームです。

マニアの間では「10年まえから流行ってるよ」ということかも知れませんが、今年は一般メディアへの取り上げられ方、地方での認知拡大、そして他業態からの注目とが加速。
南インド料理もようやくリアルマーケット化してきた感があります。

そしてここ、麻布十番にも。

「CARNISM」(カーニズム)

最初「あ、面白そうなチャコール料理の店が出来たんだ」くらいに思っていたのですが、お昼時に前を通りかかってビックリ。

ランチにミールスを提供しはじめたんです!





ミールスといえば南インドの華やかなお食事セットですが、こちらは「南インドとネパールをミックス」した混合ミールス。
厨房はネパール人ですし、そうハッキリ言っていただいたほうが信頼できます。

夜はチャコールレストラン→焼き物得意なネパール人雇う→南インド料理流行ってるみたい?→うちのシェフできるんじゃない?→「了解!せっかくならネパール人ならではのミールス出します!」という流れかな。

シェフがポテンシャルを発揮するための明確なスタンスが素晴らしいですね。

おや、そうこうしているうちに料理がやってきましたよ。

★カレーミールスセット ¥1000

おぉ、これは見ただけでわかるクオリティの高さ!


小松菜のサグブテコ、ゴルベラアチャールは、それだけでご飯が進むしっかりネパール。

一方でミールスの要といえるサンバルは香りが見事に南インド。

そして骨付きチキンカレー、これが抜群に美味い。
たぶんネパールのチキンカレー「ククラコマス」が軸になっているのだけれど、クローブがしっかりと香り南インドにもネパールにも馴染む仕上がりになっています。
さらに副菜はネパールのタルカリと南インドのサブジの間を行ったり来たり。

実に楽しい構成ですね

ネパール人が「本場シェフの」と冠してだましだまし作る微妙なインド料理も多い東京。
ネパール人の個性とアイデンティティを活かしたインド料理の登場は、実に頼もしくあります。


さらになんと、セルフサービスでチャイが一杯無料。


麻布十番にごっそり抜け落ちていたピースにハマった素敵なお店。

来週月曜、6/24からはドーサも登場するそうで、ゴリゴリに応援したくなるのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

日比谷でヒルビリーヒルズ。「Diya ディヤ 東京ミッドタウン日比谷店」(日比谷/有楽町)

六本木ではヒルズに入っているインド料理店「ディヤ」が、日比谷ではミッドタウンに入っていました。

「Diya ディヤ 東京ミッドタウン日比谷店」

2018年3月29日、東京ミッドタウン日比谷の開業にあわせオープン。


モダンとクラシックを融合させたような店内。
街のコンセプトとイメージがピッタリです。


さて、「ディヤ」といえばやはり、昼からビリヤニ食べられるのが嬉しいところ。
こちら日比谷でも同様でした。


ボリュームたっぷりの食前サラダをいただいて待ちましょう。


★ビリヤニセット ¥1580

壺焼きタイプのチキンビリヤニにサラダ、好みのカレー一種が付いてくるランチセット。

ビリヤニはちゃんとバスマティ米、ちゃんと作っています。
ほんの10年前まで、都内でも珍しかった「ちゃんとしたビリヤニ」ですが、こういう商業ビルのランチでいただけるようになるなんて、まさに「隔世の感」がありますね。


選べるセットカレーは辛口チキンカレーを選択。
割とフラットな仕上がりなので、ビリヤニにつけて食べると良かったです。
(ということはやはり、カレーセットよりビリヤニセットにすべき、だな。)


★アイスコーヒー ¥280

そして何より良いのはこのロケーション。
コーヒー飲んでゆっくりしちゃいそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ラープ、ゲーンハンレイ、そしてルリカケス。独特な世界観が魅力のレストラン居酒屋。「ぷあん」(西荻窪)

奥深きカレー&スパイス文化を持つ西荻窪。
呑めるカレー屋が多いのも嬉しいのです。



「ぷあん」

タイ料理を中心に、気の利いたスパイス料理がいただける居酒屋レストラン。

店内は中央線カルチャーの香りムンムン。
内装もそうだけど、集まる人々が特にね。


★ルリカケス ラム ¥650

奄美大島、日本唯一の国産ラム。
ロックでオーダーしたらめちゃめちゃサービスボリューム!
濃厚風味でかなりトクした気分。

こちら東南アジアのお酒だけでなく国産酒、特に焼酎のラインナップもなかなかのものなのです。


★ラープイサーン ¥750

おなじみ私の好物、タイ東北イサーン地方の辛い挽肉サラダ。
こちらは辛さ控えめながら、ミント、ライム、レモングラスにバジルを強く効かせたサワータイプ。
スッキリ感が半端ではないです。


★ゲーンハンレイ ¥950

こちらはタイ人のタイ料理店でもなかなか置いていないメニュー。
チェンマイ名物の豚バラカレーですが、かつてタイ北部がビルマの支配下にあった頃、ビルマ料理の影響を受けたカレーなのです。
こちらはトロッとした豚肉から溢れる旨みがたまらない仕上がり。
ライスにたっぷり添えられた高菜も嬉しすぎます。

いずれの料理も、タイ人がタイ人の感覚で作った料理というより、日本人が日本人の感覚で美味いと思えるチューニングで作った料理。
なのに、決して大衆に迎合したひより方は一切なく、ツボの押さえ方にはかなりのセンスを感じます。

アジア料理、スパイス料理に対して、ちゃんとハートがあるお店ですね。
また何人かで飲みに行きたいです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

赤坂でも便利な健康カレーブッフェ。「もうやんカレー 赤坂店」(赤坂)

赤坂、「すき家」の脇に「もうやんカレー」!

「もうやんカレー赤坂店」

名物のカレーランチブッフェは16時まで。

不規則な仕事にはありがたい!



シーサイド感溢れる店内に流れるのはサーフィンビデオ。


ズラリ並ぶ漫画もイケイケバリバリ系揃い。
「課長島耕作」に「モデナの剣」、スラムダンク」に「カイジ」・・・
間違えても「墓場の鬼太郎」や「ねじ式」なんかありません。
体育会系男子の部屋を拡大したような世界観、これが落ち着く人もいるでしょう。

ブッフェ料金は前払い。
席を指定され、お皿を渡されてブッフェ開始!


カレーは牛タン、豚バラがメイン。


おかずは選び放題です。
ライスはキヌアライスとスパイスライスの2種が用意。


★ランチカレーブッフェ ¥1080

欲張りすぎず、バランス良く。


盛り付けセンスが問われます・・・

安定の健康スタミナ食。
「もうやん」って昔は撮影スタジオのケータリングで人気だったんですよ。



コアタイムを外せば、コーヒーお代わりしながらまったり休憩も可能。
まあ実に便利なお店であります。


夜は飲み屋使いもできますよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

表参道ヒルズで極上の痺れを。「シビレヌードルズ蝋燭屋 表参道ヒルズ店」(表参道)

表参道ヒルズにちょっと意外なお店が登場。

ビリビリ痺れる麻婆麺と担々麺の専門店です。

「シビレヌードルズ蝋燭屋 表参道ヒルズ店」

2019年4月27日オープン。
銀座で行列のできる人気店となった「蝋燭屋」、3月の大阪に続いて表参道に進出。
こちらはまだ知られていないのか、すんなりと入れました。


上品なカフェやチョコレート屋などが並ぶ表参道ヒルズの中に麺屋、というのも不思議な感じがしますが。

メニューはご覧の通り。

担々麺も魅力的ですが、ここはやはり「蝋燭屋」でしかいただけないこちらをオーダー。


★焼きチーズ麻婆麺 ¥1200

魅惑的!
もうね、ビジュアルほとんどカレーですよ。
辛さ・痺れは「倍辛(4辛)」でお願いしました。


決して暴力的な辛さではないものの、花椒の痺れはなかなかのもの。
これはハイレベルな麻婆ですよ。

麺は三河屋製麺、ツルッとした喉越し。
ビリッとツルッと、こりゃ堪らない美味さです、
ちなみにチーズで少し円やかになるかな、なんて思ったのですが、いやいや。
痺れはチーズをも貫通しますね。

卓上には、ぶどう山椒オイル、ブレンド酢、唐辛子。

なかでもぶどう山椒オイルは試す価値大。
後半の面白い味変に使えますよ。


★半ライス ¥100

麺をいただいた後はライスに麻婆がけ。
15時までのランチタイムはライス無料サービスなので活用すべし。

いやぁ、この場所にとても嬉しいお店。
カレー店が存在しない表参道ヒルズでの、貴重なスパイス&辛味補給所となりました。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad