FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

旧ヤム邸から独立した、注目の新鋭スパイスカレー。「創作カレー MANOS」(三軒茶屋/太子堂)

大阪スパイスカレーの波を東京にもたらした立役者にしてパイオニア「旧ヤム邸」。
そのメンバーだった遠藤 僚さんがついに独立、新たなスパイスカレー店を立ち上げました。


「創作カレー MANOS」(マノス)

三軒茶屋駅から徒歩約8分。
茶沢通りを下りきったあたりに2019年8月17日オープン。


なかなかエレガント且つ、クラシックな雰囲気が独特。
イタリアンの居抜きだそうですが・・・店名が・・・・そうですよね。
あれですよね。

ドーン!!

そんな雰囲気も醸し出しつつ、ダーク過ぎない雰囲気も出しつつ。
スペイン語で「手」を意味する「MANO」の複数形で、「たくさんの人の手助けで今がある」という意味も込めつつ。

けれどもやはり本質は、心のスキマを埋めてくれる場所ってことですよね。
カレーですもんね。


★レモンサワー ¥450

しっかり酸味が効きつつ、グビグビ飲める一杯。
駅から歩いた直後の水分(アルコール)補給に最適です。


メニューは黒板に。
「旧ヤム邸」同様、季節食材を取り入れた独創カレーが3種。
もちろん2種、3種の合がけも可能です。

「旧ヤム邸」」と異なるのは、必ずしもキーマカレー縛りじゃないということ。
僚さん的にも、いろいろなカレーの可能性を追求していきたいとのことでした。


★3種盛り ¥1400
・MANOSチキンカレー
・トマトとカボチャとローズマリーの夏キーマ
・イカとカボスと豆乳のカレー
★温玉
★パクチー


まぁ、そうなりゃ全部行っちゃいますよね。


定番扱いの「MANOSチキンカレー」は旨みがしっかり沁み込んだ大根の美味さが際立つ一品。
定番でありながら、普通でないあたりに、「他と違うことをやる」大阪魂を感じます。

野菜のテクスチャー感が楽しい「トマトとカボチャとローズマリーの夏キーマ」は、野菜に時折乗ってくる挽き肉の旨味が印象的。
ミア・ファロー!!

そして、おっ!と思ったのが「イカとカボスと豆乳のカレー」。
イカの濃厚な旨みを豆乳がまろやかに包み込んだと思いきや、カボスのスーッとする抜け感が。
こりゃ爽やかで心地よい一品!!

その他彩り豊かな付け合わせに加え、パパドの下にはダルカレーも。

これだけ様々な味の要素が入りながら、そしてそれぞれがしっかり個性的ながら、
ワンプレートとしてちゃんとまとまった美味しさとなっているあたり、流石は人気店でキャリアを積んだシェフ。

新店にして、すでに高い完成度を誇るカレー。その満足度は間違いなし。


★ハイボール ¥600

こちらのハイボールも濃くて良いですね。

カウンター席でコミュニケーションを愉しむもよし、ソファ席でゆったり寛ぐもよし。
料理も居心地も素晴らしいお店。

心のスキマが埋まること、間違いなしですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

創作カレー MANOS



関連ランキング:カレー(その他) | 西太子堂駅三軒茶屋駅若林駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

まだ見ぬインド料理とめくるめくスパイス呑みの誘惑。「バンゲラズ スパイスラボ」(船堀)

2018年、日本初のマンガロール料理専門店として銀座に誕生した「バンゲラズ キッチン」。
瞬く間に人気となり、Japanese Curry Awards2018を受賞したこのお店ですが、一つ難があるとすれば、お店の狭さでした。
その評判は在京インド人たちの間にも広がっていたものの、彼らが多く住む江戸川区から家族で来てもなかなか入れない。銀座では車を止めるのも大変。

そんなインド人たちの声に応え、2019年5月江戸川区船堀(船橋じゃないですよ)に2号店がオープン。


「バンゲラズ スパイスラボ」

船堀駅のすぐ目の前、西葛西インディアンタウンからのアクセスも至便。


席数もたっぷりで、大人数グループにも対応しています。


「飲めるインド料理店」としてのバーカウンターも完備。

さらに、スペースを広く確保した厨房にはタンドールの名手、ドーサの名手と、エキスパートチームを配置。
銀座では成し得なかった、新しいメニューの開発を行う態勢ができたわけです。

まさにスパイスラボ!

このお店の大きな魅力は、多彩なスパイス料理とお酒のマッチング。

インドのワインにウイスキー・・・多彩なお酒がズラリ。

「カレーはお酒に合わない」という先入観がいまだ残る日本ですが、インドのスパイス料理の鍵は「香り」。
それがワインやウイスキーの「薫り」と組み合わさったとき、その先にある無限の可能性に想いを馳せることができるでしょう。

特にワイン通の間でも注目されるインドワインとスパイス料理との相性は絶妙!

ホールを取り仕切るのは「シリバラジ」「ドーサベル」にいた福耳ラケッシュさん。
彼のフレンドリーな接客も魅力ですよ。

それではいきなり、インドワインといきましょう。


★グローバー ラ・レゼルブ(赤)

他のインド料理店でもたまに置いてあるグローバーですが、この店のバリエーションに敵う店はないでしょう。


★スパイシーピーナッツ ¥450

おつまみもスパイシーに決めちゃいます。


★バーラケバブ1p ¥650

凄腕タンドールシェフBipinさんによるタンドーリ料理は赤ワインと相性抜群。
こちらはスパイスの下味がしっかりとしたラムチョップ。
爽やかなミントソースを漬けていただけば昇天必至。


★チキンウルワル ¥670

こちらは銀座「バンゲラズキッチン」でも私が必ず頼む、ドライ&スパイシーなマンガロール料理。
ビールにも、ワインにもバッチリ合います。


★ゴビマンチュリアン ¥830

南インド中華=インディアンチャイニーズ料理だってあるんです。
こちらはカリフラワーを用いたベジ仕様。
インド人客大好きメニューです。


★タワホッケ フライ ¥860

スパイス海鮮が魅力の「バンゲラズ」。
こちらはなんと、ほっけを鉄板でスパイスムニエルのように仕上げた一皿。
北海の幸がインドのスパイスと出会ったらこんなに美味くなるとは!


★フラテリ(白)

やっぱり海鮮には白が欲しくなります。
こちらもインドワインですが、個人的になかなか好み!


★バナナバンズ ¥350

マンガロールの定番、絶対外さない美味さ。
これは絶対頼むべき。


★マトンペッパー ¥1019

いわば南インドのドライマトンカレー。
ブラックペッパーがガツンと効いて、これまたどんなお酒にも合う合う。


★ギーローストドーサ ¥850

立派なドーサ用鉄板を備えたこの店、ドーサの種類も豊富です。
私はパリッとした食感のギーローストドーサが好きなんです。
ジンジャーチャトニも面白いですね。

さて、こちらのお店、スパイス料理に合わせる酒だけでなく、お酒自体にスパイスが入ったスパイス酒もあるんです。


★インフューズドスペシャルカクテル(ジンジャー) ¥700


★ インフューズドスペシャルカクテル(チリ) ¥700

クワッとくるカクテル、ピリリとくるカクテル、その日の気分で楽しみましょう。

マンガロール料理専門店を歌う銀座とは異なり、こちらでは他ではいただけない珍しいインド料理も次々登場。

★マトンガラウティケバブ ¥800

いやぁ、これには驚いた。
羊肉なのに、限りなくなめらか。
口の中でとろける不思議な食感に感動(ガラウティ=とろける)。
まるでフォアグラのよう!!

これは未体験のうまさです。



★パニールシャーザニー ¥1130

南北インドの一筋縄ではいかないカレーがも次々登場。こちらはシェフのスペシャルカレー。
カッテージチーズに羊肉がニクい!


★チキンチェティナード ¥1503

こちらは正統派スパイシーチキンカレー。


★ジャガイモクルチャ(アルクルチャ) ¥550


★ミントパラタ ¥400

パン類もバリエーション豊富で飽きることはありませんね。


★コフタセット

名物のビリヤニ以外のご飯ものだってめちゃ面白いんです。
こちらはスパイシーな挽き肉を纏ったスコッチエッグをレモンライスに乗せ、さらにカレーグレービーをかけた堪らない一皿。
ランチでいただくこともできます。


★ガドバド ¥760

締めのデザートにはマンガロールのパフェ。
最初から最後まで、めくるめく未体験のスパイスエンターテインメントであります。

店内には「待ってました!」とばかりに集まったインド人のグループたち。
ビジネスマンから、子供連れまで。(もちろんハラール対応、さらにキッズメニューもあるんです)
その光景は、この店の味が「本物」である証。

しかも、銀座と比べると幾分リーズナブルなのも嬉しいところです。(立地の差ですね!)

お1人様でも、カップルでも、ご家族でも、大人数パーティーでも、万能に使えるお店ですね。


そしてさらに、この先さらにビックリする展開が・・・
早くも2019年8月、「バンゲラズキッチン」3号店が神保町に誕生!!
こちらはテラス席を儲けた海岸レストラン風のお店となるようです。
この「バンゲラズキッチン神保町」のオープンを記念して8月24日、インドの盆踊りイベントが開催。

『神保町Indian Summer 〜歌と踊りと盆カレー〜 バンゲラズキッチン神保町Opening PARTY』

当日は魅惑のインド料理ブッフェとお酒に加え、あの「ザ・ぷー」などエンターテイナーも集結。
令和最高にアツい夏となりそうですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

バンゲラズ スパイスラボ



関連ランキング:インドカレー | 船堀駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

金沢の老舗インド料理店をゴーゴーカレーが継承。「金澤スパイス咖哩 ホットハウス秋葉原本店」(秋葉原)

2018年11月にゴーゴーカレーが発表した「後継者のいないカレー名店を引き継ぐ」事業。
ビズリーチとの連携によって動き出したこの試みの第一弾が、金沢の老舗インド料理店「ホットハウス」の承継プロジェクトです。

「ホットハウス」は創業1979年。
ゴーゴーカレー宮森社長思い出の店とあって、その味を守るだけでなく、全国にチェーン展開しようという流れ。
昨年末の「横浜トレッサ店」に続き、遂に東京進出。


「金澤スパイス咖哩 ホットハウス秋葉原本店」

グランドオープンは2019年8月18日。
前述のとおり3号店ではありますが、ここがチェーン展開の「本店」という位置づけになるのでしょうか。

「ゴーゴーカレー」自体も創業は新宿ながら、後に進出した金沢に本店を置いた経緯がありますので、この辺りは事業戦略の範疇なのでしょう。


立派な象の置物が目立つ店内。
カウンター席とテーブル席が用意されています。


金沢のお店では豊富にあったインド料理メニューですが、チェーン展開に当たり内容はシンプル化。
カレーのベースはマサラ・バター・ムガール・ほうれん草という4種に集約され、サイドメニューも名物の「チキンテッカ」はじめ数種に絞られています。


★自家製ラッシーカクテル(カシス) ¥600

まずおすすめなのがこのラッシーカクテル。
ラッシー自体がとにかく濃厚で酸味あり美味、そこに香り豊かなリキュールが加わって素晴らしいスターターとなっています。


★究極のマサラチキン ¥1280
★1 HOT(辛さ5倍)+¥100
★ガーリックナンに変更 +¥100


まずはマサラタイプから単品オーダーをば。
辛さをアップし、セットナンをガーリックナンにアップグレードしてみました。

マサラチキンはとにかく濃厚の一言。
水分が飛ぶほど煮詰めた食感、そして強い塩気にゴリゴリのブラックペッパー。
そこにクローブの香りが加わって、老舗らしいズシッとした味わいとなっています。
酒やご飯が無限に進むヤツですね。

辛さ「1 HOT」は私には丁度よい、しっかり辛いがこれ以上辛くするとベースの味が変わりそうってな具合にええ感じの辛さでした。


ガーリックナンも表面サクッと良い仕上がりでした。

そしてこちら、お得なセットメニューも用意されています。

★3種類のカレー&タンドリーグリル ¥1680
・マサラキーマ(ビーフ)
・マサラキーマ(マトン)
・バターチキン


独特な餃子型のターリー皿が印象的。
カメラかなり引かないと収まり切れませんよ。


マサラキーマ、あえて具材2種選んでみたのですがベースがとにかく濃厚すぎて、牛と羊の差があまりありませんでした(笑)
まぁ、それだけ濃厚ってことです。

そしてバターチキン、これが甘さ控えめでなかなかの美味さ。
(甘めのカレーはもう一つ、クリームカレーってのがあるんです)
マサラキーマとのコントラストで、それぞれの味が引き立ちますね。

さらに小ぶりながら、この店のもう一つの名物、チキンテッカも味わえます。
国産鶏仕様のしっかりした噛み心地、間違いなく美味いです。
これ、単品で頼むと鉄板で出てくるのでそちらもおススメですよ。

ひとつ留意すべき点としては、こちらセットのカレーは辛さが選べないこと。
ビシッとした辛さが欲しいなら単品オーダー、いろいろ試したいならセット、複数人訪問ならそのあたりを考慮してシェアするのが良いでしょう。


★瀬戸内レモンサワー ¥500

濃厚なカレーの後には、爽やかな酸味がよく合います。
あ、今回最初に飲んだラッシーカクテルを〆にするのも良いですね。

まだまだピッカピカのこのお店、今後面白いドリンクメニュー追加もありそう。
期待して注目しましょう。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



金澤スパイス咖喱 ホットハウス 秋葉原本店



関連ランキング:インドカレー | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名物黒カレーと名物インディアンライス、至福のランチ。「キッチンABC江古田店」(江古田)

東京を代表する人気大衆洋食店「キッチンABC」。
豊島区以外にある唯一の店舗がこちら。



「キッチンABC江古田店」

2017年3月18日オープン。
近くには日芸キャンパスもあり「キッチンABC」の安うま洋食やカレーがいただけるのは学生にとってパラダイスでしょう。


この日は祝日の15時すぎ訪問。
通し営業が有り難いですね。

さて、カレー好きにとって「キッチンABC」最大の魅力は独特な黒カレー。
なかでもハイエンド仕様の「オムチキンカツカレー」はまさに神メニューであります。

いつものようにそちらをオーダーしようと思ったのですが、「今月のおすすめ」メニューが魅力的すぎた!


★【今月のおすすめ2番】インディアンライス&黒カレー+カニクリームコロッケ ¥900

素晴らしい!大衆洋食の鑑のようなセットです。

不動の名物黒カレーはイカスミの如き漆黒(イカスミは用いていないようですが)。なぜこんなに黒いかは謎。
ほど良き辛さで安定の美味さですね。


あいがけされた「インディアンライス」は洋風卵とじ焼き肉ライス。
黒カレー、オリエンタルライスと並ぶ「キッチンABC」の3大名物です。なぜインディアンかは謎。
ガッツリ味濃いスタミナメニューですね。


カニクリームコロッケもボリューム満点。
そのまま食べても、カレーにつけても楽しめます。

これだけ食べて1000円でお釣り。
名店「キッチンABC」の実力に今日も打ち震えたのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

お酒を飲むとカレー割引き。さあカツカレー呑み!「ヴィヴィ食堂」(上板橋)

上板橋、地元民に親しまれる居酒屋食堂。

「ヴィヴィ食堂」

昭和ファンシー玩具のような書体が可愛いですね。

カウンターメインの店内は、夜10時を過ぎても8割の入り。
さすがの人気です。


カレーは、
・特製カレー
・黒毛和牛メンチカツカレー
・三元豚ロースカツカレー
・わかどり唐揚げカレー
の4種と充実。

しかもよく見ると、お酒を飲むとカレーが50円引きに!
これは素晴らしい実に俺得なサービスであります。

早速、酒&カレーといきましょう。

★梅酒 ¥700

暑い夜、水分補給を兼ねて水割りで。

待つこと暫し、丁寧に作られた一皿がやってきました。

★三元豚ロースカツカレー ¥1000(アルコール割 ¥950)

ベースのカレーがとにかく美味い。
ほぐし鶏肉入りなのだけど、旨味の凝縮度合いが凄い。濃い。
絶対これ、カレーパンに入れたら美味しいやつだ。


そこにかなり厚切りのロースカツ。
揚げたてアツアツで、完全に洋食専門店のレベルです。

カレー、カツに対してライス多めの満腹仕様。
二軒目使いのあなたはライス少なめオーダーが良いかも。


具材たっぷりのお味噌汁までついてきました。

営業は基本夜11時まで、日曜もやってます。
地元の大事な飲み食い処ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ