FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

パルテノン神殿の中にある、リアルネパール。「バドサハ」(西武新宿/東新宿)

リトル・カトマンズから少し離れた歌舞伎町。
カネと欲望が渦巻くこの街にも、ネパール人たちがこっそり集う場所があります。

歌舞伎町パルテノン神殿。
その2階。


一見夜のカラオケ屋さんに見えますが、その通り。
いや、その通りだけど、その通りじゃない。


モンゴル料理屋のインパクトある店名に気を取られますが、違う違う、そうじゃ、そうじゃない。


「バドサハ」

入店するや否や、一斉に注がれる視線。
いわゆるカラオケラウンジのように、合皮張りのソファに囲まれた店内は、全員ネパール人。
静まり返る皆。
向かいの席では、民族衣装を纏った老婆がソファの上に片膝立てた態勢で座り、手食をしています。

お、お、お、ここまでの現地感、ここまでのアウェー感、新大久保でもそうそう無いぞ。

と、ドギマギしたのは最初だけ。

実はこの日、オーナーのお母さん、お婆ちゃん(なんと95歳!)、妹、妹の旦那さんが来日しており、みんなでこちらに来ていたようなんです。

一族で歓談しているところにいきなり日本人が入ってきたものだから、お互いドキッとしちゃったわけですね。


★スクティサデコ

聞けばいろいろ出してくれます。
食材あればですけども。

こちらはニンニクバッチリ、噛みごたえバッチリのネパール人歓喜仕様。
私も嬉しいですよ。


★サカリカナ ¥1000

別にサカッているわけではありません。
タカリ族(Thakall)仕様のお食事セット。



ダルスープもククラコマス(ネパールの骨つきチキンカレー)も副菜も、基本味ハッキリめ。
変に日和ったところもなく、実に素晴らしいです。
かなり好みで、お酒も進みます。

ネパール焼酎ロキシーもありますし。

ちなみに「サカリカナ」より品数シンプルなダルバートは「ネパールカナ」という名で500円。
昨今の新大久保500円ダルバートムーブメントに合わせています。
お財布事情に合わせて選ぶと良いでしょう。

向かいの95歳おばあちゃんの華麗な手食に見とれながら食べ進んでいると、いつしか周りは歌と踊りの世界に。

めっちゃ誘われます。
いや、まあ、ここは快く誘われましょう。

このしみったれたご時世。
人生に必要なのは、歌と踊りとスパイスですから。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ここだけのバーミヤンでここだけの中華カレー。「ばーみやん軒 用賀駅前店」(用賀)

すかいらーくグループによる、おなじみ中華ファミレス「バーミヤン」。
そのスペシャル店舗が東京・用賀にあります。


「ばーみやん軒」

2017年7月1日オープン。
実はここ、「町中華」をテーマにした「バーミヤン」の新業態。
現在は全国でこの「用賀駅前店」一店舗のみなのです。



広い店内はパーテーションで仕切られ、リラックスできる雰囲気。


カウンター席には充電用コンセントもあります。
もちろんWi-FIも。


夜メニューは200~300円台の小皿料理が充実。
餃子149円、生ビール299円。


ボトルキープもでき、地元の手頃な酒場としても便利そうですね。

さて、この日はランチ訪問。
ファミレス系の強みで、有難い通し営業です。

こちらがランチメニュー。
丼に麺に定食、もちろん餃子も。

そして裏を返せば・・・・

なんとこちらのお店限定の「中華屋さんのカレー」が!
麻婆カレーにチャーハンカレーにトッピングもあれこれ。
そそられます。


★中華屋さんの麻婆カレー ¥599
・辛口 +¥50
・味付け玉子トッピング +¥100


全国的にジワジワ来ている「麻婆カレー」ですが、「すかいらーく」系列でいただけることに感激。

お味は、いい意味でジャンクです。
挽き肉には味がしっかり付いており、まるでカップヌードルの肉のよう。
とろみたっぷりのカレーは旨み抜群で、辛口チョイスが正解でした(そんなに辛くありません)。
ごはんはモッチリした炊き上がり。
もう少し硬めでもよいかなーなんて思ったのですが、餃子定食なんかだとこれくらいが良かったりして、ま、そういうことでしょう。
(餃子付きカレーセットもありましたし)

あとは卓上に花椒があったら超完璧でしたね。
・・・望み過ぎか。



★ドリンクバイキング ¥190

ファミレス系らしく、ドリンクバーもあります。

ちょっと時間を潰すときにも使えて、飲めて、中華カレーもいただける。
これ、全国展開したらええんとちゃいます??


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスとお酒と季節食材と、路地裏の化学反応。「roji spice & ____」(中野)

訪問はだいぶ前になりますが、中野の路地裏に素晴らしいお店が誕生しています。


中野マルイのちょうど真裏。

桃園稲荷神社脇の細い路地。


まさに路地裏中の路地裏。

その名も・・・

「roji spice & ____」

「ロジ スパイス アンド アンダーバー」と読みます。
スパイスとお酒や季節食材との組み合わせを愉しむ、そんなコンセプトが表れた店名です。


実はここ、押上の名店「スパイスカフェ」出身シェフによるお店。
インドやスリランカ料理の手法と日本の季節食材を組み合わせ、ワインなどのお酒とのマッチングを愉しむ。
そんな「スパイスカフェ」のスピリットがこの店にも生きています。

というより、そのスピリットを独自路線で再構築している、というのが正しいでしょう。


★生ビール(中) ¥600

銘柄はハートランド。
スタンスが明確ですね。

まず、この店で外せない、いや、瞠目に値するのは「spice & 前菜」。
全8種の中から3種盛り、4種盛り、5種盛りと選べるのですが、ここは人数が許す限り、いろいろ食べておくのが吉。

★ミニトマトとモルディブフィッシュのオイルマリネ

スリランカ料理に用いられる鰹の近縁種モルディブフィッシュ。
これとトマトがどうなるの?なんて思ってたら、予想以上に出汁が利いている!
見た目と味わいのギャップが凄い!面白い!


★カスリメティとカラスミ香るしいたけロースト

これまた、旨み旨み旨みの三重奏。
「凄い!」と声に出してしまいました。


★クミン香るキャロットラペ
★フェンネル香るズッキーニのサラダ
★コリアンダーシードとバイマックル香る紫キャベツのマリネ



★カレーリーフ香る一口ポテトサラダのパニプリ
★シナモン香るゴルゴンゾーラのムース


これだけのバリエーション、これだけの香りや旨みの組み合わせ、のっけからこんなに浮かれて良いのかしら??


しっかりと、白ワインに合わせていただきます。


★マグロのカルパッチョとミョウガのピクルス ¥1080

和素材とスパイスの組み合わせが自由自在。
食べる側も楽しいけど、創る側も楽しんでるんだろうなぁ・・・それがいい。


★タコとアボカドのサラダ(パクチーと青唐辛子のチャトニ) ¥800

ちゃんとスパイシー、けれどフレッシュ。


★自家製ソーセージ 2本 ¥1300

こちらはタマリンド、粒マスタード、バルサミコの3種ソース添え。
肉汁とのコラボを楽しみます。

さて、ここまででもスパイスバルとして充分に楽しめるのですが、やはり締めはご飯もので行きたいところ。
実はこの店、ビリヤニも用意されているんです。
もちろん、ただのビリヤニじゃありませんよ。


★実山椒香る燻製ホタテとシラスのビリヤニ ¥900

あれ?ビリヤニって日本のどこか地方の郷土料理だっけ???
ってな具合に自然に、和素材をふんだんに用いた一皿。
バスマティ米のふんわりしっとり感と、シラスのふんわりしっとり感が絶妙にシンクロ。
そこに海鮮ならではの旨味、そして実山椒の突き抜けるような「麻」!!

まさに「spice & ____」の名にふさわしい、見事な再構築ぶりであります。

ちなみにこちらのビリヤニ、炊き上がりに50分ほどかかるので、前菜を堪能したあたりのタイミングでオーダーしておくと良いですね。

・・・おっと、カレーだって忘れちゃいけません。

せっかくなので2種オーダーしてみました。


★ポークビンダルー ¥1000

飲みの〆に相応しく、しかkりスパイシーながらサラッと胃におさまるカレー。
ビンダルーならではの酸味にも不足はありません。


★グリル野菜とチキン ¥1400

こちらもベースはインド系でありながら、グリル野菜の美味さのおかげで、どことなく欧風にも感じる味わい。
ここからまたワインに手を出してしまいそうだ!!

スパイスとお酒と季節食材、その組み合わせによる無限の可能性。
中野の路地裏では今日も、香りと旨みが爆発しているのですね。

新店ながら、とっておきの名店と呼ぶにふさわしい、面白いお店でした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

洗練と攻め、心地良い裏切り。「酒肆ガランス」(白金高輪)

一言で言えば、センスの塊です。



「酒肆ガランス」

外からは、どんな店かわからない。
そもそも店名がすぐ読めない。

知らない人にとって、入店難易度がなかなかに高い場所と言えましょう。

あ、店名は「しゅしがらんす」と読みます。念のため。

けれどもお店に入ると、ふわっと賑やかな雰囲気。
カウンター席メインの店内は、洗練されているけど気取りすぎず、とても心地よい。


原田芳雄コンサートのポスター。


フレンチな座頭市。


健さん×横尾忠則。


エコエコアザラクエコエコザメラク黒井ミサ。


★エビス生 ¥700

ガス圧と温度、注ぎ方、グラス洗浄、どれをとっても完璧。


お通しはサラミとプロシュートでした。


★ガランス式焼き餃子 ¥800

ガランス式って書くくらいだから、普通の餃子じゃないんだろうなぁーなんて身構えていたら、予想を超えた普通じゃなさ!
平らにパリッと焼かれた皮に挟まれた具材。
確かに餃子ではありつつ、感覚的にはマレーシアのムルタバに違い!これは面白いなあ。


★牛胃袋と小腸の特製スパイスソテー ¥1500

魅惑的なメニューが数ある中から選んだ一品。
だがこれが大当たり!
ふんわり食感にガツンとした味付け、美味いとしか言えません。
ニンニクしっかり効いていて、酒の進み方が大変なことに。


★アラン サット オレンジワイン ¥800

この料理、この雰囲気ですから、ワインに行きたくなります。
大好きなオレンジワインがグラスで注文可。
良い意味での雑味がたまりません。

そして、締めの着地はこちらで決まり!

★南インド式チキンカレー(インドのおふくろの味) ¥1200

この世界観からの南インドホームスタイルカレー!
締めに丁度いいボリュームが素敵です。

サラッとした舌触り、カレーリーフとマスタードシードの香り、しっかりした鶏肉。
ちゃんとしてる以上に美味く、飲みの締めにもしっかりチューニングされていますよ!
ちなみにライスは日本米。「なんだ、バスマティじゃないのー?」なんて方がいるかも知れませんが、いやいや。
南インドの家庭ではいろいろな米が食べられていて、日本米みたいにふっくらしたのもあるんです。
だから、この構成は間違いじゃありませんぜ。

一品ごとに、驚きと喜び、心地よい裏切りがある。
仕事関係、プライベート関係、こんど誰をお連れしようか、ワクワクしちゃうお店であります。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

マジに細部にこだわった、ニッポンカレーライスの気鋭。「MAJI CURRY」(神保町)

神保町、ニッボンカレーライス気鋭のお店。


「MAJI CURRY」(マジカレー)

隣に「鴻」「エチオピア」「スパイスキッチン3」「ヒナタ屋」と並ぶ、日本トップクラスのカレー屋密集地帯にお店はあります。

オープンは2018年4月4日ですが、同年秋に開催された「第8回神田カレーグランプリ」において、いきなりグランプリを獲得、一気に人気店となりました。
老若男女の投票制による神田カレーグランプリは、もともとニッボンカレーに有利とはいえ、開店して半年での快挙は素晴らしいことですね。


取材もたくさんきております。


トッピングはバリエーション豊か。

カツカレーにしようかどうか、悩んだ挙句、頼んだのはこちら。

★味わい野菜&ハンバーグカレー ¥1200

そう、ハンバーグが食べたかったんです。
野菜と組み合わさったこちらのメニューなら、ヘルシー気分もアップ。

カレーは舌触り滑らかながら、味自体はなかなか濃厚。
これはカレーライス好きならみんな好きなカレーライスですね。

ハンバーグとズッキーニのバランスもナイス。
このタイプのカレーライス店としてはライスの量は少な目。
ボリュームが心配な女子でも安心していただけます。
あ、その分、大盛り無料なので食べ盛り男子も安心ですよ。


カウンターには福神漬け・・・もとい「神福漬け」。
これがなかなかのクオリティ。


食後にはラッシー。
これまたよくあるラッシーとは違う手作りの美味さ。

奇を衒わない、ニッポンカレーライスど真ん中のお店でありながら、細部にわたる手間と工夫の積み重ね。
これこそが人気の秘密なのかもしれませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ