カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

知る人ぞ知る、元祖和歌山カレーの魅惑。「カレーショップ バラ 日赤前店」(和歌山市)

創業1960年。
和歌山のソウルフードにして、元祖・和歌山カレーと言われる「バラ」。

しかし、東ぶらくり丁で開業した本店は2013年に焼失。
現在、元祖の味をもっともよく受け継いでいると噂される「日赤前店」へと訪問してみました。

JR和歌山駅からは、タクシーで1000円ちょい。

「カレーショップ バラ 日赤前店」


長い長い変形カウンター。


年季が入っていますが、色どりはポップ。


メニューはトッピングバリエーション豊富。
いま食べたいものが揃ってます。


★バラカレー ¥800

迷ったらこちら。
ヘレカツ、エビフライ、ソーセージ、小松菜がトッピングされた看板メニュー。
辛口でお願いしました。


庶民的ながら完成されたビジュアルは老舗ならでは。
早速いただいてみましょう。


お、一口食べて舌に感じる独特の苦味。
普通のようでいて普通じゃない個性を放っています。
これは子供の頃食べたら記憶に刷り込まれるわー

辛口でも辛さはさほどでもなく、だれでも安心していただけます。


★食後のコーヒー ¥100

しっかりしたカップで、しっかりしたコーヒー。
カレーの後のコーヒー、その大事さをしっかり押さえています。
素晴らしい!!

こちら「バラ 日赤前店」はオープンから約23年。
経営上の繋がりがある支店というよりは、むしろ暖簾分けのようで、「バラ」各店は、それぞれがそれぞれのやり方で互いに切磋琢磨しながら頑張っているとのこと。

こちらも店内に親子三代、アットホームな雰囲気でしたが、元祖の味により近く、日々研鑽しているそう。

たかがカレースタンド、されどカレースタンド。
和歌山のソウルフードは、また来たくなる魅力に溢れていたのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad