カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

自社輸入クラフトビールと世界のスパイス料理。真夜中富山のくつろぎ処。「多国食彩 Oeuf ウフ」(富山)

タイ料理「ナムワン」から、夜中までやっている系列店のこちらへとハシゴ。


「多国食彩 Oeuf」 (ウフ)

夜中2時までやっているスペイン・アジア料理とクラフトビールのバルです。




実はこちらのお店、インポーターとして珍しいクラフトビールの輸入も行なっているんです。

その一部は「ナムワン」でもいただけるのですが、樽生での提供はこちらだけ!


★モア・ブリューイング ノースパシフィックAPA (M)¥1280

ニュージーランドのクラフトビールをたっぷりサイズの樽生で。
西海岸スタイルのIPAで、柑橘系の香りが魅力です。

しかし、富山がクラフトビール先進国だったなんて、クラフトビールマニアくらいしか知らないですよね。

しかし、こちらのお店の魅力はクラフトビールだけではありません。
スパイスやハーブを用いた料理の多彩さ、その多国籍っぷりに驚かされるんです。


台湾の麺線、ルーロー飯。
インドのマトンキーマ、タンドリーチキン。
タイのカオマンガイ、ラープ。
スペインのブニュエロ、ピルピル。
シンガポールのバクテー、ラクサ。
ベトナムのフォーに、ブルターニュのコンプレット・・・はぁぁ。

広域スパイス料理マニアですね。


★シンガポール・ラクサ ¥1090

この日は二軒目、夜食だったので〆のラーメン的に。

地域によって仕立てが異なるラクサですが、シンガポールのものはココナッツミルクを多用するのがひとつの特徴。
こちらのお店のはそれほどココナッツミルクが多くはないため、見た目アッサムラクサの様でもありますね。

麺は私の大好きなブンボーフエなどにも用いられる、ベトナムの押し出し米麺「ブン」。
その丸くツルッとした食感がなんとも心地よいですね。

深夜でもスッキリさっぱりいただくことができました。

食後は富山の外食事情などについて若きオーナー小山氏と談笑。
(実は「ナムワン」の小山シェフはお母さん)
とても有益な情報を得ることができました。

時々横浜の方にも来られているようなので、また関東でご一緒する日が来るかも。



話に花が咲き、いつしか中国茶をいただいていました。
こちら、台湾などの中国茶の種類も豊富、茶器も素敵なんです。

富山で飲む場所に迷ったらここ。
話し相手が欲しい時にもここ。
そして、夜中にスパイス摂りたいときにもここ。

間違いないお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

富山のご当地タイ料理とクラフトビールの本気。「タイ屋台料理 ナムワン」(富山)

ふらり富山カレーの旅。
富山駅前でバスを降りた私を待ち構えていたのはタイの旗。


「タイ屋台料理 ナムワン」

富山湾の海の幸をタイ南部プーケットスタイルで提供するという、魅惑的なお店ですって。


入るしかないじゃないですか。
入るしかないじゃないですか。


まず、ビックリしたのは、クラフトビールはじめお酒のラインナップ。



ど、どういうこと??
富山ってここまで先進国なの??

どうやらこちらクラフトビールのインポーター「ウフ」の系列店とのこと。
ヤバい、そっちも行かなきゃ。


★ファンク・エステート ソフィスティカフ ¥850

珍しいニュージーランドのクラフトビール。
なんと自社輸入です。

こちらはIPAタイプで、しっかりとした苦味がありながら品のある爽やかさ。
えぇ感じですな。


★本日の鮮魚の唐揚げ スイートチリソースがけ(プラートード) ¥700~

本日の魚はアジ。
見事な体型のがまるまる二尾!!
味付けは控えめで素材の味が楽しめます。
富山に来たって感じ。


★薄切り肉の激辛辛辛辛辛サラダ(ムーマナオプリック) ¥790

前前前世的なネーミングがナウなトレンディですがなんと!
東京でもあまりお目にかからないパクチーファランが用いられています!
聞けば富山で作ってもらって仕入れているそう。
本気度が凄いですね。

けれどそれはさておき!

さておき!

これ、相当辛いですね!!


豚肉の上にビッシリ敷き詰められた、唐辛子の種!種!種!
パプリカに見える赤や緑の彩りも、もちろん全て唐辛子です。


★よしのとも 純 ¥450

辛さをクールダウンさせるにはやはり富山の地酒。
富山産の山田錦と立山連峰の伏流水で仕込んだ、キリッとした日本酒。

シェフの小山さんは15回ほどタイを訪問するタイフリークで、プーケットで一カ月の修行ののちこの店をオープン。
そのこだわりと情熱は半端ではありません。


自家製ポークジャーキーも試食させていただきました。
クラフトビールによく合ってヤバいですね。

富山の街に密着したタイ料理店。
気軽に立ち寄れる飲みスポットとしても良いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

FC2Ad