FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その3- 絶品北部料理がいただける大衆食堂。「ラミンチェンマイ」(竜ヶ崎)

龍ヶ崎タイ料理秘境探検、「Ty」「ワンワーン」に続いて訪れたのはこちら。
モール内のタイ料理4店のなかで唯一、食べログ登録されていたお店。

龍ヶ崎タイ料理4店のなかで唯一、外から店内が覗けるお店でもあります。


「ラミソチェソマイ」

もとい、

「ラミンチェンマイ」

前回の龍ヶ崎訪問時、昼間入り口が開いていたので入ってみたらおじいさんが一人。
尋ねてみたら「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。

後日電話したらまたおじいさんが出て「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。


ですが今回、晴れて営業していました。


前2店とは異なり、テーブル席メインの食堂的作り。


王様写真、カラオケも基本装備。窓際には亀・人魚・ワニの縁起物。
店内は地元のおじさんたちでにぎわっていました。

我々が店内に入るや否や「お兄さんたちどっから来たの?」と聞かれるあたり、普段は地元の顔見知りしか来ないんでしょうね。
西部劇の酒場みたいだな。

「東京から来た」といえば「えーなんでこんなところに?」と驚かれ、「タイ料理食べに」と言ったらさらに驚かれました。
「俺、タイ料理ダメなんだよねー」とか言っちゃったりして。

ここ、タイ料理屋ですけど、彼らにとってはきっと「大衆食堂」なんでしょう。

さて、タイ料理店でお通しの定番といえば、えびせん。
確かにこちらでもえびせんが出てきたのですが・・・

かっぱえびせんでした。

そうか龍ヶ崎あたりは河童の伝承も多いからなぁ。

ちなみにさっきの「タイ料理苦手」と言っていたおじさんにはスルメが提供。
この辺りはお客によって臨機応変っぽいですね。

女性コックさんはチェンマイ出身。
ならば北のメニューを攻めてみましょう。


★タムカヌン ¥1000

タイ北部のジャックフルーツ炒め。
バイマックルーの爽やかさに加えニンニクが効いてパンチある仕上がり。


★ラープ・プラー ¥1080

こちらなんとマグロのラープ。
ドッサリとフライドガーリックがかかっていますね。
マグロは刺身というかヅケというかな状態なので、ゴォイっぽくもあります。

んでこれ、一口食べてビックリした。

口の中にムワッと拡がる独特の香り、なにか燻されたような仄かに苦いような、けれど爽やかなような・・・

どうやらこれ、ドクダミのようなスモーキーな苦味がするパックパイというハーブを用いてるそう。
これはかなり癖になりますぞ。

というか、この店かなり味のレベル高いっす。
みなさん大衆食堂っぽく使ってますが、タイ料理店としてかなりのレベルです。

・・・しかし盛り付けのデザインがほぼ同じ(笑)
龍ヶ崎のタイ料理店って、ほんとキュウリが好きなのね。

河童の郷ですからね。

「Ty」「ワンワーン」「ラミンチェンマイ」といずれも個性的かつレベルの高かった龍ヶ崎タイ料理秘境。

お店を出ると、残りの一軒「アロイジャン」が営業開始していたのですが、終電ギリの時間だったので、次回に持ち越し。
実に楽しい桃源郷への旅は、ひとまずおしまい。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ラミンチェンマイ 龍ヶ崎



関連ランキング:タイ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その2- いろいろレベルが違う凄い店だワン。「ワンワーン」(竜ヶ崎)

龍ヶ崎タイ料理秘境探検。
4軒の未知なるタイ料理店が密集する謎のモール。

一軒めで訪れた「Ty」のママにこの辺の様子を聞いてみた。
これだけの密度、タイ人コミュニティが近くにあるのかと聞けば特にそんなことはなく、お客はブラジル人、ペルー人、フィリピン人が多いとのこと。

謎が深まる龍ヶ崎・・・

で、電話が繋がらない他の3店、営業状況なんかも聞いてみたら、「アロイジャン」「ラミンチェンマイ」は7時ころ開いてることが多い、「ワンワーン」は遅い時間に開く、とか。

なるほど2軒めは「アロイジャン」か「ラミンチェンマイ」か。
と思って外に出たら、何故か一番早く開いたのは「ワンワーン」。

龍ヶ崎、謎。


中の様子が全く分かりませぬが・・・
とにかく素晴らしいのがお店のロゴ。


スタイリッシュな黒犬がワンワーン!

「WANWAAN」


歌わず踊らずが難しい雰囲気の店内。

ビシッと決まったママさんが登場。
チェンマイ出身だそうです。


★マンゴージュース


グラスのシールがチャーミング。


★サイウア

タイ北部、チェンマイでよく食べられる香草ソーセージ。
ママの手作りで柔らかな噛みごたえ、抜けるような香りが魅力です。


★コームーヤーン

これにはビビった。本気でビビった。

「豚トロの炙り焼き」というシンプルな料理ながら、表面のカリッと具合とジューシーな脂のバランスは完璧。
そこに胆汁の苦味がガツンと効いたナムジュムが加われば、異様なまでの芳ばしさが口内に拡がります。

これ、史上最高のコームーヤーンかも知れん・・・


★ナムプリックオーン

こちらもチェンマイ式。
トマトのディップなのですけど、タイの乾燥納豆トゥアナウを用いてるそう。
茨城県民大喜びですな!!


★カイチョームーサップ

ママのオススメ、豚挽き肉入り玉子焼き。
実はこれ、私も好きなんですよねぇー。

メニューブックには料理の種類は決して多くはないのだけれど、
事前に連絡すればいろいろ作ってくれるとのこと。
コームーヤーンはじめ料理のレベルはめちゃ高なので、これは期待です。

そしていつしか煌めく光の中、

イサーンの田舎歌ルークトゥンを歌う我らがクンプー氏。

実はここのママ、元歌手だったそうで、ママに歌ってもらう代わりに我々も歌うこととなった次第。
ママのテレサテン、必聴です。

そして、ここから打ち解けたママのお話が凄い。

というか、この店ちょっと只者ではなかったのです。

まず息子さん。
なんと元ミスタージャパン(タイ人?)のハンサムで、タイの芸能界に友だちが多く、
代々木公園タイフェスのために来日したタイの歌手がこの「ワンワーン」に来ることもあるそう。

さらに、タイのテレビで人気の女優Kubkibさんも親戚。の
Kubkibさんの旦那さんはイケメン台湾人で、そのお子さんはタイで超有名な子役のパオパオちゃん!
なんとなんとインスタのフォロワー数586万人を越えるすさまじい人気っぷり。
それがどれだけ凄いかって、北海道の全人口(547万人)より多いんですから!
パオパオちゃんご家族も、この「ワンワーン」に来るそうです。

一体どういうことだ龍ヶ崎。

ちなみに店名の「ワンワーン」は、もともとは犬という意味ではなく(ロゴは犬だけど)、
大切な人が離れてもまた戻ってくる「絆」みたいな意味が込められているんだそう。

なるほど、だから一族皆「ワンワーン」に集まってくるのですね。

まさかの凄い店と出会ってしまいました。


龍ヶ崎タイ料理秘境探検、3軒めも面白いですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ワンワーン バー&レストラン



関連ランキング:タイ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

龍ヶ崎タイ料理秘境探検 -その1- プレハブの奥のスウィートルーム。「Ty」(竜ヶ崎)


人生2度目にして、今年2度目の龍ヶ崎。

前回スリランカ料理の新店「カイロス ケフ」を訪れた際、
近くになんとタイ料理の秘境を発見しており、満を持しての再訪なのです。

かなり現地っぽいノリのタイ料理店がモールの敷地内になんと4軒も。
そのうち3軒が食べログ未登録というまさに秘境。

ゴミ捨て場にだってタイ語表記があり、ちょっとドキドキしてしまいます。


「アロイジャン」

楽しそうな雰囲気がアロイじゃん。
事前に電話繋がらず。


「ワンワーン」

犬のマークでワンワーン。
事前に電話繋がらず。


「ラミンチェンマイ」

唯一の食べログ登録店。
昼間入り口が開いていたので入ってみたらおじいさんが一人。
尋ねてみたら「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。
後日電話したらまたおじいさんが出て「ワタシね、ただ掃除してるだけなのでわからないんです」との答え。


「Ty」

ゲキシブなプレハブ店。
電話番号がケータイ番号だったのでかけてみたところ、メチャクチャ元気なタイ人ママが出ました。

「もしもし 明後日の土曜日、お店何時からオープンしてますか?」

「なんてー? なんてー?」

「明後日の土曜日」
「かようび?」

「土曜日」
「あー5時オープンオープン」


ということで唯一事前確認できたこちらのお店からスタート。
メンバーは私とクンプー&さと2という、リミッター外れた最強変態チーム。
そこに某アニメ監督も合流し無双モード。


「Ty」

4時50分にお店の前に到着。
「タイ人だからオープン遅れてるかもなー」なんて思ったら、フライングオープンしてました。
ブレ幅!

外から見ると小さなプレハブ店なのですが・・・
中に入るとあら不思議。

めっちゃ奥行きあって広々、毎日がハロウィーンアンドクリスマスな賑やかさ。


プレハブを連結してるのね。

アユタヤ出身のママはとにかくテンション高し。
めっちゃフレンドリーです。
「ちょっと買い物行ってくる!」なんて途中いなくなったりするけどw(店番)

しかも店内を包み込む、フローラルな香り。
スウィートな、イケナイ香り。

・・・と思ったら、各テーブルにあるでっかいカサブランカ、生花でありました。


メニューは料理の大判写真とタイ語の名前のみ。
日本語も、値段も書いていません。
ドキドキするなぁ・・・・

とか迷っていたら、ママからいきなりのサービス。

ママが初めて作ってみたタイの笹団子・・・・


甘くて優しく懐かしい味・・・・

なんだか、涙腺緩んでくる。。。。

と思ったら、このお皿のせいでした。

「パトラッシュ、疲れたろう・・・僕も疲れたんだ。なんだか、とても眠いんだ・・・」

忘れないよ、この道を。

さて、値段も聞かずにいざスタート。

★シンハービール

もちろん現地式で氷入り。


★ソムタムプーパラー

上級者向けの蟹の塩漬け入りソムタム。


狂ったようにまぶされた干しエビの下に隠れたカニ。
よく用いられるサワガニ系ではなく、ちょっと大きめのイワガニ系ですね。
もしくは小ぶりのマングローブクラブ?

ほどよく酸っぱく旨味もあるのに加え、パパイヤ以外の野菜も多くてサラダ感の強いソムタムでした。


★ナムトックムー

ジューシーな酸味と、煎り米のザクザク感がナイスなイサーンの豚肉サラダ。
これはオススメですなー


★パッシーイウ

なんとタイ直輸入の生センヤイを使用。
プルっとモチッと食感はカサブランカの香りと相まって禁断の世界。素晴らしいな。

値段確認なしでのドキドキ会計。
・・・あ、案外良心的だ。

内訳はわからないけどみなさん安心してくださいませ。

そして気になる店名。
「Ty」って、どういう意味??

ママに聞いても「かわいーからつけた。かわいーでしょ?」と喜ぶだけで(笑)


ですが、ヒントはモニター映像の中にあった。

「To you.,.」

あ、そうかそうなのか。
ママに言ったらちょっと照れていました。

龍ヶ崎タイ秘境探検、まだまだ続きますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

居酒屋 Ty



関連ランキング:タイ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

田園に佇むスリランカ料理の新店。「カイロス ケフ」(竜ケ崎)

関東でスリランカ料理といえば、茨城県。
現地仕様の、非常にレベルの高いお店が点在しているんです。

そしてまた、何やらビンビン来そうなスリランカ料理の新店が誕生したと知り、早速行ってきました。

茨城スリランカ料理店の多くが、駅から離れた場所にあるのに対し、今度は駅から徒歩10分ほどの立地。
その最寄り駅の名前は、竜ケ崎駅。

・・・って、一体どこ???

常磐線佐貫駅から伸びた、関東鉄道竜ケ崎線の終点駅なんですね。

乗り換えのため佐貫駅を降りると、まず目につく張り紙。

「当駅はマザー牧場の最寄り駅ではありません。」
「最寄り駅は内房線(千葉県)佐貫町です。」
その下でイラストの牛が「ここじゃないよー」なんて言ってるのですが、ここで気づいた時点でモー完全アウト。
けれど張り紙が必要なほど、間違える人が多いってことですよね。
ご愁傷様です・・・

駅を降り、竜ヶ崎線へ。

風情ある地方感がたまりませんが、車内に入ってビックリ。



車内がコロッケに占領されているんです!
「コロッケトレイン」と呼ばれるこの車両、強烈ですぞ。

真夏の龍ヶ崎に広がる田園風景。
(鉄道・駅は「竜ケ崎」表記ですが地名は「龍ヶ崎」)

風が運ぶ草木の匂い、数歩歩くとあちこちに跳ねるバッタやイナゴ、蛙が水に飛び込む音。

東京から一時間ちょいでこんな異世界に来ることができるなんて・・・・

いやいや、それは違う。
異世界なのは東京なんであって、本来の日本はこっちなんだと思いなおす。
成田から日本に来たスリランカ人たちなら、なおさらそう思うことでしょう。

田んぼの先に佇むお店へ、お昼前に到着。

「カイロス ケフ」

オープンは2018年6月10日。
勝手に、鄙びた田舎風の店構えを想像していたのですが、真逆でした。

文字から滴る黒ペンキのダークファンタジー感。
たまたまなのかと思ったら、そうではありませんでした。



この、ヴァンパイアたちが夜な夜な踊っていそうな雰囲気、嫌いじゃないです。

実際、こちらのお店は基本通し営業で夜中までやっているそう。
夜中はどんな感じなんだろう。


テラス席にもソファがあったりして、あれこれ気持ちよさそうです。

さて料理。
土日は昼夜問わず食べ放題ブッフェが1100円。

早めに訪問しただけあって、出来たて感がヤバいですね。

ブッフェの内容は日によって異なるものの、
この日は同行者のお願いにより、最初はなかったパリップも作ってくれるなど、ある程度の柔軟性があるようです。
実にアリガタイ。

この日のラインナップは、

★卵フライドライス


★スパイスヌードル


★バターチキン

★バターソーセージ
(単品写真失念)


★ベジタブルロティ


★パリップ


★チリペースト

加えてドリンクバーも充実しております。

盛り付けてみました。

日の光に映え、食欲そそることこの上ないですね!


結論から言えば、味付けはヤバいくらい最高。

パラッとしつつ、味しっかりの卵フライドライス、
結構辛めチューニングのスパイスヌードル。

バターチキンはかなりディープ、チキンチリっぽくもあり、けれどかなり香ばしく。
「どこがバタチキやねん」とツッコミ入れたくなりますが、かなりお気に入りです。

バターソーセージ、これもどこがバター?セモリナっぽい薄衣をまとった最高のつまみ。

ベジタブルロティはいわゆるゴダンバロティ。
しっかり厚めなロティ衣の中から、ムホッと香るスパイシーな具材。
これ、柏あたりの駅前で「スリランカカレーパン」とか言って売ったらバカ売れするんじゃないの?
これまた最高であります。


若き店長のニランタさんは日本語ペラペラで、とても親切なナイスガイ。

窓外に広がる田園風景も心地よく、おかわりしながら充分寛いでしまいました。

まだまだ知名度が少ないこのお店ですが、この味のレベルなら徐々に人気が出てくるのではないでしょうか。

お店を出て、側溝に目をやると、可愛いダルマガエルの姿。

こんな楽しさ、都心では味わえません。

龍ヶ崎、また来ることになるでしょう。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カイロス ケフ レストラン



関連ランキング:スリランカ料理 | 竜ケ崎駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

つくばに根付く老舗インド料理店の独特ランチ。「Indian Restaurant MIRA(ミラ)」(つくば)

つくばで一番の繁華街(らしい)天久保にある、インド人によるインド料理店。


「Indian Restaurant MIRA(ミラ)」

15年もの間、地元に愛されている老舗です。

今ではつくば市内に「ニューミラ」「ミラ花畑レストラン」と支店を2つ構える有名店ですが、かつての常連さんによればこちらのオーナーご兄弟、最初は牛久で大工仕事をして資金を貯め、居酒屋の居抜きで開業したのだとか。


いまではすっかり居酒屋の雰囲気は抜け、スッキリとした店内ですが、入り口の引き戸は当時のまま。
初心忘るべからず、ですね。

ランチ時にはオリジナルのスペシャルセットが4種あり、どれも個性的。

・ライス エッグ キーマカレー セット
・ライス チキン カレー コフタ セット



・5種類のミックスダール ライスセット
・スパイシーマトンカレー ライスセット


その他、サグキーマカツカレーなんかもあったりして、インド料理を日本に受け入れられるよう、独自の工夫をしています。
昨今のテンプレ インド料理店とは一線を画していますね。


★スパイシーマトンカレー ライスセット ¥900

昼から贅沢なマトンにしてみました。


セットのサラダにかかっているのは、よくあるオレンジ色のドレッシングではなく、チャットマサラ。
味噌汁のお椀に入っているのも、パキスタン料理店でよく出てくる中華風スープです。


マトンカレーはガッツリとしたドライタイプ。
辛口でお願いしたのですが、程よい辛さでした。

ちなみに真っ赤な福神漬に見えるのはオニオンアチャールです。


ナンは丸型。
仔細に渡り、テンプレ店と一線画しているのは、やはり独自にお店を築きあげてきた老舗ならでは。

「ミラ」の味は「ミラ」だけの味。
地域に根付くインド料理店の鑑ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Indian Restaurant Mira



関連ランキング:インドカレー | つくば駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad