FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

桜台駅前に心地よいスパイスカレーがやってきた。「リトルネストカフェ」(桜台)

ふと気がつけば、桜台駅前に素敵なスパイスカレー屋さんが誕生していました。

「リトルネストカフェ」

オープンは2018年6月28日。
スパイスカレーとシフォンが看板のお店です。


店名は「巣」のように居心地いい場所、という思いから。


その名の通り、早くも平日ランチ満席の人気ぶりです。


カウンター上にはマスターそっくりの人形。

その隣には地元練馬区の野菜たち。

東京だって地産地消できるんです。


ランチカレーはビーフ、チキン、野菜チキンに加え週替わりも。
カレーの他ツナサンドもあって、カフェ需要にも対応。


オーダーを済ますと、食前スープとツナサラダが出てきます。
やっつけじゃない感じに好感がもてますね。


★カレー2種がけ(チキン・ビーフ)¥1100

迷ったらあいがけの法則発動。


お皿も盛り付けも綺麗。
桜台でこんな麗しいカレーをいただける日が来るとは!


◎和風だしのチキンカレー

トマトの酸味、マスタードシード、そこに和出汁の仄かな旨味。
柔らかな鶏肉がゴロッゴロと贅沢!


◎赤ワインとスパイスで煮込んだビーフカレー

ワインの甘みとシナモン香る牛肉はこれまた立派すぎ。
カレー自体も意外にスパイシーホットで満足度高し。

お米は五穀米。
付け合わせにほうれん草のバター炒めやらっきょう、ゆで卵、レーズン入りキャロットラペ。

スパイスや出汁を用いた今どきのスパイスカレー感もありつつ、お肉たっぷりどこかホッとする街のカレー屋さんテイストも。

そのバランスが絶妙で、なるほど店名に相応しい一皿であります。

さらにソフトドリンクまでついてきてなかなかのおトク感。

ハニーラッシーをいただきました。

もう一つの看板メニュー、シフォンケーキは13時から。
カフェとしてもかなり居心地良さそうです。


リトルネストカフェ



関連ランキング:カフェ | 桜台駅練馬駅新桜台駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

シンガポールから地獄谷を見下ろせ。「ミサキヤ」(大森)

大森。階段を下った谷のような裏路地にスナックや飲み屋が犇めく「山王小路飲食店街」。


酒に溺れ抜け出せなくなるため「地獄谷」と呼ばれるこの場所で、ちょいと一杯だけ飲めるお店を探していたのですが。

見つけました。うってつけの店を。


「ミサキヤ」

この場所にして意外な、シンガポールバルなんです。


しかもちゃんと現地屋台の料理が揃っていそう。


お店は地獄谷入り口角の二階。


酔いどれたちの千鳥足を見下ろす絶好のロケーションです。


★シンガポールスリング ¥700
・チャージ ¥300


シンガポールの一杯といえばこれでしょう。
まさに地獄のラッフルズホテル。


★ペーパーチキン ¥500

シンガポール屋台名物、新聞紙などの紙に包んだ鶏肉を蒸し焼いた一品。
葉っぱ包みの都会版ですね。
ホクッとしたテリヤキチキンのように楽しめます。

今回はちょい飲み使いだったのですが、ここを起点に何人かで地獄谷に繰り出すのも良いですね。

さぁて、何人帰ってこれるかな?

桜台駅前に立ち飲みじゃないひょうたんが誕生!「タイ食堂 ひょうたん桜台店」(桜台)

桜台駅前に立ち飲みじゃないひょうたんが誕生!


「タイ食堂 ひょうたん桜台店」
(タイ食堂 福道 桜台店)


2019年1月11日オープン。

一皿1000円越えの料理が並びがちな日本のタイ料理店に一石を投じた練馬「タイ風立呑 福道(ひょうたん)」。
立ち飲みスタイルでちょこちょこ摘める小皿料理を取り揃え人気となり、今では江古田、大山に支店を出すまでに。


4店目となるここ桜台店はカウンター席、テーブル席を揃えた大衆食堂スタイルです。


けれどもリーズナブルさ、タイ好きのツボの押さえかたは相変わらず。


今や名物となった超辛おにぎりも健在だし、
カオソーイや各種汁物など座って食べたい料理も充実。


マレーシアカレーまでありましたよ。


★ラオスゴールドビール ¥650

タイ北部でも愛されるラオスビール=ビアラオ。
そのプレミアムラガーにあたるビアラオゴールドはなかなか珍しい!


★ヤムカイヨーマァ ¥480

ピータンのサラダなのですが、なかなか辛い!
流石ひょうたん!


★ガッティハイ ¥430

ということでココナッツミルクハイ。
パリッパリのココナッツチップスも面白く、辛い料理のクールダウンにオススメ!


★ムーヤーンジンジャオ ¥480

フームーヤーン=豚耳焼きを頼んだつもりでしたが、ベーシックな豚焼きが出てきました。
が、しっかり美味しかったのでマイペンライ。

近くにはネパール人の焼き鳥名人による「スタイリス屋」。
真夜中の桜台でアジアン梯子ができる日が来るとは、素晴らしい時代となったものですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad