カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

居酒屋カツカレーの最高峰に出会う、その奇跡。「自由軒」(福山)

広島県福山。
新幹線への乗り換えに50分ほど時間があったので途中下車。


さて、旅先で時間が空いたら第一にカレー、第二にcurryと決まっているのですが、目星をつけていたカレー屋さんはなんと「閉店」。
しかも時間が15時30分という微妙すぎる時間帯、ネットで調べても開いているカレー屋さんはココイチしかなく・・・

・・と、ここでカレーを諦めるのが正常な人間ですが、私には奥の手があります。

それは、天性のカレーレーダー。

カレーレーダーを発動させるにはまず、無思考になる必要があります。
厳密に言えば脳からβ波を出さず、α波だけをパルスのように飛ばすのです。

何も情報を入れず、ポーッと、しかし感覚を研ぎ澄まし、見えているものよりも見えない光に向かって、まっすぐ。

・・・・あ、きたきた。なんだこれ。


「洋食 おでん 自由軒」

うわぁ、これはビンビンきます。
福山ビンビン物語です。


この強烈な風情。
ただものじゃないオーラが出ています。

そして、結論から言えばここ、全くタダモノじゃないお店であり、
後で調べたら福山の呑兵衛にはかなり有名なお店だったようです。


ドラマのセットかとおもうほど味のある店内。
奥に長いコの字カウンターには、昼間っからガンガン飲んでるお客さんがぎっしり。
しかも割と常連さん同士仲良いようで、あちこちで席を超えた会話が飛び交っています。



お店全体に漂う、うるさ過ぎず静か過ぎずの程よい活気が心地よいですね。


外の看板には「洋食 おでん」とありましたが、居酒屋メニューならなんでもござれ。

ねぶと(テンジクダイ)やら、ニシ貝、牡蠣レモンなんて土地のモノもたくさん。
キモテキなんて魅惑的な料理まであるのですが・・・・オーダーするものはすでに決まっています。


★カツカレー ¥750

いやもうこの端正な佇まい。
サイズは若干小ぶりではありますが、いろいろ呑んで摘まんだ後の締めにもフィットしそう。

さささ、戴いてみましょう。

おぉぉぉ・・・・これは・・・・・

ネットリとフルーティでありながら、結構な辛口でスパイシー。
デミグラスソースのような、ハヤシライスのような、一朝一夕にできるものじゃない、深みある洋食カレーの風味。
これには驚きました。

さらにさらに。

カツの衣は薄くてカリッと硬め。
これがまた深みある洋食カレーとズバリ最高のバランス。

たまらなく旨いです。

確かに外の看板には「洋食」と書いてあったわけですが、店内の雰囲気はまさに大衆酒場。
それでいて、出てくるカレーがここまでしっかりとした洋食カレーだとは、全く持って信じられません。

これだけのメニューバリエーションの中、
どんどこどんどこオーダーが入り、どんどこどんどこ調理し提供されていく中で、
これほどまでに特筆すべきカツカレーがどうやったら生まれるのか。

このお店を「居酒屋」と規定するならば間違いなくこれは、「居酒屋カツカレーの最高峰」と呼んで間違いないでしょう。

今回もまた、カレーレーダーの精度に感謝。

無心・無思考状態になれば、求めているニルヴァーナにちゃんと辿り着くものなのですね。



⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大阪を代表するネパール料理の名店。「マナカマナ」(北浜)

大阪、17時。
少しだけ空いた時間。

北浜にあるこちらのお店に急行。


「マナカマナ」

「ダルバート食堂」と共に大阪を代表するネパール料理の名店です。

この日はディナータイム一番乗り。
オーナーシェフのタパさんともゆっくりお話しできました。

さてこの「マナカマナ」、インドのタンドーリ料理やカレーが評判である一方で、
しっかりとした現地式のネパール料理を出すお店として大阪では稀有な存在。

ダルバートもベジ・ノンベジと選べるだけでなく、山羊肉までレギュラーメニューにあるんですから。


★山羊ダルバート ¥1580

早速行っちゃいました。
端整かつ風格のあるダルバートです。

山羊カレーは、山羊特有の旨みをしっかり残しつつ、スパイスで臭みを抑えた品のある仕上がり。
プルップルの食感がたまりません。

ダルスープは味噌汁のようにゴクゴク行けちゃう・・・実際にはご飯にかけちゃうんですが・・・普段使いのスッキリ仕立て。
まさに、ネパールの日常食です。


汁もの二品が爽やかなのと対照的に、アチャールやチャトニ系はガツン!としたインパクト、
ヒーヒーするグリーンチリチャトニに、マスタードオイルたっぷりでツンとするアルコアチャール・・・・


さらには壺で供されるニンジンのアチャール、これが激しくインパクトある辛さ!

爽やかにいただくもよし、アチャールやチャトニをたっぷり混ぜ込んでガツンといくもよし。
食べながら好みでメリハリをつけられるのが嬉しいです。

「ダルバート食堂」のダルバートとはまた違った魅力のあるダルバートですね。

そしてこちらのお店はお酒も充実。
ネパールビールやネパール焼酎(ロキシー)だけでなく、ワインやカクテル、日本酒だって揃えてるんです。


★千代酒造 どぶろく生酒 ¥580

ネパールにもチャンというどぶろくがあるように、ダルバートとどぶろくの相性は抜群!
こちらは奈良のどぶろくなのですが、ショワショワ感と甘辛感、そして米のドロ~リ感が最高。

こんな素敵な酒が置いてあるのに、あんまり出ないんだとか。
勿体無すぎます。
是非ダルバートと合わせてオーダーすることをお勧めしますよ!!



ちょっと驚いたのはタパさん、東京大森「タカリバンチャ」オーナー、ディネスさんと同じ村の出身で、
家も数百メートルしか離れてないんだとか。

東京と大阪で共に現地式のネパール料理を日本に浸透させる努力をされているとは、
なかなかに感慨深いものがあります。

この日も綺麗なお姉さま二人組がネット検索して来店、ダルバートに挑戦していたように、
関西ネパール料理界にとって、このお店はとても大きな存在。

関西にネパール料理ファンがもっともっと増えるといいですね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

函館「五島軒」のカレーがなんと、超豪華ビーフカツレツカレーになって渋谷に登場!

渋谷東急東横店にて3/23~3/28まで開催中の『北海道 小樽・函館まつり』のイートインに「五島軒」のカレーが出店!
これは行かねば。


「五島軒」といえば、創業明治12年(1879年)、今年で138年を迎える超絶老舗洋食店。
看板メニューのカレーは今や函館名物となり、ご当地カレーの先駆けとなりました。

さて今回の催事では、函館「五島軒」でいただけるカレーやハヤシライスに加え、ここでしかいただけないスペシャルメニューも登場。


中でもイチバンの目玉商品がこちら。

★ビーフカツレツカレー ¥1800

どうです?凄いっすよね。

五島軒名物のカレーとビーフカツが合体した、リッチすぎる一品。
函館のお店ではいただけない贅沢メニューです。


赤身を残した肉厚ビーフカツはもはや「揚げビフテキ」。
庶民の夢また夢な洋食。モーたまりません。


カレー自体もビーフカレー。
サラッとクラシカルな味わい。
そこにビーフカツが合わさると、モーモーたまりません。


五島軒特製、スパイスオイルタイプの「ガラムマサラ」で辛さアップも楽しめます。
(販売もしています)

『北海道 小樽・函館まつり』は渋谷東急東横店 西館8階 催物場にて3/23~3/28まで開催中。
チャンス逃すべからず!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad