FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

懐かしくも新しい、個性派カレーの記憶。「カレー屋ロストコーナー」(御門台)

静岡市清水区の住宅街に、個性が光るカレー店。



「カレー屋ロストコーナー」

2017年オープン。
店名の「ロストコーナー」には『忘れてきたものが見つかる場所』という意味を込められているそうです。


靴を脱いで上がる、くつろぎ空間。
確かに遠い昔、少年だったころの自分の部屋のよう。
ゴチャッと感が落ち着きますね。

カレーは定番のスパイスカレー系から、トリッキーな限定カレーまで振り幅たっぷり。
まずは定番から攻めてみましょう。

★カレー2種盛(小盛) ¥1100
・ビンダルー
・ドライキーマ


ご飯の盛り方からピンクペッパーの配置まで、実に丁寧。
プラモデルの聖地・静岡らしいクラフトマンシップですね。


ビンダルーもキーマも、ザ・定番といったチューニング。
バッチリスパイスを効かせつつ、これなら毎日食べられると思える仕上がりです。

そして・・・この店のお楽しみといえば、攻めに攻めた「限定カレー」。
SNSなどで随時告知しているのですが、この日はまさに静岡らしいカレーが登場です。

★限定カレー2種盛(小盛) ¥1100
・青山椒と竹の子のマトンキーマ
・酒粕と黒はんぺんのカレー


なんと、静岡名物の黒はんぺんを用いたカレーです。
酒粕の風味がガッツリ効いていて、カレーでありながら完全に「和食」。
和風の小鉢に入れて「静岡名物黒はんぺんの南蛮煮で御座います。」なんて出されたら説得力ありそう。

対する青山椒と竹の子のマトンキーマは突き抜けた刺激が魅力。
癖を癖と思わず振り切る迫力、けっこう好みです。

静岡の、しかも決して中心街ではない場所でこの勝負っぷり。
なのに妙に懐かしくて落ち着く感じ。
なるほど確かにロストコーナーだ。

この店に刺激と勇気をもらって、静岡に新しいカレー屋が次々出てきてもおかしくない、そんな存在感がここにあります。

静岡に行ったら是非立ち寄るべき。痺れますぞ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

馬肉片手に濃厚麺。「Φve(ふぁいぶ)」(獨協大学前)

個性的なラーメン店ひしめく草加。

軽い気持ちで入ったら、予想以上に美味かったのがこちら。

「Φve(ふぁいぶ)」

元々「松原団地駅」だった「獨協大学前駅」から徒歩5分。
元々「麺座でん アネックス」という名前から2016年にリニューアルしたお店です。

越谷の人気店「麺座でん」から派生したお店のようですね。

メニュー冒頭には店主のアツい想いが綴られています。


この日は土曜15時すぎの訪問。
そう、店主ワンオペ堂々の通し営業なんです。

ありがたい!

メニューはバリエーション豊か。

世界のビールが飲めたりするのですが、いちばん驚いたのはこちらのサイドメニュー。


★桜ユッケ丼 ¥400

ラーメン屋のサイドメニューで馬肉ですよ馬肉。
カツオ風味ユッケだれで濃厚な味わい。
いやぁ、これは絶対頼むべき!


★まぜそば(特盛)¥850

獨協大学前の名物メニュー。
学生証見せると無料でサイズアップできるんです、


ベース魚介とんこつ。
混ぜれば混ぜるほど味と食感の多彩さが広がります。

こりゃあ随分魅惑的なまぜそばだ。


★特製ちぃめん(並盛) ¥950

開花楼の特注平打ち麺「ちいめん」。
こちらもベースは魚介とんこつ。


まあ、なんでしょう。
この平麺の弾力、滑り、そこに濃厚な魚介の旨味。
チャーシューもめちゃ肉質良くて、いやはやこれは堪らん美味さです。

いずれも学生街らしく、しっかり濃厚でパンチの効いた仕上がり。
けれどそこに負けない麺の存在感が加わって、個人的にめちゃ好みの味に仕上がっています。

作り手の愛を感じますねー。
予想以上に美味かったラーメン屋さんでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

元住吉のスタイリッシュインド料理店。「ジャイプール」(元住吉)

元住吉にお洒落なインド料理店。

「ジャイプール」

エスニック感を排したスタイリッシュな店構え。

清潔感があって街にフィットしていますね。


ランチメニューはいわゆるナン&カレーが主体。
けれど巷に溢れるテンプレ的インネパ店と比べると幾分価格設定は高め。
それが逆に安心感につながるってことも。


★Bランチ ¥1050
・マトンカレー
・じゃがいもとカリフラワーのカレー
・豆カレー


3種カレーのセットですが、ほら見てください。

それぞれのグレービーちゃんと使いわけています。
こう書くと「当たり前では?」とも思えますが、やってない店も多いんです。

マトンカレーにもしっかりホールのカルダモンを感じたりして、ちゃんと作ってる印象。
ナンも不自然なフカフカ感がなく好感もてます。

何かすごく抜きん出た部分はなくとも、基本をちゃんとやっている。
地元で親しまれる店とはこういう店なのかも知れません。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad