FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

早稲田通りにアットホームなシャン料理店誕生。「アジア ミャンマー料理 メルティン」(西早稲田)

様々なミャンマー料理店が犇めく、「リトルヤンゴン」こと高田馬場。
タイヌードルの「ティーヌン本店」横にできた新しいミャンマー料理店にチェックイン。


「アジア ミャンマー料理 メルティン」

2018年6月オープン。

ミャンマー料理の他、韓国料理もちょっと置いているようです。

場所は雑居ビルの二階。

鉄扉が閉まっていますが、勇気を出して開けてみましょう。


迎え入れてくれたのは、笑顔が優しい女性シェフ。
カウンターにインレー湖の写真があるように、北部出身のシャン族だそうです。

入り口扉の内側は完全防音仕様。
そうか、カラオケも置いてますからね。


★アサヒ生 ¥500

サービスで登場したのはこちら。

ひよこ豆でできたシャン豆腐。
ほんのり甘いブラックソイソースにフライドガーリックの組み合わせ。
シャン流の冷奴です。


★豆腐トッ ¥800

続いて豆腐攻め。
こちらはシャン豆腐の炒めもの。
見た目はシンプルですが、これがなかなかの旨さ。

シャン豆腐のプルッとした食感に、ザクザクのガーリック、そしてピリ辛な唐辛子。
時折香る柑橘香は刻んだシャオユエ(コブミカン)、タイで言うバイマックルー。

実はシャン族の語源はSIAM、つまりタイ民族とはルーツが共通。
用いる食材にも共通点があるのが、面白いところなんですよね。


★レモンサワー ¥400


★チキンカレー ¥800

さてさて、ミャンマーのカレーといえばヒン。
鶏肉を用いているからチェッターヒンなのですが、他のミャンマー料理屋でいただく、
油の多いスープ状のチェッターヒンとは全然違います。
鶏は骨付き手羽、2日目の肉じゃがのようにグズグズに崩れたジャガイモ。
水分も油分も少なく、辛さよりも旨み押しの一品。
ミャンマー北部スタイルのチェッターヒンとのことです。
これ、日本人なら誰もが好きな味なのでは?


胡椒たっぷりのスープもいただきました。

メニュー数自体は少ないですが、アットホームな雰囲気と、お酒にしっかり合う濃い目の味付けの料理。
なんとも落ち着くミャンマー・シャン料理のお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アジア ミャンマー料理 メルティン



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 面影橋駅西早稲田駅学習院下駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

素材と香りにこだわる名古屋スパイスカレー。「グナグナカリー」(名古屋/亀島)

名古屋にもようやく、スパイスカレーの波が浸透し始めています。
亀島「ノリタケの森」の近くにある人気スパイスカレー店にランチ訪問。



「グナグナカリー」

オープンは2014年。
グナクナはインドネシアの黒魔術。
虜にするという意味合いもあるそうです。


コンクリ打ちっぱなしの床、木製のカウンター、ミニマルながら洗練された雰囲気。
ひと昔前の名古屋では想像できなかった、洗練されたカレー屋さんですね。

そして、入店と同時に鼻腔をくすぐるスパイス香。
この時点で間違いなし。


ご夫婦で営まれている個人店ながら、本日のカレーが5種類あるのは凄い。
横には夜メニューも見えますが、BAR使いも楽しそうですね。


★2種盛り ¥1200
・レモンチキンカリー (恵那鶏/清水果樹園 無農薬レモン)
・温泉卵の朧月キーマカリー(山口県産自然卵)+¥180


迷った挙句、この組み合わせに。
盛りがもの凄く綺麗!
四角柱状に整えられたライスはまるで、ういろうの如し。
産地表示が丁寧なのも、プラスアルファの楽しみです。


まずはレモンチキンカリー。
大阪スパイスカレーのようにカスリメティが振りかけられています。


弾力ある鶏むね肉が美味しい。
無農薬レモンなので皮ごと齧っちゃいますよ。


そして温泉卵の朧月キーマカリー。
細かく滑らかなキーマに香るカルダモン、カスリメティ。


温泉卵のクオリティも特筆すべき。
卵のハリと味の濃度が凄い。

全体に穏やかな味わいながら、スパイスの香りはフレッシュ。
ミニサラダにもスパイスが用いられているなど、細部にも抜かりなし。

この日三軒目のランチながら、スルッといただけました。

せっかくなので食後のドリンクもいただきましょう。

★ミントチャイS ¥400

こちらかなりのミント香、めちゃくちゃ爽やかです。
茶葉はスリランカの茶葉、牛乳はよつ葉 放牧生産者指定ノンホモ牛乳。
こだわりが徹底していますね。

過去のレビュー写真などを見れば、今とはだいぶ違ったカレーを出していた様子。
ブラッシュアップを繰り返しているのでしょう。
きっと単純に、作り手が好きで好きでやっているお店。

そういう気持ちって、伝わりますよね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

グナグナカリー



関連ランキング:インドカレー | 亀島駅浅間町駅栄生駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

小宮山雄飛さんが贈る渋谷新名物。レモンライス専門店。「Lemon Rice TOKYO」(渋谷)

カレー愛好家として知られるホフディランの小宮山雄飛さんが初めて手掛ける実店舗。
それは、思わぬ角度からの斬り込み方でした。

渋谷・桜ヶ丘に現れた小さなスタンド、その名も・・・

「Lemon Rice TOKYO」(レモンライス東京)

2018年9月10日オープン。

南インド好きの間では知られる・・・というか、南インド好きの間でしか知られていないレモンライスという料理。
スパイスやナッツで炒めたご飯にレモンの香りを加えた家庭料理なんです。

実は私、この料理が大好きでして、南インド料理店ではかなりの確率でオーダー。
ただ、食べたことない人にとっては「カレーにつけるの?」「単品で良いの?」なんて戸惑いもあり、なかなか手が出ない料理でもあります。
(実際はどちらでもOK)

そういう意味でも、小宮山さんが渋谷に店を出すという話題性と相まって認知が拡がるのは嬉しいことですね。


びっくりしたのは、お店に立っている店員さんが知り合いだったこと。
彼女は5/5六本木で開催したイベント「GO! CURRY! GONE!」に出店していただいたスパイスアクセサリーANOMAのあやさん。
縁ですねぇ。


レモンライスはテイクアウトのみ。
いただく場所のオススメは、山手線ガード下をくぐった向かいにある渋谷ストリーム。
渋谷川べりにフリーの立ち飲みカウンターがあるんですよね。

さてご開帳。

★レモンライス ¥800

美しい黄色に染まったごはん。
チキンカレーにチリペースト、玉ネギのアチャール、パクチー、ピクルスがセットになっています。


お手拭きを兼ねた紙に、食べ方ガイドが書かれています。
要するに、色々自由に楽しんでねと書いてます。
それでいいのです!


まずはライスから。
レモンの風味、ナッツによる食感変化、確かにレモンライス。
しかし、それだけではなく、この店独自の工夫アレンジがあることにも注目。
レモンだけでなくレモングラス?が香ったりと、よりハーブ感を強調しているみたい。

なるほどこれは、南インドのレモンライスではなく東京レモンライスだ。


サブのように見えるチキンカレーもちゃんとちゃんと美味しい。
サラリとした仕上がりで、スープのようにいただけます。
このあたり、流石カレーマニアの小宮山さん。


最後は色々混ぜていただきます。
嬉しいのはチリペースト。
ただ辛いだけでなく、東南アジア系の旨味たっぷり。
後半の味を牽引してくれますね。

思いもよらぬ角度から、3周回って渋谷らしさすら感じる「レモンライス東京」。
売り切れ御免につき、早い時間のゲットがオススメですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

レモンライス東京



関連ランキング:弁当 | 渋谷駅神泉駅代官山駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad