FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

学大のネパール系タイ・インド料理。「SITA 学芸大学店」(学芸大学)

中目黒にもあるネパール系タイ・インド料理店「SITA」。
その学大店に初訪問。

「SITA 学芸大学店」

駅の南側、あの「おっぱいラーメン」のさらに先にお店はあります。

他のネパール系インド料理店(インネパ店)によくある、ヒマラヤやエベレストの写真や装飾はなく、スッキリとした店内。


★レモンサワー ¥432

お酒はなかなかリーズナブルです。


★チキンパルタカレー ¥1058
★ジャスミンライス 小 ¥216


パルタはいわゆる粗挽きキーマ。
辛口でお願いしました。

ドライタイプで、鶏肉をガッツリたっぷり堪能することができるカレーですね。
ライスはタイ米、小でオーダーしたものの充分すぎる量でした。

デザートにはクルフィ・・・
と行きたかったところですが、この日はタイムアウト。

この店でタイ料理を食べる日は来るのでしょうか。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

居酒屋使いが完璧すぎる、飲兵衛のためのネパール料理店。「ダバカ」(新大久保)

久々の新大久保飲み。
久々のリトルカトマンズ飲み。


「ダバカ」(DABAKA)

久々に来たら、店の前の道路が開通しており、人通りも増えていました。
相変わらず店内はネパール人率100%ですけれども。

こちらのお店、ランチ時は新大久保名物ワンコインダルバートを提供しているのですが、夜に来るのは多分初めて。
ネパール料理は酒の肴になるものが多くて困りますなー!


★生ビール ¥350

とにかく安いの一言。
2杯飲んでも700円でした。


★ブタン ¥600

羊の内臓と野菜炒め。
ニンニクたっぷり噛みごたえ抜群!
良い顎の運動です。


★ククリラムコーク ¥550

香りが強いネパールのククリラムはコーラで割ってこそ真価発揮!
個人的世界最強ラムコークなのです。


さてさてスパートかけて行きましょうか。


★シモモ ¥680

みんな大好きネパール餃子モモのバリエーション「C MoMo」。
揚げたモモをニンニクがアホみたいに効いた酢豚みたいに仕立てた一品なのですが、これがちょっと5メートル飛び上がるほど旨い!
私史上最高シーモモですよ。(狭い)
これは絶対頼むべき。


★アルタマカレー ¥650

アルとタマ、つまりジャガイモと発酵タケノコのカレーなのですが、たっぷり入った黒目豆がポイント。
ライス要らずパン要らずの満足感であります。
これまたニンニク強烈、良い味出しててオススメだなぁ。

ということで、料理はいちいち飲兵衛仕様の味付け。
ネパール料理店に限らず、居酒屋として素晴らしいお店なのでした。

あ、シーシャもあるので興味ある方はどうぞ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中国で人気の蘭州麺チェーン、日本初進出。「牛羊酒場 蘭州牛肉麺 金味徳」(六本木)

夜の六本木に燦然と輝く「蘭州牛肉麺」の文字。


「蘭州牛肉麺 金味徳」(ジンウェイトク/きんみとく)

中国で100以上の店舗を展開、次々に海外進出を果たしている「金味徳」の日本第一号店として2019年4月にオープン。


近年東京・埼玉に増えてきた蘭州牛肉麺のお店ですが、店内に「牛羊酒場」とあるとおり、ハラール対応の牛肉、羊肉料理もあれこれ。

お酒も置いていて、居酒屋としても使えます。


★ザ・プレミアムモルツ生 ¥550

ハラールのお店で生ビール、不思議な気分でありますが、提供することは問題ないんです。


★スパイシー羊タン 五香羊舌 ¥500

せっかくの牛羊酒場ですから、羊も押さえておきたいところ。
羊タン自体は味があるような無いような感じですが、ニュニュッとした食感が魅力。
そしてつけダレのスパイス使いがなかなか刺激的です。


★蘭州牛肉麺 ¥880

こちらが看板メニューの牛肉麺、つまり蘭州ラーメン。
選べる麺は幅広麺(ほうとう風)でオーダーしました。

オーダー後に手打ちしてくれる麺は噛み応え充分。
スープは国産の牛骨と20種類の香辛料を6時間煮込んだもので、さっぱりしつつも食べ進むうち満足感が。
夜中の〆ラーメンとしても油っこくなくてよいですね。


★ 王老吉 ¥350

こちら卓上メニューにはないものの、おそらく中国人向けと思われる黒板メニューにあったもの。
蘭州ラーメンファンにはおなじみの漢方茶で、食後スッキリですね。


壁には中国以外に進出した国の証明書(?)がズラリ。
国際派六本木の国際派蘭州麺でした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

学大に待望の復活!カレーも飲みも居心地最高。「sync 森カレー」(学芸大学)

かつて学芸大学でコアな人気を博したカレー店「sync」。
恵比寿店をオープンしたのち、学芸大学のお店はクローズしていたのですが、ついに帰ってきました。

「sync 森カレー」

以前あった場所とは違い「C/NE」というコミュニティスペース(文化会館)の月曜から金曜を借り切っての営業。
この場所がまた素晴らしいんです。

木造お座敷スタイルの店内。


バーカウンター席もリラックスの極みです。


わぁわぁわぁ、大好きなクラフトジンもズラリ勢揃い。
夢のような空間であります。


★クラフトジン オピーア ¥900

こちら私が、酒好きのカレー好きには必ず勧めているスパイスジン。
わかってる感が半端ではありません。
まさに飲むスパイス料理。絶対飲むべし。

酒のつまみとなる一品料理も充実。
ヤバい、カレー屋と思って油断してた。

★森から(とり唐揚げ) ¥500

この唐揚げがレベル高し。
プリプリの食感は、大山鶏の胸肉を用いているそうです。
(日によって使う部位は変えているとか)
たまりませんな。

そしてカレー。
以前と変わらぬ定番カレーの他に、黒板メニューに限定カレーがあったのですが、これがまた危険極まりない。

★発酵力カレー ¥1300
(塩麹ポーク/納豆/豆豉/ネギ)


なんと、発酵尽くしのオトナカレー!
ちょうど前日に南方中華料理「南三」と納豆バーのハシゴをし、良い感じに脳が醸されていたタイミングだけに、さらにヤバい!

一口食べると、口内脳内醸し醸され大変な旨み。
コドモにゃ絶対解らないオトナの愉悦が襲いかかります。


底に潜んだ塩麹ポークはまさに、食べる古民家。
鄙びた旨みがどこまでも深く拡がります。

カレー屋としても飲み屋としても素敵すぎる店となって学大に帰ってきた「sync」。
10月からはついに、永遠の傑作「牡蠣とクレソンのカレーもスタート。
これはヤバいことになってきましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

春日部で、モーニングカレーパン。「石窯パン工房ぴーぷる 春日部店」(春日部)

おはよう春日部。
イートインできるパン屋さんで朝食です。

「石窯工房ぴーぷる 春日部店」

江戸川区に本店を構えるパン屋さん。
駐車場完備、完全郊外型の店構えとなっています。



惣菜パンの種類たくさんなこのお店ですが、一番人気は自家製カレーパン。



とにかくカレーパン推しですね。

店内にはでっかい鉄道ジオラマ。

その脇にイートイン席があります。


★自家製ビーフカレーパン ¥180
★生クリームメロン ¥193
★アイスコーヒー ¥110


朝からワクワクするセレクトしちゃいました。


名物カレーパンは揚げたて。


とにかく衣が薄く、パンに対するカレー比率は高し。
お肉もボリュームあってなるほど人気も頷けます。


生クリームメロンパンはしっかりサクサクの皮が魅力的。
生クリームもたっぷりですよ。


イートインの客にはホットコーヒーが一杯サービス。

忙しい朝も、こんな場所があると助かりますね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ